FC2ブログ

詩編41:1-14「思いやり」

◇2016年12月31日(土)
●詩編41:1-14「思いやり」
●御言葉
41:2 いかに幸いなことでしょう/弱いものに思いやりのある人は。災いのふりかかるとき/主はその人を逃れさせてくださいます。
41:3 主よ、その人を守って命を得させ/この地で幸せにしてください。貪欲な敵に引き渡さないでください。
41:4 主よ、その人が病の床にあるとき、支え/力を失って伏すとき、立ち直らせてください。

●黙想
思いやりのある人は幸いです。

「情けは人のためならず」、巡り巡って戻って来ます。

病の床に倒れるときも、祈り、支えてくれる友や仲間がいる人は幸いです。

今日で2016年が終わります。

良いお年を迎えられますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:一テモテ1:1-11
スポンサーサイト

詩編40:12-18「賛美」

◇2016年12月30日(金)
●詩編40:12-18「賛美」
●御言葉
40:17 あなたを尋ね求める人が/あなたによって喜び祝い、楽しみ/御救いを愛する人が/主をあがめよといつも歌いますように。
●黙想
主を崇め、賛美する世界(神の国)に生きる人は幸せです。

そこには主が共にいて、喜びと楽しみが満ちているからです。

「わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。」(マタイ5:11-12a)。

詩人の祈りがあなたの祈りとなり、現実となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編41:1-14

詩編40:1-11「御業」

◇2016年12月29日(木)
●詩編40:1-11「御業」
●御言葉
40:6 わたしの神、主よ/あなたは多くの不思議な業を成し遂げられます。あなたに並ぶものはありません。わたしたちに対する数知れない御計らいを/わたしは語り伝えて行きます。
40:11 恵みの御業を心に秘めておくことなく/大いなる集会であなたの真実と救いを語り/慈しみとまことを隠さずに語りました。

●黙想
主は不思議と恵みの御業をなされるお方です。

詩人は、主の御業を心に秘めることなく、証しすることを宣言します。

ラスト三日。

主があなたやあなたの周りで成し遂げられた不思議な御業を黙想し、書き留め、

主の恵みを忘れぬよう証しとして書き残していきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編40:12-18

詩編39:1-14「人生」

◇2016年12月28日(水)
●詩編39:1-14「人生」
●御言葉
39:5 「教えてください、主よ、わたしの行く末を/わたしの生涯はどれ程のものか/いかにわたしがはかないものか、悟るように。」 39:6 御覧ください、与えられたこの生涯は/僅か、手の幅ほどのもの。御前には、この人生も無に等しいのです。ああ、人は確かに立っているようでも/すべて空しいもの。
39:7 ああ、人はただ影のように移ろうもの。ああ、人は空しくあくせくし/だれの手に渡るとも知らずに積み上げる。
39:8 主よ、それなら/何に望みをかけたらよいのでしょう。わたしはあなたを待ち望みます。

●黙想
人生が空しく感じることがあります。

詩人は人生のはかなさを悟り、主に望みをかけて祈ります。

主を待ち望む人は、人生の行く末に神の祝福があります。

今年もラスト4日です。

一年の恵みを思い起こし、主を待ち望み、

祈りを持って、新しい年を迎えていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編40:1-11

詩編38:1-11「救い」

◇2016年12月27日(火)
●詩編38:1-11「救い」
●御言葉
38:22 主よ、わたしを見捨てないでください。わたしの神よ、遠く離れないでください。
38:23 わたしの救い、わたしの主よ/すぐにわたしを助けてください。

●黙想
主に見捨てられたように感じることがあります。

詩人は、耐え難い苦悩と罪責感に苛まれ、呻いていました。

苦しみがエンドレスに続き、疲れ果てていたのです。

しかし、彼にとって幸いだったのは、叫ぶべき神がいたことです。

救い、助けてくださる神を信じていたことです。

これが信仰です。

主はあなたの救い主です。

主はあなたの助け主です。

決してあなたを見捨てることはありません。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編39:1-14

詩編38:1-11「祈り」

◇2016年12月26日(月)
●詩編38:1-11「祈り」
●御言葉
38:10 わたしの主よ、わたしの願いはすべて御前にあり/嘆きもあなたには隠されていません。
38:11 心は動転し、力はわたしを見捨て/目の光もまた、去りました。

●黙想
主の前に忘れ去られる祈りはありません。

詩人の心は動転し、力を失い、弱り果てていました。

彼に残されていたのは、ただ一つ。

主への信仰でした。

主はあなたの願いを忘れておらず、動転する心を落ち着かせ、

新たな力を与え、目に輝きを与えて下さいます。

主の御前で祈る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextマタイ2:1-12

マタイ2:1-12「メリークリスマス」

◇2016年12月22日(日)
●マタイ2:1-12「メリークリスマス」
●御言葉
2:11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
●黙想
クリスマスの本質は礼拝です。

東方の学者たちは、星に導かれ、生まれたばかりの御子に礼拝を捧げました。

これが世界で最初のクリスマスです。

彼らは宝の箱を開き、それぞれが献げ物をして帰ります。

礼拝は、英語で二つの言葉が使われます。

ワーシップとサービスです。

主を崇め、主に仕える。

これが礼拝の本質です。

今日はクリスマスであり、今年最後の礼拝です。

主を崇め、主に感謝を捧げ、一年を締めくくりましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編38:1-11

ヨハネ1:1-14「メリークリスマス」

◇2016年12月24日(土)
●ヨハネ1:1-14「メリークリスマス」
●御言葉
1:12 しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。
1:14 言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。

●黙想
「言」をキリストに置き換え、深く黙想してください。

キリストが受け入れた人は、神の子となり、神の栄光を現す者となります。

今宵はクリスマスです。

キリストを崇め、礼拝を捧げる日です。

恵みと真理があなたの人生に満ち溢れますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Nextマタイ2:1-12

イザヤ8:23-9:6「助言者」

◇2016年12月23日(金)
●イザヤ8:23-9:6「助言者」
●御言葉
9:5 ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。権威が彼の肩にある。その名は、「驚くべき指導者、力ある神/永遠の父、平和の君」と唱えられる。
●黙想
このイザヤの預言はクリスマスの日に成就し、御子が生まれました。

「驚くべき指導者」とは、英訳では「Wonderful Counselor」です。

イエス様は素晴らしいカウンセラー(助言者)です。

何よりも心と考えを守ることが先決です。

「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう(フィリピ4:6-7)。

何でも神様に打ち明け、相談し、祈る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextヨハネ1:1-14

詩編37:27-40「救い」

◇2016年12月22日(木)
●詩編37:27-40「救い」
●御言葉
37:39 主に従う人の救いは主のもとから来る/災いがふりかかるとき/砦となってくださる方のもとから。
37:40 主は彼を助け、逃れさせてくださる/主に逆らう者から逃れさせてくださる。主を避けどころとする人を、主は救ってくださる。

●黙想
救いは主のもとから来ました。

それがクリスマスです。

主はあなたの砦であり、避けどころです。

あなたを造り、愛しておられる神様は、

あなたを救うためにキリスト(救い主)は来られたのです。

主に従う人はクリスマスを大切にします。

クリスマスの本質は礼拝です。

礼拝なきクリスマスは、本当のクリスマスではありません。

主に従い、共に礼拝を捧げ、クリスマスを迎えましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextイザヤ8:23-9:6

詩編37:12-26「人生」

◇2016年12月21日(水)
●詩編37:12-26「人生」
●御言葉
37:23 主は人の一歩一歩を定め/御旨にかなう道を備えてくださる。
37:24 人は倒れても、打ち捨てられるのではない。主がその手をとらえていてくださる。

●黙想
あなたは偶然に生まれ、生きているのではありません。

神の御旨(計画)によって生まれ、生かされているのです。

パウロは告白します。

「神の恵みによって今日のわたしがあるのです。そして、わたしに与えられた神の恵みは無駄にならず、わたしは他のすべての使徒よりずっと多く働きました。しかし、働いたのは、実はわたしではなく、わたしと共にある神の恵みなのです。」(一コリント15:10)。

詩人の告白やパウロの告白があなたの告白となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編37:27-40

詩編37:1-11「信仰」

◇2016年12月20日(火)
●詩編37:1-11「信仰」
●御言葉
37:3 主に信頼し、善を行え。この地に住み着き、信仰を糧とせよ。
37:4 主に自らをゆだねよ/主はあなたの心の願いをかなえてくださる。

●黙想
信仰とは、主に信頼し、自らを主にゆだね、御心がなるように願い、善(御心)を行うことです。

あなたの道を主にまかせ、信仰を糧に生きるならば、御心が実現、あなたの願いはかなえられます。

いよいよクリスマスです。

沈黙して主に向かい、主を待ち焦がれ、主に望みを置く人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編37:12-26

追伸:ベテルチャーチでは24日(土)8時よりクリスマス燭火礼拝、25日(日)10時半~クリスマスオープン礼拝です。ご家族・友人を誘い合ってお越し下さい。ベテルブログ「キッズクリスマス会」更新されました。

詩編36:1-13「キリスト」

◇2016年12月19日(月)
●詩編36:1-13「キリスト」
●御言葉
36:8 神よ、慈しみはいかに貴いことか。あなたの翼の陰に人の子らは身を寄せ
36:9 あなたの家に滴る恵みに潤い/あなたの甘美な流れに渇きを癒す。
36:10 命の泉はあなたにあり/あなたの光に、わたしたちは光を見る。

●黙想
キリストは神の恵み(慈しみ)です。

神の家には恵みが潤っており、渇く者は癒されます。

キリストは命の泉です。

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」(ヨハネ7:37-38)。

キリストは神の光です。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(ヨハネ8:12)。

主の家にとどまる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編37:1-11

詩編35:19-28「沈黙」

◇2016年12月18日(日)
●詩編35:19-28「沈黙」
●御言葉
35:22 主よ、あなたは御覧になっています。沈黙なさらないでください。わたしの主よ、遠く離れないでください。
●黙想
神様は目があっても見えない方ではありません。

口があっても話せない方ではありません。

詩編115篇には「国々の偶像は金銀にすぎず、人間の手が造ったもの。口があっても話せず、目があっても見えない」とあります。

神は言葉を発し、世を造られました。

神はこの世を御覧になり、沈黙を破り、私たちに近づいてくださいました。

それがクリスマスの出来事です。

「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた・・・いまだ神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。」(ヨハネ1章)。

今日は日曜日です。

主を崇め、讃美し、沈黙を破られた主の言葉に耳を傾けましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編36:1-13

詩編35:1-18「魂」

◇2016年12月17日(土)
●詩編35:1-18「魂」
●御言葉
35:9 わたしの魂は主によって喜び躍り/御救いを喜び楽しみます。
●黙想
体が健やかでも、心が病めば喜ぶことができません。

身も心も健やかであっても、魂に救いがなければ、天国の喜びを味わうことはできません。

魂に救いがあれば、たとえ心身が病に冒されようとも、主によって喜び躍ることができます。

イエス・キリストはあなたの魂(霊・存在)を救うために来られました。

キリストによって喜び躍り、御救いを喜び楽しんで生きる者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編35:19-28

詩編34:12-23「救い」

◇2016年12月16日(金)
●詩編34:12-23「救い」
●御言葉
34:16 主は、従う人に目を注ぎ/助けを求める叫びに耳を傾けてくださる。
34:18 主は助けを求める人の叫びを聞き/苦難から常に彼らを助け出される。
34:20 主に従う人には災いが重なるが/主はそのすべてから救い出し
34:21 骨の一本も損なわれることのないように/彼を守ってくださる。

●黙想
人生には苦難や災難が起こります。

苦難は苦難で終わらず。

災難は災難で終わらず。

これが主に従う人の人生です。

詩人のように、主を避けどころとする人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編35:1-18

詩編34:1-11「味方」

◇2016年12月15日(木)
●詩編34:1-11「味方」
●御言葉
34:8 主の使いはその周りに陣を敷き/主を畏れる人を守り助けてくださった。
34:9 味わい、見よ、主の恵み深さを。いかに幸いなことか、御もとに身を寄せる人は。
34:10 主の聖なる人々よ、主を畏れ敬え。主を畏れる人には何も欠けることがない。

●黙想
どのようなときにも、主を賛美し、主を畏れ敬う(礼拝する)人は、主が味方です。

何も恐れるものはありません。

主の御使いに守られ、すべての必要が満たされるからです。

詩人は、主の恵み深さを体験し、告白します。

「主を尋ね求める者は、良いものに何一つ欠けることはない」(10節)と。

この告白があなたの告白となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編34:12-23

詩編33:1-22「救い」

◇2016年12月14日(水)
●詩編33:1-22「救い」
●御言葉
33:18 見よ、主は御目を注がれる/主を畏れる人、主の慈しみを待ち望む人に。
33:19 彼らの魂を死から救い/飢えから救い、命を得させてくださる。
33:20 我らの魂は主を待つ。主は我らの助け、我らの盾。
33:21 我らの心は喜び/聖なる御名に依り頼む。
33:22 主よ、あなたの慈しみが/我らの上にあるように/主を待ち望む我らの上に。

●黙想
詩人が待ち望んでいた救い主(キリスト)は、クリスマスの日に到来しました。

今も、主の慈しみを待ち望む人々の上に、クリスマスは到来し続けています。

あなたの周りにいる人たちが、本当のクリスマスをお迎えすることができますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編33:1-22

詩編32:1-12「罪」

◇2016年12月13日(火)
●詩編32:1-12「罪」
●御言葉
32:1 いかに幸いなことでしょう/背きを赦され、罪を覆っていただいた者は。
32:5 わたしは罪をあなたに示し/咎を隠しませんでした。わたしは言いました/「主にわたしの背きを告白しよう」と。そのとき、あなたはわたしの罪と過ちを/赦してくださいました。

●黙想
罪が赦されることほど、大きな喜びはありません。

ダビデは大きな過ちを犯し、罪に苛まれ、苦悶の日々を過ごしました。

彼は神に罪を告白し、罪と過ちが赦される経験をしました。

キリストの十字架はあなたのすべての罪を覆うためのものです。

「自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。」(一ヨハネ1:9)。

神の恵み(慈しみ)に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編33:1-22

詩編31:10-25「愛」

◇2016年12月12日(月)
●詩編31:10-25「愛」
●御言葉
31:24 主の慈しみに生きる人はすべて、主を愛せよ。主は信仰ある人を守り/傲慢な者には厳しく報いられる。
31:25 雄々しくあれ、心を強くせよ/主を待ち望む人はすべて。

●黙想
主を愛するとは、主を慕い求めることです。

母親の幼子への愛は、与える愛です。

幼子の母親への愛は、慕い求める愛です。

幼子のように神を慕い求めて下さい。

主はあなたを守り育てて下さいます。

主の慈しみに生きる人は、主の愛によって育まれていきます。

主の愛を受け、雄々しく成長し、主を待ち望んで生きる人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編32:1-12

詩編31:1-9「委任」

◇2016年12月11日(日)
●詩編31:1-9「委任」
●御言葉
31:6 まことの神、主よ、御手にわたしの霊をゆだねます。わたしを贖ってください。
●黙想
キリストは十字架の上で、この詩人の告白を口にしました。

キリスト教信仰とは、

主の御もとに近づき、

主に依り頼み、

自らを主の御手に委ね、

すべてを御心にお任せすることです。

主の御心が行われる時、

恵みの御業が起こり、

詩人のように、主の守りと導きを体験し、魂が喜び躍ります。

今日は日曜日です。

主の御もとに身を寄せ、礼拝を捧げましょう。

今週も、主から慈しみをいただいて、魂が喜びに満たされますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編31:10-25

詩編30:1-13「慈しみ」

◇2016年12月10日(土)
●詩編30:1-13「慈しみ」
●御言葉
30:5 主の慈しみに生きる人々よ/主に賛美の歌をうたい/聖なる御名を唱え、感謝をささげよ。
30:6 ひととき、お怒りになっても/命を得させることを御旨としてくださる。泣きながら夜を過ごす人にも/喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださる。

●黙想
泣きながら夜を過ごすことがあります。

詩人も同じです。

ダビデは、主の憐れみを求めて祈り、喜びの歌と共に朝を迎えました。

主の御旨を知れば、耐えられない試練はありません。

主は必ず逃れの道を用意し、夜明けを迎えさせて下さるからです。

イエス・キリストは主の慈しみ(恵み)であり、人生のセーフティネットです。

イエス・キリストは、命を得させるために来られた救い主です。

主の慈しみに生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編31:1-9

詩編29:1-11「栄光」

◇2016年12月9日(金)
●詩編29:1-11「栄光」
●御言葉
29:1 神の子らよ、主に帰せよ/栄光と力を主に帰せよ
29:2 御名の栄光を主に帰せよ。聖なる輝きに満ちる主にひれ伏せ。

●黙想
ウエストミンスター小教理問答の第一問に「人の主な目的は何ですか」という質問があります。

その答えは「神の栄光をあらわし、永遠に神を喜ぶこと」です。

神の栄光をあらわす(神に栄光を帰する)とは、神様の素晴らしさをあらわすことです。

自分に栄光を帰する生き方ではなく、神に栄光を帰する生き方をする。

これが人間の本分です。

神を喜ぶとは、神様の存在を喜び、礼拝を捧げる(主にひれ伏す)ことです。

神様を喜ぶことは力の源泉です。

あなたを通して、神様の素晴らしさが現されますように。

永遠に神を喜ぶ者でありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編30:1-13

詩編28:1-9「祈りと讃美」

◇2016年12月8日(木)
●詩編28:1-9「祈りと讃美」
●御言葉
28:7 主はわたしの力、わたしの盾/わたしの心は主に依り頼みます。主の助けを得てわたしの心は喜び躍ります。歌をささげて感謝いたします。
●黙想
主に依り頼んで祈る時、主の力が働き、御業が起こります。

主の御名を崇め讃美する時、主の力が働き、御業が起こります。

ペトロが捕らえられた時、教会では熱心な祈りが捧げられました。

すると、鉄の門が開かれ、ペトロは救い出されました。(使徒12章)。

パウロとシラスが捕らえられたとき、彼らは獄中で讃美し、祈りました。

すると、獄の戸が開き、救いの御業が起こりました。(使徒16章)。

祈りと讃美があなたの力となり、盾となりますように。

主に依り頼んで、主の助けを得て、あなたの心が喜び躍りますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編29:1-11

詩編27:1-14「安息」

◇2016年12月7日(水)
●詩編27:1-14「安息」
●御言葉
27:4 ひとつのことを主に願い、それだけを求めよう。命のある限り、主の家に宿り/主を仰ぎ望んで喜びを得/その宮で朝を迎えることを。
●黙想
詩人が願い求めたもの。それは安息です。

赤ん坊は母親の胸に抱かれている時が至福の時です。

御顔を仰いで喜び、御腕に抱かれて安らぎ、朝を迎える。

これが天国です。

主の家(教会)には平安と喜びがあり、そこは地上における天国です。

♪永遠にあなたと♪

ただ一つのこと。わたしは願う。

あなたの御側で、永遠に生きること。

永遠に、永遠にあなたと生きる。

この口は歌い続ける。あなたの愛を(作詞・作曲:長沢崇史)。

天においても、地においても、安息する家がある人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編28:1-9

詩編26:1-12「恵みと真理」

◇2016年12月6日(火)
●詩編26:1-12「恵みと真理」
●御言葉
26:3 あなたの慈しみはわたしの目の前にあり/あなたのまことに従って歩き続けています。
●黙想
主の慈しみ(恵み)を待ち望み、主のまこと(真理)に従って生きる。

これが詩人の生き方でした。

時が満ち、主のいつくしみとまことは到来しました。

それがクリスマスの出来事です。

「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理に満ちていた」(ヨハネ1:14)。

キリストは恵みと真理に満ちています。

今日も、恵み(キリスト)から目を離さず、まこと(御言葉)に従って歩む一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編27:1-14

詩編25:1-22「祈り」

◇2016年12月5日(月)
●詩編25:1-22「祈り」
●御言葉
25:15 わたしはいつも主に目を注いでいます。わたしの足を網から引き出してくださる方に。
●黙想
祈りは主に目を注ぐことです。

いつも祈る人は、いつも主に目を注いでいる人です。

詩人は、主を仰ぎ望み、主に依り頼み、祈りました。

この祈りがイスラエル民族の祈りとなり、主に望みを置く人たちの祈りとなりました。

人生にはいろんな問題が足に絡みついてきます。

問題ではなく、主に目を注いで祈って下さい。

主は悩む心を解き放ち、痛みからあなたを引き出して下さる方です。

御言葉があなたの身になりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編26:1-12

詩編24:1-10「世界観」

◇2016年12月4日(日)
●詩編24:1-10「世界観」
●御言葉
24:1 地とそこに満ちるもの/世界とそこに住むものは、主のもの。
24:2 主は、大海の上に地の基を置き/潮の流れの上に世界を築かれた。

●黙想
どんな世界観を持つかで人生は変わります。

神は天地万物の造り主であり、支配者です。

これが聖書が教える創造論的世界観です。

万物は偶然発生し、進化してきた。

これは教科書が教える進化論的世界観です。

どの世界観に立つかによって、人生観や価値観が違ってきます。

あなたは主のものです。

主があなたを造り、あなたを救い、助けるために、栄光の王であるイエス・キリストを遣わされたのです。

今日は日曜日です。

主の山に上り、聖所に立つ日です。

主を求める人は、祝福され、恵みが与えられます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編24:1-10

詩編23:1-6「羊飼い」

◇2016年12月3日(土)
●詩編23:1-6「羊飼い」
●御言葉
23:6 命のある限り/恵みと慈しみはいつもわたしを追う。主の家にわたしは帰り/生涯、そこにとどまるであろう。
●黙想
主は羊飼いです。

必要なものを備え、安息を与えて下さるお方です。

魂を生き返らせ、正しい道へと導いてくださるお方です。

死の陰の谷を歩むような時や、苦しみが襲う時にも、いつも共にいて、守り、助け、力づけてくださるお方です。

主に導かれて人生には、恵みと慈しみが追いかけてきます。

主の家が住まいとなり、生涯、そこにとどまることができます。

イエス様は良い羊飼いです。

主に導かれて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編24:1-10

詩編22:20-32「恵みの御業」

◇2016年12月2日(金)
●詩編22:20-32「恵みの御業」
●御言葉
22:31 -32子孫は神に仕え/主のことを来るべき代に語り伝え/成し遂げてくださった恵みの御業を/民の末に告げ知らせるでしょう。
●黙想
あなたの子どもや子孫に何を願い、期待しますか。

イエス様はこの詩編の冒頭の言葉を口ずさみ、息を引き取りました。

弟子たちが神に仕え、福音が告げ知らされることを願い、期待しておられたのです。

神が成し遂げてくださった恵みの御業とは、十字架の福音です。

子孫が神に仕え、福音が次世代に語り伝えられること。これが私たちの願いです。

あなたの子孫が主を賛美し、主に仕える者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編23:1-6
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31