FC2ブログ

QT 列王下8:7-15 エレミヤ7

◎10月16日(月)
●QT 列王下8:7-15 エレミヤ7
●主題:エリシャの涙
●要約
アラム王ベン・ハダドはハザエルを遣わし、自分の病が治るかどうかエリシャに尋ねた。エリシャは、病気は治るが必ず死ぬと告げる。エリシャは王が暗殺され、ハザエルによってイスラエルに災いがもたらされることを知っていたので、ハザエルをじっと見て涙を流す。

●今日御言葉
どうしてあなたは泣かれるのですか。(12節)

エリシャはハザエルがアラム王を暗殺し、アラムの新しい王となってイスラエルに災いがもたらされることを主から示され、知っていました。エリシャはハザエルをじっと見つめ、イスラエルの行く末を思い、涙を流したのです。しかし、この涙は悲しみだけで終わりません。神様は悲しみの涙の向こう側にイスラエルの回復という喜びの涙を流す世界を備えておられるのです。十字架の向こう側に復活がある。死の向こう側に天国がある。これが福音です。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QT列王下8:16-29通読:エレミヤ8
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -