FC2ブログ

黙示録5:1-14「讃美」

◇2014年10月31日(金)
●黙示録5:1-14「讃美」
●御言葉
天使たちは大声でこう言った。「屠られた小羊は、力、富、知恵、威力、誉れ、栄光、そして讃美を受けるにふさわしい方です。」(5:13)

●黙想
天国は神様への讃美が満ち溢れた世界です。

讃美のあるところに主がおられます。

主を讃美する人は、この世にあって、天国を体験します。

天国とは、神が共におられる世界だからです。

永遠に神を讃美し、神と共に生きる人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト

黙示録4:1-11「讃美の力」

◇2014年10月30日(木)
●黙示録4:1-11「讃美の力」
●御言葉
主よ、わたしたちの神よ、あなたこそ、栄光と誉れと力を受けるにふさわしい方。あなたは万物を造られ、御心によって万物は存在し、また創造されたからです。」(4:11)

●黙想
主を賛美していますか。

4章は天国の礼拝の情景です。

讃美には力があります。

讃美の中に主はおられるからです。

天上の礼拝と讃美が、地上でなされる時、

天が地に侵入し、神の御業が始まります。

「ハレルヤ!」(主を讃えよ)は、いつでもどこでもできる讃美です。

毎日が「ハレルヤ!主よ感謝します」で始まり、

「ハレルヤ!主よ感謝します」で終えられますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

黙示録3:14-22「悔い改め」

◇2014年10月29日(水)
●黙示録3:14-22「悔い改め」
●御言葉
見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。(3:20)

●黙想
主と親しく交わっていますか。

ユダヤ社会では、食事を共にすることは、親しい関係を意味しました。

罪とは、心のドアを閉じ、主との交わりが絶たれている状態を意味します。

悔い改めとは、心の扉を開き、神様をお迎えすることです。

主は心のドアの外に立ち、呼びかけ、ノックしておられます。

心の扉をオープンにし、主を迎え入れ、

主と親しく交わる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

黙示録3:7-13「御言葉」

◇2014年10月28日(火)
●黙示録3:7-13「御言葉」
●御言葉
あなたは忍耐についてわたしの言葉を守った。それゆえ、地上に住む人々を試すため全世界に来ようとしている試練の時に、わたしもあなたを守ろう。(3:10)

●黙想
主の言葉を心に納めて守る人は、

試練の時、主の守りがあります。

「わが子よ、わたしの言葉に耳を傾けよ。わたしの言うことに耳を向けよ。見失うことなく、心に納めて守れ。それらに到達する者にとって、それは命となり、全身を健康にする。何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある。」(箴言4:20-23)。

御言葉に守られて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

黙示録3:1-6「命の書」

◇2014年10月27日(月)
●黙示録3:1-6「命の書」
●御言葉
勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。わたしは、彼の名を決して命の書から消すことはなく、彼の名を父の前と天使たちの前で公に言い表す。(3:5)

●黙想
心と霊と魂は生きていますか。

主は「目を覚ませ」と語ります。

勝利を得る者とは、

主の御名を信じ、目を覚まして祈り、御心に従って生きる人です。

勝利を得る者には、主が共に歩み、命の書に名が記され、天で名が読み上げられます。

やがて召される世界に名前が記されている人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

黙示録2:18-29「大切なもの」

◇2014年10月26日(日)
●黙示録2:18-29「大切なもの」
●御言葉
ただ、わたしが行くときまで、今持っているものを固く守れ。(2:25)

●黙想
主は再び来られます。

その時まで大切に持っていなければならないものがあります。

それは主との親しい関係です。

罪は関係を損なわせます。

イゼベル(サタンの象徴)は、神様よりも、

他のものを大切にし、頼らせようとします。

何よりも大切なものは、主との関係です。

今日は日曜日です。

主が来られるその日まで、何よりも主を愛し、主との関係を大切にしていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

黙示録2:12-17「天国」

◇2014年10月25日(土)
●黙示録2:12-17「天国」
●御言葉
耳ある者は、霊が諸教会に告げることを聞くがよい。勝利を得る者には隠されていたマンナを与えよう。また、白い小石を与えよう。その小石には、これを受ける者のほかにはだれにも分からぬ新しい名が記されている。(2:17)

●黙想
天国はほんとうにあります。

勝利を得る者とは、主に立ち帰り、信仰を守り通し、天国に凱旋する人のことです。

彼らには、隠されていたマンナと白い小石が与えられます。

マンナと白い小石がどんなものなのかは明確には分かりませんが、

天国に入るためにはなくてはならないものです。

命のパン(マンナ)であるキリストと、

御名が記された白い小石を与えられ、

御国の祝宴に招かれる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

黙示録2:1-11「初めの愛」

◇2014年10月24日(金)
●黙示録2:1-11「初めの愛」
●御言葉
しかし、あなたに言うべきことがある。あなたは初めのころの愛から離れてしまった。だから、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて初めのころの行いに立ち戻れ。もし悔い改めなければ、わたしはあなたのところへ行って、あなたの燭台をその場所から取りのけてしまおう。(2:4-5)

●黙想
人生が好転しない(祝福されない)原因は「ごめんなさい」(悔い改め)の喪失にあります。

悔い改めとは、方向転換です。

神との関係、人間関係は良好ですか。

問題があれば、どこから落ちたのかを黙想しましょう。

放蕩息子は自らの問題に気づき、父の家に戻りました。

悔い改めて、神に立ち帰り、祈る人は人生が好転します。

神の愛と恵みと祝福は、悔い改める者の上に注がれるからです。今

日も祝福がありますように。byバルナバ

黙示録1:9-20「復活と再臨の主」

◇2014年10月23日(木)
●黙示録1:9-20「復活と再臨の主」
●御言葉
わたしは、その方を見ると、その足もとに倒れて、死んだようになった。すると、その方は右手をわたしの上に置いて言われた。「恐れるな。わたしは最初の者にして最後の者、また生きている者である。一度は死んだが、見よ、世々限りなく生きて、死と陰府の鍵を持っている。(1:17-18)

●黙想
主の復活と主の再臨を信じていますか。

ヨハネは復活の主、やがて来られる再臨の主に出会いました。

主は今も生きておられます。

主は死と陰府の鍵を持っておられます。

復活の主を信じ、再臨の主を待ち望んで生きる人。

それがクリスチャンです。

主を信じ、主を待ち望む人は、主と共に永遠に生きる者となります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

黙示録1:1-8「黙示」

◇2014年10月22日(水)
●黙示録1:1-8「黙示」
●御言葉
イエス・キリストの黙示。この黙示は、すぐにも起こるはずのことを、神がその僕たちに示すためキリストをお与えになり、そして、キリストがその天使を送って僕ヨハネにお伝えになったものである。(1:1)

●黙想
今日からヨハネの黙示録に入ります。

黙示(ギリシャ語:アポカリプス)とは、

「覆いが除かれる」という意味です。

神様はベールに包まれたお方でしたが、

キリストを通し、御自分を明らかにされました。

さらに、ヨハネを通し、天におられるキリストの姿、

やがて起こる終末の出来事、

神の裁きと天国の情景を示されました。

時は迫っています。

御言葉を読み、聞いて、守る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉12:9-14「人間」

◇2014年10月21日(火)
●コヘレトの言葉12:9-14「礼拝」
●御言葉
すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」これこそ、人間のすべて。(12:13)
●黙想
神を畏れるとは、主なる神を愛し(慕い求め)、敬う(崇める)ことです。

神の戒めとは、主なる神を愛し、隣人を自分のように愛することです。

愛は神の本質です。

愛あるところに神がおられます。

神に愛され、互いに愛し合って生きる。

これが人間の本分です。

「いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内に全うされているのです。」(一ヨハネ4:12)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉12:1-8「創造主」

◇2014年10月20日(月)
●コヘレトの言葉12:1-8「創造主」
●御言葉
青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。「年を重ねることに喜びはない」と/言う年齢にならないうちに。(12:1)

●黙想
神様は創造主(造り主)です。

人は偶然に生まれたのではなく、創造主なる神様に造られた存在です。

創造主に心を留めると、人生の意味と目的(何のために生まれて、何をして生きるのか)が分かります。

創造主に心を留めるとは、御言葉に耳を傾け、黙想することです。

毎日、御言葉を黙想し、御言葉に従って歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉11:1-10「聖なる浪費」

◇2014年10月19日(日)
●コヘレトの言葉11:1-10「聖なる浪費」
●御言葉
あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう。(11:1)

●黙想
慈善活動をしていますか。

パンを水に浮かべて流すとは、

見返りを求めず、惜しまずに与えることであり、

愛と献身の行為(聖なる浪費)です。

自分のパン(命・お金・時間・労力)を自分のためだけに消費するよりは、

他者のために浪費するほうが幸いです。

愛と献身の人生には、神の報い(祝福)が伴います。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉10:12-20「言葉」

◇2014年10月18日(土)
●コヘレトの言葉10:12-20「言葉」
●御言葉
賢者の口の言葉は恵み。愚者の唇は彼自身を呑み込む。(10:12)

●黙想
言葉は人格を現します。

性格は聞く言葉に形づくられます。

人は聞いたことを語り、行うようになります。

神の言葉は恵みです。

恵みによって人格が新しく作られていく人。

それがクリスチャンです。

御言葉によって、あなたの言葉が変えられ、

行動が変えられ、人生が変えられていきますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

コヘレトの言葉10:1-11「QT」

◇2014年10月17日(金)
●コヘレトの言葉10:1-11「QT」
●御言葉
なまった斧を研いでおけば力は要らない。知恵を備えておけば利益がある。(10:10)

●黙想
毎日、QT(Quiet time)を持っていますか。

カトリックのシスター渡辺和子さんは言いました。

「木を伐るとき、斧を振り続けることばかりに夢中にならないで、時には手を休めて、振り下ろしている斧が刃こぼれしたり、柄が抜けそうになったりしていていないかを確かめましょう」と。

一日一回、手を休め、聖書を開き、祈る人は、

心が研ぎ澄まされ、知恵が与えられ、

人生が有益なものになります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉9:11-18「知恵」

◇2014年10月16日(木)
●コヘレトの言葉9:11-18「知恵」
●御言葉
知恵は武器にまさる。一度の過ちは多くの善をそこなう。(9:18)

●黙想
知恵は力にまさります。

知恵とはさみは使いようです。

使い方を間違えると、凶器にもなります。

聖書は知恵袋です。

人生のあらゆる問題に対処する秘訣が記されています。

毎朝、聖書を読み、御言葉を黙想し、

知恵によって、平和を作り出す人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉9:1-10「喜び」

◇2014年10月15日(水)
●コヘレトの言葉9:1-10「喜び」
●御言葉
さあ、喜んであなたのパンを食べ、気持ちよくあなたの酒を飲むがよい。あなたの業を神は受け入れていてくださる。(9:7-8)

●黙想
主を喜び、主に感謝し、主の業を行う人は、主の喜びに満たされ、力を得ます。

「主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である」(ネヘミヤ8:10)。

♪主のよろこびが 心にあれば~
主のよろこびが 心にあれば~
悲しみは笑いに 苦しみは喜びに
なげきは踊りに すぐに変わる♪

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉8:9-17「不条理」

◇2014年10月14日(火)
●コヘレトの言葉8:9-17「不条理」
●御言葉
罪を犯し百度も悪事をはたらいている者が/なお、長生きしている。にもかかわらず、わたしには分かっている。神を畏れる人は、畏れるからこそ幸福になり、悪人は神を畏れないから、長生きできず/影のようなもので、決して幸福にはなれない。(8:12-13)

●黙想
神を畏れることなしに、本当の幸福はありません。

コヘレトは、不条理な現実の中で、真実を発見しました。

神を畏れなくても、長生きし、幸福そうに見えることがあります。

しかし、その幸福は、影のようなもの、バブルのようなものです。

主は太陽のように来られます。

日が昇れば、影は消え去り、泡と消えます。

主を畏れ、主を待ち望んで生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉8:1-8「嵐」

◇2014年10月13日(月)
●コヘレトの言葉8:1-8「嵐」
●御言葉
何事にもふさわしい時があるものだ。人間には災難のふりかかることが多いが、何事が起こるかを知ることはできない。どのように起こるかも、誰が教えてくれようか。(8:6-7)

●黙想
人生には嵐吹く時があります。主の家を避け所とする人は幸いです。

♪人生の海の嵐に もまれ来しこの身も

不思議なる神の手により 命拾いしぬ

いと静けき港に着き われは今安ろう

救い主イエスの手にある 身はいとも安し


悲しみと罪の中より 救われしこの身に

誘いの声も魂 揺すぶること得じ

いと静けき港に着き われは今安ろう

救い主イエスの手にある 身はいとも安し


すさまじき罪の嵐の もてあそぶまにまに

死を待つは誰ぞただちに 逃げ込め港に

いと静けき港に着き われは今安ろう

救い主イエスの手にある 身はいとも安し。(聖歌472番)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉7:15-29「礼拝」

◇2014年10月12日(日)
●コヘレトの言葉7:15-29「礼拝」
●御言葉
一つのことをつかむのはよいが/ほかのことからも手を放してはいけない。神を畏れ敬えば/どちらをも成し遂げることができる。(7:18)

●黙想
祝福された人生の秘訣は神を畏れ敬うこと(礼拝)にあります。

主を畏れ敬う人は、主が共におられ、ヨセフのように、うまくことが運んでいきます。

今日は日曜日です。

主に礼拝を捧げ、主が成し遂げてくださる御業に期待していきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉7:1-14「メメント・モリ」

◇2014年10月11日(土)
●コヘレトの言葉7:1-14「メメント・モリ」
●御言葉
弔いの家に行くのは/酒宴の家に行くのにまさる。そこには人皆の終りがある。命あるものよ、心せよ。(7:2)
●黙想
昔、修道院で「メメント・モリ」(ラテン語:自分の死を覚えよ)との挨拶が交わされました。

内村鑑三は「一日一生、一日を一生のように生きよ。明日は新しい人生」と言いました。

終わり(死)を意識すると生き方が変わります。

今日、与えられている命(時間)が有益なものとなりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

コヘレトの言葉6:1-12「幸福とは」

◇2014年10月10日(金)
●コヘレトの言葉6:1-12「幸福とは」
●御言葉
短く空しい人生の日々を、影のように過ごす人間にとって、幸福とは何かを誰が知ろう。人間、その一生の後はどうなるのかを教えてくれるものは、太陽の下にはいない。(6:12)

●黙想
「空しい」(ヘブライ語:ヘヴェル)には、「はかない」「不条理」という意味もあります。

もし、人生が偶然の産物であり、死んで無になるならば、

人生は空しく、はかなく、不条理なものです。

しかし、人生は偶然の産物ではなく、死の向こう側にも新しい世界があります。

聖書(御言葉)は空しさを克服し、幸福な人生を歩む知恵をもたらします。

神を畏れ、神の戒めを守って生きる人は幸福です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉5:9-19「富」

◇2014年10月9日(木)
●コヘレトの言葉5:9-19「富」
●御言葉
銀を愛する者は銀に飽くことなく 富を愛する者は収益に満足しない。これまた空しいことだ。(5:9)

●黙想
神と富み。

どちらを愛し、どちらに仕えていますか。

イエス様は言いました。

「だれも、二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない」(マタイ6:24)。

富を愛し、富みに仕える人は、富みに支配された人です。

「金銭は無慈悲な主人だが、有益な召使いにもなる。」(ユダヤの格言)。

神を愛し、神に仕える人は、

富の主人となり、天に宝を積む(惜しみなく与える)ことができます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉4:17-5:8「約束」

◇2014年10月8日(水)
●コヘレトの言葉4:17-5:8「約束」
●御言葉
神に願をかけたら 誓いを果たすのを遅らせてはならない。愚か者は神に喜ばれない。願をかけたら、誓いを果たせ。願をかけておきながら誓いを果たさないなら 願をかけないほうがよい。(5:3-4)
●黙想
約束を守っていますか。

ユダヤ人は、神に願う時、誓いを立て祈りました。

また、人と約束する際には、天を指して誓いました。

誓ったこと、約束を果たさない人は、

神に対しても、人に対しても、信頼を失います。

約束を守って生きる人は、神と人に喜ばれる賢い人です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉4:1-16「友」

◇2014年10月7日(火)
●コヘレトの言葉4:1-16「友」
●御言葉
ひとりよりもふたりが良い。共に労苦すれば、その報いは良い。倒れれば、ひとりがその友を助け起こす。倒れても起こしてくれる友のない人は不幸だ。(4:9-10)
●黙想
人は一人では生きられません。

三つよりの糸は切れにくい(12節)。

キリストの愛で、支え合い、助け合う。

それが神の家族(教会)です。

♪イエスが愛したように♪(作詞・作曲:長沢崇史)。

イエスが愛したように 私たちも愛し合う

その愛の中で 枝となる時 多くの実を結ぶ

イエス様が愛したように 私たちも愛し合う

人が友ため、命を捨てる ほどの愛はない

共に支え合い 共に助け合う イエスの愛で

共に祈り合い 共に笑い合う

イエスの愛の中

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉3:16-22「天国」

◇2014年10月6日(月)
●コヘレトの言葉3:16-22「天国」
●御言葉
すべてはひとつのところに行く。すべては塵から成った。すべては塵に返る。人間の霊は上に昇り、動物の霊は地の下に降ると誰が言えよう。(3:20-21)
●黙想
人は死ぬと、肉体は塵に戻り、霊は天に上り、神の裁きを受けます。

「また、人間にはただ一度死ぬことと、その後に裁きを受けることが定まっているように、キリストも、多くの人の罪を負うためにただ一度身を献げられた後、二度目には、罪を負うためではなく、御自分を待望している人たちに、救いをもたらすために現れてくださるのです。」(ヘブライ9:27-28)。

キリストを待望して死を迎え、天国に迎えられる人、それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉3:1-15「時」

◇2014年10月5日(日)
●コヘレトの言葉3:1-15「時」
●御言葉
神はすべてを時宜にかなうように造り、また、永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、神のなさる業を始めから終りまで見極めることは許されていない。(3:11)
●黙想
すべての時には意味があります。

神のなされることは皆その時にかなって美しい。(口語訳)。今

は分からないことも、後で分かるようになります。

神のなさる業は最善ですが、

その業を見極めることはできません。

ただ、神の御業を信じ、委ねましょう。

今日は日曜日です。

主に礼拝を捧げる日です。

今日も祝福(主の御業)がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉2:12-26「魂の満足」

◇2014年10月4日(土)
●コヘレトの言葉2:12-26「魂の満足」
●御言葉
人間にとって最も良いのは、飲み食いし自分の労苦によって魂を満足させること。しかしそれも、わたしの見たところでは神の手からいただくもの。(2:24)
●黙想
空しさの原因は、魂の枯渇です。

どうすれば魂は満たされるのでしょうか。

「主はあなたを苦しめ、飢えさせ、あなたも先祖も味わったことのないマナを食べさせられた。人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉によって生きることをあなたに知らせるためであった」(申命記8:3)。

生きるのではなく、生かされている。

御言葉によって、生きる意味を知る。

ここに人生を楽しみ、魂を満足させる秘訣があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレトの言葉2:1-11「安息」

◇2014年10月3日(金)
●コヘレトの言葉2:1-11「安息」
●御言葉
しかし、わたしは顧みた。この手の業、労苦の結果ひとつひとつを。見よ、どれも空しく 風を追うようなことであった。太陽の下に、益となるものは何もない。(2:11)
●黙想
心は満たされていますか。

コヘレトは欲しいものを手に入れ、欲望を満たしました。

しかし、心の空しさを埋めることはできませんでした。

物理学者であり、哲学者でもあるパスカルは、

「人の心の中には、神が作った空洞がある。その空洞は創造者である神以外のものよっては埋めることができない。」と言いました。

アウグスチヌスは「私たちの心は、あなたのうちに憩うまで、安らぎを得ることができないのです。」と告白してます。

主の御手に抱かれ、満ち足りて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

コヘレト1:12-18「知恵」

◇2014年10月2日(木)
●コヘレト1:12-18「知恵」
●御言葉
知恵が深まれば悩みも深まり 知識が増せば痛みも増す。(1:18)
●黙想
人生には知らなければならないことと、知らなくても良いことがあります。

情報過多な時代。悪知恵や間違った情報も流布しています。

何を知るか。誰に聞くかが重要です。

悩みと痛みを解決する知恵と知識は聖書にあります。

聖書(神の言葉)は神が人類に与えた知恵袋です。

主を畏れることは知恵の初め(箴言1:7)です。

主の教えに耳を傾けて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -