FC2ブログ

歴代誌上7:1-9:34「証し」

◇2018年8月23日(木)
●歴代誌上7:1-9:34「証し」

9:1 イスラエルの人々はすべて登録され、『イスラエルの列王の書』に記されている。ユダは神に背いたためにバビロンに捕囚として連れ去られた。
9:2 最初に自分たちの町の所有地に帰って住んだのは、イスラエルの人々、祭司、レビ人、神殿の使用人であった。

●黙想
イスラエルの系図が続きます。

ユダは神に背き、バビロンに捕囚として連れ去られます。

主はイスラエルを見捨てず、再び、彼らはエルサレムに帰還し、系図は続いていきます。

イスラエルの歴史が記した列王記も、歴代誌も、

捕囚から戻って来なければ、記されることはありませんでした。

大切なことは、主の恵みを忘れず、主に立ち帰り続けることです。

これが信仰者の証しです。

あなたの人生にも信仰の系図、信仰の歴史(証し)が書き記され、

子孫に信仰が継承されていきますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:歴代誌上79:35-10:14
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -