FC2ブログ

レビ記27:26-34「祝福」

◇2011年12月31日(土)
●レビ記27:26-34「祝福」

●御言葉
土地から取れる収穫量の十分の一は、穀物であれ、果実であれ、主のものである。それは聖なるもので主に属す。(27:30)


●黙想
十分の一の献げ物をどのように受け止めていますか。

収入の十分の一は主のものとして、

捧げていく人は、神様の祝福を受けます。

「十分の一の献げ物をすべて倉に運び、わたしの家に食物があるようにせよ。これによって、わたしを試してみよと、万軍の主は言われる。必ず、わたしはあなたたちのために天の窓を開き、祝福を限りなく注ぐであろう」(マラキ3:10)。

今日で2011年が終わります。

明日から始まる一年が祝福に満ちた一年となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
スポンサーサイト

レビ記27:16-25「ヨベルの年」

◇2011年12月30日(金)
●レビ記27:16-25「ヨベルの年」

●御言葉
ヨベルの年が来ると、その畑はこの先祖伝来の畑を売った元の所有者に戻る。(27:24)

●黙想
自分のものに執着していませんか。

ヨベルの年は、自由と解放をもたらし、

貧富の格差を是正するのに有益な制度でした。

ヨベルの年は、執着から解放される年でもあります。

主に捧げることによって、あらゆる執着からの解放されます。

主のものは主に返す心を持って生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記27:1-15「誓願」

◇2011年12月29日(木)
●レビ記27:1-15「誓願」

●御言葉
もし、主への献げ物として家畜を携える場合、主にささげるものはすべて、聖なるものとなる。(27:9)

●黙想
誓願を守っていますか。

クリスチャンは、神と会衆との前で誓約をし、

洗礼を受けてクリスチャンになりました。

クリスチャンは主のものであり、聖徒と呼ばれます。

主に仕え、教会に仕え、

神に栄光、地に平和をもたらす者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

レビ記26:40-46「悔い改め」

◇2011年12月28日(水)
●レビ記26:40-46「悔い改め」

●御言葉
しかし、もし彼らが自分と自分の先祖の罪、すなわち、わたしを欺いて、反抗した罪を告白するならば、(26:40)


●黙想
最後の切り札を持っていますか。

神様はイスラエルの民を見捨てず、

彼らとの契約を思い起こし、回復の道を備えられました。

最後の切り札は「悔い改め」です。

主に立ち帰ることです。

放蕩息子は、すべてを喪失しましたが、

子の身分が残っていました。

彼は悔い改め、父の家に帰ることで、回復を経験したのです。

悔い改めは回復の切り札です。

今週で2011年が終わります。

主に立ち帰り、新しい年が祝福された一年となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

レビ記26:27-39「不安と平安」

◇2011年12月27日(火)
●レビ記26:27-39「不安と平安」

●御言葉
彼らは追う者もないのに、剣に追われるように逃げてつまずき、折り重なって倒れる。あなたたちは敵の前に立ち上がることがない。(26:37)

●黙想
どんな時に平安がありますか。

イスラエルの民は不従順の結果、

敵地であるバビロンに連行され、

得体の知れない不安に怯えるようになりました。

彼らはこの苦い体験を通し、

どこに安息と平安があるのかを再発見するようになります。

インマヌエル、神が共におられる世界には、

人知を超える平安があります。

主が近くにいる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

PS.ベテルブログ「Merry Christmas!」が更新されました。

レビ記26:14-26「従順」

◇2011年12月26日(月)
●レビ記26:14-26「従順」

●御言葉
それでも、まだわたしの懲らしめが分からず、反抗するならば、わたしもまた、あなたたちに立ち向かい、あなたたちに罪に七倍の災いをくだす。(26:23-24)

●黙想
御言葉に従順していますか。

従順は祝福の実を結び、不従順は災いをもたらします。

人の心は頑なです。

出エジプトの物語に出てくるファラオの姿は、

イスラエルの民の後の姿でもあります。

頑なな心は不幸の元凶です。

「お言葉どおり、この身になりますように」と、

主が計画された人生に身を委ねて生きる人は「幸いな人」と呼ばれるでしょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ2:1-12「メリー・クリスマス」

◇2011年12月25日(日)
●マタイ2:1-12「メリー・クリスマス」

●御言葉
家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。(2:11)


●黙想
クリスマスの本質は「礼拝」です。

礼拝の本質は「捧げること、仕えること」です。

神には「栄光があるように」と神に礼拝を捧げ、

地に住む人々に「平和があるように」と、世に仕える者となりますように。

今日はクリスマスサンデーです。

主の降誕と主の復活を喜び祝い、礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ルカ2:1-14「メリー・クリスマス」

◇2011年12月24日(土)
●ルカ2:1-14「メリー・クリスマス」

●御言葉
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。(2:11)

●黙想
今日はクリスマスイブです。

主イエス・キリストは

あなたを救うためにこの世に来られました。

クリスマスの本質は「礼拝」です。

「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」と讃美し、

クリスマスを迎えていきましょう。

今晩、8時からクリスマス燭火礼拝があります。

共に主を喜び祝いましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ1:18-25「インマヌエル」

◇2011年12月23日(金)
●マタイ1:18-25「インマヌエル」

●御言葉
「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。(1:23)

●黙想
共におられる神さまに気づいていますか。

どんなに近くにいても、

背中を向けていれば、気づくことができません。

あなたが生まれてから今日まで、神さまは共におられました。

クリスマスに生まれたイエス・キリストは、そのしるしです。

イエス様に出会い、

罪赦され、神さまを見つめて歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記26:1-13「あなたたちの神」

◇2011年12月22日(木)
●レビ記26:1-13「あなたたちの神」

●御言葉
わたしはあなたたちのただ中にわたしの住まいを置き、あなたたちを退けることはない。わたしはあなたたちのうちを巡り歩き、あなたたちの神となり、あなたたちはわたしの民となる。(26:11-12)

●黙想
あなたの信じている神さまはどこにいますか。

主はあなたの中におられ、

主は主を信じる人々(教会)のただ中におられるのです。

主はあなたもあなたの周りにいる仲間も退けられることはありません。

主はあなたの神であると共に、

あなたたちの神であることを忘れてはならないのです。

教会の交わりから退けられる人がいませんように。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記25:47-55「ヨベルの年」

◇2011年12月21日(水)
●レビ記25:47-55「ヨベルの年」

●御言葉
イスラエルの人々はわたしの奴隷であり、彼らはわたしの奴隷であって、エジプトの国からわたしが導き出した者だからである。わたしはあなたたちの神、主である。(25:55)


●黙想
今、あなたは誰かに、何かに束縛されていませんか。

ヨベルの年は解放と安息の年です。

その時、まことの主人が誰であるのかが明らかになります。

クリスチャンは、洗礼を受けたときに主のものとなり、

たとえ束縛されることがあっても、必ずヨベルの年が訪れます。

主にあって、自由を得る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記25:35-46「助け合う心」

◇2011年12月20日(火)
●レビ記25:35-46「助け合う心」

●御言葉
もし同胞が貧しく、自分で生計を立てることができないときは、寄留者ないし滞在者を助けるようにその人を助け、共に生活できるようにしなさい。(25:35)

●黙想
募金や対外献金に協力していますか。


助け合う心、捧げる心にはぬくもりがあります。


この心を失うと、家庭や教会、学校や職場、社会は冷えていきます。


「あなたがたの現在のゆとりが彼らの欠乏を補えば、


いつか彼らのゆとりもあなたがたの欠乏を補うことになり、


こうして釣り合いが取れるのです。」(二コリ8:14)。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記25:23-34「所有」

◇2011年12月19日(月)
●レビ記25:23-34「所有」

●御言葉
土地はわたしのものであり、あなたたちはわたしの土地に寄留し、滞在する者にすぎない。(25:23b)

●黙想
あなたが所有しているものは、すべて主のものです。

人はたとえどんなに多くのものを所有しようとも、

命の終わりには手放さなければなりません。

今持っているものはすべて、主のものであり、

主から貸し与えられ、やがて返却する時が来ます。

所有者(神)の御心に従って用いていく人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

PS.ベテルブログ「キッズクリスマス」が更新されました。

レビ記25:13-22「平穏」

◇2011年12月18日(日)
●レビ記25:13-22「平穏」

●御言葉
あなたたちはわたしの掟を行い、わたしの法を忠実に守りなさい。そうすれば、この国で平穏に暮らすことができる。土地は実りが生じ、あなたたちは十分に食べ、平穏に暮らすことができる。(25:18-19)

●黙想
どうすれば平穏に生きられますか。

平穏な人とは満足と安息を得ている人です。

平穏の秘訣は神の掟を守ることです。

神の掟は愛です。

人を愛する人は満足を得、

神を愛する人は安息を得ます。

今日は日曜日です。

礼拝は神さまを愛し、安息を得、

人を愛する力を得る日です。

今日も祝福がありますように。。byバルナバ

レビ記25:1-12「安息」

◇2011年12月17日(土)
●レビ記25:1-12「安息」

●御言葉
この五十年目の年を聖別し、全住民に解放の宣言をする。それが、ヨベルの年である。(25:10a)

●黙想
主の安息を守っていますか。


主は安息日だけではなく、


七年目には安息年、


五十年目にはヨベルの年を定めました。


主の安息は魂をリフレッシュと解放と祝福をもたらします。


安息することで八日目、八年目、五十一年目が祝福されるのです。


主の安息を聖別する人は幸いです。今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記24:10-23「償い」

◇2011年12月16日(金)
●レビ記24:10-23「償い」

●御言葉
人に傷害を加えた者は、それと同一の傷害を受けなければならない。(24:19)

●黙想
人に罪を犯した場合、同一の代価が要求されました。


その代価を払い、再び罪を犯さないように気をつけました。


神を冒涜し、神に罪を犯した場合、死が宣告されました。


「罪の支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、わたしたちの主イエス・キリストによる永遠の命なのです」(ローマ6:23)


主はあなたの罪を償い、代価を支払ってくださいました。


「これはから、もう罪を犯してはならない」(ヨハネ8:11)。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記24:1-9「ともし火」

◇2011年12月15日(木)
●レビ記24:1-9「ともし火」

●御言葉
アロンは主の御前に絶やすことなく火を灯すために、純金の燭台の上にともし火皿を備え付ける。(24:4)

●黙想
あなたのともしびは輝いていますか。


ともし火は主の臨在の見える印です。


聖所に灯された火は神さまの栄光のシンボルでした。


ともし火を見ながら、神さまが共におられ、


見守ってくださることを確信したのです。


祈りは灯火のようです。


絶えず祈る人は、神が共におられ、見守り、


最善をなして下さることを確信し、安心して休むことができます。


祈りの灯火を絶やさない人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記23:33-44「記念日」

◇2011年12月14日(水)
●レビ記23:33-44「記念日」

●御言葉
モーセは、以上の主の祝日のことをイスラエルの人々に告げた。(23:44)


●黙想
あなたは救いの記念日を祝っていますか。


イスラエルの人々は、主の恵みの御業を忘れないように、


毎年ごとに、祝祭を行いました。


仮庵の祭りは、荒れ野の中で主に守られたことを忘れないための祭りです。


主は救い主です。


救って終わりではなく、必要なものを備え、守り導いてくださる主です。


もうすぐクリスマスです。


クリスチャンにとって大切な記念日です。


共に主を喜び祝い、感謝を捧げましょう。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記23:23-32「贖罪日」

◇2011年12月13日(火)
●レビ記23:23-32「贖罪日」

●御言葉
第七の月の十日は贖罪日である。聖なる集会を開きなさい。あなたたちは苦行をし、燃やして主にささげる献げ物を携えなさい。(23:27)

●黙想
あなたは罪過ちをどのように始末していますか。


贖罪日とは、年に一度、大祭司が至聖所に入り、


民の罪を始末し、神の赦しを得る日でした。


キリストは大祭司として、


十字架の上で罪の始末をしてくださいました。


それ以来、いつでも贖罪が可能となりました。


十字架を仰ぎ、悔い改める(神に立ち帰る)なら、


あなたの罪は全て始末されます。


朝ごとに、主に立ち帰り、主を讃美し、


一人で聖なる集会(QTタイム)を過ごす人は毎日が贖罪日です。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記23:15-22「落ち穂」

◇2011年12月12日(土)
●レビ記23:15-22「落ち穂」

●御言葉
畑から穀物を刈り取るときは、その畑の隅まで刈り尽くしてはならない。収穫後の落ち穂を拾い集めてはならない。貧しい者や寄留者のために残しておきなさい。わたしはあなたたちの神、主である。(23:22)

●黙想
貧困や苦難の中にある人を心にかけていますか。


クリスマスが近づいています。


クリスマスの心は捧げる心です。


貧しい人や苦難の中にある人々を支援している人々がいます。


その働きを覚えて祈り、捧げる人々も必要です。


初物は主に捧げ(献金)、


残り物を分け与える(募金する)人は幸いです。byバルナバ

レビ記23:1-14「初穂」

◇2011年12月11日(日)
●レビ記23:1-14「初穂」

●御言葉
イスラエルの人々に告げてこう言いなさい。わたしが与える土地に入って穀物を収穫したならば、あなたたちは初穂を祭司のもとに携えなさい。(23:10)


●黙想
収入があった時、


まずあなたの心はどこに向けられていますか。


初穂を献げるとは、


まず、主に感謝を献げなさい、ということです。


初穂を献げることによって、


神さまは残りの物を祝福してくださいます。


礼拝も同じです。


週の初めの日を捧げることによって、


残りの日々が祝福されます。


QTも同じです。


一日の初めを主に捧げることによって、


その日一日が祝福されるのです。


今日は日曜日です。


共に主を礼拝し、神さまの祝福を受けましょう。byバルナバ

二テサロニケ3:1-18「守り」

◇2011年12月10日(土)
●二テサロニケ3:1-18「守り」

●御言葉
しかし、主は真実な方です。必ずあなたがたを強め、悪い者から守ってくださいます。(3:3)

●黙想
あなたは主に守られた経験がありますか。


パウロほど多くの苦しみを経験した人はいないでしょう。


二コリント11章にはパウロの苦しみが列挙されています。


パウロは何度も主に守られ、主への信頼は揺らがないものとなりました。


「神は、これほど大きな死の危険からわたしたちを救ってくださいましたし、

また救ってくださることでしょう。

これからも救ってくださるにちがないと、

わたしたちは神に希望をかけています。」(二コリ1:10)。



主はあなたを守られるお方です。


今日も主の守りがありますように。


御名によって祝福します。byバルナバ

二テサロニケ2:1-17「アドベント」

◇2011年12月9日(金)
●二テサロニケ2:1-17「アドベント」

●御言葉
さて、兄弟たち、わたしたちの主イエス・キリストが来られることと、そのみもとにわたしたちが集められることについてお願いしたい。(2:1)


●黙想
あなたはクリスマス(主の来臨)を喜び祝い、待ち望んでいますか。


クリスマスは三度あります。


最初は救い主イエス・キリストがこの世に生まれた2000年前のクリスマス。


二度目はあなたの心に生まれたクリスマス(受洗日)。


そして、最後は、あなたをみもとに集められるために来られるクリスマス(終末)です。


主の到来(アドベント)を喜び祝い、待ち望む人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

二テサロニケ1:1-12「報い」

◇2011年12月8日(木)
●二テサロニケ1:1-12「報い」

●御言葉
神は正しいことを行われます。あなたがたを苦しめている者には、苦しみをもって報い、また、苦しみを受けているあなたがたには、わたしたちと共に休息をもって報いてくださるのです。主イエスが力強い天使たちを率いて天から来られるとき、神はこの報いを実現なさいます。(1:6-7)

●黙想
あなたは神の報いを信じていますか。

クリスマスには二つの喜びがあります。

一つは主が来られた喜びであり、主が来られる喜びです。

かつて暗やみの中にいた人々に大いなる光が輝いたように、

今、暗やみの中にいる人々にも大いなる光が輝くのです。

主を待ち望む者は報われます。

クリスマスの喜びが訪れますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

一テサロニケ5:12-28「喜び・祈り・感謝」

◇2011年12月7日(水)
●一テサロニケ5:12-28「喜び・祈り・感謝」

●御言葉
いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。(5:16-18)

●黙想
神様があなたに願っていることは何でしょうか。


いつでも、どんなときでも、どんなことにも


「喜び」と「祈り」と「感謝」を忘れないことです。


パレアナの喜びを捜すゲームをしましょう。


小さな喜びを見つける人は、


大きな喜びを待つ人より幸せです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テサロニケ5:1-11「主の日」

◇2011年12月6日(火)
●一テサロニケ5:1-11「主の日」

●御言葉
神は、わたしたちを怒りに定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによる救いにあずからせるように定められたのです。主は、わたしたちのために死なれましたが、それは、わたしたちが、目覚めていても眠っていても、主と共に生きるようになるためです。(5:9-10)

●黙想
主の日(終末)は裁きの日です。

しかし、キリストが十字架で神の裁きを引き受けてくださったことによって、

主を信じる者には、救いの日となりました。

主と共に生きる人は死を恐れません。

救いが定められているからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テサロニケ4:1-18「復活」

◇2011年12月5日(月)
●一テサロニケ4:1-18「復活」

●御言葉
兄弟たち、眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい。イエスが死んで復活された、わたしたちは信じています。神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。(4:13-14)

●黙想
あなたは復活を信じていますか。

復活はクリスチャンの希望であり、神の約束です。

朽ちない体が与えられ、御国で再会する日が来ます。

神の約束を信じ、復活を確信し、

死を迎えられる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テサロニケ3:1-13「励まし」

◇2011年12月4日(日)
●一テサロニケ3:1-13「励まし」

●御言葉
それで、兄弟たち、わたしたちは、あらゆる困難と苦難に直面しながらも、あなたがたの信仰によって励まされました。(3:7)

●黙想
苦しい時、励ましてくれる人はいますか。

パウロは苦難の中にあるテサロニケの人々を励まそうと、

テモテを遣わしました。

彼らはしっかりと主に結びつき、

信仰を守り抜いていました。

この知らせを聞いて、パウロは励まされたのです。

信仰の友にまさる友はいません。

今日は日曜日です。

主の御前に共に集まり、励まし合いましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テサロニケ2:13-20「主の日」

◇2011年12月3日(土)
●一テサロニケ2:13-20「主の日」

●御言葉
わたしたちの主イエスが来られるとき、その御前でいったいあなたがた以外のだれが、わたしたちの希望、喜び、そして誇るべき冠でしょうか。(2:19)


●黙想
あなたは天国にどれぐらいの友がいますか。

パウロは福音に命をかけ、多くの人々を救いへ導きました。

救いへ導いた人たちと天国で再会する。

これにまさる喜びはありません。

主の来られる日は近づいています。

今はアドベント。

主が来られるその日まで、福音を届ける人は、

多くの友と天国を味わえるでしょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

一テサロニケ2:1-12「神様の心」

◇2011年12月2日(金)
●一テサロニケ2:1-12「神様の心」

●御言葉
わたしたちはあなたがたをいとおしく思っていたので、神の福音を伝えるばかりでなく、自分の命さえ喜んで与えたいと願ったほどです。あなたがたはわたしたちにとって愛する者となったからです。(2:8)


●黙想
あなたは神様の心を感じたことがありますか。


パウロは神様の心を持った人でした。


神様の心は愛です。


自分の命さえ喜んで与えたいと願う心です。


天に召されたハ・ヨンジョ先生もパウロのように神様の心を持った人でした。


日本を愛し、ラブソナタの働きを通し、


わたしに神様の心を感じさせてくれました。


神様の心を持ち、神様に喜ばれる人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31