FC2ブログ

レビ記22:17-33「主」

◇2011年11月30日(水)
●レビ記22:17-33「主」

●御言葉
わたしはあなたたちの神となるために、エジプトの国からあなたたちを導き出した者である。わたしは主である。(22:33)

●黙想
あなたは誰のものですか。

主なる神様はモーセを遣わし、


イスラエルの民をエジプトから導き出し、


イスラエルの神となられました。


主はキリストを遣わし、


あなたを罪と死と滅びの世界から導き出し、


あなたの神となられるのです。


キリストに従う者は、主のものです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト

レビ記22:1-16「聖別」

◇2011年11月29日(火)
●レビ記22:1-16「聖別」

●御言葉
わたしの命令を守りなさい。それを破って罪を負い、それを汚して死を招いてはならない。わたしは彼らを聖別する主である。(22:9)

●黙想
神様は聖別される方です。


清い者と清くない者、

罪ある者と罪なき者、

山羊と羊、

実を結ぶ良い木と実を結ばない悪い木とを分けられます。


天国と地獄。


その分岐点にイエス様はおられます。


主を信じ、罪汚れを清められ、


御言葉に従い、御霊によって実を結ぶ人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記21:10-12「聖所」

◇2011年11月28日(月)
●レビ記21:10-12「聖所」

●御言葉
聖所を離れて、神の聖所を汚してはならない。彼は神の聖別の油を注がれている者だからである。わたしは主である。(21:12)


●黙想
主を信じる人々は、祭司であり、神の霊が共にいます。


主から離れることは、自らを汚すことになるのです。


「あなたがたは、自分が神の神殿であり、神の霊が自分たちの内に住んでいることを知らないのですか。神の神殿を壊す者がいれば、神はその人を滅ぼされるでしょう。神の神殿は聖なるものだからです。あなたがたはその神殿なのです。」(一コリ3:16-17)


今朝も十字架で清められ、祝福された一日となりますように。


御名によって祝福します。byバルナバ

レビ記21:1-9「御名」

◇2011年11月27日(日)
●レビ記21:1-9「御名」

●御言葉
神に属する聖なる者であるように、神の名を汚さないようにしなければならない。(21:6)

●黙想
あなたはどこに属していますか。

クリスチャンは神に属する祭司であり、聖なる者です。


子の不祥事が親の名を汚すように、神の子の不祥事は神の名を汚します。


神の御名があがめられる者となりますように。


今日からアドベントに入ります。


主を礼拝し、主の御名をあがめていきましょう。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記20:12-27「聖なる者」

◇2011年11月26日(土)
●レビ記20:12-27「聖なる者」

●御言葉
あなたたちはわたしのものとなり、聖なる者となりなさい。主なるわたしは聖なる者だからである。わたしはあなたたちをわたしのものとするため諸国の民から区別したのである。(20:26)

●黙想
イスラエルの民は、清いから選ばれたのではありません。


彼らは聖なる者となるために、選び出されたのです。


主があなたを選ばれたのは、神の子になるのに相応しかったからではありません。


相応しくないにもかかわらず、キリストに倣い、


神の子に相応しく変えられて行くことを願われて、選ばれたのです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記20:10-21「死罪」

◇2011年11月25日(金)
●レビ記20:10-21「死罪」

●御言葉
・・・必ず死刑に処せられる。彼らの行為は死罪に当たる。(20:13b)


●黙想
20章は死刑に関する規定です。


今日の個所には数々の性的な罪が列挙されています。


神様はイスラエルの民に対し、カナンに蔓延していた汚れた性文化に染まらないように、


死刑という最大罰を命じ、共同体を異常な性文化から守られたのです。


主が厳しく命じられるのは、あなたを愛し、


あなたとあなたの子孫を守り、祝福するためです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ 

追伸:ベテルブログ「オープンチャペル」更新されました。

レビ記20:1-9「占い」

◇2011年11月24日(木)
●レビ記20:1-9「占い」

●御言葉
口寄せや霊媒を訪れて、これを求めて淫行を行う者があれば、わたしはその者にわたしの顔を向け、彼を民の中から断つ(20:6)

●黙想
占いやまじないを軽く見ていませんか。


聖書は占いを禁じ、神様は占いを求める者を退けます。


占いを求める人は心が不安定になり、


不安が増大し、心の病気をも引き起こします。


主を求める人は心が安定し、平安になります。


明日のことを主に委ねて生きる人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記19:23-37「謙遜」

◇2011年11月23日(水)
●レビ記19:23-37「謙遜」

●御言葉
白髪の人の前では起立し、長老を尊び、あなたの神を畏れなさい。わたしは主である。(19:22)

●黙想
高齢者や目上の人々を軽んじていませんか。


年上の者を軽んじる心は、神を軽んじる心に至ります。


神様の祝福は謙遜な心に注がれます。


両親を敬い、高齢者を敬う人は、神を畏れる人であり、神の祝福を享受します。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記19:13-22「平和」

◇2011年11月22日(火)
●レビ記19:13-22「平和」

●御言葉
復讐してはならない。民の人々に恨みを抱いてはならない。自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。わたしは主である。(19:18)


●黙想
恨んでいる人はいませんか。


恨みは復讐の母です。復讐


は新たな恨みを生み、恨みは再び復讐を生みます。


愛は赦すことであり、赦しは平和の母です。


自分を愛し、隣人を愛する人に、平和と平安が訪れます。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記19:1-12「ルール」

◇2011年11月21日(月)
●レビ記19:1-12「ルール」

●御言葉
父と母を敬いなさい。わたしの安息日を守りなさい。わたしはあなたたちの神、主である。(19:3)


●黙想
ルールはあなたを守るためにあります。


両親を敬う人は、子供にも敬われ、幸福になります。


礼拝を守る人は、礼拝に守られるようになります。


主の戒めを守る人は、主の戒めによって守られるのです。


「父と母を敬いなさい。」これは約束を伴う最初の掟です。


「そうすれば、あなたは幸福になり、地上で長く生きることができる」という約束です。(ヤコブ6:2)。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記18:19-30「風習②」

◇2011年11月20日(日)
●レビ記18:19-30「風習②」

●御言葉
それゆえ、あなたたちは必ずわたしの命令を守りなさい。これまで行われてきたいとうべき風習の一つでも行って、身を汚してはならない。わたしはあなたたちの神、主である。(18:30)

●黙想
神の子であるクリスチャンは、神の命令を守り、

この世の風習によって身を汚されないようにしなければなりません。


風習は気づかない間に染まり、身に着いていくものです。


家庭の風習が子供に伝わるのは一緒に生活をするからです。


神に従い、神と共に歩めば、神の国の風習が身に着きます。


今日は日曜日です。


主を礼拝することは、神の子としての基本的な風習です。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記18:1-18「風習」

◇2011年11月19日(土)
●レビ記18:1-18「風習」

●御言葉
あなたたちがかつて住んでいたエジプトの国の風習や、わたしがこれからあなたたちを連れて行くカナンの風習に従ってはならない。その掟に従って歩んではならない。わたしの法を行い、わたしの掟を守り、それに従って歩みなさい。わたしはあなたたちの神、主である。(18:3-4)

●黙想
クリスチャンは神の国の風習を身に着ける必要があります。


そのためには聖書を学び、その教えに従って生きることが大切です。


世の風習に倣うのではなく、神の国の風習を広げていく人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記17:10-16「贖い」

◇2011年11月18日(金)
●レビ記17:10-16「贖い」

●御言葉
わたしが血をあなたたちに与えたのは、祭壇の上であなたたちの命の贖いの儀式をするためである。(17:11b)

●黙想
ヘブライ人9章11節以下をお読みください

「キリストは・・・雄山羊と若い雄牛の血によらないで、


御自身の血によって、ただ一度聖所に入って永遠の贖いを成し遂げられたのです。・・・


血を流すことなしには罪の赦しはありえないのです」。


キリストはあなたの命を贖うために


十字架の上で血を流してくださったのです。


聖餐式のぶどう酒は、そのことを記念しています。


主に命を贖われた人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記17:1-9「ルール」

◇2011年11月17日(木)
●レビ記17:1-9「ルール」

●御言葉
主はモーセに仰せになった。(17:1)


●黙想
レビ記17章~26章は「神聖法集」と呼ばれます。


主はモーセを通し、


アロンとその子らおよびイスラエルのすべての人々に


聖なる民に相応しい生き方を教えました。


主は聖書を通し、


すべてのクリスチャンに


神の子に相応しい生き方を教えられます。


神の国のルールに従って生きる人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記16:23-34「清め⑫」

◇2011年11月16日(水)
●レビ記16:23-34「清め⑫」

●御言葉
なぜなら、この日にあなたたちを清めるために贖いの儀式が行われ、あなたたちのすべての罪責が主の御前に清められるからである。(16:30)


●黙想
イエス・キリストによる贖いの儀式は完璧です。


主に贖われ、清められる人は幸いです。


「わたしたちには神の家を支配する偉大な祭司がおられるのですから、


心は清められて、良心のとがめはなくなり、


体は清い水で洗われています。


信頼しきって、真心から神に近づこうではありませんか。」(ヘブライ10:21-22)。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記16:11-22「清め⑪」

◇2011年11月15日(火)
●レビ記16:11-22「清め⑪」

●御言葉
アロンはこの生きている雄山羊の頭に両手を置いて、イスラエルの人々のすべての罪責と背きの罪を告白し、これらすべてを雄山羊の頭に移し、人に引かせて荒れ野へ追いやる。(16:21)


●黙想
イスラエルの民は、雄山羊の頭に手を置き、


罪を転嫁させた後、罪を告白しました。


彼らの罪は雄山羊と共に荒れ野に消え、彼らは清められました。


キリストはあなたの罪を背負い、あなたを清めてくださる方です。


「自分の罪を公に告白するなら、神は真実で正しい方ですから、


罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。」(一ヨハネ1:9)


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記16:1-10「清め⑩」

◇2011年11月14日(月)
●レビ記16:1-10「清め⑩」

●御言葉
アロンは、自分の贖罪の献げ物のために雄牛を引いて来て、自分と一族のために贖いの儀式を行う。(16:6)


●黙想
アロンは大祭司として、民の罪を贖う儀式を行う前に、


まず自分の罪を贖う儀式を行いました。


人の罪よりも、まず自分の罪を処理することが重要です。


キリストはあなたの贖罪の献げ物です。


朝ごとに、主の前に出て、心を洗い清める人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記15:19-33「清め⑨」

◇2011年11月13日(日)
●レビ記15:19-33「清め⑨」

●御言葉
あなたたちはイスラエルの人々を戒めて汚れを受けないようにし、あなたたちの中にあるわたしの住まいに彼らの汚れを持ち込んで、死を招かないようにしなさい。(15:31)

●黙想
主が清さを求められたのは、主がイスラエルの共同体の中に住まわれていたからです。


主があなたに清さを求められるのは、あなたの中に住まっておられるからです。


今日は聖なる日です。


私たちの中におられる主を喜び、祝う日です。


汚れた者を清くなしてくださる主を見上げ、


感謝しつつ、礼拝を捧げましょう。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記15:13-18「清め⑧」

◇2011年11月12日(金)
●レビ記15:13-18「清め⑧」

●御言葉
漏出のある人が、それがやんで清くなったならば、清めの期間として七日間を経た後、衣服を水洗いし、新鮮な水で身を洗うと、清くなる。(15:13)


●黙想
清くなった後、清めの期間が定められていました。


八日目に祭司の元へ行き、贖いの儀式を受け、清くされました。


罪を犯した後、悔い改め、赦しを求めることがあります。


清めの期間は悔い改めの期間です。


悔い改めの期間を経て、


神に立ち帰り、


十字架を仰ぐ人の上に赦しが与えられるのです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記15:1-12「清め⑦」

◇2011年11月11日(木)
●レビ記15:1-12「清め⑦」

●御言葉
イスラエルの人々にこう言いなさい。もし、尿道に炎症による漏出があるならば、その人は汚れている。(15:1)

●黙想
15章は男女の性に関する清めが記されています。


この規定の故に、イスラエルでは性病感染が少なかったと言われています。


神のルールは制限を設けます。


制限を守ることが己を守り、


家族を守り、


共同体(社会)を守っていくのです。


御言葉に制限されて生きる人は、


神の守りを体験します。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記14:43-57「清め⑥」

◇2011年11月10日(水)
●レビ記14:43-57「清め⑥」

●御言葉
こうして、家屋のための贖いの儀式を行うと、家は清められる。(14:53b)

●黙想
家屋のためにも贖いの儀式が行われました。


キリストの十字架の贖いは、


あなたを清め、汚れた地をも清めてくだいます。


日本は原発事故により、放射能が拡散し、


除染作業が行われています。


この地が贖われ、清められ、祝福されますように。


御名によって祈ります。byバルナバ

レビ記14:33-42「清め⑤」

◇2011年11月9日(火)
●レビ記14:33-42「清め⑤」

●御言葉
あなたたちの所有地で家屋にかびが生じるならば、(14:34b)

●黙想
主はあなただけではなく、あなたの住む家や環境にも関心を向けられます。


どんなに清く生きたいと願っても、


生活環境が汚れていれば、


生き方も汚れてくるからです。


お風呂に入った後、汚れた下着を身に着ける人はいません。


身や心のみならず、家の中も清さを保つことができますように。


御名によって祝福します。byバルナバ

レビ記14:21-32「清め④」

◇2011年11月8日(火)
●レビ記14:21-32「清め④」

●御言葉
つまり、手が届くものを一羽贖罪の献げ物とし、(14:31a)

●黙想
清めの儀式を受ける者の中には、富める者も貧しき者もいました。


規定通りの献げ物を準備できない人たちのためにも、


特例が設けられていました。


律法の規定によれば、誰一人神の国に入ることはできません。


しかし、神様は律法を守り得ない私たちのために特例を設けてくださいました。


キリストの贖罪は、誰にでも手が届く献げ物です。


キリストの贖いによって、清められた人は幸いです。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記14:10-20「清め③」

◇2011年11月7日(月)
●レビ記14:10-20「清め③」

●御言葉
祭司がこうして、彼らのために贖いの儀式を行うと、彼は清くなる。(14:20)


●黙想
汚れのない人間は一人もいません。


大祭司イエスの元に近づき、


十字架の贖いを信じ、


受け入れる者は、清くされます。


♪墨よりも黒き心なれど 雪よりも白く洗われたり


君の元にゆきし時に 重荷はすべて去れり


今はただ イエスを信じ 喜び限りなし(聖歌458)。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記14:1-9「清め②」

◇2011年11月6日(日)
●レビ記14:1-9「清め②」

●御言葉
こうして彼は清くなる。(14:9)

●黙想
14章は清めを受けるための儀式の内容です。


神様の御心は清くあることです。


「たとえ、お前たちの罪が緋のようでも、雪のように白くなるのことができる。


たとえ、紅のようであっても、羊の毛のようになることができる。」(イザヤ1:18b)。


今日は日曜日です。


礼拝は、清めに与った者(聖徒)が捧げる感謝の儀式です。


今日は永眠者記念礼拝です。


天に送りし方々を偲びつつ、礼拝を捧げましょう。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記13:47-59「清め」

◇2011年11月5日(土)
●レビ記13:47-59「清め」

●御言葉
かびが生えているものは、それが衣服であれ、羊毛や亜麻の織り糸であれ、革製品であれ、焼き捨てる。それは悪性のかびの繁殖だから火で焼く。(13:52)

●黙想
重い皮膚病を発症する菌は、衣服や革製品にも繁殖します。


火で焼いたり、水で洗い、汚れを取り除きました。


罪はカビのように感染力、繁殖力があり、人生を腐敗していきます。


主よ、わたしの罪を水(キリストの血潮)で洗い清め、


火(聖霊)で焼き尽くし、清めてください。


御名によって祈ります。アーメン。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記13:38-46「苦痛」

◇2011年11月4日(金)
●レビ記13:38-46「苦痛」

●御言葉
重い皮膚病にかかっている患者は、衣服を裂き、髪をほどき、口ひげを覆い、「わたしは汚れた者です。汚れた者です」と呼ばわらねばならない。13:45)

●黙想
重い皮膚病は、肉体的苦痛、精神的苦痛、霊的苦痛を伴いました。


イエス様に憐れみを求めたのは、この三重苦に苦しむ人々でした。


主は彼らを憐れみ、清められ、苦しみから解放されました。


主の憐れみ(愛)は裁き(義)に打ち勝ちました。


それがキリストの十字架です。


「わたしは汚れています。主よ、憐れんでください」と祈る人の上に、


主の憐れみは現実となります。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記13:24-37「清め②」

◇2011年11月3日(木)
●レビ記13:24-37「清め②」

●御言葉
祭司はその人に「あなたは清い」と言い渡す。(13:37b)

●黙想
重い皮膚病を患った人たちは祭司に症状を見せ、


「清い」「汚れている」の判断を仰ぎます。


重い皮膚病は罪に例えられます。


律法の前で汚れていない人は誰一人いません。


律法では裁かれるしかなかった人々が、


キリストの恵みによって、罪赦され、


「あなたは清い」と判断される。


これが福音です。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記13:9-23「清め」

◇2011年11月2日(水)
●レビ記13:9-23「清め」

●御言葉
重い皮膚病にかかった疑いのある人は、祭司のもとに連れて行かれる。(13:9)

●黙想
薬も治療方法も確立されていない時代、

重い皮膚病は最も恐れられていた病気です。


疑いがあれば祭司の元に連れて行かれ、

判断を仰ぎ、清い者は帰宅し、汚れている者は隔離されました。


家族や共同体を感染から守るためには止む得なかったのです。


この重い皮膚病は罪の恐ろしさを表します。


人は罪を犯したから罪人ではなく、罪人だから罪を犯します。


今朝も、大祭司の前に進み出て、身を清めて一日をはじめましょう。


今日も祝福がありますように。byバルナバ

レビ記13:1-8「清い」

◇2011年11月1日(火)
●レビ記13:1-8「清い」

●御言葉
祭司が調べて、確かに発疹が皮膚に広がっているならば、その人に「あなたは汚れている」と言い渡す。それは重い皮膚病である。(13:8)

●黙想
今日から再びレビ記に戻ります。


13章は皮膚病を患った人への対処方法です。


当時、重い皮膚病は最も悲惨で残酷な病気でした。


「あなたは清い」


「あなたは汚れている」


祭司の言葉が明暗を分けます。


罪は重い皮膚病より深刻な霊的な病です。


癌のように心と体と魂を蝕み、人生を滅ぼします。


キリストはこの罪の病を癒すために来ました。


主の憐れみを求め、主に触れられた人は罪赦され、


「あなたは清い」と言い渡されたのです。


あなたも主の十字架を信じ、仰ぐならば「清い人」です。


主の憐れみ、主の恵みに感謝!


今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -