FC2ブログ

詩編108:1-13「讃美」

◇2019年7月16日(火)
●詩編108:1-13「讃美」

108:2 神よ、わたしの心は確かです。わたしは賛美の歌をうたいます。「わたしの誉れよ
108:3 目覚めよ、竪琴よ、琴よ。わたしは曙を呼び覚まそう。」

●黙想
詩人は「神よ。私の心はゆるぎません」(新改訳)と告白(宣言)します。

この時、詩人は主の助けを必要としていました。

敵(問題)に襲われ、四面楚歌に陥っていました。

彼はまず、主を信頼し、神に礼拝を捧げ、主に祈ります。

「どうか我らを助け、敵からお救いください。人間の与える救いはむなしいものです。神と共に我らは力を振るいます。神が敵を踏みにじってくださいます。」(13-14)。

主を信じ、崇め、讃美と感謝を捧げて祈るならば、

主はあなたに力を注ぎ、共に戦って下さるのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編109:1-15
スポンサーサイト
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -