FC2ブログ

歴代誌上16:1-6「献げ物」

◇2018年9月4日(火)
●歴代誌上16:1-6「献げ物」

16:1 人々は神の箱を運び入れ、ダビデの張った天幕の中に安置し、神の御前に焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげた。

●黙想
ダビデは、天幕に神の箱を運び入れ、礼拝を捧げ、主に献げ物をします。

焼き尽くす献げ物は、献身のしるしであり、和解の献げ物は、感謝と誓願のしるしです。

私たちは、主に礼拝を捧げ、御前に献金を捧げます。

それは献身と感謝と誓願のしるしです。

主は捧げられたものを祝福し、主の働きのために用いられます。

主は捧げた人々をも祝福し、その祝福は周りに流れていきます。

礼拝には献げ物が不可欠です。

主が喜ばれる献げ物は、私たち自身です。

「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。」(ローマ12:1)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌上16:7-22


スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -