FC2ブログ

歴代誌上13:9-14「神の箱」

◇2018年8月30日(木)
●歴代誌上13:9-14「神の箱」

13:13 ダビデの町、自分のもとに箱を移さなかった。彼は箱をガト人オベド・エドムの家に向かわせた。
13:14 三か月の間、神の箱はオベド・エドムの家族とともに、その家の中にあった。主はオベド・エドムの家の者とその財産のすべてを祝福された。


●黙想
ダビデはウザが打ち砕かれたのを見て、主を恐れ、神の箱の運搬を中止しました。

一方、神の箱を迎え入れたオベド・エドムの家は、家の者も財産のすべても祝福されました。

神の箱は、主の臨在の象徴です。

主が共におられることを意味します。

主の臨在は、主の目に適う者、御心に従う者には祝福となります。

主が定められた方法で、主に近づき、主を迎え入れる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌上14:1-17
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -