出エジプト28:31-43「聖なる者」

◇2012年5月31日(木)
●出エジプト28:31-43「聖なる者」

●御言葉
また、純金の花模様の額当てを作り、その上に印章に彫るように「主の聖なる者」と彫りなさい。(28:36)

●黙想
あなたは誰の者ですか。

祭司は「主の聖なる者」と彫った額当てを装飾し、

神の御前に立つ者としての自覚を持ちました。

クリスチャンは、祭司であり、

聖なる国民であり、神のものとなった民です。

主の聖なる者である自覚を持ち、

主の御心に従って歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト

出エジプト28:15-30「御前に出る」

◇2012年5月30日(水)
●出エジプト28:15-30「御前に出る」

●御言葉
裁きの胸当てにはウリムとトンミムを入れる。それらは、アロンが主の御前に出るときに、その胸に帯びる。アロンはこうして、イスラエルの人々の裁きを、主の御前に常に胸に帯びるのである。(28:30)

●黙想
主の御心を求めて礼拝していますか。

祭司アロンは主の御心を尋ねるために、

主の御前に出て、民の裁きを行いました。

祭司であるクリスチャンは、

主の御心を求め、主の御前に出て、自らの歩みを正します。

日々、主の御前に出て、

生き方を軌道修正できる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト28:1-14「祭服」

◇2012年5月29日(火)
●出エジプト28:1-14「祭服」

●御言葉
あなたの兄弟アロンに威厳と美しさを添える聖なる祭服を造らねばならない。(28:2)

●黙想
アロンに着せられる祭服は、アロンの努めを表します。

アロンは祭服を着るのに相応しい人物だから着せられたのではなく、

神様から祭司としての使命を与えられたに過ぎません。

あなたにはキリストという礼服が準備されています。

キリストという礼服を身にまとい、

与えられた使命を忠実に果たす人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト26:15-37「示し

◇2012年5月27日(日)
●出エジプト26:15-37「示し」

●御言葉
こうして、山で示された方式に従って幕屋を造りなさい。(26:30)

●黙想
幕屋の作り方が細かく示されています。

これはシナイ山で神様がモーセに示したものです。

主が示されたとおりに行う。

クリスチャンの基本です。

今日はペンテコステです。

弟子たちは、主が示されたとおりにエルサレムに集まり、

一つになって祈っている時に、聖霊が降り、教会が誕生しました。

教会は主の山であり、示しが与えられる場所です。

主に示されたとおりに人生を形成する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト26:1-14「命」

◇2012年5月26日(土)
●出エジプト26:1-14「命」

●御言葉
次に、幕屋を多う十枚の幕を織りなさい。亜麻のより糸、青、紫、緋色の糸を使って意匠家の描いたケルビムの模様を織り上げなさい。(26:1)

●黙想
命の木を大切にしていますか。

幕屋にはケルビムが描かれました。

ケルビムとは、命の木を守る存在です。

アダムとエバは、罪を犯し、神から遠ざかり、

楽園を失い、命の木を喪失しました。

主が住まわれる場所(幕屋・神殿・教会)に

命の木があります。

イエス・キリストは命の木であり、

私たちに永遠の命を与えてくださるお方です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト25:23-40「臨在」

◇2012年5月25日(金)
●出エジプト25:23-40「臨在」

●御言葉
この机に供えのパンを、絶えずわたしの前に供えなさい。(25:30)

●黙想
共におられる主を意識していますか。

供えのパンとは、

臨在のパンという意味であり、

主の臨在の象徴です。

神が近くにおられることを覚えるため、

パンを供えたのです。

イエス様は臨在のパンであり、

いつもあなたと共におられます。

クリスチャンは聖餐のパンをいただく度に、

主が近くにおられることを覚えるのです。

インマヌエル。

主が共におられる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト25:1-22「祝福」

◇2012年5月24日(木)
●出エジプト25:1-22「祝福」

●御言葉
イスラエルの人々に命じて、わたしのもとに献納物を持って来させなさい。あなたたちは、彼らがおのおの進んで心からささげるわたしへの献納物を受け取りなさい。(25:2)

●黙想
自発的に捧げていますか。

イスラエルの民は、

おのおの心からの献げ物を主に捧げました。

その献げ物により、聖所が造られ、

維持され、働き人は養われました。

主のために進んで捧げる人は

天に宝を積む人であり、祝福された人です。

天に宝を積む人は、祝福の基となります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト24:9-18「礼拝」

◇2012年5月23日(水)
●出エジプト24:9-18「礼拝」

●御言葉
モーセは雲の中に入って行き、山に登った。モーセは四十日四十夜山にいた。(24:18)

●黙想
教会に行く目的は何ですか。

モーセは雲に覆われたシナイ山に登り、主に出会いました。

教会に行くことは、主の山に行くことであり、

礼拝を捧げることは、雲(主の臨在)の中に入り、

主に出会うことです。

教会は人に出会う場所ではなく、神と出会う場所です。

人と共に神に出会い、共に喜び、共に涙する場所です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト24:1-8「約束」

◇2012年5月22日(火)
●出エジプト24:1-8「約束」

●御言葉
モーセは戻って、主のすべての言葉とすべての法を読み聞かせると、民は皆、声を一つにして答え、「わたしたちは、主が語られた言葉をすべて行います」と言った。(24:3)

●黙想
約束を守っていますか。

イスラエルの民は神と契約を結びました。

信頼関係は目に見えない財産です。

信頼は約束を守ることを通し、蓄えられていきます。

神様との信頼関係を「信仰」と呼びます。

信仰の財産こそ、子どもや残された人々に残す最大の遺産です。

人に対しても、神に対しても、

信頼関係を築き上げる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト23:14-33「道」

◇2012年5月21日(月)
●出エジプト23:14-33「道」

●御言葉
見よ、わたしはあなたの前に使いを遣わして、あなたの道を守らせ、わたしの備えた場所に導かせる。(23:20)

●黙想
主が備えられた道を歩んでいますか。

♪主は道を日々つくられる

何もないように思えるときでも

主は御手で御もとで支え

新しい明日へ

主は道をつくられる

天地が滅びうせても

主の言葉は落ちず

荒野に道を 砂漠に川を

今日も つくられる♪


主の道を歩む者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

『神のガイダンス』

『神のガイダンス』
(箴言29:18)
(2012年5月20日 ベテル清水教会 聖日礼拝)

今年はオリンピックイヤーでありまして、7月のロンドンオリンピックが開かれます。
各競技、各種目でオリンピックの代表が選ばれていますが、夢破れた人たちも多くいます。
今回、二人のお笑い芸人がオリンピックを目指し、夢破れました。

一人は猫ひろしさんですね。
彼は、テレビで行われる芸能人のミニマラソンでよく走っている姿をみかけました。
彼が、カンボジアのマラソン代表で選ばれたというニュースを見たときには、猫だましにあったかのような驚きがありました。

国籍を変えてまで、目指したオリンピック。
しかし、国籍変更の規定にひっかかり、出場が取り消されました。

オリンピックで走りたい。
その夢を叶えるために、国籍を変えてまでチャレンジした、彼の姿には、賛否両論がありましが、わたしは、凄いと思います。

ある記者が「四年後のオリンピックを目指しますか」と聞きました。
すると彼は、「39歳になるんで。猫だったら3回死んでますよ」と言って、周囲を笑わせましたが、「でも行けると思ってます」ときっぱり宣言しました。

夢を語る人の姿は、美しいですね。

また、南海キャンディーズのしずちゃんは、ボクシングでオリンピックを目指していました。
先日行われた中国での世界選手権の3回戦で敗北しました。

本来ならば、大陸別推薦枠というのがあって、僅かなチャンスが残されていたのですが、日本側は、事前にこの推薦枠を申請していなかったので、彼女もオリンピック出場の夢は破れました。

夢に向かってチャレンジする人の姿は、美しいですね。

なでしこジャパンの澤選手がワールドカップで金メダルを取ったときに、彼女は自分の座右の銘を紹介しました。
「夢は見るものではなく、叶えるもの」

夢を叶えた人の姿もまた、美しいですね。

みなさんには、夢がありますか。
みなさんは、どんな夢をもっているでしょうか。

ある韓国ドラマで、こんな台詞がありました。
夢だけでは生きられない。
しかし、夢がなくては生きられない。

夢を持つことは大切です。
神様は、夢を見させる方です。
神様は、夢を与えてくださる方です。

神様が見させてくれる夢は、ドリームではありません。
神様が見させてくれる夢は、幻であり、ビジョンです。

聖書に出てくる人々は、神様から夢を与えられ、夢に生きた人です。
ビジョンが与えられ、ビジョンに生きた人です。

神様はアブラハムに夢を与えました。
天の空を仰がせて、あなたの子孫は星のようになる、と言いました。
大地の砂粒を見せて、あなたの子孫を大地の砂粒のようにする、と言って、夢の実現に向けて、彼を導いていきました。

神様はヤコブにも夢を与えました。
ヤコブは夢を見たので、どんなに厳しい試練にも耐え抜きました。

神様はヨセフにも夢を与えました。
ヨセフは夢を見たので、奴隷になり、囚人になっても、主から離れず、夢が実現する日を待ちました。
そして、彼は、エジプトで総理大臣になり、夢が現実になったのです。

神様はモーセにも夢を与えました。
彼は、自分の力で夢を実現しようとしましたが、失敗しました。
しかし、40年後、神様は夢を叶えさせ、イスラエルの民はエジプトから救われたのです。
神様はダビデにも夢を与え、彼はイスラエルの国を統一させました。
神様はソロモンにも夢を与え、神殿を築かせたのです。

みなさん。神様は夢を与えるお方です。ビジョンを与えるお方です。
そして、その夢に向かって、私たちを導かれるお方です。

今朝も、主題メッセージです。
箴言の29章18節の御言葉を取り上げています。
もう一度読みます。
29:18 幻がなければ民は堕落する。教えを守る者は幸いである。

箴言というのは、イスラエルの知恵袋です。
ユダヤ人ほど、知恵深い民族はありません。
彼らは、子供の頃から聖書を読み聞かされます。
特に、箴言にある教えを、徹底的に教えられるのです。

箴言は31章ありますから、毎日、1章ずつ読んで、毎月、箴言を読み続けている人もいます。

「幻がなければ民は堕落する」
この歌詞から、「高く掲げよ」というワーシップソングが生まれました。

高く掲げよ。あなたがたの幻を
さらに高く 掲げよ あなたがたの幻を
幻のない民 みな滅びる
幻のない民 むなしく過ごす
高く掲げよ 幻を さらば主の栄光をみよ

ベテルチャーチがスタートして8年目に入ります。
西神の地でスタートしたとき、近所におられるクリスチャンの方が礼拝に来られました。
そして、わたしに聞きました。
「先生のビジョンは何ですか」「どんな教会を目指しているんですか」と。

教会の中からも、よく聞かれ、わたしは自分の思いを伝えましたが、ダッチロールしていましたね。明確なビジョンがなかったのです。

これではいけないと、ビジョンについて考えましたが、考えてもダメなんですね。
ビジョンとは、青写真。
わたしがどのような教会を作りたいのか。
それを描かなければならない。
しかし、あれこれ考えても、定まりませんでした。

幻のない民 みな滅びる。
ビジョンという言葉に、アレルギーを感じることもありました。

わたしはビジョンについて、勘違いしていました。
ビジョンを自分で考えようとしていたからです。

みなさん。ビジョンは上から与えられるものです。
主が示してくださるものです。
わたしはその時を待たなければならなかったのです。

幻がなければ民は堕落する。

この幻とは、何でしょうか。
この「幻」と訳しているヘブライ語は「預言」とも訳せる言葉です。
ですから、口語訳聖書では「預言」と訳されています。

みなさん。「幻」というのは「預言」のことです。
預言がなければ、民は堕落する、と言われているのです。

「預言」というのは、将来を占う「予言」ではありません。
「預言」という字は、「言葉を預かる」と書きます。

ですから、預言者というのは、未来を占う予言者ではなく、
神の言葉を預かって語る者、神の代わりに、神の言葉を語る人のことです。

つまり、神の言葉がないと、民は堕落する、という意味です。
英語の聖書では、預言はGod's guidance と訳されています。
神のガイダンス。今日の説教のテーマです。

ガイダンスとは、指導、指図、手引きという意味です。
学校教育では、学業や進路に対し、生徒をガイダンスしますね。

幻がなければ民は堕落する。

預言がなければ、つまり、神の指導がなければ、民は堕落する。
神の指図がなければ、民は堕落する。
神の手引きがなければ、民は堕落するという意味です。

新改訳では「ほしいままにふるまう」
口語訳では「わがままにふるまう」と訳されています。

みなさん。家庭で指導が行われないと、子供は堕落し、わがままになります。
学校で指導が行われないと、生徒は堕落し、わがままになります。

これは教会でも同じです。
教会で指導が行われないと、クリスチャンは堕落し、わがままになります。

みなさん。この聖書というのは、神のガイダンスです。
人生の手引き書です。
人生のガイドラインです。

どのように生きればいいのか。
私たちに夢を与え、生きる方向性を示してくれる書物です。

今、聖書日課では、出エジプト記を読んでいます。
イスラエルの民は、エジプトを脱出しました。

彼らは、エジプトを離れ、新しい生き方を始めました。
どのように生きていけばよいのか。
神様は、彼らが幸せに生きるためのガイドラインを示しました。
それが律法です。
律法とは、神の教えです。

29:18 幻がなければ民は堕落する。教えを守る者は幸いである。

イスラエルの民は、預言を大切にし、その教えを守りました。
ここにこそ、幸せがあると、子どもたちに伝えたのです。

みなさん。ユダヤ民族は、なぜ滅びなかったのでしょうか。
迫害され、世界中に散らされながらも、彼らは滅びませんでした。

やがて彼らは、再び国を建て直しました。
彼らが滅びなかった理由は、幻を失わなかったからです。
預言を大切にしたからです。
神の言葉を重んじたからです。

みなさん。聖書を大切にしましょう。
神様は、聖書を通して、私たちに語りかけます。

神様は、聖書を通して、私たちに進むべき方向を示します。
神様は、聖書を通して、私たちに夢を見させます。
神様は、聖書を通し、ビジョンを与えられるのです。

わたしは夢のない人でした。
もう聞き飽きたと思う人もいるかもしれませんが、言わせてもらいます。

普通に生きて、普通に結婚して、普通に死ぬ。
私の両親が普通でなかったから、普通にあこがれたのかも知れません。

しかし、神様はわたしに夢を見させてくださいました。
25歳の時に、仕事を辞めて、神学校に行きました。
どんな牧師になり、どんな働きができるのか分かりません。
ただ、神の導きに従いました。

その結果、神様はたくさんの夢を見させてくれました。
たくさんの夢を叶えさせてくれました。

普通でなくて良かった、と思っています。
もし、今、天に召されても、わたしは後悔しません。
しかし、生かされたら、またこれから神様は夢を見させてくれると思っています。

8年前、高砂教会を辞めて、新しく教会を始めました。
どんな教会になり、どんな働きができるのか分かりませんでした。
人間的な意味でビジョンを持ってスタートしたのではありません。

よく、開拓される先生は、明確なビジョンを持ってスタートされるのですが、私にはそれがありませんでした。
ただ、神の導きに従って、神のガイダンスに従って歩んできました。

しかし、神様はわたしの人生に最善のことをなしてくれました。
夢を見させ、夢を実現させてくれました。

ここの場所を買ったときも、神様は夢を見せてくれました。
40日間。朝の朝食時間を断食して、祈り続けて、ちょうど土曜日の朝でした。
インターネットで不動産の物件を見て、「ここが欲しい」と直感的に思いました。

わたしは気にしちゃんですから、隣近所とのトラブルは避けたい。
前の教会で、隣からの苦情をいつも聞いていたので、わたしにとって、最適な環境でした。
神様は、その夢を叶え、この場所を買うことができました。
もちろん、みなさんの祈りと協力があったからこそ、実現できたことです。

その後、教会と住居を分離し、ここを教会にしたいという夢を持ちました。
家と教会が一緒だと、教会活動が制限されます。
神様は、その夢も、実現へと導いてくれました。

次なる問題は、家の移転先です。
教会から離れていると、不便です。
ですから、すぐ近くに家が欲しいと願いました。

すると、神様はすぐに夢を見させてくれました。
今の家が、売りに出されている看板を見たんですね。
ここがいいと思って、祈り始めました。

しかし、値段が高く、現実には難しく、他の場所を探しましたが、わたしはその場所がいいと祈っていました。
すると、値段が下がっていったんですね。
これなら買えるかなという値段になって、すぐに契約しました。

今回、母が同居することになり、土間の部分を改装し、一つの部屋を造ることができましたのでが、他の家では、同居は難しかったのです。
本当に、最適な場所を、神様は用意してくれました。

みなさん。神様のガイダンスに従っていくと、神様は、最善をなしてくださいます。

みなさん。聖書は夢の宝庫です。
神様は、聖書を通して、私たちに夢を見せてくれます。
ビジョンを与えてくれます。
そして、神様に従って歩めば、夢が実現していくのです。

私の大好きな日ハムは、2004年に北海道に移転しました。
ちょうど、ベテルチャーチのスタートと同じ年なんですね。
それがどうしたの、と思われるかも知れませんが、ファンの私にとっては、運命を感じたりします。

札幌ドームの近くに羊ヶ丘公園というのがあります。
そこの展望台には、有名なクラーク博士の銅像があります。
みなさんも、写真などで見たことがあると思いますが、
右手を横に伸ばして立っている銅像です。

Boys ,be ambitious. 「少年よ、大志を抱け」
この言葉を知らない人はいないでしょう。

クラーク博士は、札幌農学校、今の北海道大学の初代教頭です。
同志社大学の創立者である新島襄の紹介で、日本に招かれ、たった8ヶ月の滞在でしたが、学生達に聖書を配り、福音を伝えました。

クラーク博士は、神のガイダンスである聖書を生徒に教えました。
彼は「イエスを信じる者の誓約」を作成し、一期生たちは、次々と署名し、イエス様を信じる告白をしていきました。
その二期生には、新渡戸稲造や内村鑑三の姿があり、彼らもクラーク博士が作成した、この誓約にサインし、クリスチャンになったのです。

みなさん。聖書は神のガイダンスです。
クラーク博士は、聖書を教え、学生達に「少年よ、大志を抱け」と言い残して、学校を去ったのです。
たった八ヶ月の滞在ですが、日本で大きな働きをしました。
彼は、神に導かれて日本に来て、夢を与えて帰って行ったのです。

クラーク博士のこの言葉には、in Christという言葉が抜けている、という説があります。

クラーク博士は、Boys ,be ambitious in Christ ! と語ったというのです。
「少年よ、キリストにあって、大志を抱け」

この in Christ 、あるいは、in Godかもしれません。
彼が熱心なクリスチャンであり、使命を持って日本に来て、聖書を教え、多くの人々がイエス様を受け入れたことを考えると、この説が正しいと思います。

神に導かれて夢を見るならば、その夢は実現します。

パウロは言いました。
あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。(フィリピ2:13)

みなさん。神様はみなさんの内側に働きかけて願いを起こさせます。

みなさんはどんな夢を見ているでしょうか。
自分が考えた夢ではなく、神様が与えてくれる夢を見ましょう。

御言葉を通して与えられる夢は、実現します。

神のガイダンスである聖書に親しみましょう。
毎日、聖書を読み、黙想する時間を持ちましょう。
そして、神様を信頼し、従って行けば、夢は実現すると信じます。
お祈りいたします。

出エジプト23:1-13「魂の休息日」

◇2012年5月20日(日)
●出エジプト23:1-13「魂の休息日」

●御言葉
あなたは六日の間、あなたの仕事を行い、七日目には、仕事をやめなければならない。それは、あなたの牛やろばが休み、女奴隷の子や寄留者が元気を回復するためである。(23:12)

●黙想
週に一度、休息を与えていますか。

あなたが休むと、周りも休めます。

日曜日は、魂の休息日であり、

元気を回復する日です。

あなたが休めば、周りも休まり、

あなたが元気になると、周りも元気になります。

今日も、主を礼拝し、

身も心も魂もリフレッシュさせ、

新しい一週間をスタートしていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト22:15-30「憐れみ」

◇2012年5月19日(土)
●出エジプト22:15-30「憐れみ」

●御言葉
もし、彼がわたしに向かって叫ぶならば、わたしは聞く。わたしは憐れみ深いからである。(22:26b)

●黙想
苦境に置かれた人を助けていますか。

イスラエルの民は、貧しい人を助け、

旅人をもてなすこと大切にしました。

主が憐れみ深い方であることを知っていたからです。

主があなたを憐れんでくださったように、

憐れみ深い者となりますように。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト21:37-22:14「盗み」

◇2012年5月18日(金)
●出エジプト21:37-22:14「盗み」

●御言葉
人が牛あるいは羊を盗んで、これを屠るか、売るかしたならば、牛一頭の代償として牛五頭、羊一匹の代償として羊四匹で償わねばならない。(21:37)

●黙想
窃盗事件に対する規定です。

古今東西。窃盗事件は後を絶ちません。

社会の安定のためには罰則規定が必要です。

盗みとは、人のものを自分のものにすることです。

預けられたものを自分のものにすることも盗みになります。

神から預けられたものを自分のものにすることは、

神に対する窃盗行為です。

それぞれ自分に預けられたものを管理して生きる。

ここにクリスチャンの生き方があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト21:28-36「悪癖」

◇2012年5月17日(木)
●出エジプト21:28-36「悪癖」

●御言葉
ただし、もし、その牛に以前から突く癖があり、所有者に警告がなされていたのに、彼がその警告を守らず、男あるいは女を死なせた場合は、牛は石で打ち殺され、所有者もまた死刑に処せられる。(21:29)

●黙想
悪癖を野放しにしていませんか。

イスラエルは牧畜民であり、

牛による事故が度々起こりました。

通常は、牛の処分だけで済みましたが、

牛のしつけを怠り、警告に耳を傾けなかった所有者は、

自らの命をもって代償を支払わされたのです。

悪い癖を放置すると、必ずツケが回ってきます。

御言葉の警告を守り、自らをしつけなおす人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト21:12-27「目には目」

◇2012年5月16日(水)
●出エジプト21:12-27「目には目」

●御言葉
目には目、歯に歯、手には手、足には足、やけどにはやけど、生傷には生傷、打ち傷には打ち傷をもって償わねばならない。(21:24-25)

●黙想
これは「同害復讐法」です。

やられたら二倍にして返したくなるものです。

人は受けた傷よりも大きい報復を求めます。

その結果、報復合戦が起こり、やがて戦争になります。

神様は、過ぎた復讐を禁じています。

イエス様は「敵を赦し、愛しなさい」と教え、

パウロは「自分で復讐せず、神の怒りにまかせなさい」と語っています。

赦すことにより、争いは終わり、平和が実現するのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト21:1-11「奴隷」

◇2012年5月15日(火)
●出エジプト21:1-11「奴隷」

●御言葉
あなたがヘブライ人である奴隷を買うならば、彼は六年間奴隷として働かなければならないが、七年目には無償で自由の身となることができる。(21:2)

●黙想
あなたは何かに束縛されていませんか。

主はエジプトで奴隷となっていた民に自由を与えました。

今は奴隷制度はありませんが、

今も、奴隷のように自由を失っている人はいます。

主は罪の奴隷となっている人々を贖い(買い取り)ました。

クリスチャンは主の焼き印が押されたキリストの奴隷です。

主を愛し、生涯、主の奴隷として生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト20:12-26「恐れから畏れへ」

◇2012年5月14日(月)
●出エジプト20:12-26「恐れから畏れへ」

●御言葉
モーセは民に答えた。「恐れることはない。神が来られたのは、あなたたちを試すためであり、また、あなたたちの前に神を畏れる畏れをおいて、罪を犯させないようにするためである。」(20:20)

●黙想
神を畏れていますか。

神はモーセに現れ、十戒を授けました。

その時、民は恐れました。

主の臨在に触れると、人は恐れます。

主は「恐れるな」と語り、御心を明らかにします。

恐れが畏れに変えられ、

御言葉に従順する時、生き方が変わります。

「すべてに耳を傾けて得た結論。神を畏れ、その戒めを守れ。これこそ、人間のすべて」(コヘレト12:13)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

出エジプト20:1-11「十戒」

◇2012年5月13日(日)
●出エジプト20:1-11「十戒」

●御言葉
わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える。(20:6)

●黙想
今日から出エジプト記に戻ります。

20章は有名な十戒です。

神を愛し、その戒めを守る者には祝福が約束されます。

神を愛するとは、神以外のものを神として、慕わないことです。

今日は日曜日です。

聖なる日を覚え、聖別し、

礼拝を捧げる人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

二ペトロ3:8-18「主の日」

◇2012年5月12日(土)
●二ペトロ3:8-18「主の日」

●御言葉
ある人たちは、遅いと考えているようですが、主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです。(3:9)

●黙想
主の忍耐の深さに感謝していますか。

主の約束とは、救いの完成の日(再臨)であり、

裁きの日(終末)でもあります。

主の忍耐深さは救いであり、

主は、一人も滅びないようにと忍耐しておられるのです。

しかし、この忍耐もエンドレスではありません。

終わりがあります。

その日が来る前に、

主に立ち帰り、主を待ち望んで生きる人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

二ペトロ3:1-7「真理」

◇2012年5月11日(金)
●二ペトロ3:1-7「真理」

●御言葉
愛する人たち、わたしはあなたがたに二度目の手紙を書いていますが、それは、これらの手紙によってあなたがたの記憶を呼び起こして、純真な心を奮い立たせたいからです。(3:1)

●黙想
毎日、聖書を読んでいますか。

ペトロは、偽教師たちの語る言葉に惑わされ、

真理の道から外れてしまわないように、手紙を書きました。

真理の道を歩むためには、

いつも本物(真理)を見続ける必要があります。

神の約束に堅く立ち、揺るがされないためにも、

毎日、真理の御言葉を読む習慣を身につけましょう。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

二ペトロ2:15-22「義の道」

◇2012年5月10日(木)
●二ペトロ2:15-22「義の道」

●御言葉
わたしたちの主、救い主・イエス・キリストを深く知って世の汚れから逃れても、それに再び巻き込まれて打ち負かされるなら、そのような者たちの後の状態は、前よりもずっと悪くなります。義の道を知っていながら、自分たちに伝えられた聖なる掟から離れ去るよりは、義の道を知らなかった方が、彼らのためによかったであろうに。(2:20-21)

●黙想
神様と共に歩んでいますか。

神様の愛と恵みを知りながらも、

神様から離れて生きるならば、

むしろ知らなかった方がましだ、とペトロは言いました。

地獄とは、神様のいない世界だからです。

義の道を知り、神と共に歩み続ける人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

二ペトロ2:1-14「敬虔」

◇2012年5月9日(水)
●二ペトロ2:1-14「敬虔」

●御言葉
主は、信仰のあつい人を試練から救い出す一方、正しくない者たちを罰し、裁きの日まで閉じ込めておくべきだと考えておられます。(2:9)

●黙想
あなたは敬虔な人ですか。

敬虔な人(信仰のあつい人)は、

試練に遭遇しても、神の恵みによって救い出されます。

御言葉は正しくない者を敬虔な人に変える神の力です。

QTは信仰をあつくします。

QTとは、Quiet Timeの略字で、

毎日、静かな時間と場所を定めて、

神と個人的に出会い、

聖書のみことばを通して、

自分に与えられた神の御声を聞き、

黙想し、生活に適用することにより、

生活の変化と成熟を目指そうとする敬虔訓練です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ5:8-14「悪魔」

◇2012年5月6日(日)
●一ペトロ5:8-14「悪魔」

●御言葉
身を慎んで目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。(5:8)

●黙想
この世に働く悪の力に抵抗していますか。

悪魔は霊的な存在であり、感情をコントロールします。

ネガティブな感情、破壊的な思い、

欲望を抱く時、悪魔は近づき、

その思いを煽りたて、行動に至らせようとするのです。

信仰と恵みに堅く立ち、身と心が守られますように。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。

なお、明日から二日間。御言葉メールはお休みします。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ5:1-7「率先垂範」

◇2012年5月5日(土)
●一ペトロ5:1-7「率先垂範」

●御言葉
ゆだねられている人々に対して、権威を振り回してはいけません。むしろ、群れの模範になりなさい。(5:3)

●黙想
自らが模範を示していますか。

連合艦隊司令長官山本五十六は

「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、

誉めてやらねば人は動かじ。」と言いました。

自ら率先して模範を示すことを「率先垂範」と言います。

これはキリストの姿であり、

変えられた弟子たちの姿です。

主の後ろ姿を見て、

自らも率先して従い、

模範を示していく人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ5:1-7「思い煩い」

◇2012年5月4日(金)
●一ペトロ5:1-7「思い煩い」

●御言葉
思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。(5:7)

●黙想
神様を信頼していますか。

信仰とは、神様を信頼し、神様にお任せすることです。

思い煩いを神様に任せられるのは、

神様を信頼している証拠です。

神様を信頼する人は謙遜な人です。

「神は、高慢な者を敵とし、謙遜な者には恵みをお与えになる」。

謙遜を身に着け、主を信頼し、

主に委ねて生きる人は幸せです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ4:1-11「時間」

◇2012年5月3日(木)
●一ペトロ4:1-11「時間」

●御言葉
万物の終わりが迫っています。だから、思慮深くふるまい、身を慎んで、よく祈りなさい。何よりもまず、心を込めて愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです。(4:7-8)

●黙想
死を意識していますか。

タイムリミットが分かれば、

時間の使い方が変わります。

命は時間です。

時間の浪費は命の浪費です。

罪(自分の欲望)のために使うのではなく、

愛(神の御心)のために使う者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

一ペトロ3:13-22「QT」

◇2012年5月2日(水)
●一ペトロ3:13-22「QT」

●御言葉
心の中でキリストを主とあがめなさい。あなたがたの抱いている希望について説明を要求する人には、いつでも弁明できるように備えていなさい。(3:15)

●黙想
心の中でキリストを主と崇めていますか。

週に一度、教会に行き、主を崇め、礼拝することは大切です。

しかし、もっと大切なことは、日々、心の中で主を崇めることです。

これがQT(御言葉の黙想)です。

QTをする人は、希望を抱く人であり、

証が生まれます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一ペトロ3:1-12「後ろ姿」

◇2012年5月1日(火)
●一ペトロ3:1-12「後ろ姿」

●御言葉
同じように、妻たちよ、自分の夫に従いなさい。夫が御言葉を信じない人であっても、妻の無言の行いによって信仰に導かれるようになるためです。神を畏れるあなたがたの純真な生活を見るからです。(3:1-2)

●黙想
人の生き方は後ろ姿に現れます。

主を畏れ、主に仕えるように夫に仕える人は、

神の前で価値のある生き方です。

主を畏れ、主を愛するように妻を愛し、敬う人は、

神の前で価値のある生き方です。

後ろ姿の美しい人は

神の祝福を受け継ぐ人です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -