FC2ブログ

詩編119:121-136「御業」

◇2019年9月21日(土)

●詩編119:121-136「御業」

119:126 主の働かれるときです。人々はあなたの律法を破棄しています。

●黙想
詩人は、律法を破棄し、不法を行う人々に、虐げられ、苦しめられていました。

彼は主の裁きと救いを渇望し、「今こそ主が事をなさる時です」(新改訳)と告白し、

「御顔をわたしに向け、憐れんでください」

「虐げる者からわたしを解き放ってください」

「御顔の光をあなたの僕の上に輝かせてください」と祈ります。

主が働かれる時、主が御顔を向けられ、御業が起こり、主の栄光が現されます。

「主は今も生きておられる」と告白し、主を慕い求め、

涙を流して祈り続け、主の働かれる時を待つ。

これが信仰です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編119:137-144
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -