FC2ブログ

詩編135:15-21「主に依り頼む」

◇2020年6月30日(火)

●詩編135:15-21「主に依り頼む」

135:15 国々の偶像は金や銀にすぎず/人間の手が造ったもの。

135:16 口があっても話せず/目があっても見えない。

135:17 耳があっても聞こえず/鼻と口には息が通わない。

135:18 偶像を造り、それに依り頼む者は/皆、偶像と同じようになる。


●黙想
人は礼拝する対象に似てきます。

偶像には命がなく、生きて働きません。
偶像を拝むことは、神の御心に反する行為です。
偶像を造り、偶像に依り頼んでも、そこに救いはありません。

イエス・キリストには命があり、今も生きて働いています。
キリストを礼拝することは、神の御心に適う行為であり、
ここに救いがあり、助けがあります。
主に依り頼む人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編136:1-26

追伸:映画「赦しの力」がシネ・リーブ神戸で上映されています。
https://www.youtube.com/watch?v=QGYiUPCzQzE
スポンサーサイト



詩編135:1-14「賛美せよ」

◇2020年6月29日(月)

●詩編135:1-14「賛美せよ」

135:1 ハレルヤ。賛美せよ、主の御名を/賛美せよ、主の僕らよ

135:2 主の家に/わたしたちの神の家の庭に居並ぶ人々よ。

135:3 主を賛美せよ、恵み深い主を。喜ばしい御名をほめ歌え。

135:4 主はヤコブを御自分のために選び/イスラエルを御自分の宝とされた。


●黙想
主の家には讃美が満ちています。
讃美は、主を喜び、主に感謝し、主の御名をほめ歌うことです。

讃美歌やワーシップ、ゴスペルを歌うことだけが讃美ではありません。
主を知り、主の恵みを体験すると、
すべてが讃美に変わります。

歌も、祈りも、告白も、説教も、献金も、聖餐も、
主の家(教会)で捧げるすべてが讃美になります。

礼拝の本質は、讃美です。
主を喜び、讃美することは、主に選ばれた者の力の源です。

いつでもどこでも、主を喜び、感謝し、讃美しながら生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編135:15-21

詩編133:1-134:3「恵みと喜び」

◇2020年6月28日(日)

●詩編133:1-134:3「恵みと喜び」

133:1 見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。

134:1 主の僕らよ、こぞって主をたたえよ。夜ごと、主の家にとどまる人々よ

134:2 聖所に向かって手を上げ、主をたたえよ。

134:3 天地を造られた主が/シオンからあなたを祝福してくださるように。


●黙想
主の家には恵みがあり、喜びがあり、讃美があり、祝福があります。

教会は、神に招かれ、恵みによって救われた人々(兄弟、主の僕ら)の集まりです。
主の家に共に座り、主をたたえる人々に、神の祝福が注がれます。

礼拝にまさる恵み、喜びはありません。

今日は日曜日です。
主の家(教会)に集い、礼拝を捧げる日です。
今日も、主があなたを大いに祝福してくださるように。
御名によって祝福します。byバルナバ
Next:詩編135:1-14

詩編132:1-18「慈しみに生きる人」

◇2020年6月27日(土)

●詩編132:1-18「慈しみに生きる人」

132:13 主はシオンを選び/そこに住むことを定められました。

132:14 「これは永遠にわたしの憩いの地。ここに住むことをわたしは定める。

132:15 シオンの食糧を豊かに祝福し/乏しい者に飽きるほどのパンを与えよう。

132:16 祭司らには、救いを衣としてまとわせる。わたしの慈しみに生きる人は/喜びの叫びを高くあげるであろう。


●黙想
主はシオン(エルサレム)を選び、そこを住まいとすると約束しました。

ダビデは、その地を聖別し、
ダビデの子ソロモンが神殿を建て、豊かに祝福されました。

大切なのは、選ばれ、聖別し、神殿を建て、祝福された後です。

ダビデの子孫は、主の住まいを汚し、
神殿に偶像を安置し、主の臨在を失ってしまうのです。

主はあなたを選び、あなたを住まいとされます。
大切なのは、主を信じ、救われた後です。
偶像を避け、御言葉で清め、主の臨在を失わないことです。

主と主の言葉を愛し、主の慈しみ(恵み)に生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編133:1-134:3

詩編130:1-131-3「信仰・希望・愛」

◇2020年6月26日(金)

●詩編130:1-131-3「信仰・希望・愛」

130:5 わたしは主に望みをおき/わたしの魂は望みをおき/御言葉を待ち望みます。

130:6 わたしの魂は主を待ち望みます/見張りが朝を待つにもまして/見張りが朝を待つにもまして。

130:7 イスラエルよ、主を待ち望め。慈しみは主のもとに/豊かな贖いも主のもとに。

130:8 主は、イスラエルを/すべての罪から贖ってくださる。


●黙想
信仰とは、主に望みを置くことです。
主に期待すること、主と主の言葉(御言葉)を待ち望むことです。

イスラエルが待ち望んでいた主は到来しました。
それがイエス・キリスト(救い主)です。

イエス・キリストこそ、わたしたちの希望であり、
信仰の根拠であり、愛(慈しみ)の根源です。

この希望と信仰と愛は永遠です。

主と主の言葉を信じ、主に望みを置き、
主の愛に生かされて生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編132:1-18

詩編129:1-8「救い」

◇2020年6月25日(木)

●詩編129:1-8「救い」

129:2 わたしが若いときから/彼らはわたしを苦しめ続けたが/彼らはわたしを圧倒できなかった。

129:3 耕す者はわたしの背を耕し/畝を長く作った。」

129:4 主は正しい。主に逆らう者の束縛を断ち切ってくださる。

●黙想
「神の民は、悪しき者によって苦しみにあいますが、それによって滅びることはありません。イスラエルの歴史は、懲らしめと苦難の連続でした。罪に対する神の懲らしめでしたが、それは滅びのためではなく、彼らをきよめるためのものでした。」(リビングライフより)。

クリスチャンの人生も同じです。
苦しみにも意味があり、目的があります。

大切なことは、苦しみの中で主に立ち帰ることです。
主に立ち帰る者は、主の救いと助けを経験し、人生が清められていきます。

主に立ち帰り、苦しみが断ち切られ、救いの恵みに与って生きる。
それがクリスチャンライフです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編130:1-131-3

詩編128:1-6「幸いな人」

◇2020年6月24日(水)

●詩編128:1-6「幸いな人」

128:1 いかに幸いなことか/主を畏れ、主の道に歩む人よ。

128:2 あなたの手が労して得たものはすべて/あなたの食べ物となる。あなたはいかに幸いなことか/いかに恵まれていることか。

128:3 妻は家の奥にいて、豊かな房をつけるぶどうの木。食卓を囲む子らは、オリーブの若木。

128:4 見よ、主を畏れる人はこのように祝福される。

●黙想
あなたは幸せですか。
神の祝福を実感していますか。

幸いな人生の秘訣は、主を畏れ、主の道を歩むことです。

主を畏れるとは、礼拝を大切にすることです。
主の道を歩むとは、主の教え(御言葉)に従うことです。

どこにいても、どんな時でも、主を畏れ、主の道を歩み続ければ、
必ず幸せになり、神の祝福を実感するようになります。

心のベクトルを神様に向け、主の約束を信じて歩む人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編129:1-8

詩編127:1-5「空しさ」

◇2020年6月23日(火)

●詩編127:1-5「空しさ」

127:1 主御自身が建ててくださるのでなければ/家を建てる人の労苦はむなしい。主御自身が守ってくださるのでなければ/町を守る人が目覚めているのもむなしい。

127:2 朝早く起き、夜おそく休み/焦慮してパンを食べる人よ/それは、むなしいことではないか/主は愛する者に眠りをお与えになるのだから。

●黙想
自分の労苦、人生がむなしく感じることがあります。
何のために生きているのか。これからどう生きていくのか。
その答えが分からないからです。

栄華を極めたソロモン王ですらも、こう言いました。
「なんという空しさ、なんという空しさ。すべては空しい」と。
しかし、彼は答えを発見しました。
「神を畏れ、その戒めを守れ」。これこそ、人間のすべて」と。

主を畏れ、その戒めを守る人は、主がいつも共にいて、主の守りを体験します。
主と共に家を建て、主の守りに感謝し、主と共に働き、安らかに眠ります。

主を畏れ、主に愛されて生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編128:1-6

申命記34:1-12「選び」

◇2020年6月22日(月)

●申命記34:1-12「選び」

34:10 イスラエルには、再びモーセのような預言者は現れなかった。主が顔と顔を合わせて彼を選び出されたのは、

34:11 彼をエジプトの国に遣わして、ファラオとそのすべての家臣および全土に対してあらゆるしるしと奇跡を行わせるためであり、

34:12 また、モーセが全イスラエルの目の前で、あらゆる力ある業とあらゆる大いなる恐るべき出来事を示すためであった。

●黙想
今日で申命記は終わります。

モーセはイスラエルの歴史上、最も偉大な預言者です。
モーセは120歳で死にましたが、
彼が最も輝き、大活躍したのは80歳を過ぎてからです。

彼はエジプトの王子として育ちながらも、殺人を犯し、
ミディアンの荒れ野に逃れ、ホレブの山で主と出会い、使命が与えられます。
それが80歳の時でした。

主に選ばれ、主と出会った人は、人生が好転し、輝く明日が待っています。
主に選ばれた人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編127:1-5

申命記33:18-29「救いと助けと力」

◇2020年6月21日(日)

●申命記33:18-29「救いと助けと力」

33:29 イスラエルよ、あなたはいかに幸いなことか。あなたのように主に救われた民があろうか。主はあなたを助ける盾/剣が襲うときのあなたの力。敵はあなたに屈し/あなたは彼らの背を踏みつける。

●黙想
主がいつも共にいてくださる。
これにまさる幸いはありません。

イスラエルは、エジプトで奴隷状態の中から救い出されました。
主はいつも彼らと共にいて、盾となって助け、力となって勝利を与えました。

イエス様は弟子たちに命じました。
「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。
彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、
あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。
わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」(マタイ28:19-20)。

イエス様を信じ、洗礼を受け、いつも共におられる主と主の言葉に従って歩む。
これがクリスチャンライフです。
今日は日曜日です。
世の終わりまでずっと一緒にいて、救いと助けと力を与えてくださる神様に礼拝を捧げましょう。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記34:1-12

申命記33:1-17「God bless you」

◇2020年6月20日(土)

●申命記33:1-17「God bless you」

33:1 これは神の人モーセが生涯を終えるに先立って、イスラエルの人々に与えた祝福の言葉である。

●黙想
人を呪わば穴二つ。
呪いは墓穴を掘ります。

人を祝せば窓二つです。
人を祝福する人は、天の窓が開かれ、
祝福した相手にも、自分にも神の祝福が注がれます。

祝福の祈りは最高の祈りであり、最期に捧げるべき祈りです。
ヤコブは自分の子供たちを祝福し、生涯を閉じました。
「主に愛される者はその傍らに安んじて住み
終日、神に身を寄せて/その御守りのもとに住まう」(12節)。

♪God bless you(岩渕まこと)
God bless you
神の御恵みが豊かに/あなたの上に注がれますように。
あなたの心と身体と/すべての営みが守られ支えられ喜び溢れるように
わたしは祈ります。God bless you。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記33:18-29
https://www.youtube.com/watch?v=XhVQOVCgPxc

申命記32:37-52「命の言葉」

◇2020年6月18日(木)

●申命記32:37-52「命の言葉」

32:45 モーセは全イスラエルにこれらの言葉をすべて語り終えてから、

32:46 こう言った。「あなたたちは、今日わたしがあなたたちに対して証言するすべての言葉を心に留め、子供たちに命じて、この律法の言葉をすべて忠実に守らせなさい。

32:47 それは、あなたたちにとって決してむなしい言葉ではなく、あなたたちの命である。この言葉によって、あなたたちはヨルダン川を渡って得る土地で長く生きることができる。」


●黙想
信仰者の人生は駅伝に似ています。

アブラハムからスタートし、モーセからヨシュアへと信仰のタスキは引き継がれ、
ヨシュアが民を率いて、約束の地に至るのです。

クリスチャンは聖火ランナーです。
信仰の火を掲げ、天のゴールを目指し、自分に託された区間(人生)を走り抜くのです。

信仰者のゴールは天国(神の国)です。
駅伝では、走り終えた人がゴールで待っているように、
天国では、大勢の聖徒たちが待っているのです。
命の言葉をタスキにかけ、神の国で永遠に生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記33:1-17

申命記32:15-36「神を忘れない」

◇2020年6月18日(木)

●申命記32:15-36「神を忘れない」

32:15 エシュルンはしかし、肥えると足でけった。お前は肥え太ると、かたくなになり/造り主なる神を捨て、救いの岩を侮った。

32:16 彼らは他の神々に心を寄せ/主にねたみを起こさせ/いとうべきことを行って、主を怒らせた。

32:17 彼らは神ならぬ悪霊に犠牲をささげ/新しく現れ、先祖も知らなかった/無縁の神々に犠牲をささげた。

32:18 お前は自分を産み出した岩を思わず/産みの苦しみをされた神を忘れた。


●黙想
モーセは、エシュルン(イスラエル)は、豊かになると、造り主を捨て、
救いの岩を侮り、主を忘れ、主を怒らせ、裁きを受けであろうと警告します。

しかし、彼らは、カナンの地で富を愛し、偶像を拝み、
モーセの歌(預言)は現実となります。

それでも神様は彼らを憐れみ、救いの手を伸ばされたのです。
大切なことは、産みの苦しみをされた神、
十字架の苦しみをされたキリストを忘れないことです。

神の祝福を受け、豊かになっても神を忘れない人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記32:37-52

申命記31:30-32:14「恵みの雨」

◇2020年6月17日(水)

●申命記31:30-32:14「恵みの雨」

32:1 天よ、耳を傾けよ、わたしは語ろう。地よ、聞け、わたしの語る言葉を。

32:2 わたしの教えは雨のように降り注ぎ/わたしの言葉は露のように滴る。若草の上に降る小雨のように/青草の上に降り注ぐ夕立のように。


●黙想
心が渇くと、人生は荒廃していきます。
主の教え(御言葉)は、心に降り注ぐ恵みの雨です。

モーセは、イスラエルの民に、主の教えを歌にして、語り聞かせす。
主は彼らをご自分の瞳のように守り、約束の地に植え、
恵みの雨を降らせ、彼らは繁栄し、豊かになります。

しかし、愚かな民は、主の恵みを忘れます。
主の教えに耳を傾けず、祝福を失って、国は荒廃していきます。

モーセは、彼らが遠い昔の日々を思い起こし、
主の教えに耳を傾け、再び雨が降り注ぐようにと願って、この歌を残したのです。

主の教えが雨のように降り注ぎ、
あなたの心と考えを守り、人生が潤されますように。
御名によって祝福します。byバルナバ
Next:申命記32:15-36

申命記31:19-29「いつも共にいる」

◇2020年6月16日(火)

●申命記31:19-29「いつも共にいる」

31:23 主はヌンの子ヨシュアに命じて言われた。「強く、また雄々しくあれ。あなたこそ、わたしが彼らに誓った土地にイスラエルの人々を導き入れる者である。わたしはいつもあなたと共にいる。」

●黙想
ヨシュアはモーセの後継者です。
彼は「かたくなで背く者」とモーセが称した民を率いて、ヨルダン川を渡ります。
約束の地に至る道のりは険しく、戦いがあります。

主はヨシュアに「強く、また雄々しくあれ」と励まし、
「わたしはいつもあなたと共にいる」と約束したのです。

「いつも」です。
「困った時」「いざという時」ではありません。
逆境の日にも、順境の日にも、悲しみの時も、喜びの時も、
どんな時にも、いつもあなたと共にいるという約束です。

この約束は、神様が遣わした救い主を信じる者にも与えられる約束です。

主はいつもあなたと共にいます。
主と主の約束を信じ、主に導かれて生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記31:30-32:14

申命記31:9-18「聖書を読み聞かせよ」

◇2020年6月15日(月)

●申命記31:9-18「聖書を読み聞かせよ」

31:11 主の選ばれる場所にあなたの神、主の御顔を拝するために全イスラエルが集まるとき、あなたはこの律法を全イスラエルの前で読み聞かせねばならない。

31:12 民を、男も女も子供も、町のうちに寄留する者も集めなさい。彼らが聞いて学び、あなたたちの神、主を畏れ、この律法の言葉をすべて忠実に守るためであり、

31:13 これをまだ知らない彼らの子供たちも聞いて学び、あなたたちがヨルダン川を渡り、入って行って得る土地で、彼らも生きている限り、あなたたちの神、主を畏れるようになるためである。」

●黙想
神様はイスラエルの民に律法(聖書)を読み聞かせるように命じた後、
モーセに言いました。
「あなたは間もなく先祖と共に眠る。するとこの民は直ちに、入って行く土地で、
その中の外国の神々を求めて姦淫を行い、わたしを捨てて、わたしが民と結んだ契約を破るであろう。」と。

律法を守らない民、知らない民は、主を畏れず、モラルハザード(倫理・道徳的危機)が起こります。
これはイスラエルの歴史のみならず、今の時代も同じです。

モラルは、親や大人の背中、生き方で子に伝わるものです。
聖書はモラルの教科書であり、イエス様はモラルの生きた見本です。
聖書を読み聞かせ、主を畏れて生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記31:19-29

申命記31:1-8「強く、雄々しくあれ」

◇2020年6月14日(日)

●申命記31:1-8「強く、雄々しくあれ」

31:7 モーセはそれからヨシュアを呼び寄せ、全イスラエルの前で彼に言った。「強く、また雄々しくあれ。あなたこそ、主が先祖たちに与えると誓われた土地にこの民を導き入れる者である。あなたが彼らにそれを受け継がせる。

31:8 主御自身があなたに先立って行き、主御自身があなたと共におられる。主はあなたを見放すことも、見捨てられることもない。恐れてはならない。おののいてはならない。」


●黙想
「主御自身があなたと共におられる」。
これにまさる恵みはありません。

モーセに代わり、ヨシュアが選ばれ、
民を率いてヨルダン川を渡り、カナンの地を目指します。
その旅路は険しく、戦いが待ち受けていました。
モーセはヨシュアに主を信じ、強く、雄々しくあれ、と励まし、送り出したのです。

クリスチャンの旅路も同じです。

主はあなたの人生を導くお方です。
主が先立って進み、共におられるお方です。
主はあなたを見放すことも、見捨てることもありません。

キリストにまさる恵みはありません。

今日は日曜日です。
主の恵みに感謝し、主の恵みに支えられ、
今週も強く、雄々しく歩んでいきましょう。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記31:9-18

申命記30:11-20「二つの道」

2020年6月13日(土)

●申命記30:11-20「二つの道」

30:19 わたしは今日、天と地をあなたたちに対する証人として呼び出し、生と死、祝福と呪いをあなたの前に置く。あなたは命を選び、あなたもあなたの子孫も命を得るようにし、

30:20 あなたの神、主を愛し、御声を聞き、主につき従いなさい。それが、まさしくあなたの命であり、あなたは長く生きて、主があなたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓われた土地に住むことができる。


●黙想
神様はイスラエルの民の前に二つの道を置きました。
生(祝福)と死(呪い)の道です。

信仰とは、選択であり、決断です。
どっち道を選ぶかによって、彼らの明暗は分かれます。

イエス様は救い主です。
選択を誤り、死と呪いの道を歩む者の前に、救いの道、逃れの道が用意されました。
分岐点は目の前にあります。

主を愛し、主の御声に聞き従う道を選び、
命と祝福を得て、神の国に至り、永遠に神と共に住む人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記31:1-8

申命記30:1-10「運命の回復」

続きを読む

申命記29:21-28「啓示」

2020年6月11日(木)

●申命記29:21-28「啓示」

29:28 隠されている事柄は、我らの神、主のもとにある。しかし、啓示されたことは、我々と我々の子孫のもとにとこしえに託されており、この律法の言葉をすべて行うことである。

●黙想
人生には神様に聞かなければ分からないことがたくさんあります。

後の日に、彼らの子孫は
「なぜ主は、この国にこのようなことをなさったのか」と尋ねます。
その時、彼らは聖書の中に答えを見出します。

聖書は、神様の御心と計画が啓示されている書物であり、
イエス・キリストは、神様の姿が啓示された出来事です。

啓示とは、隠されている事柄を明らかにすることです。
「なぜ」「どうして」「どうすれば」。
その答えは、主のもとにあり、すでに啓示されているのです。

聖書は人生の答えであり、キリストは、救いと祝福の道しるべです。
聖書を読み、主と主の言葉に従って生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記30:1-10

申命記29:9-20「契約」

2020年6月10日(水)

●申命記29:9-20「契約」

29:13 わたしはあなたたちとだけ、呪いの誓いを伴うこの契約を結ぶのではなく、
29:14 今日、ここで、我々の神、主の御前に我々と共に立っている者とも、今日、ここに我々と共にいない者とも結ぶのである。

●黙想
イスラエルの民は神様と契約を結び、神の民となります。
この契約は、彼らの子孫にも有効でした。

呪いの誓いとは、心変わりし、主を捨て、偶像に仕えた場合のペナルティです。
この契約の確かさは、イスラエルの歴史が証明します。

キリストは、この契約を更新し、
ペナルティ(神の裁き)を身代わりに引き受け、
新たな契約を用意されました。

キリストによる新しい契約は、今も有効です。
誰でもキリストを信じ、洗礼を受けた人は、祝福を伴う契約が結ばれ、
永遠に神の民となります。
主に愛され、主を愛し、主に仕える人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記29:21-28

申命記28:69-29:8「御言葉」

2020年6月9日(火)

●申命記28:69-29:8「御言葉」

29:8 あなたたちはそれゆえ、この契約の言葉を忠実に守りなさい。そうすれば、あなたたちのすることはすべて成功する。

●黙想
人も人生も問題だらけです。

神様がイスラエルの民を選ばれたのは、
彼らに問題がなかったからではありません。

神様がイスラエルの民をカナンの地に植えられたのは、
その地に問題がないからではありません。

生きている限り、誰といても、どこに住んでも、問題(トラブル)は生じます。
大切なことは、その問題に打ち勝つことです。

人生は戦いの連続です。
聖書には、問題解決の秘訣、勝利の秘訣、成功の秘訣、祝福の秘訣が書かれています。

大切なことは、御言葉の実践(生活への適用)です。
主の言葉を忠実に守って生きる人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記29:9-20

申命記28:58-68「主を畏れる」

2020年6月8日(月)

●申命記28:58-68「主を畏れる」

28:58 もし、この書に記されているこの律法の言葉をすべて忠実に守らず、この尊く畏るべき御名、あなたの神、主を畏れないならば、
28:59 主はあなたとあなたの子孫に激しい災害をくだされる。災害は大きく、久しく続き、病気も重く、久しく続く。

●黙想
聖書の言葉は真実です。
主がイスラエルの民に語られた言葉は、現実に起こりました。

今、世界を見ると、聖書の言葉が真実であることが分かります。
今は終わりの時代です。

大切なことは、主に立ち帰り、主を畏れて生きることです。
ここに救いがあり、祝福があります。
主を畏れ(礼拝)、御言葉に従って歩む人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記29:1-9
https://ameblo.jp/barunababokushi/entry-12602437046.html

申命記28:36-57「主の日」

2020年6月7日(日)

●申命記28:36-57「主の日」

28:46 これらのことは、あなたとあなたの子孫に対していつまでもしるしとなり、警告となるであろう。
28:47 あなたが、すべてに豊かでありながら、心からの喜びと幸せに溢れてあなたの神、主に仕えないので、
28:48 あなたは主の差し向けられる敵に仕え、飢えと渇きに悩まされ、裸にされて、すべてに事欠くようになる。敵はあなたに鉄の首枷をはめ、ついに滅びに至らせる。


●黙想
主の日(終末)には、主の裁きと救いがあります。

彼らの子孫が、飢えと渇きに悩まされ、すべてに事欠くようになる時、
それらのことは神からの「しるし」であり「警告」でした。

その日、その時、主に立ち帰り、
主の御名を呼び求める者は皆、救われます。
それは、いつの時代も同じです。

歴史は繰り返されます。
今は主の日、終わりの時代です。
救い主が到来し、十字架アラートは赤く輝きました。

「今や、恵みの時、救いの日」です。
大切なことは、しるしを見て、主に立ち帰ることです。

今日は日曜日です。
主の家に集い、心からの喜びと幸せにあふれ、主に仕える人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記28:58-68

申命記28:25-35「祝福と呪い」

2020年6月6日(土)

●申命記28:25-35「祝福と呪い」

28:28 主はまた、あなたを打って、気を狂わせ、盲目にし、精神を錯乱させられる。
28:29 盲人が暗闇で手探りするように、あなたは真昼に手探りするようになる。あなたは何をしても成功せず、常に蹂躙され、かすめ取られてだれ一人助ける者はない。

●黙想
主は良いお方です。
イスラエルを愛し、救い、助けられる神です。

その神に打たれ、見捨てられ、祝福を失うことが、
どれほど悲惨であるかが長々と語られます。

この時、モーセも民も、まさか自分たちの子孫が主の戒めを破り、
主を捨て、偶像を拝み、主に打たれる日が来るとは思ってもいなかったでしょう。

しかし、イスラエルが呪いの道を選んだことは、
その後の歴史が証明しています。

主は良いお方です。
呪いの道を歩んだイスラエルを憐れみ、救い主を遣わされたのです。

主は今も、暗闇の中で、もがき、助けを求める者に、救いの手を差し伸べておられます。
主と主の言葉を信じ、祝福の道を歩む人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記28:36-57

申命記28:15-24「祝福と呪い」

2020年6月5日(金)

●申命記28:15-24「祝福と呪い」

28:20 あなたが悪い行いを重ねて、わたしを捨てるならば、あなたの行う手の働きすべてに対して、主は呪いと混乱と懲らしめを送り、あなたは速やかに滅ぼされ、消えうせるであろう。
28:21 主は、疫病をあなたにまといつかせ、あなたが得ようと入って行く土地であなたを絶やされる。

●黙想
主は良いお方です。祝福の神です。
その神様が呪いと混乱と懲らしめを送るというのです。

神に呪われ、家庭や社会や世界が混乱することを喜ぶ人はいません。
罪と悪が蔓延し、裁きを受け、滅び去ることを願う人もいません。
しかし、現実の世界を見渡すと、罪と悪が満ち溢れ、
神が呪いと混乱と懲らしめが送られているかのように思えます。

主は良いお方です。
彼らが悪を重ね、主を捨てても、主は彼らを見捨てず、救い主を遣わしました。

主は良いお方です。
呪いを祝福に変え、混乱した世界に秩序をもたらし、平和を実現してくださるお方です。

イエス様は救い主です。
イエスをキリスト(救い主)と信じる者は、すべての罪が赦され、
混乱した人生に平和が訪れ、滅びることも、消え失せることもありません。
これが良い知らせ(福音)です。

福音(ゴスペル)を信じ、讃美し、
祝福の道を歩む人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記28:25-35

申命記28:7-14「御言葉」

2020年6月4日(木)

●申命記28:7-14「御言葉」

28:14 あなたは、今日わたしが命じるすべての言葉から離れて左右にそれ、他の神々に従い仕えてはならない。

●黙想
朝、起きて、聞く言葉、考える内容が一日を決めます。
毎日、繰り返して聞き、考えていることが、行動に影響を与えます。

脳の研究者は、行動は思考から始まり、
思考は感情を刺激し、それが態度をもたらし、行動を生み出すと言います。

良い思考は良い感情を生み、良い態度を生み、良い行動に至らせます。
反対に、悪い思考は悪い行動に至るのです。

御言葉を黙想すれば、良い思考(神の考え)が育まれていきます。
御言葉には思考を変え、人生を変え、魂を救う力があります。

御言葉を黙想する習慣(QT)を身に付け、
御言葉によって心を制御する人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記28:15-24

申命記28:1-6「従順」

2020年6月3日(水)

●申命記28:1-6「従順」

28:1 もし、あなたがあなたの神、主の御声によく聞き従い、今日わたしが命じる戒めをことごとく忠実に守るならば、あなたの神、主は、あなたを地上のあらゆる国民にはるかにまさったものとしてくださる。
28:2 あなたがあなたの神、主の御声に聞き従うならば、これらの祝福はすべてあなたに臨み、実現するであろう。
28:3 あなたは町にいても祝福され、野にいても祝福される。

●黙想
神様の祝福は従順とセットです。
アブラハムとその子孫(イスラエル)は、主の御声に聞き従い、神様に祝福されました。

一方、呪いは不従順とセットです。
彼らが主の御声を無視し、戒めを破ると、祝福が途絶えます。

物事がうまく行かない時、立ち止まって、主の御声に耳を傾ける必要があります。
放蕩息子は、何もかも失った時、我に返り、父の家に帰りました。
父(神)の家に祝福があります。

主はあなたと共にいます。
主の御声に聞き従う人は、神の祝福が臨みます。
神様の祝福があなたの人生に実現していきますように。
御名によって祝福します。byバルナバ
Next:申命記28:7-14

申命記27:11-26「祝福と呪い」

2020年6月2日(火)

●申命記27:11-26「祝福と呪い」

27:14 レビ人は、大声でイスラエルの人すべてに向かって宣言しなければならない。
27:15 「職人の手の業にすぎぬ彫像や鋳像は主のいとわれるものであり、これを造り、ひそかに安置する者は呪われる。」それに答えて、民は皆、「アーメン」と言わねばならない。


●黙想
神様は祝福の神です。

レビ人は、神が忌み嫌われる罪を宣言し、民は皆、「アーメン」と答えます。
「呪われる」とは、祝福を失った状態を意味します。

罪とは、関係の断絶です。
電線が切れ、停電になると、すべての電気器具が使えなくなります。

イスラエルは、カナンの地で、この宣言を破り、偶像を拝み、
神との関係が損なわれ、祝福を失ってしまうのです。

キリストは、神との関係を回復するために十字架にかかられたのです。
誰でもキリストを信じる者は、すべての罪が赦され、呪いが断ち切られ、
神の祝福を受け取ることが出来るのです。

偶像を拝み、呪いの道を歩むのではなく、
キリストを礼拝し、祝福の道を歩む人。
それがクリスチャンです。
今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:申命記28:1-6

申命記27:1-10「黙想の力」

2020年6月1日(月)

●申命記27:1-10「黙想の力」
27:9 モーセは、レビ人である祭司と共に全イスラエルに向かって告げた。イスラエルよ、静かにして聞きなさい。あなたは今日、あなたの神、主の民とされた。
27:10 あなたの神、主の御声に聞き従い、今日わたしが命じる戒めと掟を行わねばならない。

●黙想
静かにして聞かなければ、主の御声は聞こえません。

モーセは、石の板に主の言葉(律法)を書き記し、
祭壇を築き、礼拝を捧げよ、と命じます。

イスラエルの民はエジプトから救い出され、
荒れ野で主の声を聞き、約束の地へ導かれました。
主の声は人生を導くナビゲーターです。

御言葉には魂を救う力があり、人生を正しい方向へ導きます。
大切なことは、主に立ち帰り、静まることです。

預言者イザヤは言いました。
「お前たちは、立ち帰って/静かにしているならば救われる。
安らかに信頼していることにこそ力がある」と。(イザヤ30:15)。

今日も、主の前に静まり、
主を信頼し、神の力(聖霊)に助けられ、導かれますように。
御名によって祝福します。byバルナバ
Next:申命記27:11-26
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -