FC2ブログ

黙示録9:1-12「終末」

◇2019年11月16日(土)
●黙示録9:1-12「終末」

 9:12 第一の災いが過ぎ去った。見よ、この後、更に二つの災いがやって来る。

●黙想
終末(神の裁き)の情景が続きます。第一の災いは、額に神の刻印なき者の苦しみです。

五か月の間、切に死を望んでも死ぬことのできない苦しみが続き、さらに二つの災いが訪れます。

終わりなき苦しみが永遠に続く世界。それが地獄です。

キリスト(救い主)は、この災いを受けることのないように、私たちを招き、額に神の刻印を押してくださったのです。

神の刻印を押された人は、永遠に神が共にいる世界(天国)が用意されているのです。

人生の終わりに、災いではなく、幸いが備えらえている人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:黙示録9:13-21
https://www.youtube.com/watch?v=Pl6F30xuuxs
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -