FC2ブログ

使徒言行録13:13-31「信仰告白」

◇2018年7月6日(金)
●使徒言行録13:13-31「信仰告白」

13:17 この民イスラエルの神は、わたしたちの先祖を選び出し、民がエジプトの地に住んでいる間に、これを強大なものとし、高く上げた御腕をもってそこから導き出してくださいました。

●黙想
パウロとバルナバは、ピシディア州のアンティオキアに到着し、パウロはユダヤ人会堂で説教をします。

パウロは会衆と同じ土俵に立って、イスラエルの歴史を振り返り、

キリストの十字架と復活を語り、自らの信仰を告白します。

ナザレのイエスは誰か。

ここがユダヤ教とキリスト教の分岐点になります。

イエスは救い主です。

パウロの説教を聞いて、ユダヤ教に改宗していた異邦人たちは喜んで受け入れました。

しかし、ユダヤ人は受け入れず、

喜ぶ会衆の姿を見て、妬み、反対するようになっていくのです。

イエスはキリストです。

この告白からキリスト教が生まれ、この告白が教会の土台です。

イエスをキリストと告白できる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:使徒言行録13:32-41
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -