FC2ブログ

詩編105:16-36「御言葉」

◇2018年10月21日(日)

●御言葉

105:19 主の仰せが彼を火で練り清め/御言葉が実現するときまで。

●黙想
今日の本文は、ヨセフとモーセの叙事詩です。

叙事詩とは、民族の英雄や神話、民族の歴史として語り伝える価値のある事件を、

韻文の詩によって、語り伝えるものです。

ヨセフはエジプトに売られ、奴隷となり、囚人となりましたが、主が共にいました。

やがて、総理大臣となり、家族を赦し、招き入れ、イスラエル民族はエジプトで増え広がり、強くなっていったのです。

これは主の計画であり、御言葉(約束)の成就だったのです。

主が共にいる人は、主の言葉(御心)が共にあり、時が来れば実を結びます。

今日は日曜日です。

主の仰せ(言葉)に耳を傾け、御言葉(御心)が実現するのを待ち望みましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編105:37-45
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -