FC2ブログ

申命記23:1-2-15「祝福の神」

◇2020年5月24日(日)

●申命記23:1-2-15「祝福の神」

23:6 あなたの神、主はバラムに耳を傾けず、あなたの神、主はあなたのために呪いを祝福に代えられた。あなたの神、主があなたを愛されたからにほかならない。

●黙想
神様は祝福の神です。
呪いを祝福に変えてくださるお方です。

モアブの王バラクは、占い師バラムにイスラエルの民を呪わせようとします。
しかし、神は呪いを祝福に変えられました。(民数記22章)

神の愛は呪いを祝福に変える力があります。

キリストの十字架は神様の愛の現れです。
十字架は、すべての呪いを断ち切り、祝福に変える神の力です。

神に愛され、神を愛する人は、呪いを祝福に変える力が働くのです。

パウロは言いました。
「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、
万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。」(ローマ8:28)。

今日は日曜日です。
時間と場所を聖別し、祝福の神を崇め、礼拝を捧げましょう。
今週も神の力が働き、祝福された一週間となりますように。
御名によって祝福します。アーメン。byバルナバ
Next:申命記23:16-26
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -