詩編150:1-6「ハレルヤ」

◇2013年5月31日(金)
●詩編150:1-6「ハレルヤ」

●御言葉
息のあるものはこぞって、主を賛美せよ。ハレルヤ。(詩編150:6)

●黙想
朝、最初にどんな言葉を口にしていますか。

夜、寝る前にどんな言葉を口にしていますか。

詩編146編~150編は「ハレルヤ詩編」と呼ばれています。

ハレルヤで始まりハレルヤで終わります。

ハレルヤとは、「主を賛美します」という意味です。

一日がハレルヤで始まりハレルヤで終わりますように。

主があなたの思いと考えと行動とを守られますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
スポンサーサイト

詩編149:1-9「主の慈しみ」

◇2013年5月30日(木)
●詩編149:1-9「主の慈しみ」

●御言葉
主の慈しみに生きる人は栄光に輝き、喜び勇み、伏していても喜びの声をあげる。(詩編149:5)

●黙想
主の慈しみに生きる人とは、

神の恵みを土台として生きる人です。

神の恵みは堅固な岩であり、

洪水が襲っても倒れません。

神の恵みは豊かな土壌であり、

涙を持って種を蒔く者には、

喜びの束を抱える収穫の季節が訪れます。

イエス・キリストは神の恵みであり、

キリストに結ばれる者は、

主の慈しみを受け、

豊かな実を結びます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編148:1-14「賛美」

◇2013年5月29日(水)
●詩編148:1-14「賛美」

●御言葉
主の御名を賛美せよ。主は命じられ、すべてのものは創造された。(詩編148:5)

●黙想
あなたは賛美するために造られました。

「わたしは賛美が苦手で」という人がいます。

歌うことが賛美ではありません。

賛美とは、ありのままの姿で、

造り主である神様をほめたたえることです。

自然界は自然の姿を通して神様を賛美しています。

与えられている賜物を発見し、

与えられた役割、責任を果たし、

自分が誇るのではなく、

神様を誇っていく。

これが賛美の本質です。

主は賛美の中に住まわれます。

主を誇る人は幸いです。

主があなたと共におられるからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編147:1-20「神の願い」

◇2013年5月28日(火)
●詩編147:1-20「神の願い」

●御言葉
主が望まれるのは主を畏れる人、主の慈しみを待ち望む人。(詩編147:11)

●黙想
神様に喜ばれていますか。

全ての人は、神様に愛されていますが、

好まれる生き方をしている人は少ないのです。

神様が好まれる人とは、

主を畏れ、主を待ち望む人です。

神様が望んでいる生き方をする人には、

神の祝福があります。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。

これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」(一テサロニケ5:16-18)。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編146:1-10「賛美」

◇2013年5月27日(月)
●詩編146:1-10「賛美」

●御言葉
ハレルヤ。わたしの魂よ、主を賛美せよ。命のある限り、わたしは主を賛美し、長らえる限り、わたしの神にほめ歌をうたおう。(詩編146:1-2)

●黙想
束縛されていませんか。

主は捕らわれ人を解き放つお方です。

主に向かって賛美を捧げる時、

たとえ肉体は束縛されていても、

魂は解放され、喜びに満たされます。

パウロは、牢獄の中で主を賛美しました。

どんな時にも魂の賛美を捧げ、

解放されていました。

たとえ肉体が束縛され、

土に帰ろる時が近づいても、

魂には自由と解放があり、

永遠に主を讃える。

これが救われし者の姿です。

今日も魂に命じましょう。

主を賛美せよ、と。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編145:14-21「主」

◇2013年5月26日(日)
●詩編145:14-21「主」

●御言葉
主は倒れようとする人をひとりひとり支え、うずくまっている人を起こしてくださいます。(詩編145:14)

●黙想
倒れそうになるとき、

うずくまってしまうときがあります。

主は倒れそうな人を支え、

うずくまっている人を起こしてくださる方です。

今日は日曜日です。

主の御顔を求め、

支えられる日、

起き上がる日です。

主の元に回復と癒しがあります。

今週も主の豊かな祝福がありますように。

御名によって祈ります。byバルナバ

詩編145:1-13「愛」

◇2013年5月25日(土)
●詩編145:1-13「愛」

●御言葉
主は恵みに富み、憐れみ深く/忍耐強く、慈しみに満ちておられます。主はすべてのものに恵みを与え、造られたすべてのものを憐れんでくださいます。(詩編145:8-9)

●黙想
神の御性質は愛です。

作者が作品を愛するように、

創造主なる神は、被造物を愛しています。

愛とは、大切に思うことです。

あなたは死ぬほど愛されています。

この愛に気づき、

この愛に生かされ、

この愛に生きる。

これが神様の願いです。

今日も神様の愛と赦しと忍耐に感謝し、

愛に生きる者となりますように。

御名によって祈ります。byバルナバ

詩編144:1-15「主」

◇2013年5月24日(金)
●詩編144:1-15「主」

●御言葉
いかに幸いなことか、このような民は。いかに幸いなことか、主を神といただく民は。(詩編142:8)

●黙想
あなたの信じている神様はあなたの「主」ですか。

「主を神といただく」とは、

「主をおのれの神とする」ということです。

神様は「主」です。

主とは、あなたの王であり、あなたの支配者です。

神様を信じながら自分を「主」としていませんか。

神様を動かすのではなく、

神様に動かされる人。

自分の願いを適えさせるのでなく、

神様の御心に適う生き方をすること。

これが人間の本分であり、

ここに幸いな人生の秘訣があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編143:1-12「信仰」

◇2013年5月23日(木)
●詩編143:1-12「信仰」

●御言葉
朝にはどうか、聞かせてください。あなたの慈しみについて。あなたにわたしは依り頼みます。行くべき道を教えてください。あなたに、わたしの魂は憧れているのです。(詩編142:8)

●黙想
信じるとは、依り頼むことです。

信頼のない信仰は、知識信仰です。

知っているだけの信仰は、

医者の存在を知りながらも治療に行かない病人のようなものです。

聖書の信仰は、体験信仰です。

イエス様は魂の医者です。

主を知り、主を慕い求め、

主に信頼し、主の言葉に従う人は、

神の愛と恵みと祝福を体験します。

朝ごとに主の前に出て祈る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編142:1-8「祈り」

◇2013年5月22日(水)
●詩編142:1-8「祈り」

●御言葉
声をあげ、主に向かって叫び/声をあげ、主に向かって憐れみを求めよう。(詩編142:2)

●黙想
声を出して祈っていますか。

告白する祈り、

宣言する祈り、

叫び求める祈りは、

心の中で祈る祈りよりも効果があります。

言葉に出さない祈りは、

思い煩いや不信仰や雑念などに妨げられやすいからです。

告白する言葉が心を支配します。

あなたの口にする祈りの言葉が、

あなたの思いや考えを支配し、

あなた自身が変えられますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

詩編141:1-10「言葉」

◇2013年5月21日(火)
●詩編141:1-10「言葉」

●御言葉
主よ、わたしの口に見張りを置き/唇の戸を守ってください。(詩編141:3)

●黙想
言葉で失敗する人がいます。

言葉は発するまでは、あなたの僕ですが、

発した後は、あなたが僕となります。

「捕まえた鳥を逃がしても、

また捕まえられるかも知れない。

だが、一度発した言葉を取り返すことはできない。」(ユダヤの格言)。

口に見張りを置くとは、心を守ることです。

御言葉はあなたの心を守ります。

御言葉を口ずさみ、

御言葉の僕となる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編140:1-14「祈り」

◇2013年5月20日(月)
●詩編140:1-14「祈り」

●御言葉
主よ、さいなむ者からわたしを助け出し、不法の者から救い出してください。(詩編140:2)

●黙想
主の助けが必要ですか。

祈らない人は、

主の助けを求めない人か、

主の助けを知らない人です。

主を求めて祈るならば、

主は必ずあなたを助け、

救いを与えてくださいます。

主よ、今日もあなたの助けが必要です。

わたしの思いと考えと行動を守り導いてください。

御名によって祈ります。

今日も主に守られ、

幸いな一日でありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二テモテ4:9-22「ペンテコステ」

◇2013年5月19日(日)
●二テモテ4:9-22「ペンテコステ」

●主はわたしをすべての悪い業から助け出し、天にある御自分の国へ救い入れてくださいます。(二テモテ4:18a)

●黙想
父なる神様はあなたの造り主です。

あなたの必要をすべてご存じです。

聖霊なる神様は、あなたの助け主です。

あなたのそばにいて、力づけてくださいます。

子なる神様(イエス・キリスト)は、あなたの救い主です。

あなたを御国へと導いてくださいます。

今日はペンテコステです。

助け主なる聖霊の力によって

教会が誕生したことを記念する日です。

父・子・聖霊なる三位一体の神を崇め、

共に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二テモテ4:1-8「信仰」

◇2013年5月18日(土)
●二テモテ4:1-8「信仰」

●世を去る時が近づきました。わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。(二テモテ4:6b-8a)

●黙想
信仰(神への信頼)を奪おうとする力があります。

パウロの周りには、

世を愛する人、

真理から離れる人、

信仰から迷い出て行く人がいました。

しかし、パウロは最後まで忍耐し、

自分に与えられた使命を果たし、

信仰を守り抜いたのです。

世を去る最後の日まで、

神様への信頼を失わない人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二テモテ3:10-17「聖書」

◇2013年5月17日(金)
●二テモテ3:10-17「聖書」

●御言葉
聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。(二テモテ3:16)

●黙想
聖書に親しんでいますか。

聖書は、霊的知恵袋です。

人間にとって必要な知恵は、

聖書の中にすべて記されています。

聖書が親しい書物になるためには、聖霊が必要です。

聖霊を求めてください。

そうすれば、聖霊なる神様が聖書を悟らせてくださり、

何をすべきか教え、戒め、

正し、義に導いてくださるでしょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二テモテ3:1-9「信心の力」

◇2013年5月16日(木)
●二テモテ3:1-9「信心の力」

●御言葉
そのとき、人々は自分自身を愛し、金銭を愛し、ほらを吹き、高慢になり、神をあざけり、両親に従わず、恩を知らず、神を畏れなくなります。また、情けを知らず、和解せず、中傷し、節度がなく、残忍になり、善を好まず、人を裏切り、軽率になり、思い上がり、神よりも快楽を愛し、信心を装いながら、その実、信心の力を否定するようになります。こういう人々を避けなさい。(二テモテ3:2-5)

●黙想
信心の力を肯定していますか。

今は、困難な時代です。

信心の力が否定され、

己や物質を神とする人々が大勢います。

信心の力を肯定する人は、神の力に頼る人です。

「わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、

どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように」(エフェソ1:19)。


御名によって祈ります。byバルナバ

二テモテ2:20-26「器」

◇2013年5月15日(水)
●二テモテ2:20-26「器」

●御言葉
だから、今述べた諸悪から自分を清める人は、貴いことに用いられる器になり、聖なるもの、主人に役立つもの、あらゆる善い業のために備えられたものとなるのです。(二テモテ2:21)

●黙想
毎朝、聖書を読んでいますか。

心は神様から与えられた大切な器です。

洗わないで食器を使い続ける人はいません。

御言葉には心の汚れを落とす力があります。

主は清められた器を用いられます。

今日も心が清められ、

主の御心に適う歩みができますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二テモテ2:8-19「御心」

◇2013年5月14日(火)
●二テモテ2:8-19「御心」

●御言葉
イエス・キリストのことを思い起こしなさい。(二テモテ2:8a)

●黙想
イエス様のことをいつも思っていますか。

自分の思い、自分の考え、自分の行動に対して、

イエス様ならどう思うだろうか。

どう考えるだろうか。

どう行動するだろうか。

もしその思い、考え、行動を

イエス様が喜ばれないとしたら、

それは悪魔が喜ぶ思いであり、考えであり、行動です。

「サタンよ。退け」と心に命じ、

主の御言葉を黙想し、

主の御心に適う毎日を過ごされますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二テモテ2:1-7「恵み」

◇2013年5月13日(月)
●二テモテ2:1-7「恵み」

●御言葉
そこで、わたしの子よ、あなたはキリスト・イエスにおける恵みによって強くなりなさい。(二テモテ2:1)

●黙想
疲れていませんか。

パウロは危機に直面し、

精神的に衰弱しているテモテを励ましました。

パウロは神の恵みであるイエス・キリストに出会い、

弱さの中に働く神の力を体験しました。

強くなる秘訣は恵み(キリスト)の中に入ることです。

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」(マタイ11:28)。

今朝も、キリストの恵みに包まれ、強められますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二テモテ1:9-18「福音」

◇2013年5月12日(日)
●二テモテ1:9-18「福音」

●御言葉
キリストは死を滅ぼし、福音を通して不滅の命を現してくださいました。(二テモテ2:10)

●黙想
人生の終着駅はどこですか?

イエス・キリストは、

「死と罪の裁きの世界」に向かっていたレールに、

「命と罪の赦しの世界」へと向かう

新しいレール(救い)を敷いてくれました。

福音とは、

このレールの存在を明らかにし、

キリストを信じ、

レール変更した人々を、

死から命へと向かわせる喜ばしい知らせなのです。

今日は日曜日です。

新しいレールを造られたお方に感謝し、

礼拝を捧げる日です。

天国行きの列車に乗車している人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二テモテ1:1-8「聖霊」

◇2013年5月11日(土)
●二テモテ1:1-8「聖霊」

●御言葉
神はおくびょうの霊ではなく、力と愛と思慮分別の霊をわたしたちにくださったのです。。(一テモテ2:7)

●黙想
今、聖霊(神)の力が必要ですか。

それとも自分の力で十分ですか。

テモテは若い伝道者でした。

パウロはテモテを励まし、

聖霊の力によって、

力強く、大胆に福音を語るように命じます。

神の力は私たちの弱さの中でこそ、

完全な力を発揮します。

聖霊を求めてください。

そうすれば、神様の御業が起こります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テモテ6:11-21「望み」

◇2013年5月10日(金)
●一テモテ6:11-21「望み」

●御言葉
この世で富んでいる人に命じなさい。高慢にならず、不確かな富みに望みを置くのではなく、わたしたちにすべてのものを豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。(一テモテ6:17)

●黙想
何が不確かな明日を支えていますか。

どんなに多くの富を得ても、

富には命を支える力はありません。

人の命は持ち物によらないからです。

日々の糧を与え、

明日を守り導き、

変わることなく、

永遠に共にいてくださるお方。

この方に望みを置く人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テモテ6:1-10「満足」

◇2013年5月9日(木)
●一テモテ6:1-10「満足」

●御言葉
金持ちになろうとする者は、誘惑、罠、無分別で有害なさまざまな欲望に陥ります。その欲望が、人を滅亡と破滅に陥れます。金銭の欲は、すべての悪の根です。金銭を追い求めるうちに信仰から迷い出て、さまざまなひどい苦しみで突き刺された者もいます。(一テモテ6:9-10)

●黙想
満ち足りた人生の秘訣は、

肉の欲求を満たすことではなく、

霊の欲求を満たすことです。

神様はあなたに何を願っていますか。

あなたの造られた目的は何ですか。

その願いと目的を発見し、

御心を行う時、

霊は満たされ、

真の満足を得ることができます。

神は愛です。

富よりも愛を求め、

愛に生きる時、

あなたの霊は満たされます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テモテ5:17-25「神の御心」

◇2013年5月8日(水)
●一テモテ5:17-25「神の御心」

●御言葉
ある人々の罪は明白でたちまち裁かれますが、他の人々の罪は後になって明らかになります。同じように、良い行いも明白です。そうでない場合も、隠れたままのことはありません。(一テモテ5:24-25)

●黙想
罪には三種類あります。

神の御心(律法)に適わないことをした罪。

神の御心に適わないことを黙想する罪。

神の御心に適うことをしない罪です。

御言葉を黙想すれば、神の御心が分かります。

神の御心に適う良いことを黙想し、行う人は幸いです。

今日も祝福された一日となりますように。

御名によって祈ります。byバルナバ

一テモテ5:1-16「家族愛」

◇2013年5月7日(火)
●一テモテ5:1-16「家族愛」

●御言葉
自分の親族、特に家族の世話をしない者がいれば、その者は信仰を捨てたことになり、信者でない人にも劣っています。(一テモテ5:8)

●黙想
助けが必要な家族はいませんか。

神を愛することは、

隣人を愛し、助けることです。

一番身近な隣人は親族・家族です。

家族を助けることは、

人間の義務であり、

家族を救いへ導くことは、

クリスチャンの義務です。

あなたの家族が救いへと導かれますように。

二つの義務を果たす者となりますように。

御名によって祝福します。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テモテ4:1-16「聖書」

◇2013年5月6日(月)
●一テモテ4:1-16「聖書」

●御言葉
俗悪で愚にもつかない作り話は退けなさい。信心のために自分を鍛えなさい。体の鍛練も多少は役に立ちますが、信心は、この世と来るべき世を約束するので、すべての点で益となるからです。(一テモテ4:7-8)

●黙想
毎日、聖書を読んでいますか。

聖書は命の言葉です。

寝たきり生活が足腰を弱らせていくように、

聖書を読まない生活は、信心を弱らせます。

御言葉は霊的な食物です。

毎日、読むことで、心が強化され、

試練に耐え抜く力が養われます。

一日15分。

集中して聖書を読む時間を作りましょう。

そうすれば人生が変わります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テモテ3:8-16「奉仕」

◇2013年5月5日(日)
●一テモテ3:8-16「奉仕」

●御言葉
というのも、奉仕者の仕事を立派に果たした人々は、良い地位を得、キリスト・イエスへの信仰によって大きな確信を得るようになるからです。(一テモテ3:13)

●黙想
仕える人は、仕えられる人に優ります。

神の国でもっとも偉大な人は、

忠実に仕え、奉仕する人です。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝し、

キリストに仕えるように、

教会に仕え、

社会に仕え、

家庭に仕え、

人に仕える人となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

一テモテ3:1-7「従順」

◇2013年5月4日(土)
●一テモテ3:1-7「従順」

●御言葉
自分の家庭をよく治め、常に品位を保って子どもたちを従順な者に育てている人でなければなりません。(一テモテ3:4)

●黙想
牧師のためにお祈りください。

パウロは教会のリーダー的存在である

監督(牧師・長老)の資質について語ります。

教会(クリスチャン)はこの世に対する祝福の管であり、

牧師は信徒に対する祝福の管です。

悪魔はこの管を詰まらせようと罠を仕掛けてきます。

祝福のキーワードは従順です。

神に従順し、一人一人が従順な子として成長し、

祝福の基となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

一テモテ2:1-15「真理」

◇2013年5月3日(金)
●一テモテ2:1-15「真理」

●御言葉
神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでいます。神は唯一であり、神と人の間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。この方はすべての人の贖いとして御自身を献げられました。これは定められた時になされた証しです。(一テモテ2:4-6)

●黙想
あなたは救われて真理を知りましたか。

真理はいくつもありません。

天地万物を造られた神様はただ一人です。

イエス・キリストは道であり、真理であり、命です。

神様が願っていることは、

イエス・キリストを通して、すべての人々が救われることです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テモテ1:12-20「戦い」

◇2013年5月2日(木)
●一テモテ1:12-20「戦い」

●御言葉
わたしの子テモテ、あなたについて以前預言されたことに従って、この命令を与えます。その預言に力づけられ、雄々しく戦いなさい。(一テモテ1:18)

●黙想
あなたは今、何と戦っていますか。

パウロはキリストに出会って、

己の弱さを知ることで強くなりました。

神に敵対する生き方をやめ、

神の味方となって働く時、

恵みと愛と信仰が与えられ、強くなったのです。

強さの秘訣は、預言(神の言葉)です。

神の言葉を黙想し、雄々しく戦う人は、

弱さの中に働く神の絶大な力を体験します。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -