FC2ブログ

ゼカリヤ14:12-21「残りの者」

◇2016年5月31日(火)
●ゼカリヤ14:12-21「残りの者」
●御言葉
エルサレムを攻めたあらゆる国から/残りの者が皆、年ごとに上って来て/万軍の主なる王を礼拝し、仮庵祭を祝う。(14:16)
●黙想
今日でゼカリヤ書は終わります。

イスラエルの民は神殿を汚し、礼拝する場所を失いましたが、

再び神殿は再建され、聖別され、礼拝が回復します。

残りの者とは、主に贖われ、救われ者たちです。

その日には、残りの者が皆、「主に聖別されたもの」となり、礼拝を捧げ、主を喜び祝います。

「皆」です。

すべての人が皆、主を崇める日が来る。

それが「その日」です。

あなたは「その日に」に備えて生きていますか。

主に贖われ、週毎に礼拝を捧げ、主が来られるその日を待ち望む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextネヘミヤ記1:1-11
スポンサーサイト

ゼカリヤ14:1-11「唯一の御名」

◇2016年5月30日(月)
●ゼカリヤ14:1-11「唯一の御名」
●御言葉
主は地上をすべて治める王となられる。その日には、主は唯一の主となられ/その御名は唯一の御名となる。(14:9)
●黙想
その日は、キリストの到来によって始まり、キリストの再臨によって完成します。

すべてのクリスチャンに共通することは、イエスの御名を信じ、崇め、治められていることです。

教会はやがて完成する神の国のひな型であり、地上において天国を味わうことのできる世界です。

なぜなら天国(神の国)は、唯一なる主が支配される世界だからです。

神に治められて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextゼカリヤ14:12-21

ゼカリヤ13:1-9「聖め」

◇2016年5月29日(日)
●ゼカリヤ13:1-9「聖め」
●御言葉
その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れを洗い清める一つの泉が開かれる。(13:1)
●黙想
神殿が建て直されると、

エゼキエルが見た幻(47章)の如く、

泉が開かれ、罪と汚れが清められていきます。

キリストは十字架と復活によって、神殿を建て直されました。

誰でもキリストを信じるならば、神の神殿となり、

聖霊が住み、命の水が泉のように湧き出るようになります。

「知らないのですか。あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい。」(一コリント6:19-20)。

今日は聖なる日です。

主の血潮(十字架)で罪と汚れが清められたことを感謝し、

主の油注ぎ(聖霊)によって、聖化され、神の栄光を表す人となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Nextゼカリヤ14:1-11

ゼカリヤ12:1-14「約束」

◇2016年5月28日(土)
●ゼカリヤ12:1-14「約束」
●御言葉
わたしはダビデの家とエルサレムの住民に、憐れみと祈りの霊を注ぐ。彼らは、彼ら自らが刺し貫いた者であるわたしを見つめ、独り子を失ったように嘆き、初子の死を悲しむように悲しむ。(12:10)
●黙想
主の言葉(預言)は時空を超えます。

ゼカリヤの預言は、

当時の人々には希望となり、

キリストの到来によって現実となり、

キリストを信じる者には確信となります。

主は憐れみと祈りの霊を注がれるお方です。

この約束は、時空を超え、

ダビデの家とエルサレムの住民にも、

キリストの十字架を見上げた弟子たちの上にも、

十字架を仰ぐ私たちの上にも、希望となり、現実となり、確信となるのです。

主の約束を信じて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextゼカリヤ13:1-9

ゼカリヤ11:1-17「指導者」

◇2016年5月27日(金)
●ゼカリヤ11:1-17「指導者」
●御言葉
災いだ、羊を見捨てる無用の羊飼いたちは。剣が、その腕と右の目に差し向けられる。その腕は力を失い、右の目はかすむ。(11:17)
●黙想
誰に導かれていますか。

指導者の資質が国や共同体の方向性を決めます。

イスラエルの民は、堕落した指導者に導かれ、偶像を拝み、神から離れてしまったのです。

イエス・キリストは言いました。

「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てます。羊飼いではなく、自分の羊をもたない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる」(ヨハネ10:11-12)。

あなたのために命を捨てられたお方に従ってください。

主に導かれて生きる人は、キリストの資質によって、人生が方向付けられます。

主に導かれる人は決して見捨てられることがありません。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextゼカリヤ12:1-14

ゼカリヤ10:1-12「帰る場所」

◇2016年5月26日(木)
●ゼカリヤ10:1-12「帰る場所」
●御言葉
わたしは彼らを贖い/口笛を吹いて集める。彼らはかつてのように再び多くなる。わたしは彼らを諸国の間にまき散らしたが/遠い国にあっても彼らはわたしに心を留め/その子らと共に生き続け、帰って来る。(10:8-9)
●黙想
帰る場所がありますか。

イスラエルの民は罪を犯し、主から離れ、諸国に散らされました。

主は彼らの罪を贖い、再び呼び集めます。

主に心を留めて生き続けた人々は帰って来るというのです。

羊は羊飼いの声を聞き分けます。

大切なことは、主の声を聞き分けることです。

聖書全体を貫く主の声は「立ち帰って、生きよ」です。

この声を忘れず、主の声に導かれ、

生涯、主の家に留まる人(詩編23:6)は幸いです。

今日も祝福がありますように。

byバルナバ

Nextゼカリヤ11:1-17

ゼカリヤ9:1-8「羊飼い」

◇2016年5月25日(水)
●ゼカリヤ9:1-17「羊飼い」
●御言葉
彼らの神なる主は、その日、彼らを救い/その民を羊のように養われる。彼らは王冠の宝石のように/主の土地の上で高貴な光を放つ。(9:16)
●黙想
主はあなたを救い、養われるお方です。

救い主(イエス・キリスト)の誕生が預言されている個所です。

イスラエルの民はバビロンから解放されましたが、それが救いではありません。

病気が癒されても、悩みが解消されても、問題が解決されても、それが救いではありません。

救いは、イエス・キリストによって、神に養われ、光り輝く神の民となることです。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い/魂を生き返らせてくださる。」(詩編23編1-3a)。

主に養われる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ゼカリヤ8:1-23「勇気」

◇2016年5月24日(火)
●ゼカリヤ8:1-23「勇気」
●御言葉
万軍の主はこう言われる。勇気を出せ。あなたたちは、近ごろこれらの言葉を/預言者の口から、度々聞いているではないか。万軍の主の家である神殿の基礎が置かれ/再建が始まった日から。(8:9)
●黙想
主はあなたを励まし、勇気づけられるお方です。

主はゼルバベルとヨシュアに「勇気を出せ。働け、わたしはお前たちと共にいる」(ハガイ2;4)と励まし、

主は弟子たちに「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている。」(ヨハネ16:33)と励まし、

パウロにも「勇気を出せ」(使徒23:11)と励ましました。

近ごろ、あなたが度々聞いている御言葉がありますか。

御言葉に励まされ、勇気づけられて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ゼカリヤ7:1-14「祈り」

◇2016年5月23日(月)
●ゼカリヤ7:1-14「祈り」
●御言葉
「わたしが呼びかけても彼らが聞かなかったように、彼らが呼びかけても、わたしは聞かない」と万軍の主は言われる。(7:13)
●黙想
聞く耳を持っていますか。

信仰は聞くことから始まります。

信頼関係も聞くことから生まれます。

聞く耳を持たない人は、自分のことしか考えない愚かな人です。

祈りにおいても同じです。

聞く耳が必要です。

主の声を聞いて祈る人は、人や神のことを考える賢い人です。

あなたの祈りが変われば、人生は好転します。

まず、主の声を聞く。

ここに幸いな人生の秘訣があるのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ゼカリヤ6:1-15「派遣」

◇2016年5月22日(日)
●ゼカリヤ6:1-15「派遣」
●御言葉
遠方からも人々が来て、主の神殿の建築に携わる。」こうして、あなたたちがひたすらあなたたちの神である主の声に聞き従うなら、万軍の主がわたしをあなたたちに遣わされたことを知るようになる。(6:15)
●黙想
生きがいを感じていますか。

神を信じなければ分からない世界があります。

主の声に従わなければ体験できない世界があります。

主はゼカリヤを遣わし、神殿の回復を約束し、資金も人材も備えられました。

神を信じる人には、偶然はありません。

神に従う人の唇には、アドナイ・イルエ(主の山に備えあり)という告白が生まれます。

神に遣わされて生きる。

ここに真の生きがいがあります。

今日は日曜日です。

主の家に帰り、主から派遣される日です。

今週も生きがいのある一週間となりますように。

御名によって祝福します。。byバルナバ

ゼカリヤ5:1-11「生き方」

◇2016年5月21日(土)
●ゼカリヤ5:1-11「生き方」
●御言葉
わたしがこれを送り出す、と万軍の主は言われる。それは盗人の家に/わが名によって偽りの誓いをする者の家に入り/その家の中に宿り/梁も石ももろともに滅ぼし尽くす。(5:4)
●黙想
ゼカリヤは、盗みと偽りの家が滅ぼされる幻を見ます。

盗みも偽りの誓いも、その根底には身勝手な欲望があります。

自分の利益のために他者に損害を与えます。

地震被害にあった家に盗人に入る人は、その典型です。

この生き方は御心に反する呪われた生き方であり、裁きを免れることはできません。

一方、たとえ自分の利益にならなくとも、他者に利益を与える人がいます。

これがキリストの生き方であり、主の御心に適う祝福された生き方です。

地震被害にあった人のために義援金を送ったり、ボランティアをする人は、その典型です。

人間は生き方を変えることは出来ます。

御心に適う生き方をする人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ゼカリヤ4:1-14「聖霊」

◇2016年5月20日(金)
●ゼカリヤ4:1-14「聖霊」
●御言葉
彼は答えて、わたしに言った。「これがゼルバベルに向けられた主の言葉である。武力によらず、権力によらず/ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。(4:6)
●黙想
聖霊の力を体験したことがありますか。

ゼルバベルはヨシュア同様、神殿再建の指導者でした。

彼らが指導力を発揮し、神殿を再建することができたのは、

武力や権力という人間的な力によるものではなく、

主の霊(聖霊)という神秘的な力によるものでした。

聖霊は教会の本質であり、クリスチャンの本質です。

聖霊によって教会は誕生し、あなたも生まれ変わることができるからです。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」(使徒1:8)。

主の霊によって、与えられた使命がが成し遂げられますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

ゼカリヤ3:1-10「罪の赦し」

◇2016年5月19日(木)
●ゼカリヤ3:1-10「罪の赦し」
●御言葉
御使いは自分に仕えている者たちに向かって言った。「彼の汚れた衣を脱がせてやりなさい。」また、御使いはヨシュアに言った。「わたしはお前の罪を取り去った。晴れ着を着せてもらいなさい。」(3:4)
●黙想
バビロンから帰還後、

大祭司ヨシュアは神殿再建に取り組みます。

サタンは彼の罪を訴えますが、

主はヨシュアの罪を取り去り、汚れた衣を脱がせ、晴れ着を着せ、清められたのです。

サタンはあなたの罪を告発するかもしれません。

しかし、神様はキリストによってあなたの罪を取り去り、晴れ着を用意されたのです。

「あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。」(ガラテヤ3:26-27)。

誰でも、信仰によらなければ、罪が赦されることはありません。

神の恵みによって、キリストに結ばれ、神の子とされた人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ゼカリヤ2:5-17「心の城壁」

◇2016年5月18日(水)
●ゼカリヤ2:5-17「心の城壁」
●御言葉
わたし自身が町を囲む火の城壁となると/主は言われる。わたしはその中にあって栄光となる。(2:9)
●黙想
何を守るよりも、心を守ってください。

主はあなたの心の城壁となり、

あなたの心を瞳のように守ってくださいます。

栄光の主が来られ、あなたの心を住まいとする時、

夜は明け、真昼のように輝き、喜び、躍るようになります。

「娘シオンよ、声をあげて喜べ。わたしは来て、あなたのただ中に住まう、と主は言われる。その日、多くの国々は主に帰依して、わたしの民となり、わたしはあなたのただ中に住まう」(14-15)。

主を心に迎え、主の言葉に守られて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ゼカリヤ1:1-2:4「立ち帰れ」

◇2016年5月17日(火)
●ゼカリヤ1:1-2:4「立ち帰れ」
●御言葉
あなたは彼らに言いなさい。万軍の主はこう言われる。わたしに立ち帰れ、と万軍の主は言われる。そうすれば、わたしもあなたたちのもとに/立ち帰る、と万軍の主は言われる。(1:3)
●黙想
恵みを受けても、主に立ち帰り続けなければ、神の祝福に与れません。

ゼカリヤ書はハガイ書と同じ時代の預言です。

イスラエルの民は、バビロンの地で神に立ち帰り、祖国復帰を果たします。

エルサレム神殿の再建工事に着手するも、

妨害に遭い、頓挫し、神殿よりも自分のことを優先するようになり、

主から心が離れてしまったのです。

恵みを受けた後も、主に立ち帰り続けてください。

そうすれば恵みの上に祝福が注がれ、うまく事が運ぶようになります。

朝ごとに、主に立ち帰って生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二ペトロ3:10-18「義」

◇2016年5月16日(月)
●二ペトロ3:10-18「義」
●御言葉
だから、愛する人たち、このことを待ち望みながら、きずや汚れが何一つなく、平和に過ごしていると神に認めていただけるように励みなさい。(3:14)
●黙想
歴史にも、人生にも必ず終わりが訪れます。

その日、その時が訪れた時、

一番大切なことは、神に認められていることです。

神は義なるお方であり、神に認められることを「義認」と呼びます。

罪ある人間は、どんなに努力しても傷や汚れが何一つなく、平和に過ごすことはできません。

にもかかわらず、そのように過ごす方法が与えられました。

それがイエス・キリストを信じることによって、義とされる方法です。

これが「信仰義認」です。

神に認められ、平和を実現する人は幸いです。

その人たちは神の子と呼ばれるからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二ペトロ3:1-9「時」

◇2016年5月15日(日)
●二ペトロ3:1-9「時」
●御言葉
ある人たちは、遅いと考えているようですが、主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです。(3:9)
●黙想
自分で定めた時に縛られていませんか。

主の約束は必ず実現します。

しかし、その時がいつ訪れるかは分かりません。

初代教会の人々は、主が再び来られる日を待ちきれませんでした。

彼らが忍耐して待つ以上に、主は忍耐して待っておられる、とペトロは言うのです。

もし、彼らの時に合わせて約束が実現していたならば、

現代の私たちはだれ一人、救われることはなかったのです。

今日はペンテコステです。

聖霊も主が定められた時に注がれました。

主の時に身を委ね、

祈りつつ、その時に備えて待つ人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二ペトロ2:12-22「信仰」

◇2016年5月14日(土)
●二ペトロ2:12-22「信仰」
●御言葉
わたしたちの主、救い主イエス・キリストを深く知って世の汚れから逃れても、それに再び巻き込まれて打ち負かされるなら、そのような者たちの後の状態は、前よりずっと悪くなります。(2:20)
●黙想
信仰とは、神に立ち帰ることです。

不信仰とは、この世に戻ることです。

イスラエルの民はエジプトの苦しみから救い出されながらも、

エジプト時代を懐かしがり、帰りたいとつぶやきました。

ロトの妻は、ソドムとゴモラの町から救い出されながらも、

後を振り返り、塩の柱になってしまいました。

主を深く知ったならば、この世に戻ろうとしないでください。

常に、主に立ち帰ってください。

そうすれば、後の状態は、前よりずっと良くなることでしょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二ペトロ2:1-11「御心」

◇2016年5月13日(金)
●二ペトロ2:1-11「御心」
●御言葉
主は、信仰のあつい人を試練から救い出す一方、正しくない者たちを罰し、裁きの日まで閉じ込めておくべきだと考えておられます。(2:9)
●黙想
神様の考え(御心)が分かると、生き方が変わります。

この世には、神も人も恐れず、好き勝手に生きている人がいます。

まるでソドムとゴモラの町のような有様です。

主は、この町で正しい心を持ち、胸を痛めていたロトを助け出しました。

信仰のあつい人とは、神様の考えを知り、正しく(御心に従って)生きる人のことです。

ロトは、自分の考えに従って行動し、その町を選びました。

しかし、主の御使いが訪れ、神の考えを知り、救い出されたのです。

聖書を通し、神の考えを知り、生き方を変える人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二ペトロ1:12-21「御言葉」

◇2016年5月12日(木)
●二ペトロ1:12-21「御言葉」
●御言葉
自分が世を去った後もあなたがたにこれらのことを絶えず思い出してもらうように、わたしは努めます。(1:15)
●黙想
ペトロは世を去ることには不安がありませんでした。

御言葉によって、天国への確信を抱いていたからです。

ペトロが心配したのは、残された人たちのことです。

彼らが主から目を離さず、御言葉の真理に立ち、希望を抱いて生きることを願ったのです。

御言葉を残す(伝える)ことにベストを尽くして下さい。

御言葉は永遠不滅であり、

御言葉の約束に立つ人は、たとえこの世で別れても、天国で再び会う希望があります。

信仰の遺産を残す人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二ペトロ1:1-11「信仰」

◇2016年5月11日(水)
●二ペトロ1:1-11「信仰」
●御言葉
だから、あなたがたは、力を尽くして信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には信心を、信心には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。(1:5-7)
●黙想
成熟した人間になるためには、教育が必要です。

人格や道徳心を養い育てる「徳育」、

知識を豊かにし、知能を高める「知育」、

健全な体をつくる「体育」が必要です。

信仰も同じです。

成熟した信仰者になるためには、

主の教えから「徳」「知識」「自制」「忍耐」「信心」「兄弟愛」を学び、

実践し、体得していく必要があります。

QTは主の教えを学ぶ学校です。

御言葉を黙想し、生活に適用して下さい。

そうすれば信仰が成熟し、人生が祝福されます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ5:8-14「恵み」

◇2016年5月10日(火)
●一ペトロ5:8-14「恵み」
●御言葉
しかし、あらゆる恵みの源である神、すなわち、キリスト・イエスを通してあなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった神御自身が、しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。(5:10)
●黙想
恵みを知れば人生が変わります。

主は恵み深いお方であり、恵みの源です。

最大の恵みは十字架の恵みです。

この恵みにより、あなたは永遠の栄光(神の国)へと招かれました。

神の恵みは無尽蔵であり、永遠であり、不変です。

信仰によって、この恵みを受け取り、

信仰によって恵みの上に踏みとどまってください。

神の恵みを存在の基盤にするならば、

試練もまたあなたを強くする神の恵みであることに気づくでしょう。

今日も恵みと祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ5:1-7「委ねる」

◇2016年5月9日(月)
●一ペトロ5:1-7「委ねる」
●御言葉
思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。(5:7)
●黙想
いつもうかんでくることばがあった
神様がいるんだもの
なんとかなるさ
そしていつも
なんとかなった。(星野富弘)

先日、神学校の先輩牧師からこの詩をLINEでいただき、アーメン(確かにそうです)と告白しました。

御言葉にアーメンと告白すると、御言葉があなたの中に確かなものとなります。

神様はあなたのことを心にかけておられます。

思い煩いは、何もかも神にお任せし、

自分にゆだねられ、

任されている働きにベストを尽くしていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ4:12-19「福音」

◇2016年5月8日(日) 
●一ペトロ4:12-19「福音」 
●御言葉 
だから、神の御心によって苦しみを受ける人は、善い行いをし続けて、真実であられる創造主に自分の魂をゆだねなさい。(4:19)
●黙想
善い行いとは、福音を伝えることです。
キリストは神の御心によって苦しみを受けました。
その苦しみ(十字架の死)によって、あなたを救うためです。
初代教会の人たちは、福音を伝えたために、火のような試練(迫害)に遭遇しました。
彼らの苦しみはキリストの苦しみに与るものであり、
主の霊が彼らの上にとどまり、彼らは喜びに満たされました。
あなたも福音によって救われ、福音を伝える人になりますように。
今日は母の日です。
あなたを生み育ててくれた母親に感謝すると共に、
母親の胎内に命を授けてくださった創造主に感謝し、礼拝を捧げましょう。
今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ4:1-11「残りの生涯」

◇2016年5月7日(土) 
●一ペトロ4:1-11「残りの生涯」 
●御言葉 
それは、もはや人間の欲望にではなく神の御心に従って、肉における残りの生涯を生きるようになるためです。(3:15)
●黙想
過去よりも、未来よりも、現在が重要です。

二つの道があります。

人間の欲望に従って生きる道と

神の御心に従って生きる道です。

前者は、欲望に従う罪の道であり、

後者は、御心に従う愛の道です。

罪の道のゴールは滅びであり、愛の道のゴールは救いです。

キリストは罪の道から救い、愛の道を歩ませるために来られました。

欲望に従う人生から、御心に従う人生に変わる時、

過去の見方が変えられ、現在が生かされ、未来に希望を持つようになります。

残された生涯が御心に従う生涯となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

一ペトロ3:13-22「希望」

◇2016年5月6日(金) 
●一ペトロ3:13-22「希望」 
●御言葉 
心の中でキリストを主とあがめなさい。あなたがたの抱いている希望について説明を要求する人には、いつでも弁明できるように備えていなさい。(3:15)
●黙想
心の中に希望を抱いていますか。

イエス・キリストはクリスチャンの希望です。

希望の源である主の御名を崇める人は、失望に終わることはありません。

主の御業を見た人は、主の御名を崇めるようになります。

主の約束(御言葉)は必ず成就すると信じる人は、

主の御業を見なくても、希望によって、主の御名を崇め、証しすることができます。

今朝も、まず主の御名を崇めることから始めましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ3:1-12「無言の行い」

◇2016年5月5日(木)
●一ペトロ3:1-12「無言の行い」
●御言葉
同じように、妻たちよ、自分の夫に従いなさい。夫が御言葉を信じない人であっても、妻の無言の行いによって信仰に導かれるようになるためです。神を畏れるあなたがたの純真な生活を見るからです。(3:1-2)
●黙想
無言の行いとは、御言葉を信じ、御言葉に従い、神を畏れて生きる後ろ姿のことです。

アブラハムは主の言葉を信じ、従い、神を畏れて生きる人でした。

サラもアブラハムに従って、信仰に導かれました。

アブラハムの如くに生きてください。

サラの如くに生きてください。

そうすれば、御言葉を信じない人であっても、

あなたの無言の行いによって、信仰に導かれるチャンスが生まれるからです。

あなたの後ろ姿を見て、信仰に導かれる人が起こされますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

一ペトロ2:11-25「魂の牧者」

◇2016年5月4日(水)
●一ペトロ2:11-25「魂の牧者」
●御言葉
あなたがたは羊のようにさまよっていましたが、今は、魂の牧者であり、監督者である方のところへ戻って来たのです。(2:25)
●黙想
羊には羊飼いが必要であるように、人間には神様が必要です。

羊も人間も迷いやすく、わがままな存在だからです。

主なる神様は良い羊飼いであり、最高の監督です。

良い羊飼いは、羊のために命を惜しみません。

良い監督は、選手を生かし、勝利に導きます。

主はあなたのために命を捨て、死に打ち勝ってくださいました。

主の牧場で憩い、主の導きに従って勝利の人生を歩む人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ2:1-10「恵み」

◇2016年5月3日(火)
●一ペトロ2:1-10「恵み」
●御言葉
あなたがたは、主が恵み深い方だということを味わいました。この主のもとに来なさい。主は、人々からは見捨てられたのですが、神にとっては選ばれた、尊い、生きた石なのです。(2:3-4)
●黙想
「恵み」はキリスト教の本質であり、教会の土台であり、クリスチャンの基盤です。

信仰とは、神の恵みが顕在化したイエス・キリストのもとに行くことです。

イエス・キリストを信じる者は、神の民となり、

主の恵みを味わい知り、決して失望することがありません。

恵みの上に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ1:13-25「生き方」

◇2016年5月2日(月)
●一ペトロ1:13-25「生き方」
●御言葉
また、あなたがたは、人それぞれの行いに応じて公平に裁かれる方を、「父」と呼びかけているのですから、この地上に仮住まいする間、その方を畏れて生活すべきです。(1:17)
●黙想
神を畏れて生活していますか。

人の顔色や、世間の評価に振り回されないで下さい。

人の評価よりも神の評価が大切です。

人がどう思うかよりも、神がどう思われているかが重要です。

神様はあなたを聖なる者とするためにキリスト(救い主)を遣わしました。

このお方(真理)を受け入れた人は、

魂が清められ、神を畏れる人になります。

主の言葉に従い、御心に適う者となります。

神を讃美し、人々から好意を寄せられるようになります。

「神を讃美していたので、民衆全体から好意を寄せられた」(使徒2:47)。

この御言葉があなたの生き方となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -