FC2ブログ

詩編103:13-22「神」

◇2018年10月17日(水)
●詩編103:13-22「神」

●御言葉

103:13 父がその子を憐れむように/主は主を畏れる人を憐れんでくださる。

●黙想
聖書は啓示の書物です。

啓示とは、隠されているものを開示することです。

神様は聖書を通し、イエス・キリストを通し、御自分を示されました。

聖書を黙想し、キリストを黙想すると、神様が見えてきます。

父なる神様は憐れみ深く(13節)、何もかもご存じ(14節)です。

造り主(22節)であり、世界を治め(19節)、讃美されるべきお方です。

あなたの魂は、主を讃えていますか。

主を畏れ(礼拝)、主の憐れみ(恵み)に支えられ、主に導かれて生きる人。

それがクリスチャンです。

今日も讃美で始まり、讃美で終わる一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編104:1-18
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -