FC2ブログ

マタイ12:38-50「父の御心」

◇2011年7月31日(日)
●マタイ12:38-50「父の御心」
●御言葉
だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である。(12:50)

●黙想
神様の御心とは、三つの愛に生きることです。

あなたが神様を大切にし、自分を大切にし、隣人を大切にしているならば、

あなたは神の家族です。

今日は日曜日です。

神様を大切にし、神様の御心から発せられる言葉に耳を傾ける日です。

神様を大切にする人は、自分も周りの人も大切にする人に変えられていきます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト

マタイ12:22-37「言葉」

◇2011年7月30日(土)
●マタイ12:22-37「言葉」
●御言葉
木が良ければその実も良いとし、木が悪ければその実も悪いとしなさい。木の良し悪しは、その結ぶ実で分かる。(12:33)

●黙想
人生の良し悪しは、どんな実を結んでいるかで分かります。

誰もが良い実を結びたいと願っています。

良い実を結ぶ秘訣は、心にあります。

心が変われば、言葉が変わり、

言葉が変われば、態度が変わり、

態度が変われば、周りが変わり、

周りが変われば、人生が変わるからです。

御言葉には心を変化させる神の力があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ12:9-21「従順」

◇2011年7月29日(金)
●マタイ12:9-21「従順」
●御言葉
そしてその人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。伸ばすと、もう一方の手のように元どおり良くなった。(12:13)

●黙想
主が言葉を発せられると、神の御業が起こります。

そこには一つの原則があります。

それは「お言葉に従う」ことです。

手が萎えた人は「伸ばしなさい」と言われ、

「できません。伸ばしません」と、手を引っ込めていれば、何も起こらなかったでしょう。

主の命じられる言葉に耳を傾け、

その言葉に従順するならば、神の御業を体験するでしょう。

「はい。主よ。お言葉ですから」と語れる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ12:1-8「神の愛」

◇2011年7月28日(木)
●マタイ12:1-8「神の愛」
●御言葉
もし、『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』という言葉の意味を知っていれば、あなたたちは罪もない人たちをとがめなかったであろう。(12:7)

●黙想
駅のホームの下に降りることは禁じられています。

命を守るためです。

しかし、ホームから転落した人を救うために飛び降りた人もいます。

その人をとがめる人はいません。

愛はルールを超えるのです。

神様の憐れみ(愛)はルール(律法)を超えました。

それがキリストの十字架なのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ11:16-30「平安」

◇2011年7月27日(水)
●マタイ11:16-30「平安」
●御言葉
疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。(11:28-30)

●黙想
多くの教会の掲示板に掲げられる御言葉です。

あなたの心の掲示板にも刻んでみてください。

主の招きに応え、幼子のように、主の御手に抱かれる人は、安らぎを得るでしょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ11:1-15「躓き」

◇2011年7月26日(火)
●マタイ11:1-15「躓き」
●御言葉
わたしにつまずかない人は幸いである。(11:6)

●黙想
人に躓くと、その人を遠ざけ、関係がおかしくなっていきます。

神様に躓く人も同じです。

神様から遠ざかり、関係がおかしくなるのです。

イエス様が最も偉大な人だと称したヨハネですら、躓きそうになりました。

もし、躓きそうになったなら、神様に尋ねて祈りましょう。

神様は御言葉を通し、答えてくださるでしょう。

神様に躓かない人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ10:34-42「祝福」

◇2011年7月25日(月)
●マタイ10:34-42「祝福」
●御言葉
はっきり言っておく。わたしの弟子だという理由で、この小さな者の一人に、冷たい水一杯でも飲ませてくれる人は、必ず報いを受ける。(10:42)

●黙想
神様が共におられる人を受け入れる人は、神様を受け入れることになり、必ず報いを受けます。

あなたを祝福する人を神様は祝福し、

あなたが祝福を祈るなら、あなたも祝福されます。

お互いに祝福し、愛し合う群れ。

それが神の家族である教会です。

今日も神様の祝福がありますように。byバルナバ

マタイ10:16-31「恐れ」

◇2011年7月24日(日)
●マタイ10:16-31「恐れ」
●御言葉
体を殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。(10:28)

●黙想
恐れは心を萎縮させ、自分らしさを喪失させます。

主への恐れは、畏れ(礼拝)に変わり、自分らしさを回復へと導きます。

人の顔色を恐れずに生きるためには、主の御顔を仰ぐ必要があります。

主はあなたを守られる方だからです。

今日は日曜日です。

主の御顔を仰ぎ、共に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ10:1-15「恵み」

◇2011年7月23日(土)
●マタイ10:1-15「恵み」
●御言葉
病人をいやし、死者を生き返らせ、らい病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい。ただで受けたのだから、ただで与えなさい。(10:8)

●黙想
主は癒しを与え、復活をもたらし、罪を清め、悪霊から解放してくださいます。

これらはすべて神の恵みによるものです。

神の恵みは、ただです。

ただで受けたものを、ただで与えていく。

これがクリスチャンに与えられた使命です。

行いによって救われる福音ではなく、恵みによって救われる福音を語っていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ9:27-38「憐れみ」

◇2011年7月22日(金)
●マタイ9:27-38「憐れみ」
●御言葉
イエスが家に入ると、盲人たちがそばに寄って来たので、「わたしにできると信じるのか」と言われた。二人は、「はい、主よ」と言った。そこで、イエスが二人の目に触り、「あなたがたの信じているとおりなるように」と言われると、二人は目が見えるようになった。(9:28-30a)

●黙想
主の憐れみを求め、主に近づく時、主はあなたに近づいてくださいます。

主の御側に近づき、

「主は憐れんでくださる。主にはできないことはない」と信じ、告白するならば、

主はあなたに触れ、御業を行ってくださいます。

主の憐れみを求め、主の御側に近づく人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ9:14-26 「あなたの信仰」

◎マタイ9:14-26 「あなたの信仰」

●御言葉
イエスは振り向いて、彼女を見ながら言われた。「娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。」そのとき、彼女は治った。(9:22)

●黙想
彼女は「この方の服に触れさえすれば治してもらえる」と思っていました。

大切なのは、イエス様に近づくことであり、触れることです。

主の臨在のあるところに奇跡は起こります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ9:1-13「癒しと赦し」

◇2011年7月20日(水)
●マタイ9:1-13「癒しと赦し」
●御言葉
『あなたの罪は赦される』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。(9:5)
●黙想
病の癒しと罪の赦し。

あなたはどちらが必要ですか。

癒されても再び病気になり、肉体は朽ち、死を迎えます。

罪赦された人は、たとえ肉体が癒されなくても、

永遠の命と朽ちない体が約束されており、

天国で完全な癒しが実現します。

赦しには癒しが伴いますが、癒しには赦しが伴いません。

イエス様は赦す権威と癒す力を兼ね備えています。

イエスのところに行き、赦しと癒しの恵みに与れる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ8:23-34「信仰の人」

◇2011年7月19日(火)
●マタイ8:23-34「信仰の人」
●御言葉
その時、湖に激しい嵐が起こり、舟は波にのまれそうになった。(8:24)

●黙想
「主がともにおられても、嵐が来ることがあります。

嵐が来るとき、主が眠っておられるかのように感じることもあるでしょう。

それでも状況を恐れずにイエスを信頼することが信仰です。

状況にされるのは、信仰の人ではありません。

うまくいく時も高ぶらず、苦しい時でも落ち込まない人、

いつも主を信頼する人、

恐れのない人、

天の平和が心の中にある人、

そのような人が信仰の人です。」

(ハ・ヨンジョ:リビングライフより)。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

◇2011年7月18日(月)
●マタイ8:14-22「癒しと赦し」
●御言葉
イエスがその手に触れられると、熱は去り、しゅうとめは起き上がってイエスをもてなした。(8:14)

●黙想
病気で苦しむ人と同じぐらい、罪責感で苦しむ人がいます。

癒しを求める人と同じぐらい、赦しを求める人がいます。

癒しを求める人は医者のもとに行きます。

赦しを求める人はどこに行けばいいのでしょうか。

主の元には癒しがあり、赦しがあります。

癒し主であり、罪を赦す権威を体験した人は、イエスに仕えるようになります。

それがクリスチャンです。

癒され、赦され、主に仕えて生きる者でありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ


PS.ベテルブログ「献堂式」更新されました。

マタイ8:1-13「主の言葉」

◇2011年7月17日(日)
●マタイ8:1-13「主の言葉」
●御言葉
そして、百人隊長に言われた。「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように。」ちょうどそのとき、僕の病気はいやされた。(8:13)

●黙想
イエス様が「わたしが行っていやしてあげよう」と言われると、

百人隊長は「ただ、ひと言おっしゃってください。そうすれば、わたしの僕はいやされます」と言いました。

すると、彼の信じたとおりになりました。

主の言葉には権威と力があります。

主の言葉を信じて生きる者は幸いです。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ7:13-29「岩の上に立つ」

◇2011年7月16日(土)
●マタイ7:13-29「岩の上に立つ」
●御言葉
そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。(7:24-25)

●黙想
御言葉を聞くだけの人と、聞いて行う人とでは、

人生に嵐が襲ってきたときに、明暗が分かれます。

人生には嵐がつきものです。

大切なのは土台です。

キリストを人生の土台として生きる人は、

嵐を糧にする適用ができる人です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ



PS.今日は献堂式です。

神の恵みによって会堂が与えられました。お祈りとご支援をくださった方々、

共に献堂の恵みにあずかる教会員たちに、心から感謝します。

マタイ7:1-12「黄金律」

◇2011年7月15日(金)
●マタイ7:1-12「黄金律」
●御言葉
だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。(7:12)

●黙想
幸せを求めない人はいません。

平和を求めない人はいません。

求めても得られないのは、与えないからです。

自分が求めているものを人に与える人。

これが神の定めた幸せのルール(黄金律)に生きる人です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ6:25-34「神の義」

◇2011年7月14日(木)
●マタイ6:25-34「神の義」
●御言葉
何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。(6:33-34)

●黙想
あなたは誰のために生きていますか。

自分のために生きる人は、悩み多く、大切な人をも見失います。

人のために生きる人は、苦労が多く、自分らしさを失います。

神のために生きる人は、神の国と神の義を求める人であり、

その人は自分のためにも、人のためにもなる人です。

神と人と自分を愛する人に、神様の祝福が注がれます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ6:16-24「富と心」

◇2011年7月13日(水)
●マタイ6:16-24「富と心」
●御言葉
あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ。(6:21)

●黙想
あなたの心はどこにありますか。

富には心を引きつける力があります。

富みに仕える人は、富のために働き、豊かさの中に幸せを探します。

一方、神に仕える人は、神のために働き、天に宝を積み、神様が共にいることの中に幸せを感じます。

あなたの心が神と共にあるならば、必要な富は添えて与えられます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ6:1-15「必要」

◇2011年7月12日(火)
●マタイ6:1-15「必要」
●御言葉
あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ。(6:8)

●黙想
神様はあなたに必要なものを知っておられます。

神様は必要なものを、もっとも良いタイミングで、もっとも良い方法で与えてくださる方です。

主を信頼し、その最善な時を待ち望みつつ、祈る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ5:33-48「祈り」

◇2011年7月11日(月)
●マタイ5:33-48「祈り」
●御言葉
しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。(5:44)

●黙想
愛することは感情ではなく、意志です。

イエス様は敵を好きになれ、とは言っていません。

祈りに感情が含まれますが、意志も含まれます。

神様の意志(御心)は、敵を愛することです。

神様の御心に従う者には、神様の報い(祝福)が伴います。

あなたを苦しめる人がいますか。

苦手な人がいますか。

その人のために祈り、神様の祝福に与っていきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
PS.ベテルブログ更新されました。

マタイ5:17-32「律法」

◇2011年7月10日(日)
●マタイ5:17-32「律法」
●御言葉
わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。(5:17)

●黙想
当時、表面的・形式的に律法を守り、自分は正しいと考える人々が大勢いました。

イエス様はこうした人々を戒め、内面の変革こそ、律法の精神であり、神様の御心であると言われたのです。

今日は日曜日です。

形式的にではなく、主に感謝と願いを持って、近づき、礼拝を捧げましょう。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

マタイ5:1-16「幸いな人」

◇2011年7月9日(土)
●マタイ5:1-16「幸いな人」
●御言葉
心の貧しい人々は、幸いである。天国はその人たちのものである。悲しむ人は幸いである、その人は慰められる。(5:3-4)

●黙想
なぜ、心の貧しい人々が幸いなのでしょうか。

主を求めるようになるからです。

なぜ、悲しむ人が幸いなのでしょうか。

主に慰められるからです。

豊かさの弊害は、主を求めなくなることです。

豊かになり、悲しみが消えると、神様から離れやすくなります。

天国とは、神様が共にいる世界です。

いつも神様と共に生きる人。

それが塩気の効いたクリスチャンです。

今日も祝福を祈ります。。byバルナバ

マタイ4:12-25「従順」

◇2011年7月8日(金)
●マタイ4:12-25「従順」
●御言葉
二人はすぐに網を捨てて従った。(4:20)

●黙想
イエス様はガリラヤで宣教を開始されました。

四人の漁師たちは、「わたしについてきなさい」と呼びかけると、すぐに従いました。

「今、漁の最中だから後で」とか、

「今、網の手入れをしているから後で」とは言いませんでした。

明日では遅いときがあります。

主の声を聞いたなら、今日、従うことが大切です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ4:1-11「荒れ野」

◇2011年7月7日(木)
●マタイ4:1-11「荒れ野」
●御言葉
さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、霊に導かれて荒れ野に行かれた。(4:1)

●黙想
洗礼を受けられたイエス様は、すぐに荒れ野に導かれ、悪魔の誘惑に遭遇しました。

出エジプトの後、イスラエルの民も荒れ野に導かれました。

荒れ野は謙遜さを学ぶ学校です。

高慢への誘惑に勝利し、謙遜に生きるならば、

天使が仕え、神の守りを経験するのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ3:11-17「御心に適う者」

◇2011年7月6日(水)
●マタイ3:11-17「御心に適う者」
●御言葉
そのとき、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。(3:17)

●黙想
イエス様が洗礼を受け、聖霊が降ってきた時に神の語りかけが聞こえました。

あなたが洗礼を受けられた時、神様から同じ語りかけがありました。

御心に適って人生を全うしたイエス様の姿を黙想しながら、

まず、今日一日、神の子であることを意識し、御心に適う者にふさわしく生きることを心がけましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ3:1-10「悔い改め」

◇2011年7月5日(火)
●マタイ3:1-10「悔い改め」
●御言葉
悔い改めにふさわしい実を結べ。(3:8)

●黙想
400年ぶりに預言者が現れ、ユダヤ人たちに悔い改めを迫ります。

ヨハネは形だけ悔い改め、洗礼を受けようとする宗教指導者たちを叱責します。

悔い改めとは、方向転換し、神に立ち帰ること、

御言葉によって考え方、生き方をチェンジしていくことです。

御言葉に従って生きる。

これが悔い改めにふさわしい実を結ぶ道です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ2:13-23「導き」

◇2011年7月4日(月)
●マタイ2:13-23「導き」
●御言葉
ヘロデが死ぬと、主の天使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて、(2:19)

●黙想
ヨセフは夢の中で天使に告げられたとおりエジプトに逃れ、

夢で告げられた通りイスラエルに戻り、

夢で告げられた通りガリラヤのナザレに住みました。

主の導きに従順する人は、主の御手に守られます。

QTとは、聖書を通して告げられる主の声に耳を傾け、従順することです。

主の導きに従って生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ2:1-12「礼拝」

◇2011年7月3日(日)
●マタイ2:1-12「礼拝」
●御言葉
学者たちはその星を見て喜びにあふれた。(2:10)

●黙想
博士たちはメシア(救い主)を捜し求め、

星に導かれ旅をし、ついにメシアとして生まれたイエス様に出会います。

彼らはイエス様のいる場所を教える星を見ただけでも喜びに溢れました。

クリスチャンの歩みも同じです。

教会の上に星が輝いています。

今日は日曜日です。

星を見て喜び、主に出会って礼拝を捧げる日です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ1:18-25「イエスは名医」

◇2011年7月2日(土)
●マタイ1:18-25「イエスは名医」
●御言葉
マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。(1:21)

●黙想
イエス・キリストが来られた目的は、あなたを罪から救うことです。

健康な人は医者を必要としないように、罪の世界が分からない人はイエス様を必要としません。

人は生まれながら罪を宿しています。

己の罪、人の罪の影響を受け、傷ついています。

主は魂の医者であり、癌のような罪を除去してくださる名医です。

主を主治医として持つ人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -