FC2ブログ

ローマ2:25-29「割礼」

◇2012年1月7日(土)
●ローマ2:25-29「割礼」

●御言葉
内面がユダヤ人である者こそユダヤ人であり、文字ではなく霊によって心に施された割礼こそ割礼なのです。その誉れは人からではなく、神から来るのです。(2:29)

●黙想
割礼は、神の民であることのシンボルでした。

神の民であることを周りに知らしめるのは、

割礼のあるなしではなく、神に従って歩むことです。

割礼を受けていても神に従わなければ、その割礼は無益です。

十字架を身に着ける人がクリスチャンではなく、

十字架を身に刻み、

キリストに従って生きる人が真のクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30