ルカ3:21-38「洗礼」

◇2017年1月31日(火)
●ルカ3:21-38「洗礼」
●御言葉
3:38 エノシュ、セト、アダム。そして神に至る。
●黙想
人はどこから来て、どこに至るのか。

自分は何者であり、何のために生きるのか。

この問いに答えられますか。

洗礼を受けると、この問いにすぐに答えられるようになります。

イエス様が洗礼を受けられると、聖霊が降り、

「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」との天の声を聞きました。

洗礼を受けると、聖霊が降り、人生最大の難問が解けます。

あなたは神に造られ、神に愛され、御心に適う者として生まれたのです。

ここに立ち帰り、新しく人生を始める。

これが洗礼の意味です。

イエス様のように、

神と人に愛され、御心に適う人生を全うする者でありますように。

御名によって祝福します。

Next:ルカ4:1-15

追伸:ベテルブログ「新しい家族の誕生」更新されました。
スポンサーサイト

ルカ3:10-20「QT」

◇2017年1月30日(月)
●ルカ3:10-20「QT」
●御言葉
3:14 兵士も、「このわたしたちはどうすればよいのですか」と尋ねた。ヨハネは、「だれからも金をゆすり取ったり、だまし取ったりするな。自分の給料で満足せよ」と言った。
●黙想
悔い改めとは、主に立ち帰り、生き方、あり方、考え方、やり方を変えることです。

群衆も徴税人も兵士も、神の言葉が降った人(ヨハネ)に尋ねました。

主の御心に適う生き方、あり方、考え方、やり方を尋ねていく。

それがQT(御言葉の黙想)です。

聖書は神の言葉が降り、書かれた書物です。

祈りつつ聖書を読み、御心を尋ねてください。

そうすれば悔い改めにふさわしい実を結ぶことができます。

今日も祝福がありますように。

Next:ルカ3:21-38

ルカ3:1-9「御言葉」

◇2017年1月29日(日)
●ルカ3:1-9「御言葉」
●御言葉
3:2 アンナスとカイアファとが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに降った。

●黙想
神の言葉が降ると、神のドラマが始動します。

ヨハネは、人々が神の救いを仰ぎ見るために用いられました。

神は備えたもうお方です。

あなたの人生にもヨハネのように、神が備えられた人がいます。

神の御心は、神の恵みを受け、救われ、ヨハネの如くに生きることです。

神の救いを仰ぎ見るように、神の備えとして、用いられる人は幸いです。

今日は日曜日です。

共に神の家に集まり、御名を崇め、礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。

Next:ルカ10-20

ルカ2:39-52「成長」

◇2017年1月28日(土)
●ルカ2:39-52「成長」
●御言葉
2:40 幼子はたくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていた。
2:52 イエスは知恵が増し、背丈も伸び、神と人とに愛された。


●黙想
イエス様は知恵に満ち、神の恵みに包まれ、成長していきます。

さらに知恵が増し、神と人とに愛され、成熟していくのです。

あなたも神の子として生まれ、神の恵みに包まれ、成長していきます。

さらに御言葉による知恵が増し加わり、神と人とに愛され、成熟していくのです。

イエス様の姿があなたの姿となり、

神と人を愛し、神と人に仕える者となりますように。

御名によって祝福します。

Next:ルカ3:1-9

ルカ2:25-38「救い」

◇2017年1月27日(金)
●ルカ2:25-38「救い」
●御言葉
2:29 「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり/この僕を安らかに去らせてくださいます。
2:30 わたしはこの目であなたの救いを見たからです。

●黙想
思い残すことなく世を去る方法は、メシアに出会うことです。

シメオンは「主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない」とのお告げを受け、その時を待ち望んでいました。

時が来て、幼子イエスをメシアと信じ、神を讃美しました。

メシアに出会うと、見えない世界(神の国)が見えるようになります。

イエスをメシアと信じ、神の救い(神の国)を体験し、

天国が約束された人。それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。

Next:ルカ2:39-52

ルカ2:15-24「ドラマ」

◇2017年1月26日(木)
●ルカ2:15-24「ドラマ」
●御言葉
2:20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

●黙想
主の言葉はドラマ(出来事)を生みます。

主の言葉を信じる者は神のドラマを見ます。

主の言葉どおり、救い主が生まれ、神のドラマが始まりました。

羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と、

急いで行って、救い主に出会い、神をあがめ、讃美しながら帰って行くのです。

教会は神のドラマを体験し、神を崇め、讃美して帰る場所です。

マリアのように、神のドラマをすべて心に納め、思い巡らす人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:ルカ2:25-38

追伸:ベテルブログ更新されました。
http://bethelshimizu.blog96.fc2.com/blog-entry-178.html

ルカ2:1-14「飼い葉桶」

◇2017年1月25日(水)
●ルカ2:1-14「飼い葉桶」
●御言葉
2:7 初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

●黙想
どこで生まれ、どこで死ぬかよりも、

どこから来て、どこへ行くのか。何のために生きるのか。

使命を自覚して生きることが重要です。

イエス様は飼い葉桶で生まれ、十字架の上で死にます。

イエス様は使命を自覚していました。

父のもとから来て、神の栄光を現し、

この地に平和(神との和解)をもたらし、天に帰りました。

あなたにも果たすべき使命があります。

神の栄光を現し(神様の素晴らしさを自らの人生で表現すること)、

すべての人と平和に暮らし(互いに愛し合うこと)、

御心に適う人生(神の国)を歩み、天国に凱旋することです。

帰るべき場所(天国)が備えられている人は幸いです。

Next:ルカ2:15-24

ルカ1:57-66「回復」

◇2017年1月23日(月)
●ルカ1:57-66「回復」
●御言葉
1:64 すると、たちまちザカリアは口が開き、舌がほどけ、神を賛美し始めた。
●黙想
回復があることは希望です。

ザカリアは主の言葉を信じることができず、口が閉ざされ、

証しも讃美もできない日々が続いていました。

ザカリアにも回復がありました。

主の言葉が実現したのです。

ザカリアは、その子の名を「ヨハネ」(主は恵み深い)と書きました。

その瞬間、再び口が開かれ、神を讃美し始めたのです。

イエス・キリストは神の恵みであり、希望の光です。

ヨハネは、この光を証しするために生まれました。

主の言葉は実現します。

主と主の言葉を信じ、人生が回復(快復)し、

神を讃美し始める人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:ルカ1:67-80

追伸:明日の御言葉メールはお休みします。

ルカ1:39-56「祝福」

◇2017年1月22日(日)
●ルカ1:39-56「祝福」
●御言葉
1:42 声高らかに言った。「あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。

●黙想
神の恵み(イエス・キリスト)を受け取った人は、神の祝福に与ります。

マリアは急いでザカリアの家に行き、エリサベトに会いました。

エリサベトもまた、マリアと同じように神の恵みを受け取り、神の祝福に与った人です。

恵みを受け、祝福された人が集まる場所があります。

主の恵みを分かち合い、聖霊に満たされ、共に喜び、讃美すべき場所があります。

それが教会です。

今日は日曜日です。

主の家に集まり、主の御名を崇め、恵みを分かち合う人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:ルカ1:57-66

追伸:礼拝説教「本質を大切に37・祝福」は、後ほど「バルナバ牧師の部屋」にアップします。

ルカ1:26-38「恵み」

◇2017年1月21日(土)
●ルカ1:26-38「恵み」
●御言葉
1:28 天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」
1:30 すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。

●黙想
神の恵みは無尽蔵です。

神の恵みを受け取ることと、高額宝くじの賞金を受け取ることには共通点があります。

受け取らず、放置すれば、手元には届きません。

さらに、両方とも生き方に変化をもたらします。

お金の使い方、生活態度、生き方に変化が生じます。

神の恵みを受け取った人は、お金(富)をコントロールし、神に仕えて生きる人になり、

多額の賞金を受け取ると、お金(富)に心が奪われ、生き方が変わり、人間関係に変化が生じます。

神の恵み(無尽蔵の富)はすべての人に用意されています。

「お言葉どおり、この身になりますように」と受け取り、

神に仕えて生きる人は、マリアのように、幸いな人と呼ばれます。

今日も祝福がありますように。Next:ルカ1:39-56

ルカ1:18-25「約束」

◇2017年1月20日(金)
●ルカ1:18-25「約束」
●御言葉
1:19 天使は答えた。「わたしはガブリエル、神の前に立つ者。あなたに話しかけて、この喜ばしい知らせを伝えるために遣わされたのである。
1:20 あなたは口が利けなくなり、この事の起こる日まで話すことができなくなる。時が来れば実現するわたしの言葉を信じなかったからである。」

●黙想
恵みは信仰にまさります。

ザカリアは天使が告げる喜ばしい知らせを信じることができず、口が閉ざされます。

しかし、彼の不信仰によって神の恵み(ヨハネの誕生)はキャンセルされませんでした。

主の言葉は時が来れば実現します。

祝福は信仰によります。

もし、彼がエリサベトやマリアのように、

恵みを信仰によって受け入れていたならば、彼の口は閉ざされることなく、

彼女たちと共に主を讃美する祝福に与っていたことでしょう。

喜ばしい知らせ(福音)を聞いて、信じる人は恵みの上に祝福が加えられます。

今日も祝福がありますように。

「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」(ヨハネ20:27)。

Next:ルカ1:26-38

ルカ1:1-17「真実」

◇2017年1月19日(木)
●ルカ1:1-17「真実」
●御言葉
1:1 -2わたしたちの間で実現した事柄について、最初から目撃して御言葉のために働いた人々がわたしたちに伝えたとおりに、物語を書き連ねようと、多くの人々が既に手を着けています。
●黙想
事実よりも大切なことは真実です。

今日からルカによる福音書に入ります。

あなたが今、生きていることは歴史的な事実です。

「どこから来てどこへ行くのか。何のために生きているのか。」

この真実は隠されています。

真実が分かる時、生き方が変わります。

あなたは神に造られ、愛されています。

これが聖書が告げる真実です。

事実は人を生かしません。

真実が人を生かすのです。

造り主なる神が救い主を遣わされた。

この歴史の出来事(事実)にも真実があります。

ルカはローマの高官に真実を伝えるために福音書を書いたのです。

聖書(事実)の中に真実を探す。

それがQTです。

今日も祝福がありますように。

Next:ルカ1:18-25

二テモテ4:9-22「和解」

◇2017年1月18日(水)
●二テモテ4:9-22「和解」
●御言葉
4:11 ルカだけがわたしのところにいます。マルコを連れて来てください。彼はわたしの務めをよく助けてくれるからです。
●黙想
赦しと和解にまさるドラマはありません。

マルコは、叔父バルナバと一緒にパウロの宣教旅行に同行していましたが、

途中で逃げ出し、パウロとバルナバの衝突の原因となった人物です。

神様は赦しと和解の神です。

マルコはルカと共に、パウロに仕え、フィレモンの手紙では「わたしの協力者」として、ルカやデマスと共に名前が挙げられています。

神様と共に歩む人生には赦しと和解が起こります。

デマスは世を愛し、離れていきましたが、パウロは彼のためにも祈っています。

祈れば和解のドラマが始まります。

キリストも十字架の上で「父よ、彼らをお赦しください」と祈られ、そこから赦しと和解のドラマが始まったのです。

赦しと和解のドラマを体験する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。Next:ルカ1:1-17

二テモテ4:1-8「御言葉」

◇2017年1月17日(火)
●二テモテ4:1-8「御言葉」
●御言葉
4:2 御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。
●黙想
御言葉を宣べ伝えるためには、

折りが良くても悪くても、自分に向かって御言葉を宣べ伝える必要があります。

これがQTです。

QTに励む人は、

御言葉によって咎められ、戒められ、励まされます。

QTに励めば、証しが生まれます。

御言葉に証しが伴って、キリスト教は世界中に宣べ伝えられました。

御言葉があなたの人生に花を咲かせ、豊かに実を結び、

多くの証しが生まれますように。

御名によって祝福します。Next:二テモテ4:9-22

二テモテ3:10-17「聖書」

◇2017年1月16日(月)
●二テモテ3:10-17「聖書」
●御言葉
3:15 また、自分が幼い日から聖書に親しんできたことをも知っているからです。この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いに導く知恵を、あなたに与えることができます。
3:16 聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。

●黙想
QTとは聖書に親しむことです。

聖書に親しむと、聖書の世界をリアルに体験することができます。

聖書の世界(神の国)は、神の霊に導かれて生きる世界です。

まるで聖書に登場する人物が自分の如くに感じられ、

自分のあり方、考え方、生き方を見つめ直したり、やり直したりすることができます。

今からでも間に合います。

聖書に親しむ生活を始めましょう。

今日も祝福がありますように。

Next:二テモテ4:1-8

二テモテ3:1-9「覚悟」

◇2017年1月15日(日)
●二テモテ3:1-9「覚悟」
●御言葉
3:1 しかし、終わりの時には困難な時期が来ることを悟りなさい。
●黙想
人生には覚悟を決め、決断すべき時があります。

パウロの時代、迫害と弾圧が厳しく、キリストの福音を伝える人にも、キリストを信じる人にも覚悟が必要でした。

死を覚悟した人は生き方が違います。

洗礼とは、覚悟を決め、古い生き方(世の流れ)と決別し、新しい生き方(神の国の流れ)に向かうことです。

覚悟を決め、決断を下した時から神と共に歩む信仰のドラマが始まるのです。

神が与えてくれた変革(救い)のチャンスを逃さなかった人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:二テモテ3:10-17

PS.今日の説教「本質を大切に36・覚悟」は、後ほど「バルナバ牧師の部屋」にもアップする予定です。

二テモテ2:14-26「器」

◇2017年1月14日(土)
●二テモテ2:14-26「器」
●御言葉
2:21 だから、今述べた諸悪から自分を清める人は、貴いことに用いられる器になり、聖なるもの、主人に役立つもの、あらゆる善い業のために備えられたものとなるのです。
●黙想
人間の器は心にあり、器の命は清さです。

たとえ金や銀の器であっても、汚物にまみれた器で食事をする人はいません。

主は私たちの心の器を洗い清め、貴い働きのために用いたいと願われています。

たとえ土の器でも、主は喜んで用いてくださいます。

朝ごとに御言葉によって自らを清める人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:二テモテ3:1-9

二テモテ2:1-13「キリスト」

◇2017年1月13日(金)
●二テモテ2:1-13「キリスト」
●御言葉
2:11 次の言葉は真実です。「わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、/キリストと共に生きるようになる。
2:12 耐え忍ぶなら、/キリストと共に支配するようになる。キリストを否むなら、/キリストもわたしたちを否まれる。

●黙想
クリスチャンは、キリストと共に死に、キリストと共に生きる者です。

洗礼は、そのことを象徴する儀式です。

パウロはテモテに「キリスト・イエスにおける恵みによって強くなりなさい。」(1節)、

キリスト・イエスの立派な兵士として、わたしと共に苦しみを忍びなさい」(3節)と命じます。

どんな苦難が襲っても、キリストが共にいるならば勝利が訪れます。

今日も祝福がありますように。Next:二テモテ2:14-26

二テモテ1:9-18「救い」

◇2017年1月12日(木)
●二テモテ1:9-18「救い」
●御言葉
1:9 神がわたしたちを救い、聖なる招きによって呼び出してくださったのは、わたしたちの行いによるのではなく、御自身の計画と恵みによるのです。この恵みは、永遠の昔にキリスト・イエスにおいてわたしたちのために与えられ、
1:10 今や、わたしたちの救い主キリスト・イエスの出現によって明らかにされたものです。キリストは死を滅ぼし、福音を通して不滅の命を現してくださいました。

●黙想
キリストはあなたに不滅の命(永遠の命)を与えるために来られました。

この命を持つことを「救い」といいます。

パウロは、この救いは、人間の行いによって得られるものではなく、

神の計画と恵みによって与えられるのだ、と語ります。

大切なことはただ一つです。

受け取ることです。

恵みは受け取らなければ、あなたのものにはなりません。

神の恵みを受け取ること。これが信仰です。

神の恵みを受け取り続けること。

これが信仰生活です。

今日も神の恵みと祝福が豊かにありますように。

御名によって祝福します。

Next:二テモテ2:1-13

二テモテ1:1-8「聖霊」

◇2017年1月11日(水)
●二テモテ1:1-8「聖霊」
●御言葉
1:6 そういうわけで、わたしが手を置いたことによってあなたに与えられている神の賜物を、再び燃えたたせるように勧めます。
1:7 神は、おくびょうの霊ではなく、力と愛と思慮分別の霊をわたしたちにくださったのです。

●黙想
聖霊を受けると、神の賜物が与えられます。

第一に、力です。

弟子たちは聖霊に満たされ、力を受け、大胆に命の約束(1節)を宣べ伝えるようになりました。

第二に、愛です。

弟子たちは神の愛を受け、互いに愛し合うようになりました。

第三は、知恵です。

弟子たちは霊の目が開かれ、価値観が変わりました。

聖霊を求め、聖霊を受け、聖霊に満たされ、神の賜物を燃え立たせて続ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:二テモテ1:9-18

一テモテ6:11-21「神と富②」

◇2017年1月10日(火)
●一テモテ6:11-21「神と富②」
●御言葉
6:17 この世で富んでいる人々に命じなさい。高慢にならず、不確かな富に望みを置くのではなく、わたしたちにすべてのものを豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。
6:18 善を行い、良い行いに富み、物惜しみをせず、喜んで分け与えるように。

●黙想
神と富とは対極です。

どちらに望みを置いて生きているかは、行動に現れます。

富に望みを置く人は、高慢になり、悪を行い、物惜しみして、奪う生き方をします。

神に望みを置く人は、、謙遜になり、善を行い、物惜しみせず、与える生き方をします。

受けるよりは与えるほうが幸いです。

そうすれば、主が豊かに与え、楽しませてくださるからです。

今日も祝福がありますように。Next:二テモテ1:1-8

一テモテ6:1-10「神と富」

◇2017年1月9日(月)
●一テモテ6:1-10「神と富」
●御言葉
6:9 金持ちになろうとする者は、誘惑、罠、無分別で有害なさまざまの欲望に陥ります。その欲望が、人を滅亡と破滅に陥れます。
6:10 金銭の欲は、すべての悪の根です。金銭を追い求めるうちに信仰から迷い出て、さまざまのひどい苦しみで突き刺された者もいます。

●黙想
金銭を支配(コントロール)してますか。

神と富とは、対極にあります。

富に従い、富に支配されると、欲望に陥ります。

利得のために神を利用し、信仰から迷い出てしまうのです。

一方、神に従い、神に支配されると、富を支配し、満ち足りることを覚えます。

「わたしは、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです。貧しく暮らすすべも、豊かに暮らすすべも知っています。満腹していても、空腹であっても、物が有り余っていても不足していても、いついかなる場合にも対処する秘訣を授かっています。」(フィリピ4:11b-12)。

神に支配されて生きる。

これが本当の利得(祝福)の道です。

今日も祝福がありますように。

Next:一テモテ6:11-21

一テモテ5:17-25「あとで分かる」

◇2017年1月8日(日)
●一テモテ5:17-25「あとで分かる」
●御言葉
5:24 ある人々の罪は明白でたちまち裁かれますが、ほかの人々の罪は後になって明らかになります。
5:25 同じように、良い行いも明白です。そうでない場合でも、隠れたままのことはありません。

●黙想
悪いことも、良いことも、あとで明らかになります。

神の前に隠されたままのものはありません。

罪が明らかになり、裁きを受けるとき、キリストの愛の大きさを知るようになります。

この世で報われずとも、神の国で受ける報いが、どんなに大きなものであるかを知るようになります。

主を崇め、礼拝を捧げることが、どれほど大きな祝福となるかも、後で分かるようになります。

今日は日曜日です。

主を崇め、良い種を蒔き続ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:一テモテ6:1-10

一テモテ5:1-16「家族」

◇2017年1月7日(土)
●一テモテ5:1-16「家族」
●御言葉
5:3 身寄りのないやもめを大事にしてあげなさい。
5:4 やもめに子や孫がいるならば、これらの者に、まず自分の家族を大切にし、親に恩返しをすることを学ばせるべきです。それは神に喜ばれることだからです。

●黙想
家族を大切にし、親に恩返しをすることは、神様に喜ばれることです。

教会は神の家族であり、互いに愛し合うことを学びます。

互いに愛し合うところに神の国が実現します。

パウロは、学んだ教えを適用すべき相手は「まず自分の家族」だと語ります。

あなたの家に神の国が実現しますように。

御名によって祝福します。

Next:一テモテ5:17-25

一テモテ4:6-16「QT」

◇2017年1月6日(金)
●一テモテ4:6-16「QT」
●御言葉
4:8 体の鍛練も多少は役に立ちますが、信心は、この世と来るべき世での命を約束するので、すべての点で益となるからです。
●黙想
毎日、QTをしていますか。

毎朝、15分、御言葉を黙想し、神様と交わるならば、

信心が鍛錬され、あなたの人生(運命)は変わるでしょう。

「QT(Quiet Time)は、毎日、静かな時間と場所を定めて、神様と個人的に出会い、聖書のみことばを通して、自分に与えられた神の御声を聞き、黙想し、生活に適用することにより、生活の変化と成熟をなそうとする敬虔訓練です。」(リビングライフより)。

今日も祝福がありますように。

Next:一テモテ5:1-16

一テモテ3:14-4:5「真理」

◇2017年1月5日(木)
●一テモテ3:14-4:5「真理」
●御言葉
4:1 しかし、“霊”は次のように明確に告げておられます。終わりの時には、惑わす霊と、悪霊どもの教えとに心を奪われ、信仰から脱落する者がいます。
●黙想
信仰生活は自転車に乗るようなものです。

停止すれば倒れます。

パウロはテモテに、クリスチャンが神の家(教会)でどのように生活すべきかを伝えました。

世の中には惑わす霊(悪霊)が働いており、

間違った教えに心を奪われ、信仰から脱落する者たちもいるのです。

倒れない秘訣は、真理の御言葉から目を離さないことです。

御言葉によって、心を守る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:一テモテ4:6-16

一テモテ3:1-13「奉仕」

◇2017年1月4日(水)
●一テモテ3:1-13「奉仕」
●御言葉
3:11 婦人の奉仕者たちも同じように品位のある人でなければなりません。中傷せず、節制し、あらゆる点で忠実な人でなければなりません。
●黙想
忠実さは命です。

パウロは、教会に仕える監督(牧師)や奉仕者(執事・役員)たちのあるべき姿を教えます。

教会においても、家庭においても、社会においても、リーダーシップは大切です。

トップの姿勢が全体に影響を与えるからです。

御言葉に忠実な人は、どの分野においても良き奉仕者として働くことができます。

エジプトでのヨセフの姿があなたの姿となり、

主が共にいて、うまくことが運びますように。

御名によって祝福します。

Next:一テモテ3:14-4:5

一テモテ2:1-15「真理」

◇2017年1月3日(火)
●一テモテ2:1-15「真理」
●御言葉
2:4 神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。
2:5 神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。

●黙想
神様の願いは、すべての人が、神と人との間の仲介者であるイエスを救い主として信じ、救われることです。

イエスを救い主と信じ、救われると、霊の目が開かれ、真理を知るようになります。

これが神の願いです。

パウロはキリストを信じ、真理を知り、神の願いに生きる者となりました。

真理(御心)を知ると、生き方が変わります。

生き方の変化こそが最大の証しとなります。

神の願いどおりに生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。

Next:一テモテ3:1-13

一テモテ1:12-20「認罪」 

◇2017年1月2日(月)
●一テモテ1:12-20「認罪」
●御言葉
1:15 「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します。わたしは、その罪人の中で最たる者です。
●黙想
自分の罪を知れば知るほど、神の憐れみを知るようになります。

パウロは、キリストに出会い、自分ほど罪深い人間はいないことを知りました。

パウロは「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた」との言葉の体験者であり、

救いを求める人々の手本として、用いられたのです。

御言葉を体験し、手本となって証しする人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:一テモテ2:1-15

一テモテ1:1-11「謹賀新年」

◇2017年1月1日(日)
●一テモテ1:1-11「謹賀新年」
●御言葉
1:2 信仰によるまことの子テモテへ。父である神とわたしたちの主キリスト・イエスからの恵み、憐れみ、そして平和があるように。
●黙想
あけましておめでとうございます。

御言葉メールを受信されている方々へ。

今日から始まる新しい年が豊かに祝福されますように。

神様から恵みと憐れみと平和がありますように。

御名によって祝福します。

今年もよろしくお願いします。byバルナバ

Next:一テモテ1:12-20

2017010101.jpg
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -