FC2ブログ

申命記1:9-18「裁きは神に属する」

◇2020年3月23日(月)

●申命記1:9-18「裁きは神に属する」

1:17 裁判に当たって、偏り見ることがあってはならない。身分の上下を問わず、等しく事情を聞くべきである。人の顔色をうかがってはならない。裁判は神に属することだからである。事件があなたたちの手に負えない場合は、わたしのところに持って来なさい。わたしが聞くであろう。」

●黙想
偏見は人間の常です。
人の顔色をうかがったり、トラブルが生じるのも、時代や人種が違っても同じです。

モーセは、部族ごとに賢明で思慮深く、
経験に富む人を役人として選び、裁判人を立てます。
モーセは彼らに、偏見を持たず、人の顔色をうかがわず、
神の前で正しくジャッジするように命じたのです。

裁きは神に属することです。
このことを肝に銘じ、どうしても赦せず、手に負えない問題は、
主のところに持っていき、祈ることが賢明で、思慮深い生き方です。

自分で裁くのではなく、主に裁きを委ねられる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記1:19-33
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -