FC2ブログ

詩編97:1-17「愛」

◇2018年10月9日(火)
●詩編97:1-17「愛」

●御言葉

97:10 主を愛する人は悪を憎む。主の慈しみに生きる人の魂を主は守り/神に逆らう者の手から助け出してくださる。

●黙想
「憎む」の原語は命令形であり、「主を愛する者たちよ。悪を憎め」(新改訳)とも訳されます。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と言われます。

罪や悪を憎むと、それに関連する全てのものが憎くなるものです。

「罪を憎んで人を憎まず」。

主は、罪を憎んでも、人を憎まず、罪人は、愛と救いの対象です。

イエス・キリストは罪人を救うために来られました。

私たちは罪人であり、愛と救いの対象です。

私たちは主の慈しみ(恵み)によって罪を赦されました。

私たちは主の命令(御言葉)に従うことによって、魂が守られ、悪から救い出されます。

主を愛し、悪を憎みましょう。

悪を憎んで人を憎まず、互いに赦し合い、愛し合って生きる者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編98:1-9
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -