FC2ブログ

詩編102:12-28「讃美」

◇2018年10月15日(月)
●詩編102:12-28「讃美」
●御言葉

102:19 後の世代のために/このことは書き記されねばならない。「主を賛美するために民は創造された。」

●黙想
証しを書き残すことは、次世代のために必要です。

主の御業を知らなければ、体験しなければ、讃美も証しも生まれません。

讃美とは、主の御業とその素晴らしさを言葉と態度と人生とで表現し、証しすることです。

主を讃美すること=神の栄光を現すことであり、人間が造られた目的です。

神の栄光が現れる時には、御名を崇めるような御業が伴います。

救いの御業、癒しの御業、不思議な御業が起こされ、主の栄光が現れ、主を讃美し、証しする者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編103:1-12
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -