FC2ブログ

一ペトロ3:8-17「幸せの秘訣」

◇2013年12月31日(火)
●一ペトロ3:8-17「幸せの秘訣」
●御言葉
命を愛し、幸せな日々を過ごしたい人は、舌を制止して、悪を言わず、唇を閉じて、偽りを語らず、悪から遠ざかり、善を行い、平和を願って、これを追い求めよ。(3:10-11)
●黙想
幸せな日々を過ごす秘訣は、

日々、御言葉を黙想し、

心と唇を守ることです。

2013年も今日で終わりです。

新しい年も、御言葉によって心守られ、

幸せな日々となりますように。

御名によって祝福します。

良いお年を(^_^)。byバルナバ
スポンサーサイト

イザヤ65:17-25「神の国」

◇2013年12月30日(月)
●イザヤ65:17-25「神の国」
●御言葉
見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する。初めからのことを思い起こす者はない。それはだれの心にも上ることはない。(65:17)
●黙想
神の国(天国)の情景が語られます。

神の国は、

神が造り、

神が統治し、

神が共におられる世界です。

天地万物を創造されたお方、

やがて新天新地を創造されるお方は、

あなたを造り、

あなたの人生をも支配し、

あなたと共におられるお方です。

造り主(父なる神)を覚え、

救い主(子なる神)を受け入れ、

助け主(聖霊なる神)と共に生きる。

ここに神の国があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ6:25-34「神の国と神の義」

◇2013年12月29日(日)
●マタイ6:25-34「神の国と神の義」
●御言葉
何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。(6:33-24)
●黙想
今が大切です。

神の国と神の義を求めるとは、

神御自身を求めることです。

神を求める者は、

神の支配(愛)と、神の救い(恵み)に加えて、

あらゆる必要が満たされるのです。

今日は日曜日です。

何よりもまず、神御自身を求め、礼拝を捧げていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント13:1-13「教会」

◇2013年12月28日(土)
●二コリント13:1-13「教会」
●御言葉
終わりに兄弟たち、喜びなさい。完全な者になりなさい。励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいてくださいます。(13:11)
●黙想
愛と平和のあるところに神がいます。

二人または三人が主の御名によって集まるところに神がいます。

教会は、主を喜ぶところであり、

主の御心に適う者へと造り変えられていくところであり、

互いに励まし合い、

主にあって一致し、平和を保つところです。

神が共におられるのを実感し、

体験する世界。

それが教会です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント12:11-21「愛」

◇2013年12月27日(金)
●二コリント12:11-21「愛」
●御言葉
わたしはあなたがたの魂のために大いに喜んで自分の持ち物を使い、自分自身を使い果たしもしよう。(12:15a)

●黙想
愛とは失うことです。

神はあなたのために独り子を失いました。

キリストはあなたのために自らの命を捧げ、

救いの道を用意されたのです。

パウロは神の愛を知り、

神の愛に生きる人になりました。

あなたは誰を愛していますか。

あなたが喜んで自分の持ち物を与える相手。

それがあなたの愛の対象です。

神の愛を知り、神の愛に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント12:1-10「主、我を愛す」

◇2013年12月26日(木)
●二コリント12:1-10「主、我を愛す」
●御言葉
すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。(12:9a)
●黙想
弱くならなければ見いだせない世界があります。

主の恵みは弱さの中に働く神の力です。

♪主、我を愛す、

主は強ければ、

我、弱くとも、

恐れはあらじ。

我が主イエス、我が主イエス、

我が主イエス、我を愛す♪

弱いときにこそ強い。

これがパウロの告白であり、

私たちの告白です。

主を愛する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ルカ2:1-14「メリークリスマス」

◇2013年12月25日(水)
●ルカ2:1-14「メリークリスマス」
●御言葉
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。(2:11)
●黙想
今日はクリスマスです。

あなたのために救い主が生まれた日です。

この方こそ主メシア(キリスト)と告白する人は、

誰でも救われ、人生が好転します。

裁きが赦しに、

罪人が神の子に、

死が命に、

絶望が希望に、

闇が光に変えられます。

メリークリスマス。

神の祝福がありますように。byバルナバ

ルカ1:39-56「クリスマス身分」

◇2013年12月24日(火)
●ルカ1:39-56「クリスマス身分」
●御言葉
主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。(1:45)
●黙想
神の恵みをいただき、

神の祝福に与るために必要なのは、

信仰です。

信仰とは、

主と主の言葉を信じることです。

ここから幸いな人生は始まります。

今日はクリスマスイブです。

クリスマス気分ではなく、

クリスマス身分(神の子とされること)を喜び,祝いましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ルカ1:26-38「人生を変える神の恵み」

◇2013年12月23日(月)
●ルカ1:26-38「人生を変える神の恵み」

●御言葉
すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。(1:30)

●黙想
クリスマスは神の恵み(イエス・キリスト)が生まれた日です。

神の恵みは歴史を変え、人間を変えます。

神の恵みをいただくと、

世界観が変わり、価値観が変わり、人生観が変わります。

神が共にいる恵みに気づき、

生かされている恵みに気づき、

赦されている恵みに気づき、

天国が保証されている恵みに気づくのです。

「お言葉どおり、この身になりますように」と、

神の恵み(キリスト)を受け入れた人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント11:16-33「弱さを誇る」

◇2013年12月22日(日)
●二コリント11:16-33「弱さを誇る」
●御言葉
誇る必要があるなら、わたしの弱さにかかわる事柄を誇りましょう。(11:30)

●黙想
キリストは弱さの中に来られました。

パウロは自らを誇る人々に対し、

自らの弱さを誇りました。

人生のマイナスと思える出来事の中で神の強さを体験したのです。

暗闇は光を演出します。

あなたの暗闇に光(キリスト)が到来するとき、

すべてはプラスに変わり、

神を誇り、神の栄光を現す者に変わります。

今日はクリスマス礼拝です。

主の降誕を喜び祝いましょう。今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント11:1-15「神の愛」

◇2013年12月21日(金)
●二コリント11:1-15「神の愛」
●御言葉
あなたがたに対して、神が抱いておられる熱い思いをわたしも抱いています。(11:2a)

●黙想
愛された人は愛する人になります。

人は愛される事で愛を知り、

愛することで愛を知らせる人になります。

人は愛されて安息し、愛して満足を覚える存在です。

パウロは神が抱いておられた熱い思い(愛)を知り、

この愛を抱いてコリントの人々を愛したのです。

神はあなたを愛しています。

この愛を知って安息し、

互いに愛し合って生きる者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二コリント10:12-18「主を誇れ」

◇2013年12月20日(金)
●二コリント10:12-18「主を誇れ」
●御言葉
「誇る者は主を誇れ。」(10:17)

●黙想
人と比較し、

自らを誇ることも、

卑下することも、

神の御心ではありません。

人の評価ではなく、

神の評価を知るときに、

主を誇る者になります。

あなたは神に造られ、

独り子を犠牲にしてまでも、

救い出す価値ある存在なのです。

人を見て、自らを崇めるのではなく、

神を見上げ、主を崇める人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント10:1-11「肉」

◇2013年12月19日(木)
●二コリント10:1-11「肉」
●御言葉
わたしたちは肉において歩んでいますが、肉に従って戦うのではありません。(10:3)

●黙想
人生は戦いの連続です。

自我と戦い、人と戦い、時には神とも戦います。

人間は肉(罪)において歩んでいるために、戦いが生じます。

肉に従って戦っていては、勝利はありません。

霊に従って戦うところに勝利がありがあり、平和があります。

霊に従うとは、キリストに従うことであり、

霊に従って肉と戦う時、

自我が砕かれ、

己との関係、人との関係、神との関係が改善され、

平和が訪れるのです。

霊に従って戦う人は、人生の歩みがすべて益に変わります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント9:8-15「施し」

◇2013年12月18日(水)
●二コリント9:8-15「施し」
●御言葉
あなたがたはすべてのことに富む者とされて惜しまず施すようになり、その施しは、わたしたちを通じて神に対する感謝の念を引き出します。(9:11)

●黙想
情けは人のためならず。

施しも人のためならず。

与える人は豊かになり、神の祝福に与ります。

施しは、

受ける人には、神の恵みとなり、

与える人には、神の祝福となります。

恵みを受けた人は、感謝し、祈ります。

恵みを与えた人は、神に祝福され、

感謝に満たされ、心が豊かになります。

クリスマスが近づいています。

惜しまずに与え、

神の祝福に与りましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント9:1-7「献金」

◇2013年12月17日(火)
●二コリント9:1-7「献金」
●御言葉
つまり、こういうことです。惜しんでわずかしか種を蒔かない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かなのです。各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。(9:6-7)

●黙想
種は蒔かなければ実を結びません。

消費が冷えると、経済が低迷し、景気が悪くなます。

捧げること、与えることは、

愛の景気を良くする未来への投資です。

愛が冷えると、心が貧しくなります。

与える人は神に愛され、

神の祝福を受け、豊かになります。

ここに献金の本質があります。

喜んで与える人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント8:16-24「信頼」

◇2013年12月16日(月)
●二コリント8:16-24「信頼」
●御言葉
わたしたちは、主の前だけではなく、人の前でも公明正大にふるまうように心がけています。(8:21)

●黙想
信頼されてますか。

不正や偽りは、信頼を損ないます。

主の前でも、人の前でも、

恥じることのない生き方をすれば、

信頼されるようになります。

日々、聖書の御言葉を黙想し、

神の御心に従って行動することを心がける人は、

人生が祝福されていきます。

今週も祝福され、

良い信頼関係を構築していけますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二コリント8:1-15「互助」

◇2013年12月15日(日)
●二コリント7:8-16「互助」
●御言葉
あなたがたの現在のゆとりが彼らの欠乏を補えば、いつか彼らのゆとりもあなたがたの欠乏を補うことになり、こうして釣り合いがとれるのです。(8:14)

●黙想
補い合う心は、神の御心であり、

助け合うことは、聖書の教えであり、

互助の精神は、キリスト教の精神です。

家庭を豊かにするのも、

教会を豊かにするものも、

社会を豊かにするのも、

この心であり、この教えであり、この精神です。

奪い合う心は、サタンの心であり、

この心に支配されると、家庭も教会も社会も貧しくなるのです。

クリスマスは、貧しい世界にキリストが生まれた日です。

受けるよりは与えるほうが幸いです。

今日は日曜日です。

神に礼拝を捧げ、神の教えを学び、

豊かな心を宿す人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント7:8-16「悲しみ」

◇2013年12月14日(土)
●二コリント7:8-16「悲しみ」
●御言葉
神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします。(7:10)

●黙想
人生は方向が大切です。

悲しみにも二つの方向があります。

御心に適う悲しみとは、

悲しみによって神を求め、

神に近づき、神の慰めを受け、悔い改めと救いに至ります。

世の悲しみとは、

悲しみを経験しても、

神を求めることも、近づくこともせず、

神の愛を知らずに死に向かいます。

悲しみの中で神の愛を知る人は、

取り消されることのない救いの喜びを体験します。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント7:2-7「慰め」

◇2013年12月13日(金)
●二コリント7:2-7「慰め」
●御言葉
しかし、気落ちした者を力づけて下さる神は、テトスの到着によってわたしたちを慰めてくださいました(7:6)

●黙想
慰められたことがありますか。

パウロはテトスの報告を聞いて慰められました。

彼はテトスを通し、神の慰めを受けました。

人を通し、気落ちした者を力づけ、慰められる神を知る。

人を通し、落胆させようとするサタンの働きを知る。

この霊的な世界に目が開かれると、

神との関係、人との関係、

何よりも自分との関係が良好になります。

毎日、聖書を読む人は、心を守る秘訣です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント6:11-7:1「家族」

◇2013年12月12日(木)
●二コリント6:11-7:1「家族」
●御言葉
神がこう言われているとおりです。「『わたしは彼らの間に住み、巡り歩く。そして、彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。だから、あの者どもの中から出て行き、遠ざかるように』と主は仰せになる『そして、汚れた者に触れるのをやめよ。そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れ、父となり、あなたがたはわたしの息子、娘となる。』全能の主はこう仰せられる。」(6:16b-18)

●黙想
あなたはどこに属していますか。

神の約束は、

救い主の到来(クリスマス)によって、現実となりました。

キリストは神であり、

クリスチャンは神の子とされ、

神の家族に属する者となりました。

あなたは神の神殿であり、

あなたの中に神がおられるのです。

キリストを受け入れ、

神の家族に加えられた人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント6:1-10「恵み」

◇2013年12月11日(水)
●二コリント6:1-10「恵み」
●御言葉
神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。(6:1b)

●黙想
何を土台に生きていますか。

命は神から与えられた恵みです。

命は時間です。

時間は神から与えられた恵みです。

イエス・キリストは神の恵みです。

救い(永遠の命)は、

イエス・キリストを信じるすべての人に与えられる神の恵みです。

この恵みを無駄にせず、

恵みの上に人生を構築する人。

それがクリスチャンです。

神の恵みを土台とする人は幸いです。

今日も神の祝福がありますように。byバルナバ

二コリント5:11-21「生き方チェンジ」

◇2013年12月10日(火)
●二コリント5:11-21「生き方チェンジ」
●御言葉
その一人の方はすべての人のために死んでくださった。その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分のために死んで復活してくださった方のために生きることなのです。(5:15)

●黙想
誰のために生きていますか。

キリストはあなたのために死なれました。

この事実とその目的を知ると、生き方が変わります。

だれでもキリストと結ばれるならば、

新しい人生がスタートします。

自分のために生きる人生には終わりがありますが、

キリストにある人生は永遠です。

生き方を変えられるのは、生きている間です。

神の愛に応答して生きる者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント5:1-10「天国」

◇2013年12月9日(月)
●二コリント5:1-10「天国」
●御言葉
わたしたちの地上の住みかである幕屋が滅びても、神によって建物が備えられていることを、わたしたちは知っています。人の手で造られたものではない天にある永遠の住みかです。(5:1)
●黙想
天国への備えはできていますか。

私たちの体(幕屋)は、滅びます。

神様は、私たちのために新しい体(建物)を準備しておられます。

キリストは私たちのために場所を用意し、再び、帰って来る。

これが神の約束です。

信仰とは、神の約束を信じて生きることなのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント4:11-18「平安」

◇2013年12月8日(日)
●二コリント4:11-18「平安」
●御言葉
わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(4:18)
●黙想
心に平安がありますか。

見えるものに目を注ぐと不安になり、

見えないものに目を注ぐと平安になります。

見えるものとは、

この世の現実であり、

朽ちていくものであり、変化するものです。

見えないものとは、

神の国の現実であり、

朽ちることなく、変わることのないものです。

「イエス・キリストは、きのうも今日も、また永遠に変わることのない方です。」(ヘブライ13:8)。

このお方に目を注ぐとき、心に平安が訪れます。

今日は日曜日です。

主に目を注ぎ、礼拝を捧げる日です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント4:1-10 「土の器」

◇2013年12月7日(土)
●二コリント4:1-10 「土の器」
●御言葉
ところで、わたしたちは、このような宝を土の器に納めています。(4:7a)
●黙想
あなたの中に神がおられますか。

容器より中身が重要です。

どんなに頑丈で、立派な金庫があっても、

空っぽであれば、金庫の役割は果たせません。

人は神に造られた器です。

イエス・キリストは土の器(人間)の中に生まれるお方です。

これがクリスマスの贈り物です。

心の飼い葉桶にイエス様が生まれる日。

それが洗礼記念日であり、本当のクリスマスなのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント3:12-18「変化」

◇2013年12月6日(金)
●二コリント3:12-18「変化」
●御言葉
わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。(3:18)
●黙想
毎日、QT(御言葉を黙想する時間)をしていますか。

昨日よりも今日、今日よりも明日へと、

日々、主と同じ姿へと変えられていく歩み。

それがクリスチャンライフです。

主の霊がおられるところに自由があり、

主の霊が働くところに変化があります。

主の霊は御言葉の中に働きます。

御言葉は真理であり、

真理は私たちを自由にするからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント3:1-11「律法と福音」

◇2013年12月5日(木)
●二コリント3:1-11「律法と福音」
●御言葉
人を罪に定める務めが栄光をまとっていたとすれば、人を義とする務めは、なおさら、栄光に満ちあふれています。(3:9)
●黙想
前者はモーセの律法であり、後者はキリストの福音です。

律法を知らなければ罪が分からず、

罪が分からなければ、福音も分かりません。

人は律法によって罪を知ります。

罪の支払う報酬は死です。

福音は罪に定められ、死に至る者に救いを与え、命に至らせます。

人を義とする福音を伝える務めが与えられた人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント2:12-17「パレード」

◇2013年12月4日(水)
●二コリント2:12-17「パレード」
●御言葉
神に感謝します。神は、わたしたちをいつもキリストの勝利の行進に連ならせ、私たちを通じて至るところに、キリストを知るという知識の香りを漂わせてくださいます。(2:14)
●黙想
キリストと共に戦っていますか。

オープンカーに乗り、

優勝パレードをする楽天の選手たちの顔は、

喜びに満ちていました。

パレードは、戦いに勝利した者たちだけが味わえる世界です。

パウロは福音を伝えるために戦い、

多くの魂を勝ち取りました。

あなたは福音のためにドラフトされた神の国の貴重な戦力です。

与えられた賜物を用いて、

ベストを尽くし、天国に凱旋する者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二コリント1:23-2:11「赦し」

◇2013年12月3日(火)
●二コリント1:23-2:11「赦し」
●御言葉
むしろ、あなたがたは、その人が悲しみに打ちのめされてしまわないように、赦して、力づけるべきです。(2:7)
●黙想
自分を赦していますか。

赦しは人のためならず。

赦しは、巡り巡って自分に戻ってきます。

神に赦されていることを知れば、

自分を赦し、人をも赦せるようになります。

愛とは赦すことだからです。

自分を愛する人は、

自分を赦す人であり、

互いに愛し合うことは、互いに赦し合うことです。

教会は赦し合い、力づけ合う共同体です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント1:12-22「保証」

◇2013年12月2日(月)
●二コリント1:12-22「保証」
●御言葉
神はまた、わたしたちに証印を押して、保証としてわたしたちの心に霊を与えてくださいました。(1:22)
●黙想
主イエスを信じる者には、

神のバックアップがあります。

聖霊は神から与えられる保証書です。

神の保証は、1年保証、5年保証という期間限定ではありません。

永遠保証です。

コールセンターは24時間、受け付けです。

御名を信じて祈る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -