FC2ブログ

歴代誌上23:1-32「祝福」

◇2018年9月19日(水)
●歴代誌上23:1-32「祝福」

23:13 アムラムの子らはアロンとモーセ。アロンは、その子らと共に選び分けられ、神聖なる物をとこしえに聖別し、主の御前で香をたき、主に仕え、主の御名によってとこしえに祝福する者となった。

●黙想
信仰と祝福はセットです。

信仰がなければ、神に喜ばれることはなく、

祝福に与ることはできません。

ダビデは年老いて、ソロモンに王座を譲ります。

イスラエルの祝福が絶えないように、

レビの子、アロンの子孫を祭司として選び、主の御前で香をたき、主に仕える者とします。

王や祭司、レビ人は祝福のキーマンです。

彼らが堕落すると、イスラエルの家は祝福を失います。

クリスチャンは、主に選ばれた祭司です。

主の御前で礼拝を捧げ、仕える者です。

とこしえにあなたの家が祝福され、信仰と祝福とが継承されていきますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:歴代誌上24:1-31
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -