FC2ブログ

レビ記16:23-34「贖い」

◇2019年9月12日(木)
●レビ記16:23-34「贖い」

16:34 これはあなたたちの不変の定めである。年に一度、イスラエルの人々のためにそのすべての罪の贖いの儀式を行うためである。モーセは主のお命じになったとおりに行った。

●黙想
贖罪日は、民のすべての汚れと罪を贖い、清める日であり、

年に一度、定められ、繰り返し行われてきました。

不変の定めなのに、なぜ教会では、この儀式は行われていないのでしょうか。

それは、キリストが完全なる贖いの儀式を成し遂げ、罪を贖い、清めてくださったからなのです。

「わたしたちには神の家を支配する偉大な祭司がおられるのですから、心は清められて、良心のとがめはなくなり、体は清い水で洗われています。信頼しきって、真心から神に近づこうではありませんか。」(ヘブライ10:21-22)。

主に贖われ、清められ、神に近づくことができる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:詩編119:1-16
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -