FC2ブログ

使徒言行録13:32-41「信仰義認」

◇2018年7月7日(土)
●使徒言行録13:32-41「信仰義認」

13:38 だから、兄弟たち、知っていただきたい。この方による罪の赦しが告げ知らされ、また、あなたがたがモーセの律法では義とされえなかったのに、
13:39 信じる者は皆、この方によって義とされるのです。


●黙想
「兄弟たち」とは、ユダヤ人のことです。

パウロは彼らに義の道を教えます。

それは律法を守ること(行い)によって義とされる道ではなく、

イエス・キリストを信じること(恵み)によって義とされる道です。

これがユダヤ教とキリスト教、イスラム教とキリスト教の分岐点となります。

私たちの行いによってではなく、キリストの行い(十字架)によって義とされる。

これを信仰義認といいます。

神の恵みを受け取り、イエスを救い主と信じ、

信仰によって義と認められた人、それがクリスチャンです。

各地に特別警報が出ています。

主の守りがありますように。

明日の礼拝が守られますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:使徒言行録13:42-52
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -