FC2ブログ

黙示録11:1-14「命の息」

◇2019年11月19日(火)
●黙示録11:1-14「命の息」

 11:11 三日半たって、命の息が神から出て、この二人に入った。彼らが立ち上がると、これを見た人々は大いに恐れた。
 11:12 二人は、天から大きな声があって、「ここに上って来い」と言うのを聞いた。そして雲に乗って天に上った。彼らの敵もそれを見た。


●黙想
二人の証人は、迫害され、殉教します。

しかし、彼らは、キリストが三日後に復活したように、

三日半たって、命の息が神から吹き入れられると、立ち上がり、雲に乗って天に上っていったのです。

人は生まれると、息を吸い、死ぬと息を吐き、土に帰ります。

主を信じて死を迎える人は、命の息が神から入り、復活し、

雲(主の臨在)に包まれ、天に上り、災いにピリオドが打たれます。

命の息(聖霊)によって、永遠に生かされる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:黙示録11:15-19
スポンサーサイト



黙示録10:1-11「福音」

◇2019年11月18日(月)
●黙示録10:1-11「福音」

 10:6 世々限りなく生きておられる方にかけて誓った。すなわち、天とその中にあるもの、地とその中にあるもの、海とその中にあるものを創造された方にかけてこう誓った。「もはや時がない。
 10:7 第七の天使がラッパを吹くとき、神の秘められた計画が成就する。それは、神が御自分の僕である預言者たちに良い知らせとして告げられたとおりである。」


●黙想
神の秘められた計画とは、御国(神の国)の完成です。

キリストの到来と共に、良い知らせ(御国の福音)は、告げ知らされ、

キリストの再臨と共に、神の秘められた計画が成就します。

天使は「もはや時がない」と言いました。

今は終わりの時代です。

主がいつ来られてもおかしくない時代です。

良い知らせは、聞く者には蜜のように甘く、語る者には苦いものです。

それでも「語れ。時がない」と言われているのです。

御国の福音を伝える。これがクリスチャンの使命なのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバbyバルナバNext:黙示録11:1-14

黙示録9:13-21「悔い改め」

◇2019年11月17日(日)
●黙示録9:13-21「悔い改め」

 9:20 これらの災いに遭っても殺されずに残った人間は、自分の手で造ったものについて悔い改めず、なおも、悪霊どもや、金、銀、銅、石、木それぞれで造った偶像を礼拝することをやめなかった。このような偶像は、見ることも、聞くことも、歩くこともできないものである。
 9:21 また彼らは人を殺すこと、まじない、みだらな行い、盗みを悔い改めなかった。

●黙想
悔い改めは、救いの道と滅びの道の分岐点です。

罪が分からなければ、悔い改める(方向転換する)ことはできません。

罪を知りながらも、悔い改めなければ、滅びに至ります。

聖書(律法)は、罪を明らかにし、救いの道(キリスト)を指し示します。

大切なことは、罪を知り、キリストを知り、悔い改めることです。

今日は日曜日です。

あなたの造り主であり、救い主である神を崇め、共に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:黙示録10:1-11
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30