FC2ブログ

歴代誌下10:1-11「高慢」

◇2018年11月8日(木)
●歴代誌下10:1-11「高慢」

●御言葉

10:6 レハブアム王は、存命中の父ソロモンに仕えていた長老たちに相談した。「この民にどう答えたらよいと思うか。」
10:7 彼らは答えた。「もしあなたがこの民に優しい態度を示し、好意を示し、優しい言葉をかけるなら、彼らはいつまでもあなたに仕えるはずです。」
10:8 しかし、彼はこの長老たちの勧めを捨て、自分と共に育ち、自分に仕えている若者たちに相談した。

●黙想
高慢な心は問題を大きくし、分裂に至らせます。

ソロモンの死後、北の部族の不満が爆発します。

彼らは、レハブアムに労役の軽減を求めたのです。

レハブアムは長老に相談するも、彼らの勧めを拒絶し、

自分の考えに近い若者の意見に従い、より厳しい政策を実施します。

その結果、北の10部族はヤロブアムを王に立て、国は南北に分裂してしまうのです。

高慢な人は、異なる意見に耳を傾けようとしません。

聞く耳のある人は、謙遜な人です。

主は良き相談相手です。

御言葉に耳を傾け、謙遜に歩む人は、問題を小さくし、平和を実現します。

平和をつくり出す人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌下10:12-19



スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -