使徒言行録15:12-29「判断」

◇2018年7月12日(木)
●使徒言行録15:12-29「判断」

15:19 それで、わたしはこう判断します。神に立ち帰る異邦人を悩ませてはなりません。

●黙想
ヤコブはパウロたちの報告を聞き、異邦人を受け入れる事を決定し、使徒通達を出します。

このヤコブの決断により、異邦人問題は決着し、教会は一致します。

パウロとバルナバは、異邦人教会を訪ね、エルサレム教会の決定を伝え、

ここから異邦人伝道が加速し、第二次伝道旅行が始まるのです。

御言葉を黙想すれば御心が分かり、

問題解決の糸口が見つかります。

QTを生活の基本とし、御言葉によって判断できる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:使徒言行録15:30-41
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -