FC2ブログ

エレミヤ38:14-19「恐れ」

◇2010年8月7日(土)
●エレミヤ38:14-19「恐れ」  
●御言葉
ゼデキヤ王はエレミヤに言った。「わたしが恐れているのは、既にカルデア軍のもとに脱走したユダの人々である。彼らに引き渡されると、わたしはなぶりものにされるかもしれない。(38:19)

●黙想

エレミヤはゼデキヤ王に「バビロンに降伏すれば命は助かる」と主の言葉を伝えます。

しかし、ゼデキヤは、主と主の言葉よりも、ユダの民を恐れてしまいます。

キリストを信じれば魂は救われます。

この言葉を聞いて、人や後に起こる出来事を恐れず、

主と主の言葉を恐れて生きる道を選ぶ人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29