FC2ブログ

サムエル下12:24-31「神の愛」

◇2014年5月22日(木)
●サムエル下12:24-31「神の愛」
●御言葉
ダビデは妻バト・シェバを慰め、彼女のところに行って床を共にした。バト・シェバは男の子を産み、ダビデはその子をソロモンと名付けた。主はその子を愛され・・・(12:24)
●黙想
奈落の底にも神の愛があります。

ダビデは自らの犯した過ちにより、

神の裁きを受け、我が子を失い、奈落の底に転落しました。

神の愛はどん底にもありました。

罪を認め、悔い改め、主に立ち帰ったダビデは、

神の憐れみによって赦され、

戦いに勝利し、イスラエルに凱旋していくのです。

神の愛(十字架の愛)は陰府にまで及びます。

主に愛によって救われた人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29