詩編60:1-14「救い」

◇2017年10月31日(火)
●詩編60:1-14「救い」

60:13 どうか我らを助け、敵からお救いください。人間の与える救いはむなしいものです。

●黙想
だれもが救い主を求めています。

人間は救い主にはなれません。

詩人は、人間の与える救いのむなしさを知り、神に救いを求めたのです。

神様は救い主をお遣わしになりました。

それがイエス・キリストです。

イエスはキリスト(救い主)です。

神の与える救いはパーフェクトです。

大切なことは、この真理を悟ることです。

パウロは、神の願いを代弁します。

「神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。」(一テモテ2:4-5)。

イエスをキリスト(救い主)と信じ、告白する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

※明日からアモス書です。
Next:アモス1:1-12
スポンサーサイト

詩編58:1-11「讃美」

◇2017年10月30日(月)
●詩編58:1-11「讃美」

59:18 わたしの力と頼む神よ/あなたにほめ歌をうたいます。神はわたしの砦の塔。慈しみ深いわたしの神よ。

●黙想
今、幸せですか。

讃美のあるなしは幸福のバロメータです。

詩人は、命を脅かされ、主に助けを求めます。

彼の唇には、いつも主への讃美がありました。

主に依り頼む人は、どんな時でも、いかなる状況でも、主への讃美があります。

主を知れば知るほど、主への讃美は大きくなります。

讃美をすればするほど、人生の幸福度は高められていきます。

讃美の中に主がおらるからです。

今日も、讃美をもって一日をスタートしましょう。

主を崇めて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編60:1-14

詩編58:1-11「神」

◇2017年10月29日(日)
●詩編58:1-11「神」

58:12 人は言う。「神に従う人は必ず実を結ぶ。神はいます。神はこの地を裁かれる。」

●黙想
神(主)はいます。

この事実を知れば、人は神を恐れます。

だから預言者たちは、主に逆らう者たちに「主は生きておられる」と宣言したのです。

人生で大切なことは、主を愛し、主に従うことです。

神様は主を愛し、主に従う者と共に働かれるからです。

パウロは言いました。

「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています」(ローマ8:28)

神の御計画(御心)に従って生きるならば、万事が益となり、必ず良い実を結びます。

今日は日曜日です。

主を愛し、主に従い、共に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:詩編59:1-18

詩編57:1-12「神」

◇2017年10月28日(土)
●詩編57:1-12「神」

57:3 いと高き神を呼びます/わたしのために何事も成し遂げてくださる神を。

●黙想
あなたの信じる神はどんなお方ですか。

詩人にとって、神は「憐れみ深い神」です。

「避けどころとなる神」です。

「何事も成し遂げて下さる神」です。

「慈しみとまことを遣わしてくださる神」です。

「踏みにじる者から救ってくださる神」です。

聖書に啓示され、キリストにおいて示された神は、

自らの命を犠牲にしてでも、救いを成し遂げられる神です。

神様はあなたを死ぬほど愛し、

あなたのために何事も成し遂げてくださるお方です。

今日も、万事を益に変えてくださる神を信じ、崇める一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編58:1-11

詩編55:17-24「重荷」

◇2017年10月27日(金)
●詩編55:17-24「重荷」 ※昨日の聖書個所

55:23 あなたの重荷を主にゆだねよ/主はあなたを支えてくださる。主は従う者を支え/とこしえに動揺しないように計らってくださる。

●黙想
人はだれもが重荷を背負って生きています。

イエス・キリストは「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」(マタイ11:28)と語ります。

ペトロも「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです」(一ペトロ5:7)と語ります。

信仰とは、主に委ね、何もかも主にお任せすることです。

委ねてみると、支えの確かさが分かります。

主に任せるとき、主の計らいが見えてきます。

主を信じ、主に依り頼む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

お詫び:昨日と今日、黙想する個所を間違いました。
今日の黙想は昨日のメールをお読みください。Next:詩編57:1-12

詩編55:17-24「味方」

◇2017年10月26日(木)
●詩編55:17-24「味方」

56:10 神を呼べば、敵は必ず退き/神はわたしの味方だとわたしは悟るでしょう。
56:11 神の御言葉を賛美します。主の御言葉を賛美します。


●黙想
二つの生き方があります。

一つは、主の言葉を侮る(信じない)生き方です。

もう一つは、主の言葉を讃美する(信じる)生き方です。

前者は、神に敵対する生き方であり、

後者は、神を味方とする生き方です。

詩人は主の言葉を讃美し、救いの御業を待ち望みます。

「あなたは死からわたしの魂を救い/突き落とされようとしたわたしの足を救い/命の光の中に/神の御前を歩かせて下さいます。」(14節)。

主の言葉は人となり、救い主は世に来られました。

それが主イエス・キリストです。

キリストを讃美し、主が味方であることを悟る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編57:1-12

詩編55:1-16「祈り」

◇2017年10月25日(水)

55:2 神よ、わたしの祈りに耳を向けてください。嘆き求めるわたしから隠れないでください。
55:3 わたしに耳を傾け、答えてください。わたしは悩みの中にあってうろたえています。わたしは不安です。


●黙想
苦しくなると、感情は乱れます。

切迫した状態で、冷静に祈る事はできません。

詩人は、苦難の中で神に叫び、嘆願の祈りを捧げます。

彼は正直に自分の気持ちを吐露します。

神様はすべてをご存じです。

気持ちを静め、冷静になってから祈り始めるのではなく、

ありのままの気持ち、正直な思いを神に訴えて下さい。

ヒゼキヤもダビデも、どん底から叫び声をあげ、主の憐れみを受けました。

主はあなたの叫びに耳を傾け、身を起こし、立ち上がられます。

教会は祈りの家です。

共に叫び、執り成し祈るところに主の御業が起こります。

祈りに導かれる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編55:17-24

詩編54:1-7「神」

◇2017年10月24日(火)
●詩編54:1-7「神」

54:6 見よ、神はわたしを助けてくださる。主はわたしの魂を支えてくださる。

●黙想
人間には助けと支えが必要です。

詩人は、神こそ、我が助けであり、

主こそ、我が支えであると告白します。

神様はヘルパーであり、人生の助言者です。

御言葉を黙想すれば、神の助けと導きを体験します。

聖霊なる神様は、御言葉を通し、アドバイスを与え、

人生を正しい道へと導いてくださるのです。

神様はサポーターであり、魂を支えて下さるお方です。

十字架を黙想すれば、恵みを体験します。

神の恵みは、十字架で示されたからです。

イエス・キリストは神の恵みであり、人生の基盤です。

御言葉に助けられ、恵みに支えられて生きる人。

それがクリスチャンです。

今日も主に助けられ、支えられ、良き一日を過ごせますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編55:1-15

詩編53:1-6「神」

◇2017年10月23日(月)
●詩編53:1-6「神」

53:2 神を知らぬ者は心に言う/「神などない」と。人々は腐敗している。忌むべき行いをする。善を行う者はいない。
53:3 神は天から人の子らを見渡し、探される/目覚めた人、神を求める人はいないか、と。

●黙想
サタンは人の心を腐敗させ、「神などいない」と語らせます。

神を知らぬ者は、神を恐れず、悪を行います。

神は人の心を目覚めさせ、「主は今も生きておられる」と語らせます。

神を求める人は、神を畏れ、御心を行います。

心に思うことは、やがて言葉となり、行動となります。

聖書は初めから終わりまで、「主は今も生きておられる」と語ります。

神を知り、神を求め、神に見出された人。

それがクリスチャンです。

神は今も生きて働いています。

今日も神と共に歩む一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
Next:詩編54:1-7

詩編52:1-9「神の家」

◇2017年10月22日(日)
●詩編52:1-9「神の家」

52:10 わたしは生い茂るオリーブの木。神の家にとどまります。世々限りなく、神の慈しみに依り頼みます。
52:11 あなたが計らってくださいますから/とこしえに、感謝をささげます。御名に望みをおきます/あなたの慈しみに生きる人に対して恵み深い/あなたの御名に。

●黙想
木は根から大地から水分と養分を摂取し、豊かに実を結びます。

人生も同じです。

木は私であり、大地は神様です。

根は、信仰です。

詩人は神の家にとどまり、主を固く信頼します。

これが慈しみに生きる人です。

神の家には、命の水(御言葉と聖霊)があります。

神の家にとどまる人は、流れのほとりに植えられた木です。

時が来れば豊かな実を結びます。

神の家にとどまる人は、良い地に蒔かれた種です。

30倍、60倍、100倍の実を結びます。

今日は日曜日です。

神の家にとどまり、御霊に満たされ、御言葉の糧を頂く日です。

今週も良い実を結ぶ一週間となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編53:1-6

詩編51:1-19「赦し」

◇2017年10月21日(土)
●詩編51:1-19「赦し」

51:3 神よ、わたしを憐れんでください/御慈しみをもって。深い御憐れみをもって/背きの罪をぬぐってください。
51:4 わたしの咎をことごとく洗い/罪から清めてください。


●黙想
救いとは罪が赦されることです。

ダビデは取り返しのつかない罪を犯します。

罪責感に苛まれ、眠れぬ日々を過ごし、

主の憐れみを求めて祈り、神の恵みによる赦しを経験したのです。

人生で一番大切なことは、罪が赦されることです。

イエス・キリストは、あなたの罪を拭い、

咎を洗い清めるためには、十字架にかかられたのです。

キリストの血潮によって、あなたの罪が赦される。

これが十字架の福音です。

罪赦された者には讃美が生まれます。

♪罪とがを赦され/神の子となりたる/わがたまの喜び/比べうるものなし/ひもすがら証しせん /よもすがら 主をほめん/「みすくいはたえなり/みすくいはくすし」と(聖歌232番)。

今日も讃美で始まり、讃美で終わる一日となりますように。

御名によって祝福します。 byバルナバ

Next:詩編52:1-9

詩編50:16-23「告白」

◇2017年10月20(金)
●詩編50:16-23「告白」

50:22 神を忘れる者よ、わきまえよ。さもなくば、わたしはお前を裂く。お前を救える者はいない。
50:23 告白をいけにえとしてささげる人は/わたしを栄光に輝かすであろう。道を正す人に/わたしは神の救いを示そう。」


●黙想
告白とは、主を崇め、心から讃美することです。

これがまことの礼拝です。

主を崇め、礼拝を捧げる人は、

主を喜ぶ人であり、主に喜ばれる人です。

「わたしは、心からの讃美がうれしいのです。それこそ、わたしの栄誉です。わたしの道を進む人は救われるのです」(リビングバイブル)。

主を喜ぶことは、わたしたちの力です。

主を喜ぶ人を、主は喜び、祝福されるからです。

今日も主を忘れることなく、主を喜び、主に喜ばれる一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編51:1-19

詩編50:1-15「告白」

◇2017年10月19日(木)
●詩編50:1-15「告白」

50:14 告白を神へのいけにえとしてささげ/いと高き神に満願の献げ物をせよ。
50:15 それから、わたしを呼ぶがよい。苦難の日、わたしはお前を救おう。そのことによって/お前はわたしの栄光を輝かすであろう。」

●黙想
今日から詩編です。

主への告白(感謝と讃美)にまさる捧げ物はありません。

どんなにたくさんの捧げ物を携えて来ても、

心に主への感謝と讃美がなければ、主に喜ばれることはありません。

満願の捧げ物(献金)とは、主への感謝と讃美と誓願のしるしです。

献金は主から受けた恵みの果実であり、

祝福をもたらす種です。

主の御名を求め、感謝と讃美を捧げる者は、

主の御業に与り、主の栄光を仰ぎます。

主はあなたの神であり、あなたの名を呼ばれました。

主の呼びかけに応答し、主の名を呼び、救いに与る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編50:16-23

イザヤ39:1-8「誘惑」

◇2017年10月18日(水)
●イザヤ39:1-8「誘惑」

39:5 そこでイザヤはヒゼキヤに言った。「万軍の主の言葉を聞きなさい。
39:6 王宮にあるもの、あなたの先祖が今日まで蓄えてきたものが、ことごとくバビロンに運び去られ、何も残らなくなる日が来る、と主は言われる。

●黙想
ヒゼキヤは主の恵みと憐れみを受け、病が癒されました。

そこへバビロンの使者がやって来ます。

ヒゼキヤは彼らを歓迎し、王宮を案内し、

すべての宝を見せ、バビロンと手を結ぼうとします。

誘惑は、恵みを受けた後、

祝福された後、成功した後に訪れます。

ヒゼキヤは、またも同じ過ちを犯し、

バビロンを頼り、心を許してしまうのです。

祝福されると、祝福を奪おうとする力が働きます。

だから「目を覚まして祈る」ことが大切なのです。

主だけを頼り、主に心を委ねる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

PS.明日から詩編になります。byバルナバ

Next:詩編55:1-15

イザヤ38:9-22「天国」

◇2017年10月17日(火)
●イザヤ38:9-22「天国」

38:16 主が近くにいてくだされば、人々は生き続けます。わたしの霊も絶えず生かしてください。わたしを健やかにし、わたしを生かしてください。

●黙想
神が近くにいる。そこが天国です。

ヒゼキヤは死の病に冒され、神に近づきました。

すると、主は彼を死の陰の谷から救い、癒されたのです。

彼は主に感謝し、讃美を捧げます。

「わたしは命のある限り主の神殿でわたしの音楽を共に奏でるでしょう」と。

信仰とは神に近づくことです。

「神に近づきなさい。そうすれば、神は近づいてくださいます」(ヤコブ4:8)。

神の御側で、永遠に生きる。

これが永遠の命です。

キリストが来られ、神の国(天国)は近づきました。

悔い改め、永遠の命を得る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ39:1-8

イザヤ38:1-8「寿命」

◇2017年10月16日(月)
●イザヤ38:1-8「寿命」

38:5 「ヒゼキヤのもとに行って言いなさい。あなたの父祖ダビデの神、主はこう言われる。わたしはあなたの祈りを聞き、涙を見た。見よ、わたしはあなたの寿命を十五年延ばし、
38:6 アッシリアの王の手からあなたとこの都を救い出す。わたしはこの都を守り抜く。」


●黙想
死を意識すると生が変わります。

ヒゼキヤは死の病にかかり、涙を流し、主に祈ります。

主は彼の涙の祈りに応答し、寿命を15年延ばすと約束しました。

人は寿命を知りません。

寿命を伸ばすこともできません。

神は寿命をご存じです。

伸ばすこともできるお方です。

信仰とは、キリスト共に死に、キリスト共に生きることです。

キリストは永遠の命を与えるために来られました。

この世の寿命はいつか終わりが来ます。

キリストを信じる者は、たとえ死んでも生きると約束されています。

神と共に生きる人は、この世で天国、死んでも天国なのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ38:9-22

イザヤ37:21-38「回復」

◇2017年10月15日(日)
●イザヤ37:21-38「回復」

37:31 ユダの家の中で難を免れ、残った者たちは再び根を下ろし、上には実を結ぶ。


●黙想
神様は回復の神です。

復活の神です。

ユダの家は、アッシリアの攻撃を受け、荒れ果てます。

民は主の憐れみを求め、王も神殿で祈り始めます。

イザヤは、主が身を起こし、アッシリアの手からユダの家を救い出すと語ります。

彼らは二年の間、落ち穂を拾い、

自然に生じた食物を食べるなど、貧困にあえぎます。

しかし、三年目になると、根を下ろし、

再び実を結ぶと語られたのです。

石の上にも三年。

主に立ち帰るならば、三年後が訪れ、実を結びます。

今日は日曜日です。

復活の主を崇める日です。

主に根を下ろして生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ38:1-8

イザヤ37:1-20「祈り」

◇2017年10月14日(土)
●イザヤ37:1-20「祈り」

37:1 ヒゼキヤ王はこれを聞くと衣を裂き、粗布を身にまとって主の神殿に行った。

●黙想
ヒゼキヤ王はアッシリアに包囲され、最大の危機を迎えます。

その時、彼は衣を裂き、主の神殿に行って祈りました。

これが悔い改めの祈りです。

さらに、イザヤのところへ使者を送り、

「私たちのために祈って欲しい」と祈りの応援を求めました。

これが執り成しの祈りです。

教会は祈りの家であり、神の家族は祈りの友です。

祈りには力があります。

二人の祈りは一人の祈りにまさります。

祈りの課題があればお知らせください。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ37:21-38

イザヤ36:13-22「降伏」

◇2017年10月13日(金)
●イザヤ36:13-22「降伏」

36:15 ヒゼキヤは、お前たちに、主が必ず我々を救い出してくださる。決してこの都がアッシリアの王の手に渡されることはない、と言って主に依り頼ませようとするが、そうさせてはならない。』
36:16 ヒゼキヤの言うことを聞くな。アッシリアの王がこう言われるからだ。『わたしと和を結び、降伏せよ。そうすればお前たちは皆、自分のぶどうといちじくの実を食べ、自分の井戸の水を飲むことができる。

●黙想
ヒゼキヤ王は外交でしくじり、アッシリアにも裏切られ、危機を迎えます。

アッシリアの高官は、民に向かって、

ヒゼキヤに信頼せず、アッシリア王に降伏するように呼びかけます。

民は押し黙って答えず、ヒゼキヤの戒めに従い、主を信頼し続けたのです。

サタンは告白者です。

神様から引き離そうと、絶えず誘惑してきます。

神と和を結ぶ人は、神様にギブアップ(降伏)、人生にはネバーギブアップです。

主に降伏する人は幸福になります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ37:1-20

イザヤ36:1-12「信頼」

◇2017年10月12日(木)
●イザヤ36:1-12「信頼」

36:4 そこで、ラブ・シャケは彼らに言った。「ヒゼキヤに伝えよ。大王、アッシリアの王はこう言われる。なぜこんな頼りないものに頼っているのか。

●黙想
主にのみ頼っていますか。

ラブ・シャケは、ヒゼキヤのダブルスタンダードを批判します。

ヒゼキヤは「我々は我々の神、主に依り頼む」(7節)と、主に頼りながらも、エジプトにも頼っていたのです。

ラブ・シャケの言うとおり、エジプトは彼らの助けになりませんでした。

信仰の基準は一つです。

主と主の言葉に頼ることです。

主を信頼し、主の前にひれ伏す事です。

主はアッシリアとラブ・シャケの言葉を通し、ヒゼキヤとユダの民の目を開かせます。

彼らは主に立ち帰り、主の憐れみを求めて祈り始めるのです。

主はとこしえの岩です。

主に頼る者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ16:13-22

イザヤ35:1-10「到来」

◇2017年10月11日(水)
●イザヤ35:1-10「到来」

35:4 心おののく人々に言え。「雄々しくあれ、恐れるな。見よ、あなたたちの神を。敵を打ち、悪に報いる神が来られる。神は来て、あなたたちを救われる。」
35:5 そのとき、見えない人の目が開き/聞こえない人の耳が開く。
35:6 そのとき/歩けなかった人が鹿のように躍り上がる。口の利けなかった人が喜び歌う。荒れ野に水が湧きいで/荒れ地に川が流れる。

●黙想
主が来られるとき、この預言は成就します。

福音書は、キリストの到来により、この預言の成就を証ししています。

使徒言行録は、福音が告げ知らされる世界に、この預言が成就し、

教会が誕生していく様子を証ししています。

主は既に来られました。

「そのとき」は既に実現しました。

今も「そのとき」を待ち望んでいる人々がたくさんいます。

主の到来を告げ知らせる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:イザヤ35:1-10

イザヤ34:1-17「聖書」

◇2017年10月10日(火)
●イザヤ34:1-17「聖書」

34:16a 主の書に尋ね求め、読んでみよ。これらのものに、ひとつも欠けるものはない。

●黙想
人生に必要な知恵は、聖書にあります。

聖書を読めば人生が変わります。

「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。」(二テモテ3:16)。

聖書を黙想すれば生き方が変わります。

聖書には神様の御心が示されており、

御心に従えば、人生は好転します。

毎朝、聖書を読み、御心を尋ね求めて下さい。

QTの目的は変化するためです。

朝の15分があなたの運命を変えます。

神の知恵を身に着けて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ35:1-10

イザヤ33:17-24「神の国」

◇2017年10月9日(月)
●イザヤ33:17-24「神の国」

33:24 都に住む者はだれも病を訴えることはない。都に住む民は罪を赦される。

●黙想
神の国(天国)が到来したときの情景です。

主が来られると、その都には癒しと赦しがあります。

2000年前、キリストが来られた時、

主に近づく者には癒しと赦しがありました。

イエス・キリストがおられるところ、そこが神の国です。

教会は地上における神の国(イエス・キリストの体)です。

この世で神の国(都)を味わい、

来るべき神の国(都)を待ち望んで生きる。

それがクリスチャンライフです。

キリストの内(神の国)に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ34:1-17

イザヤ33:7-16「礼拝」

◇2017年10月8日(日)
●イザヤ33:7-16「礼拝」

33:10 今や、わたしは身を起こすと/主は言われる。今や、わたしは立ち上がり/今や、自らを高くする。

●黙想
主が身を起こし、立ち上がると、主の御業が始まります。

エルサレムはアッシリアに包囲され、民の嘆きが天に届きます。

主の憐れみを求めて叫んだ時、

主は身を起こし、立ち上がられたのです。

「自らを高くする」とは、御自分の名を高めることです。

主を求め祈り、叫ぶならば、主は身を起こされます。

主が立ち上がられると、主の御業が起こり、

人々は御名を崇めるようになるのです。

今日は日曜日です。

一週間を振り返り、御名を崇める日です。

新たな一週間に向けて、主を求め祈る日です。

主を崇めながら教会に行き、主を崇めながら教会を出て行く人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ33:17-24

イザヤ33:1-6「礼拝」

◇2017年10月7日(土)
●イザヤ33:1-6「礼拝」

33:6 主はあなたの時を堅く支えられる。知恵と知識は救いを豊かに与える。主を畏れることは宝である。

●黙想
日野原重明先生は子どもたちに「命は時間だ」と教えました。

命の使い方とは時間の使い方です。

主から与えられた命(時間)の使い方が生き方に反映されます。

人は大切なことに時間(命)を使います。

イザヤは「主を畏れること(礼拝)は宝だ」と語ります。

主の家には支えがあり、救いがあり、恵みがあります。

神を愛する人は、礼拝を大切にします。

主を畏れ、主に時(命)を支えられる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ33:7-16

イザヤ32:9-20「御言葉」

◇2017年10月6日(金)
●イザヤ32:9-20「御言葉」

32:20 すべての水のほとりに種を蒔き/牛やろばを自由に放つあなたたちは/なんと幸いなことか。

●黙想
良い地に良い種を蒔く。

これが幸いな人生の秘訣です。

イスラエルは良い地(カナンの地)に植えられました。

良い種(御言葉)が与えられ、良い実を結びました。

しかし、彼らは主に逆らい、地は荒れ、茨といらくさに覆われ(13節)ました。

イザヤは、主の霊が注がれる時、「荒れ野は園となり」(15節)と語ります。

主の教え(御言葉)は良い種です。

主の御霊は心の畑を潤します。

「いかに幸いなことか/神に逆らう者の計らいに従って歩まず/罪ある者の道にとどまらず/傲慢な者と共に座らず/主の教えを愛し/その教えを昼も夜も口ずさむ人。その人は流れのほとりに植えられた木。ときが巡り来れば実を結び/葉もしおれることがない。その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。」(詩編1:1-3)。

主の教えを愛する人は、水のほとりに植えられた木です。

御言葉を口ずさみ、良い実を結ぶ木となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:イザヤ33:1-6

イザヤ32:1-8「支配」

◇2017年10月5日(木)
●イザヤ32:1-8「支配」

32:1 見よ、正義によって/一人の王が統治し/高官たちは、公平をもって支配する。

●黙想
この世界も、この国も、あなたの人生も、

だれが統治し、支配しているかが重要です。

近東では覇権争いがありました。

アッシリアはイスラエルの周辺諸国を打ち破り、エルサレムは包囲されます。

アッシリアの高官ラブシャケはヒゼキヤ王を愚弄し、主を嘲りました。

不義の王に統治され、不公平な高官たちに支配される国は災いです。

イザヤは正義の王の出現を語ります。

イエス・キリストは、この世界も、この国も、

あなたの人生をも統治し、支配してくださるお方です。

神に統治され、キリストが支配する国。

それが神の国です。

神の支配に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ32;9-20

イザヤ31:1-9「御言葉」

◇2017年10月4(水)
●イザヤ31:1-9「御言葉」

31:1 災いだ、助けを求めてエジプトに下り/馬を支えとする者は。彼らは戦車の数が多く/騎兵の数がおびただしいことを頼りとし/イスラエルの聖なる方を仰がず/主を尋ね求めようとしない。
31:2 しかし、主は知恵に富む方。災いをもたらし/御言葉を無に帰されることはない。立って、災いをもたらす者の家/悪を行う者に味方する者を攻められる。

●黙想
主の言葉(約束)が無に帰すことはありません。

イスラエルは、主に頼らず、偶像に心を奪われ、エジプトの力に身を寄せます。

イザヤは「イスラエルの人々よ、あなたたちが背き続けた方に立ち帰れ」(6節)と民に語ります。

問題に目を奪われ、右往左往することがあります。

大切なのは、主に立ち帰り、主に助けを求めることです。

主の言葉は昔も今も変わりません。

主の言葉は無にならず。

主の約束は必ず成就します。

聖なる主を仰ぎ、主の言葉を握りしめてください。

善を行う者に味方する人でありますように。

御名によって祝福します。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ32:1-8

イザヤ30:27-33「祈り」

◇2017年10月3日(火)
●イザヤ30:27-33「祈り」

30:31 主がその鞭をもって打たれるとき/アッシリアは主の声のゆえにおののく。

●黙想
当時、アッシリアは最強の国であり、

北イスラエルを滅ぼし、南ユダにも攻め上りました。

エルサレムは包囲され、絶体絶命のピンチ。

その時、主の前にひれ伏し、祈ったのがヒゼキヤ王です。

この時、ユダの民は驚くべき主の御業を見ます。

主は力強い御手を持って、アッシリアを一蹴され、危機を脱したのです(イザヤ36章~37章参照)。

今、アッシリアのように、あなたを攻め、包囲している問題がありますか。

主にひれ伏し祈る者は、主の栄光を仰ぎ、讃美するようになります。

「あなたたちは祭りを祝う夜のように歌い/笛に合わせて進む者のように心楽しみ/主の山に来て/イスラエルの岩なる神にまみえる」(29節)。

この預言があなたの上にも成就し、主の御名を崇める者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:イザヤ31:1-9

イザヤ30:18-26「恵みと憐れみ」

◇2017年10月2日(月)
●イザヤ30:18-26「恵みと憐れみ」

30:18 それゆえ、主は恵みを与えようとして/あなたたちを待ち/それゆえ、主は憐れみを与えようとして/立ち上がられる。まことに、主は正義の神。なんと幸いなことか、すべて主を待ち望む人は。
30:19 まことに、シオンの民、エルサレムに住む者よ/もはや泣くことはない。主はあなたの呼ぶ声に答えて/必ず恵みを与えられる。主がそれを聞いて、直ちに答えてくださる。


●黙想
主は恵み深く、憐れみに満ちたお方です。

主は恵みを与えようと、待っておられます。

主は憐れみを与えようと、立ち上がられました。

「今や、恵みの時、今こそ、救いの日」(Ⅱコリ6:2)です。

主の恵みと憐れみは準備万端です。

大切なことは、主を待ち望みむことです。

主を呼び求めることです。

主を待ち望み、主を呼び求めるならば、主は答えてくださいます。

「これが行くべき道だ、ここを歩け、右に行け、左に行け」(21節)と。

主を待ち望み、主を求め、主が語られる言葉に従う。

ここに祝福された人生の秘訣があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ30:27-33
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -