マタイ11:20-30「招き」

◇2016年1月31日(日)
●マタイ11:20-30「招き」
●御言葉
疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。(11:28-29)
●黙想
イエス様は、数多くの奇跡を体験しながらも、

悔い改めない人々を叱責しました。

彼らは心が頑なな人で、

イエス様の招きに応答せず、

罪の重荷を背負い、死と裁きの道を歩みます。

一方、幼子のように、福音を信じ、悔い改める人は、

神を知り、イエスと共に命と救いの道を歩み、

神の国の安息を経験するのです。

あなたはどちらの道を歩んでいますか。

今日は日曜日です。

イエス様と共に歩み、イエス様に学ぶ人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「重いくびきを負って働かされ、疲れはてている人たちよ。 さあ、わたしのところに来なさい。 あなたがたを休ませてあげましょう。わたしはやさしく、謙そんな者ですから、それこそ負いやすいわたしのくびきを、わたしといっしょに負って、わたしの教えを受けなさい。 そうすれば、あなたがたのたましいは安らかになります。」(リビングバイブル訳)
スポンサーサイト

マタイ11:1-19「聖書」

◇2016年1月30日(土)
●マタイ11:1-19「聖書」
●御言葉
イエスはお答えになった。「行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。(11:4)
●黙想
人生のあらゆる疑問に対する答えは聖書にあります。

イエス様がヨハネの問いに答えられたように、

あなたの問いにも答えてくださいます。

イエス様が語られた言葉、イエス様がなされたことを黙想してください。

そうすれば、神様が分かり、

自分が分かり、

人生のすべての意味が分かるようになります。

御言葉に耳を傾ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「イエスは答えて言われました。 「ヨハネのところに帰り、わたしの行なっている奇蹟について、見たままを話してあげなさい。」(リビングバイブル訳)

マタイ10:34-42「神中心」

◇2016年1月29日(金)
●マタイ10:34-42「神中心」
●御言葉
わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。(10:37)
●黙想
神中心の愛は、自己中心の愛にまさります。

神を愛する人は、御心を大切にします。

神の戒めを守り、

父や母、息子や娘を大切にし、

隣人を愛し、小さな者をも愛し、神の報いに与ります。

これが神の国の常識です。

人よりも神を愛する人は、より人を愛する人に変えられます。

神中心に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「わたし以上に父や母を愛する者は、わたしを信じる者にふさわしくありません。 また、わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしを信じる者にふさわしくありません。」(リビングバイブル訳)

マタイ10:16-33「恐れ」

◇2016年1月28日(木)
●マタイ10:16-33「恐れ」
●御言葉
体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。(10:28)
●黙想
世界情勢は不安定であり、争いが絶えません。

これはいつの時代も同じです。

何があっても、何が起こっても、

人を恐れず、主を恐れることが大切です。

主に信頼し、最後まで耐え忍ぶ人は救われます。

「人を恐れるとわなにかかる。しかし主に信頼する者は守られる。支配者の顔色をうかがう者は多い。しかし人をさばくのは主である。」(箴言29:25-26・新改訳)。

主に信頼する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「体だけは殺せても、たましいには指一本ふれることもできないような人々を、恐れてはいけません。 たましいも体も地獄に落とすことのできる神だけを恐れなさい。」(リビングバイブル訳)

マタイ10:1-15「平和」

◇2016年1月27日(水)
●マタイ10:1-15「平和」
●御言葉
むしろ、イスラエルの家の失われた羊のところへ行きなさい。行って、『天の国は近づいた』と宣べ伝えなさい。(10:6-7)
●黙想
平和のあるところに神の国が到来します。

平和をもたらす福音はユダヤから始まり、やがて全世界に届けられました。

千里の道も一歩からです。

神の国は、あなたから始まり、あなたを通して届けられます。

あなたの家庭に平和がありますように。

あなたの学校、職場、人間関係に平和がありますように。

「平和を実現する人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれます」(マタイ5:9)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「イスラエル人のところにだけ行きなさい。 この人たちは神のおりから迷い出た羊です。彼らのところに行って、『天国は近づいた』と伝えなさい。」(リビングバイブル訳)

マタイ9:14-26「心」

◇2016年1月25日(月)
●マタイ9:14-26「心」
●御言葉
新しいぶどう酒を古い革袋に入れる者はいない。そんなことをすれば、革袋は破れ、ぶどう酒は流れ出て、革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。そうすれば、両方とも長もちする。(9:17)
●黙想
革袋は、あなたの心です。

行動を変えても、心が変わらなければ、生き方は変わりません。

パウロは、キリストと出会い、価値観が変わりました。

「わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています。キリストのゆえに、わたしはすべてを失いましたが、それらを塵あくたと見なしています」と。

キリストを知れば知るほど価値観が変わり、心が変わり、生き方が変わるのです。

新しい革袋があなたの心になりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「また、新しいぶどう酒を貯蔵するのに、古い皮袋を使う人がいるでしょうか。 そんなことをしたら、古い皮袋は新しいぶどう酒の圧力で張り裂け、ぶどう酒はこぼれ、どちらも台なしになってしまいます。 新しいぶどう酒を貯蔵するには、新しい皮袋を使います。 そうすれば両方とも、もつのです。」(リビングバイブル訳)

マタイ9:1-13「憐れみ」

◇2016年1月24日(金)
●マタイ9:1-13「憐れみ」
●御言葉
『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、行って学びなさい。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」(9:13)
●黙想
御心の本質は愛です。

神の本質は愛であり、

愛のあるところに神がおられ、

憐れみのあるところに神の御業が起こります。

中風の人は、四人の信仰によって癒されました。

彼らの心には憐れみがありました。

今日は日曜日です。

神様はあなたを招いておられます。

教会は愛を学ぶ学校です。

主の愛に学び、主を愛し、互いに愛し合いながら生きる。

ここに神の国があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「さらにことばを続けられました。「聖書(旧約)に『わたしが喜ぶのは、いけにえやささげ物ではなく、あなたがたがあわれみ深くなることである』とあります。 このほんとうの意味を、もう一度学んできなさい。 わたしは、自分を正しいと思っている人たちのためにではなく、罪人を神に立ち返らせるために来たのです。」(リビングバイブル訳)

マタイ8:23-34「平安」

◇2016年1月23日(土)
●マタイ8:23-34「平安」
●御言葉
イエスが舟に乗り込まれると、弟子たちも従った。そのとき、湖に激しい嵐が起こり、舟は波にのまれそうになった。イエスは眠っておられた。(8:23-24)
●黙想
舟はキリストの体である教会を象徴します。

人生には嵐が起こります。

大切なことは、どんな大きな嵐が襲っても、

そこに主がおられるならば、嵐は静まります。

イエス様はあなたの中にいます。

あなたは教会だからです。

主の言葉が心に平安をもたらします。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「それから、イエスと弟子たちの一行は舟に乗り込み、湖を渡り始めました。すると突然、激しい嵐になりました。 舟は今にも、山のような大波にのまれそうです。 ところが、イエスはぐっすり眠っておられます。」(リビングバイブル訳)

マタイ8:14-22「おもてなし」

◇2016年1月22日(金)
●マタイ8:14-22「おもてなし」
●御言葉
イエスがその手に触れられると、熱は去り、しゅうとめは起き上がってイエスをもてなした。(1:15)
●黙想
おもてなしは、神の国の文化であり、習慣です。

ペトロの姑は、癒されるとすぐに起き上がって、イエスをもてなしました。

おもてなしの心は、仕える心です。

家庭でも、職場でも、学校でも、教会でも、仕える心を持って、もてなす人になってください。

人をもてなす人は、イエスをもてなすことになります。

今日から意識を変えましょう。

新しい人が来たら、積極的にもてなす人になりましょう。

もてなす人が集まる世界。

それが神の国であり、教会だからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「ところが、イエスがその手におさわりになると、たちまち熱がひき、彼女は起き出して、みんなの食事の仕たくを始めたではありませんか。」(リビングバイブル訳)

マタイ8:1-13「主のひと言」

◇2016年1月21日(木)
●マタイ8:1-13「主のひと言」
●御言葉
すると、百人隊長は答えた。「主よ、わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。ただ、ひと言おっしゃってください。そうすれば、わたしの僕はいやされます。(1:8)
●黙想
主のひと言が御業を起こします。

イエス様が「よろしい、清くなれ」と言われると、

重い皮膚病患者は癒されました。

百人隊長は、イエス様のひと声があれば僕は癒されると信じてました。

イエス様が「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように」と言われると、

その瞬間、彼の僕の病気は癒されたのです。

二人の姿を黙想しましょう。

彼らに共通することは、

イエスに近づき、ひれ伏し、懇願し、主のひと言を引き出したことです。

朝ごとに、主に近づき、主のひと言を引き出しましょう。

そのひと言によって生きる。ひと言によって生かされる。

これがQTです。

QTをすれば、あなたの人生にも主の御業が起こります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「ところが、隊長の返事はこうでした。 「先生。 私には、あなた様を家にお迎えするだけの資格はありません。 わざわざご足労いただかなくても、ただこの場で、『治れ』と言ってくださるだけでけっこうです。 そうすれば、召使は必ず治ります。」(リビングバイブル訳)

マタイ7-13-29「御心」

◇2016年1月20日(水)
●マタイ7-13-29「御心」
●御言葉
わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。(7:21)
●黙想
信仰の世界も有言実行です。

御心を行う道は、狭い門ですが、命に至ります。

「主よ、主よ」と言うだけで御心を行わない人は、

神の国の文化(祝福)を享受することができません。

何をするにも、御心に適うことを実行してください。

そうすれば、あなたの人生に神の国の領土が拡がっていくのを実感することでしょう。

御心を行う人は、良い実を結ぶ木であり、

岩の上に家を建てた賢い人です。

神の国の文化があなたを支配し

、あなたを守られますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「信心深そうな口をきく人がみな、ほんとうにそうだとは限りません。 そういう人たちは、わたしに向かって『主よ、主よ』と言うでしょう。 けれども天国に入れるわけではありません。 天におられるわたしの父のみこころに従うかどうかが決め手です。」(リビングバイブル訳)

マタイ7-1-12「黄金律」

◇2016年1月19日(火)
●マタイ7-1-12「黄金律」
●御言葉
だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。(7:12)
●黙想
12節は「黄金律」と呼ばれ、御心の要約です。

世の教えは「あなたがいやだと思うことを他の人にしてはいけないです」です。

イエス様の教えは、世の教えを凌ぐ、積極的・肯定的な教えです。

黄金律が守られる世界は、御心に適う世界であり、

互いに愛し合い、助け合い、祈り合い、支え合う世界です。

ここに御国(神の国)があります。

御国が来ますように。

御心が天で行われるように、地でも行われますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「人からしてほしいと思うことを、そのとおり、人にもしてあげなさい。 これがモーセの法律の要約です。」(リビングバイブル訳)

マタイ6:25-34「御心」

◇2016年1月18日(月)
●マタイ6:25-34「御心」
●御言葉
何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」(6:33-34)
●黙想
何よりもまず、御心を求め、御心を守ってください。

そうすれば、御心に守られます。

苦労を先取りせず、希望を先取りしてください。

明日の苦労を背負って、今日を生きるのではなく、

明日へ希望を抱いて、今日を生きてください。

御言葉は希望の泉です。

御言葉から溢れ出てくる御心が、

あなたを生かし、あなたを守り、あなたに希望を与えます。

御心に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「神を第一とし、神が望まれるとおりの生活をしなさい。 そうすれば、必要なものは、神が与えてくださいます。明日のことを心配するのはやめなさい。神は明日のことも心にかけてくださるのですから、一日一日を力いっぱい生き抜きなさい。」(リビングバイブル訳)

マタイ6:16-24「大切」

◇2016年1月17日(日)
●マタイ6:16-24「大切」
●御言葉
あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ。(6:21)
●黙想
心のあるところに宝があります。

人は大切だと思うもののためにはお金も時間も命すらも惜しみません。

神様の心はあなたにあります。

あなたのために独り子の命をも惜しまずに与えられたからです。

あなたの心は神様にありますか。

天に宝を積んでください。

天に心がある人は、天に宝を積む人であり、

天はあなたの味方となり、

天にある無尽蔵の富があなたの必要を満たしてくださるでしょう。

今日は日曜日です。

天におられる神様に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「あなたの持ち物が天にあるなら、あなたの心もまた天にあるのです。」(リビングバイブル訳)

マタイ6:1-15「祈り」

◇2016年1月16日(土)
●マタイ6:1-15「祈り」
●御言葉
だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。(6:6)
●黙想
祈る時、人を意識せず、神を意識してください。

あなたに神様は見えなくても、神様にはあなたが見えています。

目の前にいると信じ、集中して祈ってください。

「そうすれば」と語られる聖書の言葉は真実です。

祈りは聞かれます。

やがて主の報いを受け、御名を崇めるようになります。

主の御心は、すべての人が御名によって祈り、

御名を崇め、御心を行うようになることです。

主の祈りがあなたの祈りとなり、現実となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「祈る時には、一人で部屋に閉じこもり、父なる神に祈りなさい。 隠れたことはどんな小さなことでもご存じのあなたの父から、必ずごほうびがいただけます。」(リビングバイブル訳)

マタイ5:27-37「霊の論理」

◇2016年1月15日(金)
●マタイ5:27-37「霊の論理」
●御言葉
「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。(5:43-44)
●黙想
憎しみの連鎖をストップするのは愛と祈りの力です。

やられたらやり返す。

これは肉の論理です。

やられてもやり返さない。

これが霊の論理(御心)です。

キリストは十字架の上で霊の論理を示し、

あなたを愛し、あなたのために祈られたのです。

敵と戦い、復讐するのは、あなたではなく、主御自身です。

これが霊の論理です。

御手に委ねて祈るなら、

御心があなたの心を守るでしょう。

御心があなたの心となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「『隣人を愛し、敵を憎め』とは、よく言われることです。しかし、わたしは言いましょう。 敵を愛し、迫害する人のために祈りなさい。」(リビングバイブル訳)

マタイ5:27-37「信頼」

◇2016年1月14日(木)
●マタイ5:27-37「信頼」
●御言葉
あなたがたは、『然り、然り』『否、否』と言いなさい。それ以上のことは、悪い者から出るのである。」(5:27)
●黙想
信頼は人間関係の命です。

なぜ、イエス様は「誓うな」と言われたのでしょうか。

当時、天や地を指して誓うことで、

信頼を得ようと、主の名を利用する人がいたからです。

約束を守り、正直で、誠実に生きる人は信頼されます。

互いに信頼し合う関係は、御国(神の国)の人間関係です。

御国が来ますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「ただ『はい、そうします』とか、『いいえ、そうしません』とだけ言いなさい。 それで十分です。 誓いを立てることで約束を信じてもらおうとするのは、悪いことです。」(リビングバイブル訳)

マタイ5:17-26「義」

◇2016年1月13日(水)
●マタイ5:17-26「義」
●御言葉
「言っておくが、あなたがたの義が律法学者やファリサイ派の人々の義にまさっていなければ、あなたがたは決して天の国に入ることができない。」(5:20)
●黙想
義とは、神に「良し」と認められることです。

律法学者たちの「義」とは、表面的な(見せかけの)義です。

彼らは律法を守り、義とされているという自負がありました。

神は本質(内面)を御覧になります。

キリストはあなたの本質(価値観)を変化させ、

律法を完成させるために来られたのです。

キリストの義があなたを天の国(神の国)に導きます。

信仰によって、神に「良し」と認められた人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「よく聞きなさい。 パリサイ人や、ユダヤ人の指導者たちは、神のおきてを守っているのは自分たちだと言いはります。 だが、いいですか。 彼ら以上に正しくなければ、あなたがたは天国には入れません。」
」(リビングバイブル訳)

マタイ5:1-16「地の塩、世の光」

◇2016年1月12日(火)
●マタイ5:1-16「地の塩、世の光」
●御言葉
「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。(5:13-14)
●黙想
塩に価値があるのは、塩気を出すからです。

光に価値があるのは、輝き、照らすからです。

クリスチャンの価値は、御心を行うことにあります。

塩は存在を隠して影響を与えます。

光は存在を現して影響を与えます。

イエスに従う人は、地の塩であり、世の光です。

ある時には塩のように、己を捨てて、人を行かす人になりますように。

ある時には光のように、己を表して、人を導く人になりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「あなたがたは、世の塩です。 もしあなたがたが塩けをなくしてしまったら、この世はどうなるでしょう。 あなたがたも、無用のものとして外に捨てられ、人々に踏みつけられてしまうのです。あなたがたは世の光です。 丘の上にある町は、夜になると灯がともり、だれにもよく見えるようになります。」
」(リビングバイブル訳)

マタイ4:12-25「御国」

◇2016年1月11日(月)
●マタイ4:12-25「御国」
●御言葉
イエスはガリラヤ中を回って、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、また、民衆のありとあらゆる病気や患いをいやされた。そこで、イエスの評判がシリア中に広まった。人々がイエスのところへ、いろいろな病気や苦しみに悩む者、悪霊に取りつかれた者、てんかんの者、中風の者など、あらゆる病人を連れて来たので、これらの人々をいやされた。」(4:23-24)
●黙想
イエス様の働きは、今も続いています。

イエス様のおられるところに神の国(御国)があります。

神の国には、教えがあり、福音があり、癒しが起こります。

教会は神の国のひな型です。

イエス様のところへ来る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「イエスはガリラヤ中を旅して、ユダヤ人の会堂で教え、あらゆる場所で、天国についてのすばらしい知らせを宣べ伝え、さらに、あらゆる種類の病気や病弱を治されました。このイエスの奇蹟の評判は、ガリラヤの外にまで広がったので、シリヤのような遠方からも、人々は病人を連れてやって来ました。 その病気や痛みがどのようなものであろうと、悪霊に取りつかれた人であれ、てんかんの人であれ、中風の人であれ、一人残らず治るのです。」」(リビングバイブル訳)

マタイ4:1-11「御国の習慣」

◇2016年1月10日(日)
●マタイ4:1-11「御国の習慣」
●御言葉
イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』/と書いてある。」(4:4)
●黙想
毎朝、聖書を読んでいますか。

御言葉は命のパンです。

御言葉を食べなければ、

霊的栄養失調に陥り、

世の誘惑に打ち勝つことはできません。

神の口から出る一つ一つの言葉に従って生きる。

これが御国(神の国)の文化であり、クリスチャンの習慣です。

今日は日曜日です。

主に礼拝を捧げる日です。

神である主を拝み、ただ主に仕えることも、

御国の文化であり、クリスチャンの習慣です。

御国が来ますように。

御心が天で行われるように、地でも行われますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「しかしイエスは、お答えになりました。 「それは違う。 聖書(旧約)には、『人はただパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』と書いてある。 わたしたちは、神のすべてのことばに従うべきなのです。」」
」(リビングバイブル訳)

マタイ3:11-17「神の声」

◇2016年1月9日(土)
●マタイ3:11-17「神の声」
●御言葉
そのとき、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。(3:17)
●黙想
聖書を黙想すれば、天から神の声が聞こえてきます。

今日も、イエスをキリスト(救い主)と信じ、

洗礼を受けられたすべての人に、神は語られます。

「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と。

あなたは栄えある尊い神の子です。

神様はあなたを愛し、あなたを喜んでいます。

父なる神の思いを知り、御心を行う人になりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「その時、天から声が聞こえました。「これこそ、わたしの愛する子。 わたしは彼を心から喜んでいる。」
」(リビングバイブル訳)

マタイ3:1-10「悔い改め」

◇2016年1月8日(金)
●マタイ3:1-10「悔い改め」
●御言葉
悔い改めにふさわしい実を結べ。(3:8)
●黙想
ヨハネは悔い改めずに洗礼を受けようとする人を叱責しました。

悔い改めとは、方向転換して、神に立ち返ることです。

神に立ち返ると、価値観が変わります。

価値観が変わると、心が変わります。

心が変わると、御心が分かり、悔い改めにふさわしい実を結ぶようになります。

世の価値観(古い教え)に死んで、神の国の価値観(新しい教え)に生きる人。

それがクリスチャンです。

御心を黙想する人は、心が変化し、人生に良い実を結ぶようになります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「バプテスマを受ける前に、悔い改めにふさわしい行ないをせよ。」(リビングバイブル訳)

マタイ2:13-23「従順」

◇2016年1月7日(木)
●マタイ2:13-23「従順」
●御言葉
そこで、ヨセフは起きて、幼子とその母を連れて、イスラエルの地へ帰って来た。(2:21)
●黙想
人生好転の秘訣は御言葉への従順です。

ヨセフは、主の言葉を聞くと、すぐに起き上がり、従いました。

「起きて」(エゲルセイス)は、受動態分詞です。

自ら起きたのではなく、起こされたことを意味します。

ヨセフは主の声に起こされ行動し、守られたのです。

聖書はあなたを起こす目覚まし時計です。

御言葉に起こされ、従順する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「そこでヨセフは、イエスとマリヤを連れて、すぐイスラエルに帰りました。」(リビングバイブル訳)

マタイ2:1-12「喜び」

◇2016年1月6日(水)
●マタイ2:1-12「喜び」
●御言葉
学者たちはその星を見て喜びにあふれた。(2:10)
●黙想
何に動かされ、導かれて生きていますか。

学者たちは星に導かれ、

救い主に出会い、喜びに満ち溢れました。

神様に動かされ、導かれる人生には喜び伴います。

学者たちが見た星は、御言葉を象徴しています。

今日も、天(神)を見上げ(崇め)、

御言葉に動かされ、導かれますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「それを見た彼らは、躍り上がって喜びました。」(リビングバイブル訳)

マタイ1:18-25「イエス・キリスト」

◇2016年1月5日(火)
●マタイ1:18-25「イエス・キリスト」
●御言葉
マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(1:21)
●黙想
イエスはあなたを罪から救うために来られた救い主(キリスト)です。

イエスをキリストと信じた人は、

イエスがなされた業(十字架)によって、

すべての罪(過去・現在・未来)が赦され、

神の子となり、永遠の命が与えられます。

イエスはキリストです。

そう告白する人は、神の子の身分が保証され、永遠に幸せ者です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「彼女は男の子を産みます。 その子をイエス(救い主)と名づけなさい。 この方こそ、ご自分を信じる人々を、罪から救ってくださるからです。」(リビングバイブル訳)

マタイ1:1-17「系図」

◇2016年1月4日(月)
●マタイ1:1-17「系図」
●御言葉
アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。(1:1)
●黙想
今日からマタイによる福音書に入ります。

キリストはアブラハムの子孫であり、

ダビデの子と呼ばれました。

誰でもキリストを信じる者は、

神の祝福を受けたアブラハムの子孫であり、

神の恵みを受けたダビデの子孫です。

あなたの子孫がキリストの系図に連なり、

祝福と恵みに与りますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

「初めに、イエス・キリストの先祖の名前を記すことから始めましょう。 イエス・キリストはダビデ王の子孫、さらにさかのぼってアブラハムの子孫です。」(リビングバイブル訳)

一コリント13:1-13「愛」

◇2016年1月3日(日)
●一コリント13:1-13「愛」
●御言葉
それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。(13:13)
●黙想
信仰と希望と愛には、普遍的価値があります。

この三つの価値は、時代が変わっても廃れることはありません。

愛にまさる価値はありません。

神は愛です。

神を信じ、神に望みを置き、神を愛する人。

これがクリスチャンです。

今日は新年最初の日曜日です。

もっとも価値ある存在である神に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「いつまでも残るものが三つあります。 信仰と希望と愛です。 その中で一番すぐれたものは愛です。」(リビングバイブル訳)

詩編62:1-13「希望」

◇2016年1月2日(土)
●詩編62:1-13「希望」
●御言葉
わたしの魂よ、沈黙して、ただ神に向かえ。神にのみ、わたしは希望をおいている。神はわたしの岩、わたしの救い、砦の塔。わたしは動揺しない。(62:6-7)
●黙想
神様に希望を置く人は動揺しません。

阪神で活躍したマートン選手は熱心なクリスチャンです。

彼はヒーローインタビューの最後にファンメッセージを送ります。

「神様はわたしの力です」

「イエス様に平安がある」

「イエス様に希望がある」と。

彼の告白はダビデの告白であり、全てのクリスチャンの告白です。

沈黙して神に向かう人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

「しかし、私はじっと黙って、神様から救いの手が差し伸べられるのを待ちます。 救うことができるのは神様だけだからです。確かに、神様だけが私の岩、私を救うお方、そして私のとりでなのです。 ですから、困難に出くわしても、顔をこわばらせなくてよいのです。」(リビングバイブル訳)

ヘブライ11:1-16「信仰」

◇2016年1月1日(金)
●ヘブライ11:1-16「信仰」
●御言葉
信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。(11:6)
●黙想
新しい年が始まりました。

先立つものは信仰です。

まず信仰を求めてください。

神の存在を認め、神御自身を求めてください。

そうすれば、神様はすべての必要を満たしてくださいます。

神に喜ばれる人は、

人生を喜び、楽しむことができます。

今年もよろしくお願いします。

新しい年が、恵みと祝福に満ち溢れた年となりますように。

御名によって祝福します。アーメン。byバルナバ

「信仰がなければ、神様に喜ばれることはできません。 神様のもとに来ようとする人はだれでも、神様の存在と、熱心に神様を求めれば必ず報いられることとを、信じなければなりません。」(リビングバイブル訳)
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -