FC2ブログ

詩編148:1-14「ハレルヤ」

◇2020年7月16日(木)

●詩編148:1-14「ハレルヤ」

148:12 若者よ、おとめよ/老人よ、幼子よ。

148:13 主の御名を賛美せよ。主の御名はひとり高く/威光は天地に満ちている。

148:14 主は御自分の民の角を高く上げてくださる。それは主の慈しみに生きるすべての人の栄誉。主に近くある民、イスラエルの子らよ。ハレルヤ。


●黙想
詩人は、すべての被造物に「主を賛美せよ」と命じます。

この詩編もハレルヤで始まりハレルヤで終わります。
しかし、すべての詩編がハレルヤで始まっている訳ではありません。
主に叫び、助けを求め、嘆きの祈りで始まる詩編も多くあります。

大切なことは、どんな時にも、主の御名を信じて祈り続けることです。

祈りも讃美です。
祈りで始めれば、悲しみは喜びに変わり、ハレルヤと御名を崇めさせてくださる時が訪れます。

主よ、今日もあなたの御名を崇めます。
ご自分の民を祝福し、ハレルヤで始まり、ハレルヤで終わらせてください。
御名によって祈ります。アーメン。byバルナバ
Next:詩編149:1-9
スポンサーサイト



詩編147:12-20「春は来る」

◇2020年7月15日(水)

●詩編147:12-20「春は来る」

147:12 エルサレムよ、主をほめたたえよ/シオンよ、あなたの神を賛美せよ。

147:13 主はあなたの城門のかんぬきを堅固にし/あなたの中に住む子らを祝福してくださる。

147:14 あなたの国境に平和を置き/あなたを最良の麦に飽かせてくださる。


●黙想
イスラエルは、冬(バビロン捕囚)が終わり、
エルサレムに帰還し、城壁が完成し、平和が訪れ、春を迎えます。

詩人は、主の言葉(約束)が成就し、主に感謝と讃美を捧げます。

人生には冬が訪れ、雪が降り、氷のような時期を迎えることがあります。
しかし、主は御言葉を遣わし、氷を溶かし、春を来たらせてくださるお方です。

明けない夜はありません。
春は必ず訪れます。
主と主の言葉を信じ、冬を耐え忍び、春を待つ人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編148:1-14

詩編147:1-11「賛美」

◇2020年7月14日(火)

●詩編147:1-11「賛美」

147:1 ハレルヤ。わたしたちの神をほめ歌うのはいかに喜ばしく/神への賛美はいかに美しく快いことか。

147:2 主はエルサレムを再建し/イスラエルの追いやられた人々を集めてくださる。

147:3 打ち砕かれた心の人々を癒し/その傷を包んでくださる。


●黙想
讃美には、主の御業を体験して捧げる讃美と、
主の御業を待ち望んで捧げる讃美とがあります。

詩人は、エルサレムが再建される日を待ち望んでいました。
打ち砕かれた心を癒してくださると信じ、主を讃美しているのです。

信仰とは、主を信頼し、主の慈しみに望みを置くことです。
主の約束を信じ、主の御業を待ち望み、讃美できる人は幸いです。

今日も讃美で始まり、讃美で終わる一日となりますように。
御名によって祝福します。byバルナバ
Next:詩編147:12-20

詩編146:1-10「ハレルヤ」

◇2020年7月13日(月)

●詩編146:1-10「ハレルヤ」

146:1 ハレルヤ。わたしの魂よ、主を賛美せよ。

146:2 命のある限り、わたしは主を賛美し/長らえる限り/わたしの神にほめ歌をうたおう。

146:3 君侯に依り頼んではならない。人間には救う力はない。


●黙想
イエス様を信じて救われると、「ハレルヤ」と、主を讃美し、
命のある限り、主を讃美し続ける人生がスタートします。
教会(信仰)生活の中で、主の御業を体験し、
共に喜び、感謝し、讃美が生まれるからです。

昨日も、主の御業を体験し、懐かしいメロディーが心に浮かび、一人で讃美しました。

♪ハレルヤ わたしはクリスチャン。
日々喜び 歌いつつ
主を愛し 主に愛される
主は わたしのすべて♪

主に依り頼み、命のある限り、ハレルヤと主を讃美し、
讃美で始まり、讃美で終わる。
これがクリスチャンライフです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編147:1-11

詩編145:14-21「主を讃美します」

◇2020年7月12日(日)

●詩編145:14-21「主を讃美します」

145:21 わたしの口は主を賛美します。すべて肉なるものは/世々限りなく聖なる御名をたたえます。

●黙想
詩編145編は、主を崇め、御名を讃えて始まり、
主を讃美し、御名をたたえて終わっています。

主は讃美を受けるのにふさわしいお方です。
詩人(ダビデ)は、主の驚くべき御業を体験し、
いつでも、どこでも、どんな時にも、主を讃美しました。

主の御業を体験すると、主を崇め、御名を讃えるようになります。

今日は日曜日です。
主のなされた救いの御業に感謝し、主を崇める日です。

今週も讃美で始まり、讃美で終わる一週間となりますように。
毎日が、讃美で始まり、讃美で終わる一日となりますように。
主よ、世々限りなく、あなたの御名を崇めさせてください。
主の御名によって祈ります。アーメン。byバルナバ
Next:詩編146:1-10

詩編145:1-13「感謝と讃美」

◇2020年7月11日(土)

●詩編145:1-13「感謝と讃美」

145:8 主は恵みに富み、憐れみ深く/忍耐強く、慈しみに満ちておられます。

145:9 主はすべてのものに恵みを与え/造られたすべてのものを憐れんでくださいます。

145:10 主よ、造られたものがすべて、あなたに感謝し/あなたの慈しみに生きる人があなたをたたえ

145:11 あなたの主権の栄光を告げ/力強い御業について語りますように。


●黙想
あなたを造られたお方は、
恵みに富み、憐れみ深く、忍耐強く、慈しみに満ちたお方です。
主はあなたを憐れみ、恵みを与えてくださいます。

主の愛を知り、主の恵みとその力強い御業を体験すると、
ハレルヤ!と主を讃美し、神の栄光を現わす者になります。

主よ、もっと深くあなたの愛を知り、あなたの恵みを体験し、
あなたの御名を崇めさせてください。
御名によって祈ります。アーメン。byバルナバ
Next:詩編145:14-21
http://bethelshimizu.blog96.fc2.com/blog-entry-254.html

詩編144:1-15「讃美」

◇2020年7月10日(金)

●詩編144:1-15「讃美」

144:1 主をたたえよ、わたしの岩を/わたしの手に闘うすべを/指に戦するすべを教えてくださる方を

144:2 わたしの支え、わたしの砦、砦の塔/わたしの逃れ場、わたしの盾、避けどころ/諸国の民をわたしに服従させてくださる方を。


●黙想
詩人は主を讃美します。
主は讃美を受けるのにふさわしいお方です。

主はあなたの岩となり、支えてくださる方です。
主はあなたに人生の戦いに打ち勝つすべ(方法)を教えてくださるお方です。
主はあなたの砦、砦の塔、逃れ場、盾、避けどころとなって、
守り抜き、勝利を与えてくださるお方です。

この方を、「わたしの主」と呼び、主を讃美ながら生きていく。
これがクリスチャンライフです。

祈りましょう。
「主よ、あなたはわたしの主です。讃美を受けるにふさわしいお方です。
今日もあなたが共にいて、私を守り、支え、あなたの御名を崇めさせてください。
御名によって祈ります。アーメン。byバルナバ
Next:詩編145:1-13

詩編142:1-7「祈り」

◇2020年7月8日(水)

●詩編142:1-7「祈り」

142:6 主よ、あなたに向かって叫び、申します/「あなたはわたしの避けどころ/命あるものの地で/わたしの分となってくださる方」と。

142:7 わたしの叫びに耳を傾けてください。わたしは甚だしく卑しめられています。迫害する者から助け出してください。彼らはわたしよりも強いのです。

142:8 わたしの魂を枷から引き出してください。あなたの御名に感謝することができますように。主に従う人々がわたしを冠としますように。あなたがわたしに報いてくださいますように。

●黙想
ダビデは敵から身を隠し、洞穴の中で主に叫び、憐れみを求めて祈ります。

ダビデは信じていました。
主が憐れみ深い方であることを。

ダビデは信じていました。
主が避けどころとなり、守ってくださることを。

ダビデは信じていました。
主が目を注ぎ、耳を傾け、助け出してくださることを。

ダビデは信じていました。
主が報いて下り、御名を崇め、感謝する日が訪れることを。

あなたは信じていますか。
主は造り主であり、救い主であり、助け主です。
主を信じ、主に叫び求める人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編143:1-12

詩編141:1-10「御言葉」

◇2020年7月7日(火)

●詩編141:1-10「御言葉」

141:3 主よ、わたしの口に見張りを置き/唇の戸を守ってください。

●黙想
詩人は、口に見張り人を置いて、唇の戸を守ってください、と祈ります。

口は災いの元です。
不用意な発言が炎上し、災いを招くことがあります。

言葉は心の声です。
心にある間は、あなたの僕ですが、
口に出すと、あなたの主人となって、言葉に振り回されることがあるのです。

「捕まえた鳥を逃がしても、また捕まえられるかも知れない。
だが、一度発した言葉を取り返すことはできない。」(ユダヤの格言)。

御言葉はあなたの口の見張りであり、唇の門番です。
御言葉はあなたに仕え、あなたの心を守ってくれます。

御言葉は幸いのもとです。
御言葉を口ずさみむ人は、御言葉が主人となり、人生に幸いをもたらします。

御言葉の僕となって生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編142:1-7

詩編140:1-13「祈りの力」

◇2020年7月6日(月)

●詩編140:1-13「祈りの力」

140:7 主にわたしは申します/「あなたはわたしの神」と。主よ、嘆き祈るわたしの声に耳を傾けてください。

140:8 主よ、わたしの神よ、救いの力よ/わたしが武器を執る日/先頭に立ってわたしを守ってください。


●黙想
詩人は、さいなむ者や不法を行う者、傲慢な者から守ってください、と祈ります。

主は救い主です。
苦しみの中から救い出す力を持っています。

かつてイスラエルは、エジプトで虐げられ、苦しみの中で、主に嘆き祈りました。
すると、主はモーセを遣わし、救いの力をもって、彼らを助け出し、守られました。

イエス・キリストは、あなたの神です。
あなたの救いの力です。
あなたの祈りに耳を傾け、救い、助け、守り、導いてくださるお方です。

「主よ、あなたはわたしの神」と告白し、祈れる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編141:1-10

詩編139:13-24「造り主」

◇2020年7月5日(日)

●詩編139:13-24「造り主」

139:13 あなたは、わたしの内臓を造り/母の胎内にわたしを組み立ててくださった。

139:14 わたしはあなたに感謝をささげる。わたしは恐ろしい力によって/驚くべきものに造り上げられている。御業がどんなに驚くべきものか/わたしの魂はよく知っている。

139:15 秘められたところでわたしは造られ/深い地の底で織りなされた。あなたには、わたしの骨も隠されてはいない。

139:16 胎児であったわたしをあなたの目は見ておられた。わたしの日々はあなたの書にすべて記されている/まだその一日も造られないうちから。

●黙想
献立を考えずに料理を始める人はいません。
設計図なしに家を建てる人もいません。

神様はあなたを適当に造られたのではありません。
生まれる前からあなたを知り、良い作品として、あなたの人生を設計されました。

神様はあなたの過去のみならず、未来をも見ておられます。
明日のことも、神様はご存知です。

大切なことは、いつも共にいて、明日を備えてくださる主を信頼し、
主の御心(計画)に従って生きることです。

今日は日曜日です。
造り主である神を覚え、御心を求め、礼拝を捧げましょう。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編140:1-13

詩編139:1-12 「神の恵み」

◇2020年7月4日(土)

●詩編139:1-12 「神の恵み」

139:7 どこに行けば/あなたの霊から離れることができよう。どこに逃れれば、御顔を避けることができよう。

139:8 天に登ろうとも、あなたはそこにいまし/陰府に身を横たえようとも/見よ、あなたはそこにいます。

139:9 曙の翼を駆って海のかなたに行き着こうとも

139:10 あなたはそこにもいまし/御手をもってわたしを導き/右の御手をもってわたしをとらえてくださる。

139:11 わたしは言う。「闇の中でも主はわたしを見ておられる。夜も光がわたしを照らし出す。」


●黙想
主はいつも共にいる。

この恵みを知り、この恵みを受け取り、この恵みに支えられて生きる。
これがクリスチャンライフです。

たとえあなたが離れても、主はあなたを離れず、
たとえあなたが見失っても、主はいつもあなたを見守り、
救いの手を伸ばし、助け、導いてくださるお方です。

イエス・キリストは、世の光であり、神の恵みです。
この光を発見し、この恵みによって救われ、
神の恵みに支えられて生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編139:13-29
http://bethelshimizu.blog96.fc2.com/blog-entry-253.html

詩編138:1-8「祈りの力」

◇2020年7月3日(金)

●詩編138:1-8「祈りの力」

138:7 わたしが苦難の中を歩いているときにも/敵の怒りに遭っているときにも/わたしに命を得させてください。御手を遣わし、右の御手でお救いください。

138:8 主はわたしのために/すべてを成し遂げてくださいます。主よ、あなたの慈しみが/とこしえにありますように。御手の業をどうか放さないでください。

●黙想
詩人は、主の宮に向かってひれ伏し、感謝をもって祈ります。
主は祈りに答え、彼の魂に力を与え、救いの御手を伸ばされます。

この詩人の祈りは、苦難の中を歩むイスラエルの祈りとなり、私たちの祈りでもあります。

祈りは力です。
大切なことは、誰に祈るかです。
魂に力を与え、御手を遣わし、右の御手で救ってくださるお方、
今も生きて働いて、御業を成し遂げてくださる神様に祈る人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編139:1-12

詩編137:1-9「涙」

◇2020年7月2日(木)

●詩編137:1-9「涙」

137:1 バビロンの流れのほとりに座り/シオンを思って、わたしたちは泣いた。

137:2 竪琴は、ほとりの柳の木々に掛けた。

137:3 わたしたちを捕囚にした民が/歌をうたえと言うから/わたしたちを嘲る民が、楽しもうとして/「歌って聞かせよ、シオンの歌を」と言うから。

137:4 どうして歌うことができようか/主のための歌を、異教の地で。

●黙想
人は失って初めて大切なものに気づきます。

詩人はバビロンで流した涙の日々を振り返ります。
イスラエルの民は、シオン(エルサレム)を離れ、異国の地で悲しみの涙を流します。
捕囚の民となり、嘲られ、悔しさの涙、屈辱の涙を流します。
過去を振り返り、後悔の涙を流します。

大切なことは、悔い改めの涙です。

主に立ち帰るならば、悲しみの涙は喜びの涙へと変わり、
主のための歌を歌う日々が訪れるのです。

主の家で涙を流し、讃美できる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編138:1-8

詩編136:1-26「主に感謝せよ」

◇2020年7月1日(水)

●詩編136:1-26「主に感謝せよ」

136:1 恵み深い主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

136:2 神の中の神に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

136:3 主の中の主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

136:4 ただひとり/驚くべき大きな御業を行う方に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

136:5 英知をもって天を造った方に感謝せよ。慈しみはとこしえに。


●黙想
主の慈しみ(恵み)は永遠です。

イスラエルの民は、繰り返しこの詩編を告白し、主に感謝と讃美を捧げました。
主の慈しみによって、彼らは救い出されたからです。

主イエス・キリストは、慈しみ深いお方であり、救いの神です。
主は、あなたをを救い、助け、守り、人生を正しく導いてくださるお方です。

主は、永遠に生きて働いておられます。
今も驚くべき大きな御業を行われます。

今日も、恵み深い主に感謝し、一日をスタートしましょう。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編137:1-9
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -