FC2ブログ

詩編106:13-33「信仰」

◇2018年10月24日(水)
●詩編106:13-33「信仰」

●御言葉

106:13 彼らはたちまち御業を忘れ去り/神の計らいを待たず
106:14 荒れ野で欲望を燃やし/砂漠で神を試みた。

●黙想
信仰とは待つことです。

ただ待つのではなく、主と主の言葉を信じて待つことです。

イスラエルの民は救いの御業を体験し、約束の地へ向かいます。

しかし、彼らは神の計らいを待つことができませんでした。

彼らは御業を忘れ去り、荒れ野でつぶやき、神を試みたというのです。

神を試みると自分が試みられます。

彼らは信仰が試され、不信仰に陥っていったのです。

信仰とは神の計らい(御言葉)を信じて待つことです。

今日も、主と主の言葉、主の御業を忘れず、主を待ち望んで歩みましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編106:34-48
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -