FC2ブログ

出エジプト40:34-38「臨在」

◇2012年6月30日(土)
●出エジプト40:34-38「臨在」

●御言葉
雲が幕屋を離れて昇ると、イスラエルの人々は出発した。旅路にあるときはいつもそうした。(40:36)

●黙想
主の臨在を体験する秘訣は何ですか。

今日で出エジプト記は終わります。

彼らは主に従い、主の御心どおりに幕屋を完成しました。

主と主の御言葉に従い、

主の御心を行うところに、主の臨在があります。

荒れ野の旅は、あなたの人生と同じです。

主と共に歩む人は、主の守りと導きを体験し、

主が共におられることの恵みを味わい知るでしょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト

出エジプト40:17-33「礼拝への備え」

◇2012年6月29日(金)
●出エジプト40:17-33「礼拝への備え」

●御言葉
彼らが臨在の幕屋に入るとき、あるいは、祭壇に献げ物をささげるときは、水で清めるのを常とした。主がモーセに命じられたとおりであった。(40:32)
●黙想
礼拝前、祈ることを常としていますか。

モーセとアロンの子らは、主が命じられたとおり、

清めの水で手足を清め、礼拝を捧げました。

礼拝は、聖なる神に出会う時間です。

遅れることなく、早めに礼拝堂に入り、

祈りつつ礼拝に備える。

これが御心に適う礼拝者の姿です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト40:1-16「主の語りかけ」

◇2012年6月28日(木)
●出エジプト40:1-16「主の語りかけ」

●御言葉
主はモーセに仰せになった。(40:1)

●黙想
主の語りかけを聞いていますか。

モーセはシナイ山で主に出会い、

律法を授けられ、幕屋建設の命令を受けました。

幕屋完成後、

主はモーセに幕屋を建てるように命じます。

モーセは主の声を一度だけ聞いたのではありません。

主の声を聞き続け、

主の御心に従う幕屋を建てたのです。

今朝、主はあなたに何を仰せになっていますか。

黙想しつつ一日を始めましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト39:32-43「忠実」

◇2012年6月27日(水)
●出エジプト39:32-43「忠実」

●御言葉
モーセがそのすべての仕事を見たところ、彼らは主が命じられたとおり、そのとおりに行っていたので、モーセは彼らを祝福した。(39:43)

●黙想
救いは恵みによって与えられ、

報いと祝福は従順によって与えられます。

モーセは、幕屋を完成させた忠実な人々を祝福しました。

与えられた仕事を終わらせ、眠りにつくとき、

救いと共に「忠実な良い僕だ。良くやった」(マタイ25:21)と、

主から報いと祝福を受ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト39:22-31「仕える」

◇2012年6月26日(火)
●出エジプト39:22-31「仕える」

●御言葉
これは、主がモーセに命じたとおりに仕えるためであった。(39:26b)

●黙想
祭司は聖所で神に仕える者です。

仕えるという字は、

人の隣に十字架が立っているように見えます。

キリストが仕えられたように、

私たちも仕え合う。

これが神様の御心であり、ここに幸せがあります。

人は支え合い、仕え合って生きるように、

神様に造られているからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト39:1-21「祭服」

◇2012年6月25日(月)
●出エジプト39:1-21「祭服」

●御言葉
彼らは主がモーセに命じられたとおり、青、紫、緋色の毛糸を使って、聖所で仕えるために織った衣服を作った。すなわち、アロンの祭服を作った。(39:1)

●黙想
主に仕える祭司のために祭服が作られます。

主の僕(クリスチャン)の祭服はイエス・キリストです。

「あなたがたは皆、信仰により、

キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。

洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、

キリストを着ているからです。」(ガラテヤ3:26-27)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト38:21-31「忠実」

◇2012年6月24日(日)
●出エジプト38:21-31「忠実」

●御言葉
以下、掟の幕屋である幕屋建設の記録は、モーセの命令により、祭司アロンの子イタマルの監督のもとに、レビ人が担当した。(38:21)

●黙想
自分の役割分担を果たしていますか。

幕屋は、主の命令と監督の指示に従い、

一人一人、与えられた役割を果たし終えて完成しました。

一人一人の人生には、

主から託された使命と役割があります。

小事に忠実な人は、大事にも忠実であり、

小事に忠実な人は、主の信頼と人々の信頼を得ます。

今日は日曜日です。

礼拝を忠実に守る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト38:1-20「献身」

◇2012年6月23日(土)
●出エジプト38:1-20「献身」

●御言葉
彼はアカシヤ材で焼き尽くす献げ物の祭壇を作り、・・(38:1a)

●黙想
献身していますか。

ベツァルエルは焼き尽くす献げ物の祭壇と

その祭壇で使用する祭具類を作りました。

この祭壇は、ささげ物を焼いて捧げる場所であり、

神の民の完全な献身を象徴します。

主はすべてを捧げ、主に信頼し、

忠実に仕える民を求めています。

主イエスを信じる人は、皆、

主のものであり、献身の自覚が必要です。

献金は焼き尽くす捧げ物であり、献身のしるしです。

今日は聖なる日の備えの一日です。

祈りつつ礼拝に備えましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト37:17-29「祈り」

◇2012年6月22日(金)
●出エジプト37:17-29「祈り」

●御言葉
彼はアカシヤ材で香をたく祭壇を作った。(37:25)

●黙想
毎朝、祈っていますか。

ベツァルエルは燭台、

さらに香をたく祭壇を作ります。

燭台の火は、神の臨在を、

香は祈りを象徴します。

幕屋、神殿、教会は神の家、祈りの家です。

クリスチャンの体は生きた神の神殿であり、

いつも心に燭台の火が灯され、

祈りの香がたかれてなければなりません。

主と交わり、祈り続ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト37:1-16「誠実」

◇2012年6月21日(木)
●出エジプト37:1-16「誠実」

●御言葉
ベツァルエルはアカシヤ材で箱を作った。(37:1)

●黙想
あなたの賜物は何ですか。

ベツァルエルは、モノ作りの賜物がありました。

彼は幕屋の備品を製作しましたが、

一つ一つ、寸法に至るまで、

主がモーセに命じられた通り(出エジプト25章)に作ったのです。

一番大切な賜物は「誠実」です。

どんなに良い賜物を持っていても、

誠実さがなければ宝の持ち腐れです。

誠実は、主に従う者に与えられる聖霊の賜物の一つです。(ガラテヤ5:22)。

誠実に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト36:8-38「幕屋」

◇2012年6月20日(水)
●出エジプト36:8-38「幕屋」

●御言葉
仕事に従事する者のうち、心に知恵のある者はすべて、幕屋に用いる十枚の幕を織った。(36:8a)

●黙想
あなたの幕屋はどこにありますか。

幕屋や神殿は、神が臨在されるところです。

主はモーセに命じて幕屋を造らせ、

やがてソロモンに神殿を建てさせました。

主は幕屋(神殿)の中に臨在し、

民と共に歩まれました。

教会は、幕屋・神殿であり、

神が臨在されるところです。

教会とは建物ではなく、

主を信じることにより、

神の宮(神殿)とされた人の集まりです。

主はあなたの中におられ、

あなたと共に歩まれるのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト35:30-36:7「献げ物」

◇2012年6月19日(火)
●出エジプト35:30-36:7「献げ物」

●御言葉
モーセに言った。「この民は、主がお命じになった仕事のために、必要以上の物を携えて来ます。」(36:5)

●黙想
主への献げ物は、

自らの必要が満たされた後、

残り物を携えるのではなく、

主の働きのための必要が満たされるために、

最初に取り分けられるべきものです。

民は必要以上の物を携えました。

主に心を動かされた人は、

必要以上の物を携え、

更に主は、

必要以上のもので応えてくださいます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト35:20-29「QT」

◇2012年6月18日(月)
●出エジプト35:20-29「QT」

●御言葉
心動かされ、進んで心からする者は皆、臨在の幕屋の仕事とすべての作業、および祭服などに用いるために、主への献納物を携えて来た。(35:21)

●黙想
あなたを動かしているものは何ですか。

イスラエルの民は、

幕屋造りに必要なものを、

進んで捧げました。

それが主の御心だと分かっていたからです。

主の御心によって心動かされ、

進んで心から行う。

これがQTの黙想と適用です。

一日を、自分の思うままに動く人と、

主の御心を黙想して動く人では、歴史が異なります。

主に動かされ、進んで心からする者は、

主の年(AD)を生きる人です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト35:1-19「聖日」

◇2012年6月17日(日)
●出エジプト35:1-19「聖日」

●御言葉
六日の間は仕事をすることができるが、第七日はあなたにとって聖なる日であり、主の最も厳かな安息日である。その日に仕事をする者はすべて死刑に処せられる。(35:2)

●黙想
安息日の大切さを覚えていますか。

ユダヤ社会、イスラム社会で、

安息日厳守が徹底されているのは、

神の絶対的命令であり、

これを破れば命に関係すると考えるからです。

それほど厳しく守るように命じられるのは、

安息日を守ることが、

神との関係、

自己との関係、

他者との関係を調和するのに、

必要不可欠だからです。

今日は日曜日です。

何よりも神の国と神の義を求める人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト34:27-35「光」

◇2012年6月16日(土)
●出エジプト34:27-35「光」

●御言葉
イスラエルの人々がモーセの顔を見ると、モーセの顔の肌は光を放っていた。モーセは、再び御前に行って主と語るまで顔に覆いを掛けた。(34:35)

●黙想
あなたの顔は輝いていますか。

モーセはシナイ山で40日間、主と交わり、

彼の顔は光を放ちました。

顔は心の表情です。

神と交わり、神の恵みを味わうと、

心は満たされ、顔は輝きます。

いつも喜び、絶えず祈り、

すべてのことに感謝すると、

心は満たされ、顔は輝きます。

表情が曇ったら、

人に悟られないように、

主の御前に行き、

主と語り合う時を持ちましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト34:10-26「慕う」

◇2012年6月15日(金)
●出エジプト34:10-26「慕う」

●御言葉
あなたは他の神を拝んではならない。主はその名を熱情といい、熱情の神である。(34:14)

●黙想
あなたを愛し、造られた方を慕い求めていますか。

「熱情」は「ねたみ」とも訳せます。

神を愛するとは、神を慕い求めることです。

他の神を拝むことは、

神でないものを頼り、慕い求めることであり、

偶像礼拝は神の妬みを招きます。

あなたを愛し、造られた神様は、

あなたに頼られ、慕われることを喜ばれるお方です。

いつでも主を慕い求めて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト34:1-9「赦し」

◇2012年6月14日(木)
●出エジプト34:1-9「赦し」

●御言葉
言った。「主よ、もし御好意を示してくださいますならば、主よ、わたしたちの中にあって進んでください。確かにかたくなな民ですが、私たちの罪と過ちを赦し、わたしたちをあなたの嗣業として受け入れてください。」(34:9)

●黙想
主が共にいなければ、未来がありません。

モーセの嘆願によって、民の罪過ちは赦され、

再び、約束の地を目指すことができました。

主が共にいることにまさる祝福はありません。

朝毎に、祭壇を築き、主が共におられることを喜び、

主の御好意に感謝し、生き方を選び直しましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト33:12-23「同行者」

◇2012年6月13日(水)
●出エジプト33:12-23「同行者」

●御言葉
主が、「わたしが自ら同行し、あなたに安息を与えよう」と言われると、(33:14)

●黙想
あなたの同行者は誰ですか。

主はモーセを名指しで呼び、

同行し、安息を与えると約束しました。

人は孤独になることがあります。

一人で向き合わなければならない問題もあります。

しかし、主はあなたの名を呼び、

あなたと共に歩むと約束されたのです。

これが福音です。

福音を信じ、主と共に人生を旅する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト33:1-11「礼拝」

◇2012年6月12日(火)
●出エジプト33:1-11「礼拝」

●御言葉
雲の柱が幕屋の入り口に立つのを見ると、民は全員起立し、おのおの自分の天幕の入り口で礼拝した。(33:10)

●黙想
礼拝を捧げていますか。

雲の柱は、主の臨在のしるしです。

民は、主の前に立つときには、

全員が起立し、主にひれ伏し、礼拝を捧げました。

教会に行くことが礼拝ではなく、

主の前に立ち、ひれ伏すことが礼拝です。

形ではなく、

霊とまことを持って礼拝を捧げる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト32:30-35「執り成し」

◇2012年6月11日(月)
●◇2012年6月11日(月)
●出エジプト32:30-35「執り成し」

●御言葉
モーセは主のもとに戻って言った。「ああ、この民は大きな罪を犯し、金の神を造りました。今、もしもあなたが彼らの罪をお赦しくださるのであれば……。もし、それがかなわなければ、どうかこのわたしをあなたが書き記された書の中から消し去ってください。」(32:31-32)

●黙想
あなたのために命をかけてくれる人はいますか。

モーセは命がけで民の罪が赦されるように祈りました。

キリストは、あなたの罪が赦されるように、

命をかけて祈り、

今も、天で執り成し祈り続けているのです。

キリストの執り成しは、モーセにまさります。

救い主に執り成し祈られる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

●御言葉
モーセは主のもとに戻って言った。「ああ、この民は大きな罪を犯し、金の神を造りました。今、もしもあなたが彼らの罪をお赦しくださるのであれば……。もし、それがかなわなければ、どうかこのわたしをあなたが書き記された書の中から消し去ってください。」(32:31-32)

●黙想
あなたのために命をかけてくれる人はいますか。

モーセは命がけで民の罪が赦されるように祈りました。

キリストは、あなたの罪が赦されるように、

命をかけて祈り、

今も、天で執り成し祈り続けているのです。

キリストの執り成しは、モーセにまさります。

救い主に執り成し祈られる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト32:21-29「礼拝」

◇2012年6月10日(日)
●出エジプト32:21-29「礼拝」

●御言葉
宿営の入り口に立ち、「だれでも主につく者は、わたしもとに集まれ」と言った。レビの子らが全員彼のもとに集まると、(32:26)

●黙想
心にある偶像を放置していませんか。

モーセは偶像を造ったアロンを叱責し、

偶像を求めた民を断ちました。

偶像よりも、偶像を求める心が問題です。

レビの子らは、主に従い、

祭司職に任命され、神の祝福を受けます。

神の祝福は、造られた神を拝まず、

造り主なる神を礼拝する者に注がれます。

今日は日曜日です。

主を礼拝し、祝福に与る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト32:11-20「災い」

◇2012年6月9日(土)
●出エジプト32:11-20「災い」

●御言葉
主は御自身の民にくだす、と告げられた災いを思い直された。(32:14)

●黙想
災いに悩まされていませんか。

民は、自らの罪の故に災いを招きました。

彼らが偶像を拝み、

踊っている最中、モーセは必死で神に祈りました。

モーセの執り成しにより、神は災いを思い直されました。

しかし、民は気づかず、騒いでいました。

モーセは怒り、その怒りによって、目を覚ました人は、

罪を認め、悔い改めます。

キリストは災いから免れるように、

あなたのために執り成し祈っています。

十字架によって、目を覚まし、

罪を認め、悔い改める人には、災いは祝福に変わります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト32:1-10「偶像」

◇2012年6月8日(金)
●出エジプト32:1-10「偶像」

●御言葉
さあ、我々に先立って進む神々を造ってください。(32:1)

●黙想
神々を造っていませんか。

イスラエルの民は、

モーセが下山しないので、不安になり、

アロンに願って金の子牛の像を造らせ、

それを拝み、神の怒りを買いました。

人間は神に造られたのであって、

人間が神を造るのではありません。

人は神の御心に従うように造られているのであって、

人の願望を叶えてくれる神々を造って拝むことは、

神が最も忌み嫌う行為です。

あなたを造られた神を知り、

この神の導きに従って生きるところに、

祝福された人生があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト31:12-18「礼拝」

◇2012年6月7日(木)
●出エジプト31:12-18「礼拝」

●御言葉
イスラエルの人々は安息日を守り、それを代々にわたって永遠の契約としなさい。(31:16)

●黙想
忙しさのゆえに、心が亡びていませんか。

安息日とは、文字通り、安息する日です。

人間は安息日が必要な存在として造られています。

働き続ければ倒れてしまいます。

体を休めるだけではなく、

身も心も魂も、主のもとで安らぐ。

これが礼拝です。

礼拝があなたを守り、

礼拝があなたを生かすのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト31:1-11「招き」

◇2012年6月6日(水)
●出エジプト31:1-11「招き」

●御言葉
見よ、わたしはユダ族のフルの孫、ウリの子ベツァルエルを名指しで呼び、(31:2)

●黙想
主が呼びかける声を聞いていますか。

主はベツァルエルを名指しで呼び、

神の霊を授け、幕屋に必要な装飾品を制作する使命を与えました。

主はあなたの名を呼び、

あなたに神の霊と賜物と使命を与えられます。

今日、主の声を聞いてください。

主はあなたに何をするように願われていますか。

主の前に静まり、主の声に従って行動する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト30:17-38「聖なるもの」

◇2012年6月5日(火)
●出エジプト30:17-38「聖なるもの」

●御言葉
あなたがこれらを聖別すると、神聖なものとなる。それに触れたものは、みな聖なるものとなる。(30:29)

●黙想
聖なるものに触れていますか。

人は触れるものの影響を受けます。

汚れたものに触れると汚れ、

聖なるものに触れると聖なるものになります。

聖書は聖なる神の言葉であり、

御言葉に触れるものは心と言葉が清められます。

礼拝堂は聖なるお方を礼拝する場所であり、

主に触れられると、罪が清められます。

聖なるものに触れ続ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト30:1-16「命」

◇2012年6月4日(月)
●出エジプト30:1-16「命」

●御言葉
あなたがイスラエルの人々から集めた命の代償金は臨在の幕屋のために用いる。それは、イスラエルの人々が主の御前で覚えられるために、あなたの命を贖うためである。(30:16)

●黙想
あなたの命は誰のものですか。

民は、贖い金をささげて、

自分の命を神の手に委ねました。

この贖い金には、命は人のものではなく、

神に属するものだという告白が込められています。

献金は献身のしるしであり、

わたしのものはすべて神のものであるという告白です。

命も時間も賜物も財産も、

すべて主のものであると告白する人は、

神の祝福を受けます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト29:35-46「礼拝」

◇2012年6月3日(日)
●出エジプト29:35-46「礼拝」

●御言葉
わたしはその所でイスラエルの人々に会う。そこは、わたしの栄光によって聖別される。(29:43)

●黙想
神様に会う備えはできていますか。

神様は聖なる方であり、

聖なる場所に御自身を現されます。

クリスチャンはキリストの十字架の血潮によって贖われ、

聖徒とされました。

聖徒が共に集まる場所が教会です。

今日は日曜日礼拝を捧げる日です。

時間を聖別し、

心を聖別し、

祈りつつ礼拝に臨みましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト29:19-34「祭司」

◇2012年6月2日(土)
●出エジプト29:19-34「祭司」

●御言葉
彼らは、自分たちの任職と聖別の儀式に祭して、罪の贖いとして用いられた献げ物を食べる。それは聖なるものであるから、一般の人は食べてはならない。(29:33)

●黙想
祭司の任職式の規定が続きます。

祭司とは、主のため、民のために働く人であり、

主は彼らの必要をすべて満たされました。

すべてのクリスチャンは祭司です。

キリストによって罪が贖われ、

聖なる者とされました。

明日は聖餐式が行われます。

祭司として任職されていることを覚えつつ、

聖餐の恵みに与りましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト29:1-18「聖別」

◇2012年6月1日(金)
●出エジプト29:1-18「聖別」

●御言葉
次に、聖別の油を取り、彼の頭に注ぎかけて、聖別する。(29:7)

●黙想
聖別していますか。

聖別とは、

神様に用いてもらうために、

取り分けることです。

献金はお金を聖別することであり、

献身は自分を聖別することです。

聖別のしるしとして、

油を注ぐのは、

神様の祝福が注がれることを意味します。

神様のために用いられるものや人は、

すべて祝福を受けます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30