ヨエル4:14-21「歴史の中に働く神」

◇2016年11月30日(水)
●ヨエル4:14-21「歴史の中に働く神」
●御言葉
4:17 あなたたちは知るようになる。わたしがあなたたちの神なる主であり/わが聖なる山シオンに住む者であることを。エルサレムは聖なる地となり/もはや、異国の民がそこを通ることはない。
●黙想
今、私たちが知っていることは、ほんの一部に過ぎません。

その日が来ると、すべてが明らかになります。

神様のなさることは、今は分からなくても、後で分かるようになるのです。

キリストと出会い、神を知った人は、歴史(イスラエルの歴史・世界の歴史・自身の歴史)の中に働き、歴史を支配する神が分かるようになるのです。

今日も新しい気づきが与えられますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編22:1-19
スポンサーサイト

ヨエル4:1-13「勇士」

◇2016年11月29日(火)
●ヨエル4:1-13「勇士」
●御言葉
4:9 諸国の民にこう呼ばわり、戦いを布告せよ。勇士を奮い立たせ/兵士をことごとく集めて上らせよ。
4:10 お前たちの鋤を剣に、鎌を槍に打ち直せ。弱い者も、わたしは勇士だと言え。

●黙想
主は弱い者に「勇士だ」と言わせるお方です。

ユダとエルサレムの繁栄が回復される時、

主は弱い者にも勇士だと告白させ、戦いに登用します。

主は弱い弟子たちに宣教の使命を託し、

彼らに聖霊を注ぎ、力を与えました。

主はパウロに「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と語りました。

自分の弱さを知ることは恵みです。

主の力は、あなたの弱さの中で力を発揮するからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextヨエル4:14-21

ヨエル2:18-3:5「回復」

◇2016年11月28日(月)
●ヨエル2:18-3:5「回復」
●御言葉
2:26 お前たちは豊かに食べて飽き足り/驚くべきことを/お前たちのために成し遂げられた主/お前たちの神なる主の御名を/ほめたたえるであろう。わたしの民は、とこしえに恥を受けることはない。
2:27 イスラエルのうちにわたしがいることを/お前たちは知るようになる。わたしはお前たちの神なる主、ほかに神はいない。わたしの民は、とこしえに恥を受けることはない。

●黙想
主が共にいれば、必ず夜は明けます。

かつてイスラエルは主の恵みを受け、祝福され、豊かになりました。

しかし今は、見る影もないほど貧しくなり、辱められていたのです。

ヨエルの預言は、裁きで終わらず、回復が約束されます。

主が共にいる人は、恥は一時です。

主の霊が注がれる時、主の御業が成し遂げられ、

リバイバルが起こり、御名を讃美するようになるのです。

インマヌエル(神、我らと共におられる)の世界を知った人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextヨエル2:18-3:5

ヨエル2:12-17「心」

◇2016年11月27日(日)
●ヨエル2:12-17「心」
●御言葉
2:12 主は言われる。「今こそ、心からわたしに立ち帰れ/断食し、泣き悲しんで。
2:13 衣を裂くのではなく/お前たちの心を引き裂け。」あなたたちの神、主に立ち帰れ。主は恵みに満ち、憐れみ深く/忍耐強く、慈しみに富み/くだした災いを悔いられるからだ。

●黙想
何事も心が重要です。

心が変わればすべてが変わります。

主は心を御覧になります。

イスラエルの民の礼拝は形骸化し、主から心が離れていました。

主が求めるのはあなたの心です。

心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神を愛してください。

これが礼拝の本質です。

これが祝福の源です。

今日からアドベント(待降節)です。

教会暦では、今日から新しい一年のスタートです。

主に立ち帰り、心新たに、クリスマスを迎えていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextヨエル2:18-3:5

ヨエル2:1-11「到来」

◇2016年11月26日(土)
●ヨエル2:1-11「到来」
●御言葉
2:1 シオンで角笛を吹き/わが聖なる山で鬨の声をあげよ。この国に住む者は皆、おののけ。主の日が来る、主の日が近づく。
●黙想
主の日とは、主が来られる日です。

明日からアドベント(待降節)に入ります。

ラテン語のアドベントゥス(到来)が来たもので、「キリストの到来」を意味します。

主の日は、二度到来します。

クリスマス(初臨)と世の終わり(再臨)の時です。

キリストは救い主として来られ、やがて審判者として来られます。

主の到来に備えて生きる。

これがアドベントライフです。

今日も祝福がありますように。おbyバルナバ

※追伸:昨日、今日と同じ個所を黙想し、配信していました。お詫びします。

Nextヨエル2:12-17

ヨエル2:1-11「到来」

◇2016年11月25日(金)
●ヨエル2:1-11「到来」
●御言葉
2:11 主はその軍勢の前で声をとどろかされる。その陣営は甚だ大きく/御言葉を実現される方は力強い。主の日は大いなる日で、甚だ恐ろしい。誰がその日に耐ええよう。
●黙想
主の日(終末)は必ず到来します。

ヨエルは、シオンで角笛を吹き鳴らし、主の日が近いことを警告します。

主は御言葉(約束)を実現されます。

大切なことはただ一つです。

主の声を聞き、主に立ち帰り、主を畏れて(崇めて)生きることです。

ここに礼拝の本質があります。

救い主を信じ、主を畏れて生きる人は、主の日を待ち望む者となります。

いよいよ次週からアドベント(待降節)です。

御言葉を信じ、主の到来を待ち望む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextヨエル2:12-17

ヨエル1:1-12「聞け」

◇2016年11月24日(木)
●ヨエル1:1-12「聞け」
●御言葉
1:2 老人たちよ、これを聞け。この地に住む者よ、皆耳を傾けよ。あなたたちの時代に、また、先祖の時代にも/このようなことがあっただろうか。
●黙想
今日からヨエル書です。

預言書に共通するメッセージは「主に立ち帰れ」です。

これはいつの時代にも必要なメッセージであり、主は今の時代にも語りかけています。

ヨエルの時代にユダの地に起こった自然災害や戦争による悲劇は、今も同じように世界の各地で起こっています。

ヨエル(「主は神である」という意味)の言葉は、特別警報です。

ただちに主に立ち帰ること。

ここに救いがあります。

どんな悲劇が襲っても、主の声に聞き従う人は、主の守りがあります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextヨエル1:13-20

詩編21:1-14「御力」

◇2016年11月23日(水)
●詩編21:1-14「御力」
●御言葉
21:2 主よ、王はあなたの御力を喜び祝い/御救いのゆえに喜び躍る。
21:14 御力を表される主をあがめよ。力ある御業をたたえて、我らは賛美の歌をうたう。

●黙想
主の御力は、祈りの中で表されます。

「互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします」(ヤコブ5:16)。

主の御力は、御言葉の中で表されます。

「この御言葉は、あなたがたの魂を救うことができます」(ヤコブ1:21)。

主の御力は、賛美の中で表されます。

「真夜中ごろ、パウロとシラスが賛美の歌をうたって神に祈っていると・・・突然、大地震が起こり、牢の土台が揺れ動いた。」(使徒16:25-26)。

主の御力は、礼拝の中で表されます。

「今日は、我ら主にささげられた聖なる日だ。悲しんではならない。主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である」(ネヘミヤ8:10)。

今日も、主の御力があなたの上に表され、主の御名を崇めさせてくださるように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Nextヨエル1:1-12

詩編20:1-10「祈り」

◇2016年11月22日(火)
●詩編20:1-10「祈り」
●御言葉
20:2 苦難の日に主があなたに答え/ヤコブの神の御名があなたを高く上げ
20:3 聖所から助けを遣わし/シオンからあなたを支えてくださるように。

●黙想
今朝、福島で地震があり、津波警報が出ています。

主に祈り、共に心を合わせて祈りましょう。

主よ、どうか福島を守り、支えてください。

被害が出ることがないように。

この地に主の平安がありますように。

御名によって祈ります。アーメン。byバルナバ

Next詩編21:1-14

詩編19:1-15「栄光」

◇2016年11月21日(月)
●詩編19:1-15「栄光」
●御言葉
19:2 天は神の栄光を物語り/大空は御手の業を示す。
●黙想
自然が神の栄光を物語り、御手の業を示すように、

イエス・キリストは神の栄光を物語り、御手の業を示します。

あなたも同じです。

あなたの存在が神の栄光を物語り、御手の業を示すように。

これがあなたがこの世に生きる究極的な意味と目的と使命です。

自然を通し、神が崇められるように、

キリストの業を通し、神が崇められるように、

あなたの人生を通し、神が崇められますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編20:1-20

詩編18:32-51「命の神」

◇2016年11月20日(日)
●詩編18:32-51「命の神」
●御言葉
18:32 主のほかに神はない。神のほかに我らの岩はない。
18:47 主は命の神。わたしの岩をたたえよ。わたしの救いの神をあがめよ。

●黙想
詩人の告白は、ダビデの告白であり、イスラエルの民の告白であり、すべてのクリスチャンの告白です。

告白することを、ギリシャ語ではホモロゲオーといいます。

これはホモ(同じこと)ロゲオー(言う)という意味です。

この告白が生まれた時、歴史は変わりました。

この告白をする時、人生が変わります。

今日は日曜日です。

命の神、岩なるイエス、救いの神を崇め、共に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編19:1-15

詩編18:21-31「報い」

◇2016年11月19日(土)
●詩編18:21-31「報い」
●御言葉
18:21 主はわたしの正しさに報いてくださる。わたしの手の清さに応じて返してくださる。
18:22 わたしは主の道を守り/わたしの神に背かない。

●黙想
主は報いてくださるお方です。

報いとは、「行為に伴う代価」を意味します。

救いは、私たちの行為ではなく、キリストの行為(十字架)に対する代価として与えられるものです。

だれでもキリストを信じるならば、恵みによって救われます。

では、私たちの行為の代価は何でしょうか。

それは祝福と呪いです。

主の道を守り、清く生きる人には祝福が伴い、

主に背き、汚れて生きる人には呪いが伴うのです。

主と主の教えに従い、御言葉によって清くされ、

祝福の実を結ぶ者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編18:32-51

詩編18:1-20「慕う」

◇2016年11月18日(金)
●詩編18:1-20「慕う」
●御言葉
18:2 主よ、わたしの力よ、わたしはあなたを慕う。
18:3 主はわたしの岩、砦、逃れ場/わたしの神、大岩、避けどころ/わたしの盾、救いの角、砦の塔。
18:4 ほむべき方、主をわたしは呼び求め/敵から救われる。

●黙想
主はあなたの力です。

ダビデは、主を慕い求める人でした。

主を慕い求めることは、力の源です。

主は岩(人生を支える土台)であり、

主を避けどころとする人は、主が盾となり守ってくださいます。

イスラエルの民も、主を慕い求めました。

主を愛する人は、主を慕い求めます。

主を慕い求め続けて下さい。

そうすれば、詩編があなたの賛美と祈りと告白に変わります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編18:21-31

詩編17:1-15「道」

◇2016年11月17日(木)
●詩編17:1-15「道」
●御言葉
17:5 あなたの道をたどり/一歩一歩、揺らぐことなく進みます。
●黙想
時間に追われていませんか。

スピードよりも方向が大切です。

道を知らず、暴走する車ほど危険なものはありません。

主はあなたの道をご存じです。

主のナビに従い、一歩一歩、揺らぐことなく歩むことが大切です。

時には、ダビデのように危険な道を通過し、叫び祈ることもあるでしょう。

主はあなたを瞳のように守り、御翼の陰に隠して下さるお方です。

今日も御言葉にナビされ、

明日、目覚める時には御姿を拝して、満ち足りていますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編18:1-20

詩編16:1-11「QT」

◇2016年11月16日(水)
●詩編16:1-11「QT」
●御言葉
16:7 わたしは主をたたえます。主はわたしの思いを励まし/わたしの心を夜ごと諭してくださいます。
16:8 わたしは絶えず主に相対しています。主は右にいまし/わたしは揺らぐことがありません。
16:9 わたしの心は喜び、魂は躍ります。からだは安心して憩います。

●黙想
主と交われば運命が変わります。

ダビデは主と過ごす時間を大切にしました。

主を讃美し、御言葉を黙想し、励ましと諭しを受けました。

主の側で御声に耳を傾けることで、彼の心は喜び、魂は踊り、体は憩いました。

御言葉を黙想するQT(Quiet Time)を大切にしてください。

朝の15分があなたの運命を変えます。

「主はわたしの運命を支える方」という告白が、あなたの告白となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編17:1-15

詩編15:1-5「主の教え」

◇2016年11月15日(火)
●詩編15:1-5「主の教え」
●御言葉
15:1 主よ、どのような人が、あなたの幕屋に宿り/聖なる山に住むことができるのでしょうか。
15:2 それは、完全な道を歩き、正しいことを行う人。心には真実の言葉があり
15:3 舌には中傷をもたない人。友に災いをもたらさず、親しい人を嘲らない人。
15:4 主の目にかなわないものは退け/主を畏れる人を尊び/悪事をしないとの誓いを守る人。
15:5 金を貸しても利息を取らず/賄賂を受けて無実の人を陥れたりしない人。これらのことを守る人は/とこしえに揺らぐことがないでしょう。

●黙想
主の教えを愛し、御心を行う人は、とこしえに揺らぐことはありません。

主が共におられるからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編16:1-11

詩編14:1-7「神を求める」

◇2016年11月14日(月)
●詩編14:1-7「神を求める」
●御言葉
14:1 神を知らぬ者は心に言う/「神などない」と。人々は腐敗している。忌むべき行いをする。善を行う者はいない。
14:2 主は天から人の子らを見渡し、探される/目覚めた人、神を求める人はいないか、と。

●黙想
神を知らぬ者とは、新改訳では「愚か者」と訳されています。

イエス様は砂の上に家を建てた愚かな人と、岩の上に家を建てた賢い人のたとえ話をされました。

愚かな人は、御言葉を聞いても、行わない人です。

賢い人は、御言葉を聞いて、行う人です。

主は、天から見渡し、賢い人を探しておられます。

朝ごとに、御言葉を求める人は、神を知る者であり、

どんなに大きな嵐が襲っても、主が土台として支え、倒れることはありません。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編15:1-5

詩編13:1-6「信仰」

◇2016年11月13日(日)
●詩編13:1-6「信仰」
●御言葉
13:6 あなたの慈しみに依り頼みます。わたしの心は御救いに喜び躍り/主に向かって歌います/「主はわたしに報いてくださった」と。
●黙想
信仰は絶望を希望に変えます。

詩人は絶望的な状況の中で、主に「いつまで」を繰り返して祈ります。

彼には信仰がありました。

この苦しみは永遠に続かない。

いつか必ず、主が救い出してくださると信じていたのです。

信仰とは「いつか」を信じて祈り続けることです。

絶望しそうになっても、主の慈しみに依り頼む人は、

「いつか」を先取りし、今を喜び、讃美する者へと変えられます。

今日は日曜日です。

主の家に集まり、共に主に向かって讃美と礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編14:1-7

詩編12:1-8「御言葉」

◇2016年11月12日(土)
●詩編12:1-8「御言葉」
●御言葉
12:7 主の仰せは清い。土の炉で七たび練り清めた銀。
12:8 主よ、あなたはその仰せを守り/この代からとこしえに至るまで/わたしたちを見守ってくださいます。

●黙想
主の仰せ(約束)にまさる宝はありません。

詩人は、主の慈しみに生きる人が絶え、信仰のある人が消え去って行く現実の中で、

「主よ、お救いください」と叫びます。

たとえ命を失い、世界が滅びようとも、決して滅びないものがあります。

それは主の御言葉です。

主の言葉と約束は永遠です。

御言葉を大切に守る人は、御言葉によって大切に守られます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編13:1-6

詩編11:1-7「主の目」

◇2016年11月11日(金)
●詩編11:1-7「主の目」
●御言葉
11:4 主は聖なる宮にいます。主は天に御座を置かれる。御目は人の子らを見渡し/そのまぶたは人の子らを調べる。
●黙想
神様はすべてをご存じです。

主に逆らう者は神のまなざしを恐れることなく、主に従う者を苦しめ、嘲ります。

詩人は、天を見上げ、主のまなざしに心を寄せます。

主はあなたを見守られるお方です。

何もかもご存じであり、見守ってくださるお方を避けどころとする人は幸いです。

「主がすべての災いを遠ざけて、あなたを見守り、あなたの魂を見守ってくださるように。あなたの出で立つのも帰るのも、主が見守ってくださるように。今も、そしてとこしえに」(詩編121:7-8)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編12:1-8

詩編10:1-18「祈り」

◇2016年11月10日(木)
●詩編10:1-18「」
●御言葉
10:1 主よ、なぜ遠く離れて立ち/苦難の時に隠れておられるのか。
●黙想
信仰を持ちながら、神様が分からなくなることがあります。

なぜですか、と叫びたくなる時があります。

神が姿を隠し、見捨てられたように感じる時ほど、苦しいことはありません。

詩人は、その気持ちをすべて祈りに変え、神に叫びました。

自分の気持ちを隠さず、正直に神に打ち明けたのです。

祈るとき、御心が見えてきます。

苦難の中に秘められた神の計画が明らかになり、

苦難の向こうに用意されている栄光の世界を讃美するようになります。

苦難の時、主に祈ってください。

祈りに導かれる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編11:1-7

詩編9:1-21「祈り」

◇2016年11月9日(水)
●詩編9:1-21「祈り」
●御言葉
9:11 主よ、御名を知る人はあなたに依り頼む。あなたを尋ね求める人は見捨てられることがない。
●黙想
祈るとき、大切な二つの真理があります。

一つは、御名(神)を知ることです。

誰に祈るのか。

祈るべき対象を知ることです。

もう一つは、御名を尋ね求めることです。

祈るべき対象を求めることです。

対象は内容よりも重要です。

どんなに必死に祈っても、対象から離れていたり、

対象が間違っていれば、その祈りは独り言に過ぎません。

まず、主の御名を尋ね求め、具体的に祈ってください。

そうすれば、主の御業が起こり始めます。

ダビデのように祈る人は、驚くべき御業を語り伝える人になります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編10:1-18

詩編8:1-10「作品」

◇2016年11月8日(火)
●詩編8:1-10「作品」
●御言葉
8:6 神に僅かに劣るものとして人を造り/なお、栄光と威光を冠としていただかせ
8:7 御手によって造られたものをすべて治めるように/その足もとに置かれました。

●黙想
造り主を覚えると、人生は変わります。

造り主を知ると、生きる意味と目的が分かるからです。

造り主を知ると、自分の価値が分かり、

人の価値も分かり、自然の価値も分かる人になります。

偶然の産物や同じ製品としてではなく、

神の作品として自分や人を見るようになります。

あなたは神の最高傑作品です。

あなたの人生を通し、作者である神の栄光が現されますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編9:1-21

詩編7:1-18「祈り」

◇2016年11月7日(月)
●詩編7:1-18「祈り」
●御言葉
7:2 わたしの神、主よ、あなたを避けどころとします。わたしを助け、追い迫る者から救ってください。
7:18 正しくいます主にわたしは感謝をささげ/いと高き神、主の御名をほめ歌います。

●黙想
父なる神様は造り主です。

祈りとは、メーカーにフリーダイヤルするようなものです。

ダビデは主に助けを求めて祈り始め、最後は感謝と讃美を捧げて終わります。

イエス・キリストは救い主です。

私たちを救うために、神様が遣わされたお方です。

聖霊は助け主です。

私達を守り、助けるために、神様から遣わされたお方です。

主に助けを求めて祈ってください。

主は祈りに応答し、最後は感謝と讃美に変わります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編8:1-10

詩編6:1-11「救い主」

◇2016年11月6日(日)
●詩編6:1-11「救い主」
●御言葉
6:5 主よ、立ち帰り/わたしの魂を助け出してください。あなたの慈しみにふさわしく/わたしを救ってください。
6:6 死の国へ行けば、だれもあなたの名を唱えず/陰府に入れば/だれもあなたに感謝をささげません。

●黙想
あなたが信じ、祈り求める神様は、どのようなお方ですか。

ダビデやイスラエルの民が信じ、祈り求める神は、憐れみ深いお方です。

癒しと助けと救いを与えて下さるお方です。

主に立ち帰って祈る時、主は立ち帰り、祈りを受け入れて下さいます。

「神に近づきなさい。そうすれば、神は近づいてくださいます。」(ヤコブ4:8)。

今日は日曜日です。

神の国である教会へ行き、共に御名を唱え、感謝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編7:1-18

詩編5:1-13「避け所」

◇2016年11月5日(土)
●詩編5:1-13「避け所」
●御言葉
5:12 あなたを避けどころとする者は皆、喜び祝い/とこしえに喜び歌います。御名を愛する者はあなたに守られ/あなたによって喜び誇ります。
5:13 主よ、あなたは従う人を祝福し/御旨のままに、盾となってお守りくださいます。

●黙想
あなたのシェルター(避け所)はどこにありますか。

主の家(教会)は、御名(神)を愛し、崇める(礼拝)する者の集まりです。

ここに喜びがあり、讃美があり、守りがあり、祝福があります。

御名を避け所とする人は、皆守られる。大切なことは、主に従い、シェルターに入ることです。

明日は天に召され、とこしえに喜び歌う方々を偲びつつ、礼拝を捧げます。

天国にもシェルターが約束されている人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編6:1-11

詩編4:1-9「主の家」

◇2016年11月4日(金)
●詩編4:1-9「主の家」
●御言葉
4:8 人々は麦とぶどうを豊かに取り入れて喜びます。それにもまさる喜びを/わたしの心にお与えください。
4:9 平和のうちに身を横たえ、わたしは眠ります。主よ、あなただけが、確かに/わたしをここに住まわせてくださるのです。

●黙想
主の家には、この世にまさる喜びがあります。

「いかに幸いなことでしょう。あなたの家に住むことができるなら、まして、あなたを讃美することできるなら。・・・あなたの庭で過ごす一日は千日にまさる恵みです。主に逆らう者の天幕で長らえるよりは、わたしの神の家の門口に立っているのを選びます」(詩編84編)。

「ひとつのことを主に願い、それだけを求めよう。命のある限り、主の家に宿り/主を仰ぎ望んで喜びを得/その宮で朝を迎えることを」(詩編27:4)。

あなたの寝床が主の家のベッドとなりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next詩編5:1-13

詩編3:1-9「救い」

◇2016年11月3日(木)
●詩編3:1-9「救い」
●御言葉
3:8 主よ、立ち上がってください。わたしの神よ、お救いください。すべての敵の顎を打ち/神に逆らう者の歯を砕いてください。
3:9 救いは主のもとにあります。あなたの祝福が/あなたの民の上にありますように。

●黙想
人生に救いは必要です。

救いが不必要な人はいません。

イスラエルの王ダビデもそうでした。

息子にクーデターを起こされ、逃亡し、命の危機を迎えました。

ダビデは、主に向かって祈り、主に支えられ、救われる経験をしたのです。

イスラエルの民や多くのクリスチャンは、

ダビデと同じように、主に祈り、支えられ、救われる経験をしてきました。

救いは主のもとにあります。

主に向かって祈り続けて下さい。

主はあなたの盾となり、支えとなり、救ってくださいます。

主の祝福があなたの上にありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
Next詩編4:1-9

詩編2:1-12「礼拝」

◇2016年11月2日(水)
●詩編2:1-12「礼拝」
●御言葉
2:11 畏れ敬って、主に仕え/おののきつつ、喜び躍れ。
2:12 子に口づけせよ/主の憤りを招き、道を失うことのないように。主の怒りはまたたくまに燃え上がる。いかに幸いなことか/主を避けどころとする人はすべて。

●黙想
礼拝を大切にする人は、主を避けどころとする人です。

礼拝とは、主を畏れ敬うことです。

礼拝とは、主に仕えることです。

礼拝とは、主の臨在に触れ、おののくことです。

礼拝とは、主の臨在の中で、喜び躍り、讃美することです。

礼拝とは、主を慕い求めることです。

日々、礼拝者として生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編3:1-9

Ps.ベテルブログ更新されました。

詩編1:1-6「御言葉」

◇2016年11月1日(火)
●詩編1:1-6「御言葉」
●御言葉
1:1 いかに幸いなことか/神に逆らう者の計らいに従って歩まず/罪ある者の道にとどまらず/傲慢な者と共に座らず
1:2 主の教えを愛し/その教えを昼も夜も口ずさむ人。
1:3 その人は流れのほとりに植えられた木。ときが巡り来れば実を結び/葉もしおれることがない。その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。

●黙想
何を大切にしているかが人生に反映します。

幸いな人生の秘訣は、主の教えを愛することです。

御言葉を大切にし、御言葉を口ずさんで生きる人は、時が来れば、実を結び、人生が繁栄します。

今日から11月です。心も新たにQTを大切にしていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next詩編2:1-12
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -