FC2ブログ

使徒9:32-43「癒し主」

◇2013年6月30日(日)
●使徒9:32-43「癒し主」
●御言葉
ペトロが、「アイネア、イエス・キリストがいやしてくださる。起きなさい。自分で床を整えなさい」と言うと、アイネアはすぐ起き上がった。(9:34)
●黙想
イエス・キリストは癒し主です。

イエス・キリストの御名には力があります。

御名によって祈るとは、

唱えることに意味があるのではなく、

御名を信頼することに意味があります。

あなたは御名を信頼し、祈っていますか。

御名を信頼するとは、イエス・キリストを信頼することです。

御名に対する意識が変わると祈りが変わります。

今日は日曜日です。

御名を崇める日です。

御名を崇め、祈るとき、

御心が天でなされるように、地になされてゆきます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト

使徒9:23-31「教会」

◇2013年6月29日(土)
●使徒9:23-31「教会」
●御言葉
こうして、教会はユダヤ、ガリラヤ、サマリアの全地方で平和を保ち、主を畏れ、聖霊の慰めを受け、基礎が固まって発展し、信者の数が増えていった。(9:31)
●黙想
心に平安がありますか。

問題があれば心は不安定になります。

サウロや弟子たちは、迫害され、

命の危険を感じながらも、平和を保っていました。

その秘訣は、主を畏れること、

つまり、礼拝にありました。

主を畏れる人の集まり(教会)には平和があり、

聖霊の慰めがあります。

明日は日曜日です。

共に主を礼拝し、聖霊の慰めを受け、

一週間をスタートしていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒9:10-22「回心」

◇2013年6月28日(金)
●使徒9:10-22「回心」
●御言葉
「すると、たちまち目からうろこのようなものが落ち、サウロは元どおり見えるようになった。そこで、身を起こして洗礼を受け、食事をして元気を取り戻した。サウロは数日の間、ダマスコの弟子たちと一緒にいて、すぐにあちこちの会堂で、「この人こそ神の子である」と、イエスのことを宣べ伝えた。(9:18-20)

●黙想
イエスに出会うと人生は変わります。

サウロの目は開かれ、

洗礼を受け、

生き方が変わりました。

パウロの劇的な変化はダマスコの人々を驚かせます。

どんな人でも、

イエスに出会うと変わります。

パウロのようなキリストとの出会いによる人生の変革が、

あなたの身近な人にも起こりますように。

御名によって祈ります。byバルナバ

使徒9:1-9「人生」

◇2013年6月27日(木)
●使徒9:1-9「人生」
●御言葉
「主よ、あなたはどなたですか」と言うと、答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。」(9:5)
●黙想
人生で大切なのはスピードではなく、方向です。

どんなに一生懸命に走っても、

行くべき方向が間違っていれば、むなしいものです。

パウロは、主の声を聞き、

自分の生き方が間違っていることに気づき、

主の導きに従って方向修正しました。

あなたの人生の方向は間違っていませんか。

朝ごとに主の御言葉に耳を傾け、

軌道修正しつつ歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒8:26-40「従順」

◇2013年6月26日(水)
●使徒8:26-40「従順」
●御言葉
すると霊がフィリポに、「追いかけて、あの馬車と一緒に行け」と言った。(8:29)
●黙想
主の御心に従う道にはドラマがあります。

主の天使がフィリポに「行け」と命じた場所は寂しい道でした。

霊が「一緒に行け」と命じた人は、異邦人でした。

人間的には行きたくない場所、

交わりたくない人々でしたが、

そこに救いのドラマがありました。

今日、主があなたに命じておられることは何ですか。

主の命令に従って行動する時、主の御業が起こります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒8:1-13「しるし」

◇2013年6月24日(月)
●使徒8:1-13「しるし」
●御言葉
群衆は、フィリポが行うしるしを見聞きしていたので、こぞってその話に聞き入った。(8:6)
●黙想
あなたはしるしを求めて祈っていますか。

しるしとは、証しとなる神の御業です。

神様が今も生きておられることを現す出来事です。

ステファノの殺害後、大迫害が起こり、

クリスチャンは散らされていきました。

彼らにとって、生きることは奇蹟でした。

彼らの生きた証は

苦しむ人々の希望と救いとなったのです。

祈りはしるし(癒しと解放)と

救いに至らせる神の力です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒7:54-60「赦し」

◇2013年6月23日(日)
●使徒7:54-60「赦し」
●御言葉
それから、ひざまずいて、「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」と大声で叫んだ。ステファノはこう言って、眠りについた。(7:60)
●黙想
天国を体験するキーワードは二つ。

「悔い改め」と「赦し」です。

ステファノの最期は、

イエス様の姿と同じでした。

悔い改めと赦しがあるところに神がいます。

悔い改めと赦しが実現する世界。

そこは天国(神の国)です。

神は愛です。

天国とは愛の国。

愛が支配する世界です。

今日は日曜日です。

教会で天国を体験し、

あなたの心にも、家庭にも、

人間関係にも、天国が実現しますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

使徒7:37-53「作品」

◇2013年6月22日(土)
●使徒7:37-53「作品」
●御言葉
これらはすべて、わたしの手が造ったものではないか。(7:50)
●黙想
あなたは神様のハンドメイドです。

神様は造り主であって、製造者ではありません。

造り主は一つ一つの作品を愛し、

御自分が見て喜びます。

製造者は人に評価される製品を造り、

価値のないもの、

不具合なものは処分します。

あなたはオートメーションで製造された製品ではありません。

神様の手で造られたオリジナル作品です。

神様の目にはあなたは高価で尊い作品です。

今日も神の作品として、

誇り(喜び)を持って一日を過ごしましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒7:17-36「出エジプト」

◇2013年6月21日(金)
●使徒7:17-36「出エジプト」
●御言葉
わたしは、エジプトにいるわたしの民の不幸を確かに見届け、また、その嘆きを聞いたので、彼らを救うために降って来た。さあ、今あなたをエジプトに遣わそう。(7:34)

●黙想
主はあなたの悩みをご存じです。

イスラエルの民は、

エジプトで苦しめられ、

主に向かって叫びました。

主は彼らの叫びに耳を傾け、

モーセを遣わし、彼らを救い出しました。

あなたにもエジプトがありますか。

エジプトは自力では脱出できない世界です。

主は必ず救い主、助け主を遣わし、

あなたを解放し、救い出してくださいます。

主に祈り、主を待ち望む人は幸いです。byバルナバ

使徒7:1-16「信仰」

◇2013年6月20日(木)
●使徒7:1-16「信仰」
●御言葉
この族長たちはヨセフをねたんで、エジプトへ売ってしまいました。しかし、神はヨセフを離れず、あらゆる苦難から助け出して、エジプト王ファラオのもとで恵みと知恵をお授けになりました。そしてファラオは、彼をエジプトと王の家全体とをつかさどる大臣に任命したのです。(9-10節)

●黙想
信仰とは、神様を信頼して生きることです。

ステファノは信仰に生きた人々の姿を証しします。

神様は、

信仰に生きた人を、

決して見離さず、

あらゆる苦難から救い出し、

恵みと知恵とを授けられます。

ヨセフの苦難は、

ヨセフの家族、

さらに子孫をも救うために必要なものでした。

キリストの苦難もそうでした。

信仰者の苦難には、必ず意味があります。

最後まで主を信頼する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒6:8-15「天使の顔」

◇2013年6月19日(水)
●使徒6:8-15「天使の顔」
●御言葉
最高法院の席に着いていた者は皆、ステファノに注目したが、その顔はさながら天使の顔のように見えた。(15節)

●黙想
あなたの顔は輝いていますか。

ステファノは、襲われ、捕らえられ、

訴えられ、偽証され、追い詰められていました。

しかし、その顔には天使のような輝きがあり、人々を驚かせました。

ステファノの輝きは聖霊による輝きです。

聖霊に満たされると恵みと力に満ち、

主の栄光の輝きを経験するのです。

今日は祈り会があります。

共に祈り、共に聖霊に満たされ、

神の栄光を現す者となりましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒6:1-7「祈りと御言葉」

◇2013年6月18日(月)
●使徒6:1-7「祈りと御言葉」
●御言葉
わたしたちは、祈りと御言葉の奉仕に専念することにします。(4節)
●黙想
クリスチャンにとって、

一番大切なものは祈りと御言葉です。

人が集まるところに悩みがあり、問題が起こります。

互いに助け合うことは神様の御心です。

問題に右往左往し、

祈りと御言葉がなおざりにされないことが大切です。

祈りと御言葉は生活の土台です。

祈りと御言葉に専念する場所と時間を聖別しましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒5:12-26「しるしと不思議」

◇2013年6月16日(日)
●使徒5:12-26「しるしと不思議」

●御言葉
使徒たちの手によって、多くのしるしと不思議な業が民衆の間で行われた。(使徒5:12a)

●黙想
しるしと不思議な業は、救いへと導く目印です。

使徒たちの時代、

イエス様が地上におられた時とおなじように、

しるしと不思議が起こりました。

民衆は、癒しと解放の業を見て、

イエスを信じ救われました。

今も、しるしと不思議な業が起こっている地域では、

キリスト教が爆発的に広がっています。

クリスチャンの証しは、

救いを示す目印です。

今日は日曜日です。

共に礼拝を捧げていきましょう。

今日も祝福がありますように。

※明日は、御言葉メールはお休みです。byバルナバ

使徒5:1-11「心を守れ」

◇2013年6月15日(土)
●使徒5:1-11「心を守れ」

●御言葉
すると、ペトロは言った。「アナニア、なぜ、あなたはサタンに心を奪われ、聖霊を欺いて、土地の代金をごまかしたのか。(使徒5:3)

●黙想
心を守っていますか。

心は人生の司令塔です。

サタンに心を奪われると、

欲に支配され、富に仕えるようになります。

幸せな人生の秘訣は、

神に心を奪われ、

神に支配され、

神に仕えることです。

神は愛です。

神の愛で心が守られ、

あらゆる欲から解放され、

神と人に仕える人になりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

使徒4:23-37「祈り」

◇2013年6月14日(金)
●使徒4:23-37「祈り」

●御言葉
祈りが終わると、一同の集まっていた場所が揺れ動き、皆、聖霊に満たされて、大胆に神の言葉を語り出した。(使徒4:31)

●黙想
今、あなたに必要なものは何ですか。

権力に脅かされ、

危機的な状況に陥った時、

弟子たちは心を一つにし、祈り始めました。

すると、再び、聖霊に満たされ、

彼らは大胆に神の言葉を語り始めました。

共に集まり、心を一つにして祈る仲間、それが教会です。

危機は聖霊に満たされ、変化するチャンスです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒4:13-22「証し」

◇2013年6月13日(木)
●使徒4:13-22「証し」

●御言葉
しかし、ペトロとヨハネは答えた。「神に従わないで、あなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです。」(使徒4:19-20)

●黙想
神を信じ、救われ、変化したこと、

受けた恵みの数々を周りの人々に証ししていますか。

ペトロとヨハネは、見たこと、聞いたことを伝え、

彼らの証しを聞いて、

多くの人がイエスを信じ、救われました。

彼らは反対者たちの脅しに屈することなく、

証しを続けました。

教会はキリストを証する者たちの集まりです。

今日も神の恵みを見ることができますように。

今日も神の恵みを伝えることができますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

使徒4:1-12「救い」

◇2013年6月12日(水)
●使徒4:1-12「救い」

●御言葉
ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。(使徒4:12)

●黙想
救いを得る方法はただ一つです。

イエス・キリストを信じる以外に方法はありません。

これは絶対的真理です。

キリストによる救いは、

精神的救い(心の解放)と

肉体的救い(体の癒し)と

霊的救い(魂の救い)をもたらします。

イエスの名によって、

解放と癒しと救いがあなたの身に起こりますように。

御名によって祈ります。アーメン。byバルナバ

使徒3:11-26「祈り」

◇2013年6月11日(火)
●使徒3:11-26「祈り」

●御言葉
あなたが見て知っている人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。イエスによる信仰が、あなたがた一同の前でこの人を完全にいやしたのです。(使徒3:16)

●黙想
にっちもさっちもいかなくなると、人は祈ります。

祈る時に大切なのは、誰に祈るかです。

天地万物の造り主である神に祈ることです。

さらに大切なことは、イエスの名によって祈ることです。

さらに大切なことは、イエスの名を唱えるだけではなく、

主と主の言葉を信じて祈ることです。

「わたしの名によって何かを願うならば、わたしがかなえてあえよう」(ヨハネ14:14)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒3:1-10「御名」

◇2013年6月10日(月)
●使徒3:1-10「御名」

●御言葉
ペトロは言った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」(使徒3:6)

●黙想
イエス・キリストの名を頼りにしていますか。

イエス・キリストの名は金銀にまさる宝です。

主イエスを救い主と信じる者は神の子とされ、

イエスの御名によって、父に祈る特権が与えられます。

ペトロが主の御名によって命じると、

生まれつき歩けなかった男が歩けるようになりました。

金銀や他人の力に頼ってではなく、

神の力に頼って生きる者となりますように。

今日も一人一人の上に祝福がありますように。

御名によって祈ります。アーメン。byバルナバ

使徒2:37-47「罪の赦し」

◇2013年6月9日(日)
●使徒2:37-47「罪の赦し」

●御言葉
すると、ペトロは彼らに言った。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。(使徒2:38)

●黙想
あなたの罪は処理されていますか。

罪の問題が解決されない限り、

本当の平安、喜びは訪れません。

あらゆる問題・悩みの根源には

必ず罪の問題が潜んでいます。

悔い改め、

イエス・キリストの名によって洗礼を受けた人は、

罪の赦しと聖霊の賜物が与えられます。

今日は日曜日です。

罪の処理をしてくださったキリストを礼拝し、

聖霊の満たしを受け、

新しい一週間をスタートしましょう。

今週も祝福がありますように。byバルナバ

使徒2:22-36「信仰」

◇2013年6月8日(土)
●使徒2:22-36「信仰」

●御言葉
ダビデは、イエスについてこう言っています。「わたしはいつも目の前に主を見ていた。主がわたしの右のおられるので、わたしは決して動揺しない。(使徒2:25)

●黙想
主はどこにいますか。

ダビデはいつも目の前に主を見ていました。

主は肉眼では見えません。

主を見る方法はただ一つ。

信仰です。

信仰とは、主と主の言葉に信頼することです。

主は今も生きておられます。

主はあなたと共にいます。

主はあなたの右におられます。

目を閉じて、

あなたの右におられる主に向かって祈りましょう。

主に信頼する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒2:14-21「救い」

◇2013年6月7日(金)
●使徒2:14-21「救い」

●御言葉
主の名を呼び求める者は皆、救われる。(使徒2:21)

●黙想
「主よ、主よ」と言う人と、

「主よ、主よ」と呼び求める人は違います。

あなたはどちらの人ですか。

前者は、「主よ」と言うだけで従わない人であり、

後者は、主を呼び求め、主の御心に従う人です。

「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、

天の国に入るわけではない。

わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。」(マタイ7:21)。

言う人から、叫び求める人になりますように。

御名によって祈ります。。byバルナバ

使徒2:1-13「聖霊」

◇2013年6月6日(木)
●使徒2:1-13「聖霊」

●御言葉
すると、一同は聖霊に満たされ、霊が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。(使徒2:4)

●黙想
あなたは聖霊を求めていますか。

弟子たちは福音宣教の使命が与えられましたが、

それを果たす力がありませんでした。

聖霊は神の力です。

弟子たちの上に聖霊が降ると、

彼らは不思議な言葉を語り始め、

周りにいた人々は驚きます。

教会は驚きの中で生まれ、

驚くべき恵みと奇蹟を体験する場所です。

聖霊があなたの上に注がれますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

使徒1:12-26「祈り」

◇2013年6月5日(水)
●使徒1:12-26「祈り」

●御言葉
彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。(使徒1:14)

●黙想
熱心に祈っていますか。

イエス様の弟子たちは、

聖霊降臨の後、

熱心に祈るようになったのではありません。

彼らが、熱心に祈り始めた時、

聖霊が降り、彼らは変えられ、

神の国の到来と共に、教会が誕生したのです。

神の御業、リバイバルの背後には熱心な祈りがあります。

教会は祈りの家です。

心合わせ、熱心に祈り始めるならば、

神の御業があなたの上に起こります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

使徒1:1-11「聖霊」

◇2013年6月4日(火)
●使徒1:1-11「聖霊」

●御言葉
あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。(使徒1:8a)

●黙想
聖霊を求めていますか。

聖霊とは、神の霊であり、神の力です。

聖霊が降ると、弱々しかった弟子たちは、

迫害を恐れず、大胆に福音を証しするようになりました。

彼らを変化させたのは、聖霊の力です。

弱さを認めた人たちが、

一つになって祈り始めるところに、聖霊が降ります。

聖霊はあなたを変化させる神の力です。

あなたが変われば、

家庭が変わり、友達が変わり、人生が変わります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ハガイ2:10-23「種蒔き」

◇2013年6月3日(月)
●ハガイ2:10-23「種蒔き」

●御言葉
倉には、まだ種があるか。ぶどう、いちじく、ざくろ、オリーブはまだ実を結んでいない。しかし、今日この日から、わたしは祝福を与える。(ハガイ1:19)

●黙想
田植えのシーズンが始まりました。

収穫の秋を迎えるためには、苗が必要です。

苗をもっているだけでは実を結びません。

田んぼを耕し、水を引き、苗を植えるという労働が欠かせません。

神の祝福も、

神の恵みを持っているだけでは、

実を結びません。

恵みを流し出すという、労働が必要なのです。

御言葉を黙想し、実践する人は、収穫の秋を迎えます。

神様の豊かな祝福がありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

ハガイ2:1-9「勇気」

◇2013年6月2日(日)
●ハガイ2:1-9「勇気」

●御言葉
今こそ、ゼルバベルよ、勇気を出せと/主は言われる。大祭司ヨツァダクの子ヨシュアよ、勇気を出せ。国の民は皆、勇気を出せ、と主は言われる。働け、わたしはお前たちと共にいると/万軍の主は言われる。(ハガイ1:13)

●黙想
今、あなたに必要なものは何ですか。

主はハガイを遣わし「勇気を出せ」と語りました。

主はあなたと共にいます。

あなたが勇気を出して働き始めるならば、

御心が天で行われるように、

地にも実現するようになります。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。

今週も祝福された一週間となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

ハガイ1:1-15「祝福」

◇2013年6月1日(土)
●ハガイ1:1-15「祝福」

●御言葉
主の使者ハガイは、主の派遣に従い、民に告げて言った。「わたしはあなたたちと共にいる、と主は言われる。」(ハガイ1:13)

●黙想
今、主はどこにおられますか。

優先順位を間違えると、主が見えなくなります。

主が見えなくなると物事がうまくいかなくなり、不安に陥ります。

預言者ハガイによって、

祝福の喪失の原因を指摘され、

イスラエルの民は主に立ち帰ります。

主はあなたと共にいます。

この主から目を離さず、

神の国と神の義を第一に求めて歩むなら、

人生は必ず好転します。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -