FC2ブログ

使徒言行録27:27-44「感謝」

◇2018年8月17日(金)
●使徒言行録27:27-44「感謝」

27:35 こう言ってパウロは、一同の前でパンを取って神に感謝の祈りをささげてから、それを裂いて食べ始めた。
27:36 そこで、一同も元気づいて食事をした。


●黙想
主に感謝を捧げることは、元気の源です。

船は遭難し、14日間、漂流を続けます。乗組員は不安と恐れにより、食欲も気力も失せていきます。

パウロは、主が語られた言葉を信じ、パンを取り、神に感謝の祈りを捧げ食べ始めます。

この姿を見て、彼らも元気づけられ、食事をし、276人全員の命は守られていきます。

人生には嵐があり、遭難するときもあります。

何が起こっても、主の言葉を信じ、神に感謝と讃美を捧げて生きる。

これがパウロの信仰であり、私たちの信仰です。

この信仰が回りの人々をも元気づけ、救いへ導くのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:使徒言行録28:1-10
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -