FC2ブログ

詩編126:1-6「種蒔き」

◇2019年9月30日(月)

●詩編126:1-6「種蒔き」

126:4 主よ、ネゲブに川の流れを導くかのように/わたしたちの捕われ人を連れ帰ってください。
126:5 涙と共に種を蒔く人は/喜びの歌と共に刈り入れる。
126:6 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は/束ねた穂を背負い/喜びの歌をうたいながら帰ってくる。


●黙想
詩人は、捕囚の民が帰還し、イスラエルの繁栄が回復し、喜ぶ民の姿を歌います。

囚われ人は、乾いたネゲブ砂漠の農地に種を蒔く人のように、

やがて雨が降り、収穫の季節が訪れ、

束を抱えて帰ってくる人のように、喜び歌いながら帰ってくる、と。

大切なことは、現実がどうであれ、主を信じ、種を蒔き続けることです。

涙と共に祈りの種を蒔く人、御言葉の種を蒔く人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:レビ記17:1-9
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -