FC2ブログ

レビ記16:11-22「贖い」

◇2019年9月11日(水)
●レビ記16:11-22「贖い」

16:21 アロンはこの生きている雄山羊の頭に両手を置いて、イスラエルの人々のすべての罪責と背きと罪とを告白し、これらすべてを雄山羊の頭に移し、人に引かせて荒れ野の奥へ追いやる。
16:22 雄山羊は彼らのすべての罪責を背負って無人の地に行く。雄山羊は荒れ野に追いやられる。


●黙想
アロンは、雄山羊の頭に手を置き、民のすべての罪責と背きと罪とを告白し、

山羊に罪を転嫁させ、荒れ野の奥、無人の地へ追いやります。

これは、罪が贖われ、清められ、咎と罪が再び戻ってこないことを示す儀式でした。

キリストにより贖われた者も同じです。

キリストを信じ、神の前で罪を告白する者は、

神がその罪をキリストに転嫁させ、罪を赦し、清めて下さったのです。

「自分の罪を公に告白するなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。」(一ヨハネ1:9)。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:レビ記16:23-34
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -