FC2ブログ

レビ記6:1-16「朝ごとに」

◇2019年8月19日(月)
●レビ記6:1-16「朝ごとに」

6:5 祭壇の上の火は絶やさず燃やし続ける。祭司は朝ごとに薪をくべ、その上に焼き尽くす献げ物を並べ、更にその上に和解の献げ物の脂肪を置き、燃やして煙にする。
6:6 祭壇の上の火は常に絶やさず燃やし続ける。

●黙想
祭司は朝ごとに薪をくべ、祭壇の火を燃やし続けました。

祭壇の火は主の臨在(神が共におられる)のしるしです。

イエス様を信じた人は、主が共におられる神殿となります。

一人一人は祭司として、心の祭壇の上に、常に、絶えず、火を燃やし続ける必要があります。

QTとは、朝ごとに薪をくべる行為です。

霊に燃え、主に仕える人は、ヨセフのように「うまく事が運ぶように」なります。

今日も、主と共に歩む良き一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:レビ記6:17-7:10
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -