FC2ブログ

QT ゼファニア3:1-8箴言14

◎6月29日(木)
●QT ゼファニア3:1-8箴言14
●主題:主を信頼する
●要約
イスラエルの災いが告げられる。イスラエルは主に罰せられてもなお、神に立ち帰ることをせず、堕落を重ねていき、主の憤りと怒りを招いていく。

●今日御言葉
この都は神の声を聞かず戒めを受け入れなかった。主に信頼せず、神に近づこうとしなかった。(2節)

指導者は民のモデルとなります。

イスラエルの指導者は主を信頼せず、諸外国に依り頼み、偶像の神々に近づきました。

その影響が民全体に及んでいきました。

親は子供のモデルとなります。

毎日、主の声を聞き、主に信頼し、神に近づく姿を見て、子供たちもモデリングして、信仰が育まれていくのです。

主に信頼する生き方は周りの人々に幸いを届けるのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTゼファニア3:9-20通読:箴言15
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -