FC2ブログ

詩編99:1-9「十字架」

◇2018年10月11日(木)
●詩編99:1-9「十字架」

●御言葉

99:8 我らの神、主よ、あなたは彼らに答えられた。あなたは彼らを赦す神/彼らの咎には報いる神であった。

●黙想
神の本質は愛と義です。

神様は、罪を赦す神であり、咎(罪)に報いる神です。

私たちは罪人です。

神様は私たちを愛し、罪を憎まれます。

罪を赦す権威も、罪を裁く権威も、神の手にあります。

神様にしかできない方法で、私たちの罪を処理してくださったのが十字架の出来事です。

十字架は、赦しを求めて祈る者への神様の回答です。

咎(罪)に対する報いはすべてキリストが引き受けてくださったのです。

だれでもイエスを救い主と信じるならば、神の恵みによって救われる。

これが福音(ゴスペル)です。

この良い知らせ(福音)を聞いて、罪を赦され、神の子とされ、神の子として相応しく生きていく。

これがクリスチャンライフです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編100:1-5
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -