FC2ブログ

黙示録6:9-17「怒り」

◇2019年11月12日(火)
●黙示録6:9-17「怒り」

6:12 また、見ていると、小羊が第六の封印を開いた。そのとき、大地震が起きて、太陽は毛の粗い布地のように暗くなり、月は全体が血のようになって、
6:13 天の星は地上に落ちた。まるで、いちじくの青い実が、大風に揺さぶられて振り落とされるようだった。

●黙想
第六の封印が開かれると、天変地異が起こります。太陽が黒くなり、月も血のように赤くなり、星が落ち、天は消え、世の人々は身を隠し、神を恐れ、「わたしたちをかくまってくれ」と叫びます。その日、その時、私たちの隠れ場となり、死と裁きから救ってくださるお方。それが救い主イエス・キリストなのです。神の怒りを先取りして(十字架)、救ってくださったお方を信じる人は幸いです。今日も祝福がありますように。byバルナバNext:黙示録7;:1-8
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -