FC2ブログ

黙示録11:1-14「命の息」

◇2019年11月19日(火)
●黙示録11:1-14「命の息」

 11:11 三日半たって、命の息が神から出て、この二人に入った。彼らが立ち上がると、これを見た人々は大いに恐れた。
 11:12 二人は、天から大きな声があって、「ここに上って来い」と言うのを聞いた。そして雲に乗って天に上った。彼らの敵もそれを見た。


●黙想
二人の証人は、迫害され、殉教します。

しかし、彼らは、キリストが三日後に復活したように、

三日半たって、命の息が神から吹き入れられると、立ち上がり、雲に乗って天に上っていったのです。

人は生まれると、息を吸い、死ぬと息を吐き、土に帰ります。

主を信じて死を迎える人は、命の息が神から入り、復活し、

雲(主の臨在)に包まれ、天に上り、災いにピリオドが打たれます。

命の息(聖霊)によって、永遠に生かされる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:黙示録11:15-19
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -