FC2ブログ

エレミヤ22:20-30「従順」

◇2019年6月30日(日)
●エレミヤ22:20-30「従順」

22:21 お前が栄えていたころ、わたしが何か言うと/お前は、「聞きたくない」と言った。これが、お前の若い時からの態度であった。お前はわたしの声に聞き従ったことはない。

●黙想
エルサレムが栄えていたとき、主の言葉に耳をふさぎ、聞き従いません。

これは、人間の常です。

苦しい時には、主を求め、苦しみが去り、順調に物事が進み始めると、主を忘れ、主の言葉を退け、高慢になります。

主は高ぶる者を低くされるお方です。

イスラエルの歴史はそのことの繰り返しであり、ユダは裁かれ、徹底的に低くされていきます。

大切なことは、逆境の時も、順境の時も、主の声に耳を傾け、従順に従い続けることです。

ここに神の祝福があります。

今日は日曜日です。

主の声に耳を傾け、御言葉に聞き従って、一週間を始めましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ23:1-8
スポンサーサイト

エレミヤ22:10-19「幸いな人」

◇2019年6月29日(土)
●エレミヤ22:10-19「幸いな人」
22:14 彼は言う。「自分のために広い宮殿を建て/大きな高殿を造ろう」と。彼は窓を大きく開け/レバノン杉で覆い、朱色に塗り上げる。
22:15 あなたは、レバノン杉を多く得れば/立派な王だと思うのか。あなたの父は、質素な生活をし/正義と恵みの業を行ったではないか。そのころ、彼には幸いがあった。
22:16 彼は貧しい人、乏しい人の訴えを裁き/そのころ、人々は幸いであった。こうすることこそ/わたしを知ることではないか、と主は言われる。


●黙想
自分の幸せだけを考える人は、幸せ(命・関係)を失います。

イエス様は愚かな金持ちの譬え話をしました。

畑が豊作になった時、彼は自分のことしか考えず、富を蓄え、満足します。

しかし、神様から『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われ、

「自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」と教えています。

神の前に豊かである人は、天に宝を積む人であり、

自分ののみならず、人の幸せをも考え、分かち合って生きる人です。

互いに助け合い、補い合って生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ22:20-30

エレミヤ22:1-9「聞いて、従う」

◇2019年6月28日(金)
●エレミヤ22:1-9「聞いて、従う」

22:8 多くの国の人々がこの都を通りかかって、互いに尋ね、「なぜ主は、この大いなる都にこのようになさったのか」と聞くならば、 22:9 「彼らがその神、主の契約を捨てて他の神々を拝み、仕えたからだ」と答えるであろう。

●黙想
ユダが滅びる前、主はエレミヤを宮殿に遣わし、最後の警告をします。

しかし、彼らは最後まで聞き従わず、滅びてしまいます。

後日、諸国の人々は、「なぜ、主はこの大いなる都にこのようになさったか」と互いに尋ねるだろう、というのです。

裁かれた理由は、エレミヤの預言を聞いていた人々は痛感しています。

聞いていても、従わなければ意味がありません。

御言葉を聞くだけではなく、聞いて、行う(生活に適用する)人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ22:10-19

エレミヤ21:8-14「命の道と死の道」

◇2019年6月27日(木)
●エレミヤ21:8-14「命の道と死の道」

21:8 あなたはこの民に向かって言うがよい。主はこう言われる。見よ、わたしはお前たちの前に命の道と死の道を置く。
21:9 この都にとどまる者は、戦いと飢饉と疫病によって死ぬ。この都を出て包囲しているカルデア人に、降伏する者は生き残り、命だけは助かる。


●黙想
人生には二つの道があります。

命の道と死の道です。

命の道を歩む者は、主の言葉に従い、死の道を歩む者は、主の言葉に逆らいます。

今、主の裁きを受け、バビロンの攻撃を受けている民の前にも、二つの道が置かれました。

カルデア人(バビロン)に抵抗し、都に籠城するのか。

降伏し、捕虜となるのか。

主の御心(命の道)は、後者にあります。

神様は、死(裁き)の道を歩んでいた者に命(救い)の道を置いてくださいました。

それが救い主なるキリストです。

主と主の言葉に従い、命の道を歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:エレミヤ22:1-9

エレミヤ21:1-7「時」

◇2019年6月26日(水)
●エレミヤ21:1-7「時」

21:1 ゼデキヤ王に派遣されて、マルキヤの子パシュフルとマアセヤの子、祭司ゼファニヤが来たとき、主からエレミヤに臨んだ言葉。彼らは言った。
21:2 「どうか、わたしたちのために主に伺ってください。バビロンの王ネブカドレツァルがわたしたちを攻めようとしています。主はこれまでのように驚くべき御業を、わたしたちにもしてくださるかもしれません。そうすれば彼は引き上げるでしょう。」

●黙想
ゼキデヤの時代、エレミヤの預言は成就し、バビロンがエルサレムを攻め上ります。

ゼデキヤ王はエレミヤに祭司を派遣し、救いを懇願します。

しかし、時既に遅し。主の裁きは下されました。

明日では遅い時があります。

イエス様は言いました。

「光は、いましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」(ヨハネ12:35-36)。

暗闇が襲う前に、世の光として来られたキリスト(光)を信じ、光の中を歩く人になりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:エレミヤ:21:8-14

エレミヤ20:7-18「お任せします」

◇2019年6月25日(火)
●エレミヤ20:7-18「お任せします」

20:12 万軍の主よ/正義をもって人のはらわたと心を究め/見抜かれる方よ。わたしに見させてください/あなたが彼らに復讐されるのを。わたしの訴えをあなたに打ち明け/お任せします。

●黙想
エレミヤが主の言葉を伝えると、笑い者にされ、嘲られ、恥とそしりを受けました。

もう語るまいと思っても、主の言葉が火のように燃え上がり、語れば非難され、苦悶します。

それでもエレミヤは知っていました。

主が共におられ、御業を成し遂げられることを。

パウロは言いました。

「愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。」(ローマ12:19)。と。

主は共におられ、何もかもご存じで,、御心を成し遂げられます。

主に祈り、すべてを主に委ねて生きる。

これがクリスチャンライフです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:エレミヤ:21:1-7

エレミヤ20:1-6「主の言葉」

◇2019年6月24日(月)
●エレミヤ20:1-6「主の言葉」

20:1 主の神殿の最高監督者である祭司、イメルの子パシュフルは、エレミヤが預言してこれらの言葉を語るのを聞いた。
20:2 パシュフルは預言者エレミヤを打たせ、主の家の上のベニヤミン門に拘留した。

●黙想
祭司パシェフルは、神殿でエレミヤの預言を聞き、エレミヤを打ち、拘留しました。

神殿の最高監督者である祭司もが、主の言葉を拒絶したのです。

預言者を迫害することは、神様を迫害することと同じです。

イエス様が来られた時も同じです。

祭司長や律法学者たちは、主の言葉を拒絶し、イエスを鞭打ち、捕らえ、神に敵対したのです。

パウロも同じでした。

彼は主の言葉を語る人々を迫害し、神に敵対していました。

しかし、パウロは、主の言葉を聞いた時、自らの間違いに気づき、

悔い改め、生き方を変え、主の言葉を告げ知らせる者に変わったのです。

主の言葉を拒絶せず、悔い改めて、主に従う人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ20:7-18

エレミヤ19:1-15「砕かれた壺」

◇2019年6月23日(日)
●エレミヤ19:1-15「砕かれた壺」

19:10 あなたは、共に行く人々の見ているところで、その壺を砕き、
19:11 彼らに言うがよい。万軍の主はこう言われる。陶工の作った物は、一度砕いたなら元に戻すことができない。それほどに、わたしはこの民とこの都を砕く。人々は葬る場所がないのでトフェトに葬る。


●黙想
神様はエレミヤに陶器師から壺を買って、人々の前で砕かせます。

これは「預言者の象徴行為」と呼ばれ、

壺が粉々に砕けるようにエルサレムが砕け散るというメッセージを示しました。

粘土の状態であれば、もう一度、壊して、作り直すことができます。

しかし、砕かれた壺は、粉々になり、もはや修復不可能なのです。

私たちは知っています。

主は壺の破片から、もう一度、イスラエルを建て直されたことを。

今日は日曜日です。

陶工(造り主)の家(教会)に行き、主の御手で練られ、

砕かれ、御心に適う者へと作り直される人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ20:1-6

エレミヤ18:13-23「祈り」

◇2019年6月22日(土)
●エレミヤ18:13-23「祈り」

18:20 悪をもって善に報いてもよいでしょうか。彼らはわたしの命を奪おうとして/落とし穴を掘りました。御前にわたしが立ち、彼らをかばい/あなたの怒りをなだめようとしたことを/御心に留めてください。

●黙想
ユダの民は、神を忘れ、偶像を拝み、神に背き、主の言葉に耳を傾けず、

エレミヤを黙らせようと、命を狙ってきました。

善に悪で報われた時、エレミヤは主の前に出て、祈りました。

祈りこそ、悪に対処する最善の方法です。

イエス様は「迫害する者のために祈れ」と教えました。

パウロは、「誰に対しても悪に悪を返さず、すべての人の前で善を行うように心がけなさい」(ローマ12:17)

「悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい」(ローマ12:21)と教えています。

祈りは善で報いる行為です。

悪に悪で報い、復讐したくなる時、静まって、主の前に祈り、悪に善で打ち勝つ者でありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:エレミヤ19:1-15

エレミヤ18:1-12「主は陶器師」

◇2019年6月21日(金)
●エレミヤ18:1-12「主は陶器師」

18:4 陶工は粘土で一つの器を作っても、気に入らなければ自分の手で壊し、それを作り直すのであった。
18:5 そのとき主の言葉がわたしに臨んだ。
18:6 「イスラエルの家よ、この陶工がしたように、わたしもお前たちに対してなしえないと言うのか、と主は言われる。見よ、粘土が陶工の手の中にあるように、イスラエルの家よ、お前たちはわたしの手の中にある。


●黙想
「主は陶器師」というワーシップがあります。

♪主の御手で つくりかえ イエスの姿と なしたまえ 主は陶器師 われは土くれ イエスのごとく なしたまえ。 

主は陶器師(造り主)であり、私たちは器(被造物)です。

御手の中で造られ、日々、御心に適う姿へと造り変えられていくのです。

パウロは言いました。

「わたしたちは神に造られた者であり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです」(エフェソ2:10)。と。

主の御手で造り変えられた人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:エレミヤ18:13-23

エレミヤ17:19-27「安息日」

◇2019年6月20日(木)
●エレミヤ17:19-27「安息日」

17:24 主は言われる。もし、あなたたちがわたしに聞き従い、安息日にこの都の門から荷を持ち込まず、安息日を聖別し、その日には何の仕事もしないならば、
17:25 ダビデの王座に座る王たち、高官たち、すなわち車や馬に乗る王や高官、ユダの人々、エルサレムの住民が、常にこの都の門から入り、この都には、とこしえに人が住むであろう。


●黙想
神様はエレミヤに、すべての民に安息日を聖別するように命じます。

安息日は、週に一度、仕事を休み、体を休ませるだけではなく、

神に近づき、礼拝を捧げ、身も心も魂も安息を得るために備えられた日です。

「私は木を切るのに忙しくて、斧を見る暇がなかった。」と言われます。

忙しいという字は、心を亡くす、心を亡ぼすと書きますが、

忙しいからこそ、斧(心と魂)の手入れをする時間が必要なのです。

主のもとで心をケアし、癒され、祝福された人生を歩む者でありますように。

御名によって祝福します。byバルナバNext:エレミヤ18:1-12

エレミヤ17:12-18「希望」

◇2019年6月19日(水)
●エレミヤ17:12-18「希望」

17:13 イスラエルの希望である主よ。あなたを捨てる者は皆、辱めを受ける。あなたを離れ去る者は/地下に行く者として記される。生ける水の源である主を捨てたからだ。
17:14 主よ、あなたがいやしてくださるなら/わたしはいやされます。あなたが救ってくださるなら/わたしは救われます。あなたをこそ、わたしはたたえます。


●黙想
あなたの希望はどこにありますか。

エレミヤが見ている現実は絶望的でした。

しかし、彼には希望がありました。

神に望みを置く。

ここに救いがあり、ここに癒しがあります。

イエス・キリストは私たちの希望です。

キリストこそ、生ける水の源であり、ここに癒しがあり、救いがあります。

キリストこそ、讃美すべきお方であり、わたしたちの避け所です。

キリストに望みを置いて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:エレミヤ17:19-27

エレミヤ17:1-11「よりどころ」

◇2019年6月18日(火)
●エレミヤ17:1-11「よりどころ」

17:7 祝福されよ、主に信頼する人は。主がその人のよりどころとなられる。
17:8 彼は水のほとりに植えられた木。水路のほとりに根を張り/暑さが襲うのを見ることなく/その葉は青々としている。干ばつの年にも憂いがなく/実を結ぶことをやめない。

●黙想
幸いな人生の秘訣は、主に信頼することです。

神の御心(御言葉)に従って歩み、主の道にとどまり、

主の側に座り、主の教え愛し、主の教えを口ずさんで生きることです。

詩人も歌います。

「いかに幸いなことか/神に逆らう者の計らいに従って歩まず/罪ある者の道にとどまらず/傲慢な者と共に座らず、主の教えを愛し/その教えを昼も夜も口ずさむ人。その人は流れのほとりに植えられた木。ときが巡り来れば実を結び/葉もしおれることがない。その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。」(詩編1:1-3)。

主を信頼し、主がよりどころとなってくださる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ17:12-18

エレミヤ16:14-21「見よ、このような日が来る」

◇2019年6月17日(月)
●エレミヤ16:14-21「見よ、このような日が来る」

16:14 見よ、このような日が来る、と主は言われる。人々はもう、「イスラエルの人々をエジプトから導き上られた主は生きておられる」と言わず、
16:15 「イスラエルの子らを、北の国、彼らが追いやられた国々から導き上られた主は生きておられる」と言うようになる。わたしは彼らを、わたしがその先祖に与えた土地に帰らせる。

●黙想
イスラエルは、一寸先は闇でした。

「もはやわたしは、お前たちに恩恵をほどこさない。」と

三行半が突きつけられるほど、イスラエルの悪は極みに達していたのです。

しかし、その直後、主は言われました。

「見よ、このような日が来る」と。

ここに希望があり、ここに救いがあります。

主を信じる者の人生は、一寸先は光です。

主がすべての道に目を注いでおられるからです。

大切なことは、その光(神)に向かって、立ち帰ることです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ17:1-11

エレミヤ16:1-13「恩恵」

◇2019年6月16日(日)
●エレミヤ16:1-13「恩恵」

16:11 あなたは、彼らに答えるがよい。「お前たちの先祖がわたしを捨てたからだ」と主は言われる。「彼らは他の神々に従って歩み、それに仕え、ひれ伏し、わたしを捨て、わたしの律法を守らなかった。
16:12 お前たちは先祖よりも、更に重い悪を行った。おのおのそのかたくなで悪い心に従って歩み、わたしに聞き従わなかった。
16:13 わたしは、お前たちをこの地から、お前たちも先祖も知らなかった地へ追放する。お前たちは、そのところで昼も夜も他の神々に仕えるがよい。もはやわたしは、お前たちに恩恵をほどこさない。」


●黙想
なぜ、エルサレムが滅び、裁かれたのか。

その理由が語られます。

それは、彼らの先祖が、主を捨て、他の神々に従って歩んだからだ、と。

偶像に仕え、ひれ伏し、主を捨て、律法を守らなかったからだ、と。

その結果、主は「もはやわたしは、お前たちに恩恵をほどこさない」とまで言われたのです。

ここで終わったら、彼らに希望はありません。

主は彼らを憐れみ、「見よ、このような日が来る」と救いの日を預言されるのです。

今日は日曜日です。

主の恵みと憐れみに感謝し、共に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ16:14-21

エレミヤ15:10-21「あなたを救い出す」

◇2019年6月15日(土)
●エレミヤ15:10-21「あなたを救い出す」

15:18 なぜ、わたしの痛みはやむことなく/わたしの傷は重くて、いえないのですか。あなたはわたしを裏切り/当てにならない流れのようになられました。
15:19 それに対して、主はこう言われた。「あなたが帰ろうとするなら/わたしのもとに帰らせ/わたしの前に立たせよう。もし、あなたが軽率に言葉を吐かず/熟慮して語るなら/わたしはあなたを、わたしの口とする。あなたが彼らの所に帰るのではない。彼らこそあなたのもとに帰るのだ。
15:20 この民に対して/わたしはあなたを堅固な青銅の城壁とする。彼らはあなたに戦いを挑むが/勝つことはできない。わたしがあなたと共にいて助け/あなたを救い出す、と主は言われる。

●黙想
ユダの民は、エレミヤを呪い、迫害し、辱めます。

傷ついたエレミヤは、主に自分の気持ちを吐露して祈ります。

すると主は「わたしがあなたと共にいて助け、あなたを救い出す」と約束されました。

悪口を浴び、傷つけられた時、

主はあなたと共にいて助け、救ってくださるお方です。

大切なことは、軽率に言葉を発せず、主に祈り、主にお任せすることです。

主があなたの心と唇と人生とを守られますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:エレミヤ16:1-13

エレミヤ15:1-9「主の憐れみ」

◇2019年6月14日(金)
●エレミヤ15:1-9「主の憐れみ」

15:5 エルサレムよ、誰がお前を憐れみ/誰がお前のために嘆くであろうか。誰が安否を問おうとして、立ち寄るであろうか。
15:6 お前はわたしを捨て、背いて行ったと/主は言われる。わたしは手を伸ばしてお前を滅ぼす。お前を憐れむことに疲れた。

●黙想
ユダの罪は極みに達し、主の裁きは目前でした。

主は「たとえモーセとサムエルが執り成そうとしても、わたしはこの民を顧みない。」

「お前を憐れむことに疲れた」と言われたのです。

それでも神様は憐れみ深く、忍耐強いお方です。

彼らを滅ぼし尽くことはなさらず、悔い改めのチャンスと道を備えられたのです。

パウロも言いました。

「あなたは、神の裁きを逃れられると思うのですか。あるいは、神の憐れみがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と寛容と忍耐とを軽んじるのですか。」(ローマ2:3b-4)。

キリストは主の憐れみ(恵み)です。

キリストは、私たちのために嘆き、執り成し祈ってくださるお方です。

主の憐れみを軽んじず、悔い改めに導かれる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ15:10-21

エレミヤ14:13-22「エレミヤの祈り」

◇2019年6月13日(木)
●エレミヤ14:13-22「エレミヤの祈り」

14:20 主よ、我々は自分たちの背きと/先祖の罪を知っています。あなたに対して、我々は過ちを犯しました。
14:21 我々を見捨てないでください。あなたの栄光の座を軽んじないでください。御名にふさわしく、我々と結んだ契約を心に留め/それを破らないでください。
14:22 国々の空しい神々の中に/雨を降らしうるものがあるでしょうか。天が雨を与えるでしょうか。我々の神、主よ。それをなしうるのはあなただけではありませんか。我々はあなたを待ち望みます。あなたこそ、すべてを成し遂げる方です。

●黙想
王と祭司と預言者は、神が選んだ民の指導者です。

彼らは主に背き、過ち(罪)を犯します。

王は神の如く振る舞い、祭司は偶像に仕え、

預言者は真理を語らず、偽りを語り、民を欺いたのです。

荒れ果てていくユダの町を見て、エレミヤは涙を流し、主を待ち望んで祈りました。

その祈りは天に届き、やがて成就します。

イエス・キリストは、王であり、祭司であり、預言者です。

キリストは王の王であり、罪を贖う大祭司であり、神の御心(真理)を語る預言者です。

キリストは、私たちの救い主であり、執り成し祈ってくださるお方です。

キリスト(神)に治められた人生を歩む人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ15:1-9

エレミヤ14:1-12「救い主」

◇2019年6月12日(水)
●エレミヤ14:1-12「救い主」

14:7 我々の罪が我々自身を告発しています。主よ、御名にふさわしく行ってください。我々の背信は大きく/あなたに対して罪を犯しました。
14:8 イスラエルの希望、苦難のときの救い主よ。なぜあなたは、この地に身を寄せている人/宿を求める旅人のようになっておられるのか。
14:9 なぜあなたは、とまどい/人を救いえない勇士のようになっておられるのか。主よ、あなたは我々の中におられます。我々は御名によって呼ばれています。我々を見捨てないでください。

●黙想
エレミヤは信じていました。

主はイスラエルの希望であり、救い主であることを。

主が我らと共におられることを。

主が我らを見捨てないことを。

しかし、ユダの民は、その主を捨て、主に背き、裁きを受けました。

エレミヤは、彼らの罪を自らの罪として、悔い改め、執り成し祈りますが、

「この民のために祈り、幸いを求めてはならない」と言われたのです。

ここに預言者(人間)の限界があります。

この限界を超え現れたお方、それがイエス・キリスト(神)です。

キリストは私たちの希望であり、苦難の時の救い主であり、私たちと共におられ、決して見捨てません。

キリストの執り成しによって、主の裁きを免れた人。

それがクリスチャンなのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ14:13-22

エレミヤ13:15-27「聞け、耳を傾けよ」

◇2019年6月11日(火)
●エレミヤ13:15-27「聞け、耳を傾けよ」

13:15 聞け、耳を傾けよ、高ぶってはならない。主が語られる。
13:16 あなたたちの神、主に栄光を帰せよ/闇が襲わぬうちに/足が夕闇の山でつまずかぬうちに。光を望んでも、主はそれを死の陰とし/暗黒に変えられる。


●黙想
人は高ぶると、聞く耳を失います。

主に栄光を帰せず、自分が栄光を受け、称賛されることを喜ぶのです。

聞く耳のある人は、主に栄光を帰し、主の御名が崇められることを喜びます。

主の言葉が聞こえなくなったとき、闇夜が近づいています。

御言葉は、足の灯火です。

聞く耳のある人は、闇夜が襲おうとも、御言葉の光に照らされ、躓くことはありません。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ14:1-12

エレミヤ12:7-17「主の計画」

◇2019年6月9日(日)
●エレミヤ12:7-17「主の計画」

12:13 麦を蒔いても、刈り取るのは茨でしかない。力を使い果たしても、効果はない。彼らは収穫がなくてうろたえる/主の怒りと憤りのゆえに。
12:14 主はこう言われる。「わたしが、わたしの民イスラエルに継がせた嗣業に手を触れる近隣の悪い民をすべて、彼らの地から抜き捨てる。また、ユダの家を彼らの間から抜き取る。
12:15 わたしは彼らを抜き取った後、再び彼らを憐れみ、そのひとりひとりをその嗣業に、その土地に帰らせる。

●黙想
主の裁きも、憐れみ深い神様の計画です。

神様はイスラエルの民をカナンの地に蒔きました。

しかし、その地は茨(悪)に覆われ、良い実を結ぶことができません。

主はエルサレムを整地し(裁き)、もう一度、新たに植え直す(建て直す)と言われたのです。

良い実を結ぶこと(祝福されること)は、神様の御心です。

良い実を結ぶためには、主の力が不可欠です。

今日はペンテコステ(聖霊降臨日)です。

神の力である聖霊を求め、聖霊に満たされ、良い実、御霊の実を結ぶ者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

※明日は御言葉メールはお休みです。Next:エレミヤ13:1-14

エレミヤ11:18-12:6「エレミヤの祈り」

◇2019年6月8日(土)
●エレミヤ11:18-12:6「エレミヤの祈り」

11:20 万軍の主よ/人のはらわたと心を究め/正義をもって裁かれる主よ。わたしに見させてください/あなたが彼らに復讐されるのを。わたしは訴えをあなたに打ち明け/お任せします。

●黙想
不安や怒りは、心をモヤモヤさせます。

アナトト(郷里)の人々は共謀し、エレミヤの命を狙っていました。

エレミヤは、そのことを知り、主の前に祈ります。

エレミヤは、心のモヤモヤを、主に打ち明け、主にお任せしたのです。

パウロは言いました。

「だれに対しても悪に悪を返さず、すべての人の前で善を行うように心がけなさい。できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい。愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。」(ローマ12:17-19)。

心がモヤモヤするとき、主に祈り、すべてを主に委ねましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ12:7-17

エレミヤ11:9-17「命の神」

◇2019年6月7日(金)
●エレミヤ11:9-17「命の神」

11:12 ユダの町々とエルサレムの住民は、彼らが香をたいていた神々のところに行って助けを求めるが、災いがふりかかるとき、神々は彼らを救うことができない。

●黙想
命のないものは、人を生かすことも、救うこともできません。

ユダの民、エルサレムの民は、木や石で造られた命のない神々に助けを求めました。

これらは気休めに過ぎず、災いの時、助けにも、救いにもありません。

命あるものが人を生かし、人を救うのです。

私たちが信じる神様は、命の神です。

今も生きて働いておられる神です。

この方に近づく者は、魂に安らぎを得て、災いの時-に、助けと救いがあります。

今日も主があなたを守り、助けてくださるように。

御名によって祝福します。 byバルナバ

Next:エレミヤ:11:18-12:6

エレミヤ11:1-8「契約の言葉」

◇2019年6月6日(木)
●エレミヤ11:1-8「契約の言葉」

11:1 主からエレミヤに臨んだ言葉。
11:2 「この契約の言葉を聞け。それをユダの人、エルサレムの住民に告げよ。
11:3 彼らに向かって言え。イスラエルの神、主はこう言われる。この契約の言葉に聞き従わない者は呪われる。

●黙想
主はイスラエルと契約を結び、祝福を約束しました。

主の声に聞き従う。

これが祝福の条件です。

イスラエルは主の声に聞き従わず、呪われます。

呪いとは、祝福を失った状態です。

それは、水道の元栓が閉められているような状態であり、

蛇口をひねっても(祈っても)、水は出ません。(祈りは聞かれません)。

誰でも主に立ち帰り、主の声に聞き従うならば、

祝福の元栓が開かれ、呪いは祝福に変わるのです。

今日も祝福が流れますように。御名によって祝福します。byバルナバ

Next:エレミヤ11:9-17

エレミヤ10:12-25「御声」

◇2019年6月5日(水)
●エレミヤ10:12-25「御声」

10:13 主が御声を発せられると、天の大水はどよめく。地の果てから雨雲を湧き上がらせ/稲妻を放って雨を降らせ/風を倉から送り出される。

●黙想
主の御声(御言葉)には、力と権威があります。

主が言葉を発すると、出来事が起こります。

不思議な事が起こります。

主の御声に耳もを傾け、主の言葉に従うとき、神の物語が始まります。

イスラエルは、主の御声に耳をふさぎ、その力と権威に逆らい、

力のない偶像に依り頼み、主の怒りを招いたのです。

主は御声を発せられます。

大切なことは、その声を聞き分け、従うことです。

これが神が演出される祝福のドラマに生きる秘訣です。

神にプロデュースされ、喜びと感謝に満ちた人生を全うする者でありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:エレミヤ10:12-25

エレミヤ10:1-11「真理の神」

◇2019年6月4日(火)
●エレミヤ10:1-11「真理の神」

10:10 主は真理の神、命の神、永遠を支配する王。その怒りに大地は震え/その憤りに諸国の民は耐ええない。
10:11 このように彼らに言え。天と地を造らなかった神々は/地の上、天の下から滅び去る、と。

●黙想
ユダの民は、天と地を造らなかった神々、偽りの神、命のない神々に依り頼みました。

度重なる警告にも、耳を傾けず、主に背き続け、主の怒りを招き、滅ぼされてしまうのです。

真理は一つです。

真理の神に立ち帰る。

ここに救いがあります。

真理(キリスト)を発見し、救われた人々は、使徒信条を告白します。

「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。

我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。

主は聖霊によりてやどり・・・」。

造り主(父)、救い主(子)、助け主(聖霊)なる神を信じる者は、

永遠の命が与えられ、滅び去ることはありません。

真理の神、命の神、永遠を支配する王に依り頼んで生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ10:12-25

エレミヤ9:16-25「主を誇れ」

◇2019年6月3日(月)
●エレミヤ9:16-25「主を誇れ」

9:22 主はこう言われる。知恵ある者は、その知恵を誇るな。力ある者は、その力を誇るな。富ある者は、その富を誇るな。
9:23 むしろ、誇る者は、この事を誇るがよい/目覚めてわたしを知ることを。わたしこそ主。この地に慈しみと正義と恵みの業を行う事/その事をわたしは喜ぶ、と主は言われる。

●黙想
主を知るとは、主を信じ、主を頼りとすることです。

知恵を誇る人は、自分の知恵、世の知恵に頼ります。

力を誇る人は、自分の力、世の力(軍事力)に頼ります。

富を誇る人は、自分の富み、この世の富み(宝)に頼ります。

イスラエルは、この世の知恵、力、富を求め、それを喜び(誇り)、頼り、主から離れてしまったのです。

大切なことは、主を誇り、主を知ることです。

主を知る人は、神の知恵、神の力、神の祝福を頼りとします。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ10:1-11

エレミヤ9:9-15「知恵ある人は悟れ」

◇2019年6月2日(日)
●エレミヤ9:9-15「知恵ある人は悟れ」

9:11 知恵ある人はこれを悟れ。主の口が語られることを告げよ。何故、この地は滅びたのか。焼き払われて荒れ野となり/通り過ぎる人もいない。


●黙想
平和な社会にはルールがあり、ルールを守らなければ、平和は失われます。

神の国も同じです。

イスラエルの民は神が与えたルール(律法)を破り、主に逆らい、逆走します。

預言者の度重なるイエローカード(警告)にも、方向を改めず、暴走を続けます。

その結果、父と蜜の流れる豊かな地は、焼き払われて荒れ野となり、町は荒廃します。

「知恵ある人」とは、主の言葉を聞いて、方向を改める人です。

今日は日曜日です。

主のもとに帰り、魂に安らぎを得る日です。

今週も主の道をまっすぐ歩む者でありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:エレミヤ9:16-25

エレミヤ8:23-9:8「清められるお方」

◇2019年6月1日(土)
●エレミヤ8:23-9:8「清められるお方」

9:6 それゆえ、万軍の主はこう言われる。見よ、わたしは娘なるわが民を/火をもって溶かし、試す。まことに、彼らに対して何をすべきか。

●黙想
主は清められるお方です。

エレミヤの嘆きは、神の嘆きです。

神様はイスラエルを選び、娘のように、妻のように愛しました。

しかし、彼らは主から離れ、堕落し、罪にまみれ、汚れ果てていました。

主は、イスラエルを滅ぼすためではなく、清めるために裁き(懲らしめ)を与えられたのです。

あなたの中にある不純物(罪)を除去するために、キリストは十字架にかかられたのです。

主と主の言葉、聖霊の火によって、日々、清められていく人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ9:9-15
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -